管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

とりとめのない話とか、ラクガキとか、怪獣の身長の話とか、巨大娘の話とか。 

一月は行く、二月は逃げる、三月は去る、とはよく言ったもので気付けばもう2月も終わり、間もなく3月になってしまうという事でありまして、ついこの間餅食って初詣に行ったかと思えばもう卒業シーズンじゃねぇかと、管理人は驚愕しきりな訳でありますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでありましょうか?
今年に入ってからこっち、何かと物騒な事件やら事案やらが頻発しておりますよって、今年も混沌とした年になっていっている感があり、春が来る前に早くもげんなりしている訳ではございますけれども、まぁ気力を無くしちゃ何にもなるまい、と、いったところでありますかねぇ。

さてさて、管理人にとってはその気力を補填してくれる1番の栄養剤は、何と言っても「特撮」でございます。間もなく始まる『劇場版 ウルトラマンギンガS』を筆頭とした2015年怪獣映画群の公開も然ることながら、先日始まった新戦隊『手裏剣戦隊ニンニンジャー』、に春のライダー映画、そして、何と言っても「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 熊本巡業」でございます。
約2年半前に東京で開かれた特撮博物館の巡業が、とうとう九州は熊本までやってきたという事で、現在は九州在住の管理人ももう一度(と言わず何回でも行きたいところではありますがッ!)特撮博物館に行けるという事で、今から楽しみだったりする訳であります。
それにあたって近日中(3月中?)に「特撮博物館の見どころ」みたいな記事でも書こうかなと思っていたり思わなかったり。

その一方ではブログの更新頻度なんかも気にしたりはしているのですが、記事にしたいネタはあっても、時間が無かったり記事として纏めるに至らなかったりそうこうしている間にネタの旬を逃してしまって今更記事を書いてもなぁ、みたいな事になったりして、この頻度に落ち着いておる訳であります。
そう考えると、好きなように時間が使えて1日1回以上はブログの更新ができた学生時代って、本当に貴重な時間だったのだなぁと、思うことしきりでありますかね。精神と時の部屋とか「時門」が欲しいところであります・・・。ホントに余暇の時間が限られてしまっちょる。
しかしながらその限られた余暇の時間も、アニメを観たり映画を観に行ったりお絵描きしたりといった事に使っている訳で、「その時間をブログの更新に充てたら更新頻度が低いという事を考える事は無いのでは?」と、ふと思ったりもするのではありますが、まぁブログの更新は義務でも仕事でもなんでもないんで、気楽に(笑)。・・・休日に昼まで寝ちゃったりするのはどうかとも思いますが。
まぁ、使える時間の限られた現状を鑑みると、通勤中とかに思いついたネタが記事になるもならないも縁と巡り合わせのひとつという事で。あと漫画描きたいのよ、漫画!

・・・などというとりとめもない冗長なだけの記事にするのもアレなものでありますので、お絵描きでも貼ってお茶を濁すいつものパターンっすかね!

怪獣VSロボ

怪獣の身長はどれくらいが一番良いのか?」という話は古今東西様々な場所で議論されてきた<※要出典>訳でございますが、管理人と致しましては、「腰がビルの高さにあるくらい」が丁度良いと思うのであります。
まぁ、一言に「ビル」と言っても色々とある訳ではありますが、見栄え的に言えばそれくらいが丁度良いと思うところでありまして、例えばビルの高さが20mくらいなら怪獣の身長は40~50m、ビルの高さが40mくらいであれば、怪獣の身長は80~100mくらいが丁度良い、という話であります。周囲のビルに対して怪獣があまりにも大きいと絵面的にはなんとなくマヌケですし、周囲のビルが高すぎるとなんだか怪獣が小さく見えてしまって超常感が薄れてしまうように思うんですよね。
ただ、怪獣は一定の場所に留まり続ける訳では無いので、映像作品の場合身長を決めてしまうと周囲のビルの高さによって格好良く見えたりマヌケに見えたりというチグハグ感が激しくなってしまうという問題が出てきちゃいます。
1984年公開の『ゴジラ』などでは、郊外を歩いている時はその立ち並ぶ者のいない巨大さで周囲を圧倒していたものの、超高層ビルが立ち並ぶ東京都心にやってくると、なんだかく田舎者が初めて都会にやってきた感が出ちゃったりしておりまして(笑)。武田鉄矢も「でっかい顔して歩くんじゃねぇ、この野郎! 田舎モン!」って言ってましたし。
あの作品はゴジラが9年ぶりに復活した映画だった訳でありますが、30年を経て様変わりしてしまった東京に怪獣が立っても存在感は無いのだ、という事が暗に言われたような気もして非常に居た堪れなくなったりもする訳でございますよ。

