管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

要は、「そう見られている」として行動するしか無い、という話に落ち着く訳なのですが。 

忙しい!
取り敢えず今月の日曜朝は一度もリアルタイムで迎える事が出来ず、結局『仮面ライダー鎧武』の最終回をリアルタイムで観れない事は確定しているし、部屋に帰ったとてそのままのんびりする事すら叶わない状況でありまして、最近管理人はこの社会の現実を知ったり知らなかったりする毎日を過ごしておる訳でございます。これは「忙殺」という言葉が相応しいのではなかろうか・・・。
・・・とかいいながらも、ちゃっかり色々と映画を観に行ったりアニメを観たりしており、全く時間が無いと言えば嘘にはなるんですけれども、兎に角忙しいことには変わりありません。何故ここまで忙しいのか、というお話は、もう少し先―年末頃?―にお話・・・出来ますよう、今は全身全霊をかけて頑張ります・・・!

・・・というブログの更新頻度がガクッと下がった訳の分からないイイワケはこのくらいにしておきまして、昨日、公開初日初回で観てきたのでありますよ、『スト魔女OVA』を!
いやはや、内容は「これぞスト魔女ッ!」と言うに相応しい内容だったのではございますが、当記事ではその話がメインではございません。寧ろメインはその観客達(管理人含むであります。

社会人の端くれとなってからの管理人の楽しみのひとつは、仕事終わりに映画館に寄って映画を観る事なんですよね。レイトショー料金で割安となっている為か、結構管理人のような感じで仕事上がりに映画を観る人というのは少なくは無い訳です。無論、レイトショーだけで無く休みの日であれば昼間に観に行く訳でありますが、いやはや、最近は映画を観ている時が一番の至福の時っすかねぇ・・・。
学生の頃は所持金が少ないという事で観る映画も選ばなければならなかった訳ですが、財布に若干の余裕を持ってしまった今なら「取り敢えず興味を惹かれたら観る!」という観方が出来るようになり、実に愉悦でございます。
そうして昨日『スト魔女OVA』を観に行って久々に(多分、昨年末の『まどか☆マギカ 叛逆の物語』以来だと思います。)、「オタクしか居ない映画館」というのを体感した訳でございまして、まぁ、それはそれで懐かしかったり、管理人自身もオタクと呼ばれる人間ですので、妙に居心地が良かったりというのを感じた訳でございますが、ふと、こういう事が気になってしまったのでございますよ。

俺達、ハタから見るとどうなんやろうな・・・。

・・・そんな事気にしていたらオシマイというのもあるとは思う訳なんですけれども、しかしハタから見た、世間一般から見た、「オタク」っちゅうのはどういうもんなのかという意識は、常に持っておかなければならないと感じる次第でございまして・・・(笑)。
いわゆる「非オタク」と「オタク」の間には、厚く硬い壁が立ち塞がっていると言わざるを得ず、認識やら感覚やらが「オタク」側に居れば居るほど「非オタク」側と乖離していくというのが世の必須であると言える訳でございまして・・・。

まぁ、今の世知辛い世の中に於きましては、常に我々「オタク」に圧倒的な負のイメージが付き纏って離れない訳でありますよって、嫌が応にも「悪い」方向でしか無いですわなぁ・・・。何かしらの犯罪が起きる度に「アニメの影響が~」とか「美少女が登場する作品を愛好しており~」とかいう報道が為され、さながら我々は「犯罪者予備軍」であるかのようなレッテルを貼られておりますからねぇ。
一方では「アニメは日本の文化! クールジャパン!」、もう一方では「アニメ観てるような奴は大概犯罪者予備軍!」。どうにかならんのか、このダブスタはッ!
等とこんな場末の個人ブログでボヤいた所でどうなる訳でも無く。

これでも一時期よりは改善された方である」という話もまぁ、ある訳でありまして、ある程度「オタク」と呼ばれる人達の社会的な待遇も向上してきているとは言いますが、しかしもう一方ではより一層「オタク」に対しての偏見が先鋭化しているとも言えるんですよね。
我々のような人種はいわゆる「非オタク」からしてみれば「何をやってるのか分からない異形の集団」と見られてしまっている訳です。それ故に、待遇が改善されたとは言え、結局のところ根本の「よくわからない」という部分では何も変わっておらず、中途半端な「理解」をされているが故にその「アニメとかアイドルとかが好きな人たち」みたいな「理解」との乖離がより一層引き立てられているのではなかろうか、という懸念があったり無かったりする訳でありまして・・・。

ほっとけ!

