管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「巨大少女萌え」とは何か?(結論出ず) 

世の中には、「巨大少女萌え」というジャンルが存在します。
管理人は別段巨大少女萌えでは無いのではありますが、どうやら何かと「巨大少女」或いは「巨大娘」には縁があるようでございまして、このあたりで一回記事を書いておくべきなんかなぁ、と、思いまして・・・。
それもこれも全部大学時代に出会った巨大娘萌えの友人のせいだッ!!

さて、「巨大少女萌え」とは何か。
巨大少女もまた「巨人」の一種でありますから、人類が太古より脈々と続けてきた「巨人信仰」の延長上の存在であると言えるのは確かでありましょう。人類のこれまでの巨人信仰の歴史については先日の巨大ロボット記事を参照していただきたく思います。
そういった、「人間の能力拡大を極限まで高めたもの」である巨人と、「少女」という華奢で可憐で、どちらかといえば「守られる存在」が、巨大化して手の届かない存在になり、場合によっては街を破壊したりするという、そのギャップが「巨大少女萌え」の本質であるように管理人は思います。

・・・いや、しかしなぁ。色々とそういったイラストとか漫画とかを見たり読んだり、ネットやら文献やらを漁って調べてみたりしますと、どうも「少女と巨人の相乗効果によるギャップ萌えである!」とは断じ切れんのですよね。
これまで管理人が見たり調べたりした「巨大娘萌え」には、純粋に巨大な物体にフェチズムを感じるというパターンもあれば、身体フェチから派生・拡大してようなモノもありますし、本質としては寧ろ「体格差萌え」であるようなモノもあれば、いわゆる「丸呑み」というジャンルから派生しての巨大少女化というのもあるようでありますし、即物的に羞恥フェチからの派生というパターンもある訳でありますし・・・。
ううむ、深い。あまりに深過ぎる世界であります。

管理人などは「非日常の日常」というシチュエーションが好きでありますので、単純に「でっかい娘が普通に登校してたりすると面白いなぁ」程度に考えている訳でありますし、巨大娘的な絵やら漫画やらを描くにあたっても構図的には怪獣や巨大ヒーロー等が活躍する「巨大特撮」のノリで描いている訳であります。

あくまで、巨大特撮的文脈

しかしながら巨大少女萌えの友人曰く、「巨大娘の真髄は、ちゃんと足が見えるか見えないかがポイントなんだ!」という事でありまして、なんでも巨大少女の足元をキッチリと見せているかどうかによって巨大娘の魅力は大きく変わるんだとか。
上記のような感じの絵は特撮ステージ内の怪獣やヒーローが立ち回りをするための、いわゆる「怪獣広場」と呼ばれるスペースを映さないようにするためのミニチュア配置的な構図でありますよって、そういった足元を映さない構図の巨大少女はある意味では邪道であると言う事が出来るのだそうです。
なるほどなぁ・・・。

調べたり話を聞いたりすればするほど、業の深い世界なのであるなぁと感じてやまない「巨大少女」界隈でありまして、管理人のような「ちょっとかじった程度」のハンパ者がそういったジャンルの絵やら漫画やらを描いたりするのは憚られるような気もしますが、友人曰く「いや、ニッチな層向けのジャンル故に供給が少ないからどんどん描いてもらって構わない」という事なので、これからもちょくちょく描いていこうかなぁと思う次第であります。
可愛い女の子を描く練習と巨大特撮的構図を描きたい欲の両立的な感じで。


【関連商品】

超弩級少女4946 1 (少年サンデーコミックス)超弩級少女4946 1 (少年サンデーコミックス)
(2009/09/17)
東 毅

商品詳細を見る

↑上記の通りかなりニッチなジャンルであるのに、その「毒性」を薄めて爽やかなボーイミーツガールものとして完成しているこの作品は、考えてみると物凄い漫画であると思います。

超時空要塞マクロス Blu-ray Box超時空要塞マクロス Blu-ray Box
(2012/05/25)
長谷有洋、飯島真理 他

商品詳細を見る

↑新作TVシリーズが始まるという事で最近観直しているのですが、よく考えたらこの作品も「巨大娘」の要素を包括した作品でありました。巨人のおっさんも出てくるけど。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2014/05/08 19:14|混沌雑記TB:1CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『巨大娘の通学風景』
巨大娘の通学風景です。 のほほんとした感じで。 通学風景なので、当然トーストくわえて全速力で走るのはお約束ですね。 では、では・・・。
AmlethMachinaのお絵描き実験室   |2014/05/14(水) 00:18

トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1184-4a9e8b10

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.