その点、同じく復活ゴジラとして銀幕に登場した2014年の『GODZILLA』では、「身長108m」という設定はありながらも、シーンによって100mにも300mにも見えるという演出重視の方向性が提示されておりました。
かつて『ウルトラマン』でも、「身長40m」とされながらシーンごとに演出重視で身長が20m~80mくらいで変動していたという事がありましたし、ロボットアニメなんかではロボの身長設定がありながら、同じシーンでもカットによって30mに見えたり200mに見えたり、という演出重視でロボの戦闘が描写されていたりもする訳です。
伝統的な日本の特撮では怪獣のスーツの全高から逆算してビルなどのミニチュアの縮尺を決めていたりする訳でありますが、高層ビルが並び立つ現状と3DCGや合成等の特撮技術が発達してきた訳でありますので、先述のチグハグ感を無くす為にも、今後は演出重視の画作りが為されていくのでありましょうね。
それこそ、特撮博物館で展示された『巨神兵東京に現わる』がイメージと演出重視でコロコロと身長が変わる怪獣映画でありました。今年公開される同じ樋口監督による特撮板『進撃の巨人』でも、超大型巨人の身長は120mとされていますが、演出重視でカットやシーンごとに身長が変動するんじゃないかなぁと思うところであります。

身長400mくらい?

・・・怪獣の身長に関しては上記のような感じが丁度良いと思うのですが、「巨大娘」の身長に関しては、寧ろこれくらいが良いかな~とか思い始めた管理人でございます。
ビルよりも、小山よりも巨大な女の子がそこに存在する。いやはや、実にアニミズムっすなぁ。
しかしこれだけ巨大だと、色々と大変であります。身長が400mくらいだとすると、体重は大体85万トンくらいという計算になりますから、これはもう存在そのものが驚異であると言えます。髪の毛が1本抜けただけでも地上は大惨事になってしまうんじゃないでしょうか。あまつさえ、全力疾走で走り出したとしたら・・・!(計算してみると、1歩あたりTNT火薬約800トン分の爆発と同じ破壊力になるみたいで、これはマグニチュード3.6の地震にも匹敵するようでもあります。とんでもねぇ。
巨大であるという事は、それ自体が大きな驚異であるという話でございまして、怪獣映画なんかではその巨大さがもたらす災厄を描いている訳ですが、その災厄の元凶が巨大な女の子であったと考えると、なんかこう、ゾクゾクしていますよね!

・・・おかしい。管理人としては、「巨大特撮の構図と女の子を描く」という二点から巨大娘の絵を描いていたに過ぎないのに、いつの間にやら「巨大特撮的構図」から大きく逸脱してしまいつつあるような気がする。色々と危険がアブナイぞ!
もう手遅れかッ!?


【関連記事】
巨大ヒーローや巨大ロボットはどこで戦っているのか問題
怪獣映画に於ける怪獣の大きさについて
「巨大少女萌え」とは何か?(結論出ず)
可愛い女の子を描けるようになる道は長く果てしない

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2015/02/26 20:01|混沌雑記TB:0CM:2

コメント


特撮怪獣映画の元祖たる「ロスト・ワールド」を見ると、「そこらの映画館よりいくらかでかい」程度の大きさの恐竜が暴れるのに、「やれーもっとこわせー」な盛り上がりを感じます。

元祖キングコングもよく考えたら「エンパイアステートビルディングの屋根に乗れる」程度の大きさしかないけれど「やれーもっとこわせー」な盛り上がりをするしなあ。

やっぱり演出に帰すのかな(ぶちこわし)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2015/03/01(日) 16:19 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
結局のところ、怪獣による破壊をどう表現するのか、というのがポイントなのだと思います。
怪獣の身長は、その怪獣の持つ破壊力を表すひとつのバロメーターとしての機能が、あるのだと思います。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/03/03(火) 07:13 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1261-27074702

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.