結局のところ、もうひっそり自分の嗜好するモノを観て愉しんで行くんで、あんまり外野で騒いで欲しくはないなぁ、というのが個人的な心情ではあるんですけどね。
にじみ出てしまう」分はしょうがないとして・・・。
しかし、一部主婦層では「プリキュアは絵柄がオタクっぽい」と認識されてしまっているとかいう話もあるようで、そういうのに関してはもうこりゃどうしたら良いのか分かんねぇな!(なげやり


【関連記事】
一括りにされてしまうのはアレであります……。
「にわかオタクを教育するべき」
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第01回放送
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2014/09/21 19:45|混沌雑記TB:0CM:7

コメント


飛翔掘削さん。

以下の2件の許可をお願いしたく。
(1)過去に自ブログにアップした「戦えダイカイザー」のpixivへの転載
(2)「でびぐり」のサイドストーリーの製作とpixivへの転載

ぶしつけなお願いで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

*

メールフォームで上記を送信しようとしたのですが「NGワードが含まれています」として回避できなかったのでコメント欄にて失礼します。


Amleth Machina #SY/LY76s|2014/09/23(火) 09:07 [ 編集 ]

非オタの人を「日本橋観光」に連れて行ったりするとみな結構喜んでくれます。あくまで僕の漫画描く行為を容認してくれるという関門をパスした人たちだからなのですが。
ただし洗脳を試みてもオタクにはなりません。好奇心旺盛で寛容な人はこだわりなく、素直に「知らない世界を見てみたい」という感じです。ある女友達は、どんなキャラを見ても「エリーちゃん」と言ってました。違うだろ。素地のない人はエリーと世間の萌えキャラの見分けもつかないようですw 「漫画」と「アニメ」の違いを知らない人も意外と多いようです。
ちなみにMilkcafeにはこれまで非オタのライターさん、印刷会社の部長、広告代理店の社長など、いろんな人を連れて行きました。矢端流接待の公式御用達店です。でもあそこはもはやメイドバーじゃないものなあww
矢端想 #1h4OZhZI|2014/09/23(火) 11:46 [ 編集 ]

>>Amleth Machinaさん
恐らく、「転載」というワードが触れたのではないかと思います。
近いうちに設定を変えとこうと思います。

pixivへの転載、「でびぐり」のサイドストーリー、承知致しました!
サイドストーリーっすか! 楽しみであります!


>>矢端想さん
「この人オタクになりそうだな」「この人は無理だろうな」という雰囲気の人って、大体分かりますよね(笑)。

非オタの認識といえばアレです。「目が二つとアンテナがあればどんなロボットもガンダム」というのと同じです。
「ゴジラはウルトラマンに倒された怪獣」で、「ガメラって何だっけ?」です(泣)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/09/25(木) 02:03 [ 編集 ]

どれだけ叩かれようとも、「オタク」という概念はしぶとく生きていくと思います。

対極にある「非行少年」がこれだけしぶとく概念として生き残っているのですから、オタクも推して知るべしです。

むしろ、「オタク」として言語化されるのが遅すぎた、そんなきらいがあると思います。

オタクは生き方なのです。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2014/09/27(土) 00:07 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
その昔は「趣味人」と呼ばれていた訳ですので、もうこの際だからマイナスイメージのついてしまっている「オタク」という語を取り払って、「趣味人」と名乗っていくと格好良いかも知れません。

……でも、本質的には変わらないので、「オタク」から言い換えが為されたところで今度は「趣味人」叩きが始まるんでしょうけれども……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/09/29(月) 19:50 [ 編集 ]
もっと昔になると
オタクという言葉が定着する以前は例えば私などは学校でよく「怪獣キチ○イ」などと呼ばれたこともありました(今思うとヒドイ言われようですが(ーー;))

それからすれば「オタク」という表記、呼称はそれほど負のイメージを個人的には感じないところもありますね(^_^;)
しろくろShow #-|2014/09/29(月) 20:50 [ 編集 ]

>>しろくろShowさん
言葉は生き物のようなもので常に意味が変動しているものですから、世代によってその言葉の持つニュアンスや意味が微妙に違ってくる、という事なのかも知れませんね。

「言葉狩り」とか負の意味を持つ言葉の排斥が起こっても、結局代替語が出てきたり意味が変わったりしてしまってあまり意味は無いような気もします。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/09/30(火) 18:58 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1230-74bf7447

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.