管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

巨大ヒーローや巨大ロボットはどこで戦っているのか問題 

管理人は幼少期から古今東西を問わず様々なヒーロー作品やアニメを観てきました。
まぁ、一番好きなジャンルは怪獣映画な訳でございまして、大人になった今でも、街を歩くと怪獣の出現や怪獣迎撃の為に自衛隊が展開する様を夢想したりもする訳であります。・・・我ながらアブナイ大人になっちゃったなぁ・・・。
で、そんな夢想をする大人になってしまった訳ですが、先日、巨大怪獣が出現する様を夢想する際にふとこんな事を考えました。
こっちからは見えないだけであのビルの向こう側にもビルが建っている筈だから、そのビルは怪獣に破壊されてしまうよなぁ。そのビルの更に向こう側もまたビルだし、ビルが隣接して立っている区域は怪獣が破壊する分には良いけど、ヒーローには戦い辛い場所かも知れないなぁ
特撮作品に於いては、手前にミニチュアを配置するという手法で奥行き・巨大感を表現している為、ビルの向こう側には怪獣とヒーローが格闘する為のスペース(通称・「怪獣広場)がある訳なのですが、現実的に考えると、「怪獣広場」は本来存在しない訳ですからね。
これはちょっと考えてみると面白そうだったので、ちょいとブログで書いてみっかと思い、当記事作成の運びとなったのでありました。

初代ゴジラは身長50m。
初代ウルトラマンは身長40m。
日本を代表する怪獣とヒーローでございますが、その身長設定は実に巨大でございます。ウルトラマンの40mという身長は日本の成人男性の約24倍に相当しますし、ゴジラの50mというのは、キリンの体高の約10倍に相当します。我々が暮らす街というモノは当然人間を基準に作られている訳でありますので、そんな場所に怪獣やヒーローが出現した日には歩きづらい事この上ないというのは、火を見るよりも明らかであります。ましてそこで格闘したりするのは、現実的に考えると難しいんじゃあないかなぁ・・・。

お前ら一体どこで戦っているんだ?
↑これは管理人が先日描いた巨大ロボットダイカイザーと甲殻怪獣娘ヴァラガロンちゃんのイラストでありますが、これが分かりやすいですね。手前にビルとか電柱が立っていますが、本来であればその奥にもちゃんとビルや建物が存在している筈であり、ダイカイザーやヴァラガロンちゃんは、街を踏み潰しながら戦っている訳でございます。
ヴァラガロンちゃんは別に怪獣だから良いとして、ダイカイザーは正義のロボットだからもっと足元見て戦場を選べと言いたくなりますね。


そもそも、ヒーローやロボットが怪獣や敵ロボットと格闘するにあたり必要なスペースとは、どれくらいのものなのか?
いや、まぁ、広ければ広いほど良いんでしょうけれども、取り敢えず最低限格闘に必要なスペースは、どれくらいのサイズなのか、というのを算出したいと思います。
手っ取り早く格闘技のリングを見てみますか。

ボクシング・リング・・・・・・・1辺が16~24フィートの四角形=約30~53m²
プロレス・リング・・・・・・・・・1辺が6m前後の四角形=約36m²前後
柔道場(国際大会規定)・・5畳(1辺が9.1mの四角形)=約83m²
相撲の土俵・・・・・・・・・・・・・直径4m55cmの円の内側=約16m²


いやぁ、こうして見ると、柔道場って広いっすなぁ。逆に相撲は、他の格闘技よりも狭い場所で取組を行っているんですね。土俵ってもっと広いイメージがあったんですが。
さて、この格闘技4種目の試合場の平均面積は47m²となる訳であります。これをウルトラマン基準に置き換えると、24倍で1128m²となる訳でございますな。このサイズだと、大体中規模の公園ひとつとかマンションがひとつ収まるくらいのスペースでありますかね。
そんなスペースが街中にあるかいッ!!
まぁ、名古屋と広島にある「100メートル道路」とか、大阪の大阪府道2号大阪中央環状線の幅員が122mある一部区間とか、東京湾岸道路(最大幅100m超)みたいな大きな道路が街中を走っている場所なら格闘するスペースも十分あるでしょうけど、普通「大通り」と呼ばれるような場所でも精々幅50メートルが関の山でありまして、ウルトラマンにとっての50メートルを人間換算すると大体2m程度になる訳ですから、決して格闘するにあたっては広いスペースとは言えません。
しかも、あくまでもこの1128m²というスペースは「格闘するにあたっての最低ライン」であります。宇宙拳法を会得しているウルトラマンレオとかならまだその範囲内で戦う心得もあるかも知れませんが、飛んだり跳ねたり側転したりのアクロバットな戦闘を得意とするウルトラマン80あたりはもうどうしようもありません。いや、逆に言えば、「よくそんな狭い場所で器用に側転できるなぁ!」と感嘆するべきなのかも知れませんが(笑)。

