管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

愛すべき大怪獣バラダギ様! 『大怪獣バラン』 

日本での公開も1週間を切り、世の中はすっかりゴジラ復活前夜祭(※要出典)でありますね。
先月、『ゴジラの逆襲』の記事を書きましたので、もうこの際だから東宝の白黒怪獣映画はあと一本だけだし、折角だから記事を書いちまえと、そういうノリの記事でございます(笑)。

1954年公開の怪獣映画『ゴジラ』を皮切りに、東宝は様々な怪獣映画やSF映画を創っていく事となりました。『空の大怪獣 ラドン』、『モスラ』、『地球防衛軍』、『宇宙大戦争』・・・。
本日ご紹介致します『大怪獣バラン』も、そんな中創られた映画のひとつでございます。

大怪獣バラン

大怪獣バラン』は、1958年公開の特撮怪獣映画であります。
製作・田中友幸、監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二、音楽・伊福部昭という、初期の東宝特撮映画では典型的なスタッフ陣で挑んだこの映画。あらすじはこんな感じでございますかね。

シベリアにしか生息しないはずのアカボシウスバシロチョウが東北地方、北上川上流で発見された。
その調査の為、現地に向かった杉本生物研究所の研究員2名が謎の死を遂げる。
杉本教授の助手・魚崎は、研究員の死の真相を確かめるべく、死んだ調査員の妹である記者の由利子、その同僚でカメラマンの堀口とその同僚と共に現地へ向かった。

隔絶された秘境にある、土着神「婆羅陀巍山神(バラダギサンジン」を崇拝する村の村民は、研究員が死んだのは婆羅陀巍山神が住まう聖域に足を踏み入れたからだと言う。
科学万能の時代にそんな迷信なんてあるものか、と村民達の警告を聞かずに一行は山の中に入って行くが、しかしその「聖域」に居たのは、中生代の恐竜の生き残り・・・怪獣バランであった!



作中でバラダギ様を崇め奉る秘境をして、「日本のチベット」という表現しておりましたが、いやはや、時代っすなぁ・・・。
こういった「世間から隔離された村」というのは昔からフィクションの世界ではよく出てきますし、いまだに「日本国内にある隔離された村」の話題は尽きません。あくまで都市伝説的なモノではあるんですけれども・・・。

さてさて、こちらの記事で書きましたが、1954年公開の『ゴジラ』に於けるゴジラには、人類の科学の発展に警鐘を鳴らす荒ぶる自然神という側面があった訳でございますが、本作『大怪獣バラン』に於ける怪獣・バランは、その「怪獣=八百万の神様の中の一柱」というのを更に推し進めた存在であるという事が出来る訳でありますね。『大怪獣バラン』は、隔離された村での信仰という、極めて民俗学的な話と怪獣が絡み合った、実に日本的な怪獣映画であるんですなぁ。
が、しかし。
民俗学的なアレやコレや」はあくまで「側面」でしかなく、この映画の主軸は「怪獣VS自衛隊」だったりするのであります。
本作までに、『ゴジラ』、『ゴジラの逆襲』、『空の大怪獣ラドン』と、3作の映画が創られてきましたが、『ゴジラ』では人類がただただ蹂躙されるのみ、『ゴジラの逆襲』では2大怪獣の激突が主軸、『空の大怪獣ラドン』では、ラドンを誘導して噴火させた阿蘇山に墜とすという作戦は取られましたが、メインは怪獣と自衛隊の戦いではありませんでした。
そういう訳でありまして、事実上本作『大怪獣バラン』が、東宝特撮怪獣映画に於ける、初の全面的な「怪獣VS自衛隊」を描いたであると言う事が出来る訳でございますよ。

怪獣バランは、予告編(下記【関連動画】参照)に於いて、「ゴジラより凶暴! ラドンより巨大!」というアオリ文句が用いられております。ハブられたアンギラスが可哀想だぞ!
怪獣バランはそのアオリ文句に違わず、陸海空を往く紛う事無き大怪獣!
この大怪獣を相手に、陸上自衛隊は戦車と24連装ロケット砲車の混合部隊で迎撃、海上自衛隊は掃海艇の機雷での追い込み・誘導作戦、航空自衛隊は戦闘機による支援攻撃を展開するんですよね。
そして三軍結集しての羽田空港最終決戦! 最終的にダイナマイトの数倍の威力という新型の爆弾によって大怪獣バランは屠られる訳であります。やった! 自衛隊の勝利だッ! 大怪獣恐るに足りずッ!
・・・あれ?

