管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「アニメ難民」という概念 

このところ当ブログでは何につけてもゴジラゴジラであり、今後も暫くはゴジラゴジラになると思いますので、ここらで一発アニメ関連雑記などを入れてお茶を濁そうという記事でございます(笑)。

管理人も最近までは知らんかったんでありますが、ここ最近のアニメファン界隈の間では、どうやら「アニメ難民」という概念があるようです。
アニメ難民」と言っても、別に「アニメそのものを様々な理由から観れなくなってしまった人々」というモノでは無く(そういう概念もある訳ではありますが。)、要は「放送が終了してしまって観るべきアニメを見失ってしまった人々」の事を指し、更に言えば、いわゆる「日常系アニメ」を中心とした作品を観ているファン界隈にこの「アニメ難民」は発生しているようであります。

ご存知のように現在アニメ作品というのはおびただしい数の本数が放送されており、更に1クール12話(前後)という、非常に短いスパンでの入れ替わりが為されている訳でございます。
考えてみると、2クール以上の尺のある作品に於ける第1クール目というのは「大体こういったキャラ達が主軸になる物語だよ」という紹介という側面のあるブロックですし、視聴者側としても1クール目を観終わって漸く作品に慣れてくる頃合いである、という事が言えるのでは無いでしょうか。
1クール作品をただ漫然と観ているだけでは、よっぽど作品に引き込まれない限りはキャラの顔と名前をちゃんと覚えられないんじゃないかなぁと、管理人は思うんですよね。1クール作品でもキャラが大量に出てくる作品が多い昨今ですし。
そういう、「漸く慣れてきた」頃に最終回を迎えてしまった日には、そりゃ「アニメ難民」も出てきちゃいますわなぁ。

いわゆる「日常系作品」に特に「難民」が出てくるのには更に深い訳があるようであります。曰く、「終わらないから【日常系】」というお話だそうでありまして、終わらないから追われない終わらない無間地獄なんだそうであります。
・・・つまりどういう事なのかと申しますと、
基本的に【日常系作品】というのは【日常】であるが故に【卒業】等の線引きをしない限りは明確な終わりがない

原作が終了していない作品の場合はアニメがエラく中途半端なところで最終回を迎えてしまう

終わらない日常と中途半端な最終回から【難民】が多数発生する
というお話になるんでありますね。
確かにそう考えてみますと、その作品を観て作品のファンになった、という人にとってみればエラく不親切な放送形態でありますよねぇ。まぁ、それで飢餓感を煽って原作や各種グッズ、映像ソフト等を買わせようというショーバイなんですけれども。
そういった事情で様々な作品で増加しつつある「アニメ難民」なのでございますが、それが増える事による弊害と呼べるような事も起きてきているようです。

各種インターネットコミュニティに於いてはアニメについて色々と語られたりもしてきておりまして、各作品の公式無料配信もされている現状もある訳ですので、ネットとアニメは切っても切り離せない関係にあると言う事が出来る訳です。
そんな中で、作品の終了と共に大量に発生する「アニメ難民」は、新しく始まった同ジャンル、或いは取り上げている要素が似通っている作品に「難民キャンプ」と称して「移住」するのであります。
いえ、単純にクールの終了と開始による「視聴作品の乗り換え」というだけの話であれば良いのでありますが、しかし「難民」達は時として、「移住先」のコミュニティ内で「以前住んでいた」作品の話題やネタを頻繁に繰り返したり、半ばこじつけ的に「〇〇が出てきたからこれは××の難民キャンプとして相応しい作品なんだ!」と叫んだり(文面やコメントで、ですが。)する等、ある種「空気の読めない」言動を取る事も少なく無いという実情があったりもする訳なんですよね(まぁ、埴輪が出てきたら【こここそが『鋼鉄ジーグ』難民の移住先だ!】と言ったり、空が割れる描写があったら【遂に『ウルトラマンA』難民の安住の地が見つかった!】とか言ったりするような、そういった「アニメ難民」をネタとした新しいアニメギャグもまた誕生しとる訳でありますけれども(笑))。
結果として、コミュニティ内で派閥が形成されてしまったりして必要以上に殺伐とした雰囲気になってしまうという事もしばしばのようであります。
殺伐」よりも、アニメ難民に関係無い人からすれば「鬱陶しい」という感情の方が先行しているようで、「難民」と「作品のファン」との間では双方向に混じり合わず「互いに煩わしく思っている」と言った方が正確なような気もします。

これまたアレでありますね。アニメの大量生産・大量消費の現状が生み出したアニメ界隈の闇でございますよ。
やっぱり我々アニメファンは知らず知らずのうちに、目まぐるしく移り変わるアニメを観る事に疲れてきておると思うのです。
オワコン」という言葉が廃れてきた感のある今日ではございますが、今度は逆に「本質的に次の場所に移る事が出来ない」という状況になっているのかなぁと、感じるところであります。
だからと言ってコレといった建設的な解決案が思い浮かぶでも無く、まぁ、ジリジリとなるように任せて皆が次のアニメ視聴の体制に移行するのを待つ、くらいしか無いんですかね。
なんだか、アニメファン界隈のゴタゴタに対してあーだこーだ言うのも疲れてきた感のある今日この頃でございますなぁ・・・。

そんな事よりゴジラ観ようぜ! (結局そこに戻るのか。


【関連記事】
目まぐるしく移り変わると過去作品を布教しづらい
「オワコン」という言葉が嫌いだ!
「日常系」とは何ぞや?

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2014/06/12 19:22|アニメ関連雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1201-4b491bcb

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.