いや、別にビルが破壊される事を考えなければそんなスペース云々を考えなくても良いですし、散々ウルトラの皆さんもビルを盾にしたり投げつけたり転んで頭から突っ込んだりしている訳でビルの破壊云々という事にあまり気をつけてらっしゃらない節はありますし(まぁ、「ウルトラシリーズ」の一つのウリがミニチュアによる派手な破壊描写な訳なので(笑)。)。
我々は地球を防衛しているんであって、人類や街を防衛している訳では無い!」とかウルトラマンが言い出しても別に不思議では無いような気もします(笑)。
地球防衛軍の一員となって異星人から地球を守るゲーム「THE 地球防衛軍」に於いて、敵との戦闘を有利に進めるために接敵前にマップ内の建物を破壊して更地にする、というプレイ戦術があるのですが、ひょっとしたらウルトラマンら巨大ヒーローは、事前に戦闘に邪魔な建物を破壊して更地にしといてから怪獣と戦っているのではあるまいな!?
怪獣広場」は特撮の関係から画面に「映ってしまう」ものだと思っていましたが、実は・・・みたいな話だったら嫌っすなぁ(笑)。
まぁ、06年放送の『ウルトラマンメビウス』では怪獣と戦った結果街が廃墟と化してしまい、「バカヤロー! なんて下手糞な戦い方なんだ!」と言われた結果、色々と考えて戦闘を行うようになった訳でございまして、少なくともメビウスはちゃんと街の損害を気にした戦闘をしてくれていた訳でありますね。
そういえば最新のウルトラマンであるウルトラマンギンガの身長は30m前後・・・。ウルトラの皆さんは伸縮自在という設定でありますから、よもやビルを避けての戦闘をしやすくする為に敢えて普段よりも巨大化時の身長を下げて来たのではあるまいな・・・ッ!?

予算の無い作品では、市街地が主戦場では無い場合が多く、荒野や山林での戦いが繰り広げられる訳でありますが、よく考えるとアレは「キチンと戦場を選んでいた」と言う事が言えますね。
作品によっては予算の無い事を逆手にとって「なんとしても都市への侵攻を阻止するんだ!」みたいな台詞も出てくる訳ですが、現実的に考えるとヒーローは怪獣の侵攻を郊外で食い止めなければ戦い辛い市街地を戦場としなければならない訳で。

そういった事を鑑みると、『勇者王ガオガイガー』のディバイディングドライバーは画期的ですよね。空間を湾曲させて街中に巨大な空間を生成するのですから、街の損害を考えずに思いっきり戦闘を行う事が可能です。
あと『元気爆発ガンバルガー』の青空町や『新世紀エヴァンゲリオン』の第三新東京市のように、街そのものが敵を迎撃する為の設備である、という設定の作品も良いです。特に第三新東京市の場合、エヴァと使徒が格闘しやすいように非常に広い道路が整備されている訳ですし(笑)。「リアル・怪獣広場」ですね。実に合理的であると言えます。
そして、『機動警察パトレイバー』のような、電線よりも低い全高という現代日本で極めて戦い易い巨大ロボットとか(笑)。巨大ヒーローから派生した巨大ロボットは、その戦場を求めて小型化していった、という事が出来るのでありますな。