はい。バランやられちゃうんですよ、割と普通の爆弾に
散々「ゴジラより凶暴!」とか「ラドンより巨大!」とか煽っといて、その実かなりあっけない最期を迎えてしまうんですね。ゴジラがオキシジェンデストロイヤーを用いてやっと倒せたのに、ラドンは阿蘇山の大噴火でやっと倒せたのに、それより巨大・凶暴な怪獣バランは、極々普通の爆弾で倒せちまうのか! これじゃあゴジラと共に海へ消えた芹沢博士も浮かばれめぇ・・・。
・・・まぁ、制作事情を鑑みると、バランが「割と普通の爆弾」でやられてしまったのは、ある種仕方の無い話なんですけれどもね。
この作品、実はアメリカに輸出される事を前提とした全4回の連続ドラマとして製作がスタートしたんですよね。その関係からか、映画の構成も大体4つのブロックに分ける事が出来る訳です。唐突にバランが最上川上流から太平洋に飛んでっちゃうのも、その名残だったりなかったりするんですなぁ・・・。
そう考えると、主軸を自衛隊とバランの戦闘に据えるというのもなるほどと思いますし、最終的にバランを倒すのも超常的な力や自然では無く、割と実在しそうな爆弾というのもなんとなく頷けるような気がしますよね。

しかし、割と普通の爆弾でやられちゃうからと言ってバランが全く魅力的では無いという訳では無く、寧ろ大いに魅力的な怪獣だと管理人は思うのでありますよ。
土着神」であるという自出も然ることながら、全体的にゴツゴツした感じの体表と、、更に基本的には四足歩行という事で、実に力強さを感じる造形でありますし、イカツイ恐竜っぽくもありながらどこかしら「」を感じさせるような顔も好感が持てます。
また、劇中の描写や活躍を見ると、愛嬌すら感じてしまう訳でございまして、山から降りてきて集落を荒らし回る様であるとか、自衛隊の攻撃の様子を見る仕草であるとか、照明弾に興味を惹かれて食べちゃうところとか、もうとっても可愛いんですよね。バラダギ様は管理人の最萌え怪獣だったりします(笑)。ムササビみたいに飛ぶのも可愛いですしなぁ・・・。
そうなると、割と普通の爆弾にやられちゃうあたりも、なんだか可愛く感じられてしまうのだから不思議なものであります。
・・・もう良いよね、爆弾作ったのも平田昭彦演じる博士だし。平田昭彦だったら仕方ない。ゴジラもゼットンも平田昭彦が倒したんだから仕方ない。

さて、本作の主役は紛れもなく怪獣バランなのではありますが、本作の「影の主役」とも言うべき存在が本作にはあります。それは、作中自衛隊の兵器として登場する、「24連装ロケット砲車」でございますよ。
24連装ロケット砲車」、通称ポンポン砲は『ゴジラの逆襲』で初登場して以降数々の東宝怪獣映画・東宝SF映画で登場した実在しそうな架空の兵器です。
本作『大怪獣バラン』でのポンポン砲は、北上川上流でのバラン攻撃をM24戦車(こちらは勿論実在兵器)と共に行い、海上作戦では上陸用舟艇に搭載されてバランを攻撃、羽田最終決戦では、バランに向けて攻撃を開始します。
陸海全ての戦闘に参加している上に、最上川上流戦ではバランに破壊されて爆発炎上、羽田最終決戦上陸用舟艇から降ろされて上陸するという一連のシークエンスが丁寧に描写されたりしており、他の怪獣映画では完全に普通の実在戦車とかと同列に扱われているのに、この映画では何故か優遇されているんですよね。
バランの存在といいこのポンポン砲と言い、実に渋い怪獣映画でありますなぁ、この作品は(笑)。

因みに本作の特撮面でありますが、先述の通り元々がテレビドラマ用という事もあって予算は少なめのようでありまして、大規模な都市破壊はありませんし、特に挑戦的な特撮が試されている訳でも無く、バランの造形以外は、可もなく不可もなく、といったところでしょうか。
予算の関係からか『ゴジラ』からの流用カットも多数ありまして、戦闘機の攻撃カットや自衛隊の出撃風景、避難を進める群衆といったものから、ゴジラの尻尾をバランの尻尾に見立てるという大胆な流用カットも存在しています。
まぁ、仕方無いですかね、そのあたりは。

と、言った感じで『大怪獣バラン』について書いてみた訳でございますが、いかがでしたでしょうか。バラダギ様可愛い! 24連装ロケット砲車格好良い!
この後バランは『怪獣総進撃』に登場するのですが、その登場シーンは僅かに1カットのみであり、更にその後は今日に至るまでバラン復活は果たされておりません。『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』で復活が没になってしまったのが実に悔やまれますなぁ・・・。『ファイナルウォーズ』にも呼ばれなかったし。
バランの持つ独特のキャラクターや造形は良いので、何かの機会で復活させてあげたい怪獣でありますよね。


【関連記事】
アンギラスの勇姿を見よ!  『ゴジラの逆襲』

【予告編】


【関連商品】

大怪獣バラン 【期間限定プライス版】 [DVD]大怪獣バラン 【期間限定プライス版】 [DVD]
(2014/02/07)
野村浩三、平田昭彦 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2014/07/19 14:52|特撮怪獣TB:1CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『南国土佐は怪獣だらけ(日本の空にはいろんなモノが飛んでいる編)』
※ ついに明日7/25から公開! 「GODZILLA」 ※ 高知二日目は朝からの二本立て。 7/21(月) 10:00~「空の大怪獣ラドン」 改まって両日のラインナップを見ていると前日が海外資本(ベネディクト・プロ)提携、馬淵薫脚本のフランケン二部作でこの日がどちらも黒沼健原作の空飛ぶ怪獣映画になっているのは実に練られた編成だ。きっと作品選定した人もかなりのマニア( ̄...
You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて|2014/07/24(木) 21:58

トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1217-dccac93b

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.