考えれば考えるほど「巨大ヒーローや巨大ロボットは現実的では無い」という事を突きつけられているような気がしてアレではありますが、アニミズムとイマジネーションっすよ、巨大ロボも怪獣も!
そういうの、大切にしたいですよね! ね!(なんだこの締めは。


【関連記事】
「巨大ロボット」の真髄はッ!!
怪獣映画の魅力とは
日本の「ミニチュア特撮」の魅力とは?
甲殻怪獣ヴァラガロンちゃんVS撃闘機神ダイカイザー その2 (+生存報告)

【関連商品】

SIMPLE2000シリーズ Vol.31 THE 地球防衛軍SIMPLE2000シリーズ Vol.31 THE 地球防衛軍
(2003/06/26)
PlayStation2

商品詳細を見る


パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
(2013/12/11)
チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2014/12/16 22:29|アニメ・特撮馬鹿話TB:0CM:6

コメント


そんなことは気にもとめず、盛大に都市を破壊して重機動メカと殴り合うイデオンっ!(笑)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2014/12/17(水) 01:17 [ 編集 ]
つい、ダイカイザー運用幹線道とか・・・
つい、ダイカイザー運用幹線道とか
運用台なる広場を設定しないと
落ち着いて描けないチキンだったりします。

なので、ダイカイザー二次創作でも
2~4車線道路で稼動できそうなサイズを
脳内設定してしまうのです。

もっとおおらかにできないものか・・・と
思うのですが。
Amleth Machina #SY/LY76s|2014/12/17(水) 02:14 [ 編集 ]

> ポール・ブリッツさま
そんなことしてたから地球側から総スカン食らって悲惨な末路となったのです。
矢端想 #1h4OZhZI|2014/12/20(土) 12:47 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
あのロボ、100メートル級ですからねぇ……。
100メートル級は、戦う場所が更に限られたり特撮でやるとミニチュアが小さくなってチャチく見えてしまうしで良い事が無いです。


>>Amleth Machinaさん
ウチのダイカイザーは、その場面場面で丁度良い大きさになる演出重視の「カッコイイメートル」を採用しております。
巨大ロボや巨大ヒーロー、巨大怪獣の身長設定なんて、こんなもんで良いかなと思います。
元祖巨大ロボットの鉄人だって横山光輝先生の原作版ではコマによって2メートル程度から10メートル程度に伸縮していますし!


>>矢端想さん
富野御大曰く、「バカは死ななきゃなおらない」だそうです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/12/24(水) 21:14 [ 編集 ]

初代ウルトラマンってそんなに市街地で戦ってないんじゃないかな?

パッと思い付く限りではバルタン星人との戦いが有りますが……
(しかも身軽なバルタンをスペシウムで撃墜する射撃戦闘がメインで格闘戦はあまりしていなかったり)

翻ってスーパー戦隊に目を向けて見ますと、(ゴレンジャー・ジャッカーは除いて)市街地での「等身大戦闘」からの巨大化、「ロボ戦闘」と続く流れが多く、結果として「市街地でのはた迷惑な巨大戦闘」が印象的ですが……



匿名様 #-|2015/01/06(火) 00:40 [ 編集 ]

>>名無しさん
あくまで
「巨大ヒーローや巨大ロボが市街地で戦うとしたら」
という妄想ですので、特段「この作品の」というのはありません。

帰ってきたウルトラマン以降は結構市街地で戦っていたように思いますけれども、初代ウルトラマンもセブンも、仰る通り実際問題として市街地ではあまり戦っていないんですよね。バルタン戦も、市街地でしたが、メインは空中戦でしたし。
個人的には、やはり80がしょっちゅう市街地で戦っていた印象があります。あと、平成3部作の皆さんとか。

戦隊、特に90年代以降は、市街地での巨大戦の頻度が本当に多いですよね。スタッフの世代交代に伴っての事らしいですが。
ゴーゴーファイブなどは「人の命は地球の未来!」と宣言していながらにして避難が完了しているかどうか分からない中巨大ロボでドッシャンガッシャンしてらっしゃったので、あの戦闘の脇では出本職のレスキュー隊が燃えるレスキュー魂していたのではないか、とか、そういった妄想も、捗ります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/01/06(火) 21:48 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1249-5d539a84

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.