管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

最近頻繁しているイラスト等の剽窃・無断転載問題について思うことなど 

科学技術が発達し、誰でも手軽にインターネットで世界中と繋がれるようになった今日は、良くも悪くも昔からは考えられなかったような出来事がイロイロと起きる世の中となったと言う事が出来ると思います。
手軽さ」というのは便利な反面、使い方や方法を誤るととんでもない事になってしまいかねないという危険性をも孕んでおり、全世界に向けて発信しているインターネットでは尚更その「手軽さ」は驚異となっているとも言える訳でございます。
今日のインターネット社会に於いては、一度ネットにアップロードした(アップロードしてしまった・されてしまった)モノは、必ず誰かが保存すると考えなければならないものでありまして、半永久的にこの世の中から消えることは無いとされております。管理人もこうやってブログをやっていたりする訳でありますが、当ブログにアップロードされている絵やら文章やらはどこで誰がコピーしたり保存したりしているか知れたものでは無い訳でございますよ。仮に当ブログやらTwitterアカウントやらニコニコ動画アカウントを閉鎖・削除したとしても、「飛翔掘削」という人物がネット界隈の一角でアレやコレやをしていたという証は残ってしまうでしょう。そう考えると、面白いやら恐ろしいやら。どちらにせよ「驚異的」であるという事には変わりありませんね。
さて、そこで本日の本題でございますよ。

上記の通り、インターネット上に自作の絵やら漫画やらをアップロードするという事は、当然誰かに保存されるという事を前提として考えなければならない、みたいな部分はあると思います。と、いうことは同時に、「誰かに無断転載されてしまう可能性もある」という事でもあるという訳でございますね。
ここ最近は特に「イラストの無断転載」という事がネット界隈で取り沙汰される事も多くなってきており、まぁ、管理人もヘタクソながら絵やら漫画やらを描いている者の端くれであるという事もありまして、少なからず気になっている問題であるんですよね。

そもそもインターネット上の文化には、「ネットで拾った画像(或いは、動画、音声データ等々」という考え方があります。面白い画像や動画であるとか、印象的な漫画の1コマなんかはネット上で拡散され、ある種の「共通認識化」が起きたりする訳であります。大体は匿名掲示板「2ちゃんねる」とか匿名画像掲示板「ふたばちゃんねる」の住人達の仕業なのですが(笑)。

その一方で商業漫画の1冊丸々のアップロードなんかは「いけないこと」と認識されているという文化も同時に存在しておりまして、そういった行為をする者に対しては叩きコメントが自然発生したり、あまり大っぴらにやらないようにしていたりと、そのあたりの線引きやモラルは最低限揃っていたりもする訳なのであります。商業誌の1冊丸々アップロード・ダウンロードなんてのはそもそも万引きとか窃盗とかそういった立派な犯罪行為にあたりますし、著作権法等でも明確に「違法である」と定められている訳でありますからなぁ。「ZIPでくれ」という文化と両立しているのがまた複雑怪奇なのではありますけれども(笑)。
しかしながら「著作権法的見地」に立って考えると共通認識化が起きている漫画の1コマとか画像・イラスト等をアップロードしたりするのも「違法である」と言える訳でありますよって、このあたりは色々と論議はされたりしているのでありますが、法律が技術に追いついていないという話もありまして、白かグレーか真っ黒かと、諸説入り乱れ喧々諤々とされておる訳であります。

まぁ、作品の「無断転載」なんてものはネット黎明期からある訳でありまして、商業用作品だけで無く非商用作品に於いても、個人ホームページや個人ブログで掲載されている非商業用のイラストや漫画等が掲示板に無断転載される、というケースは全くもって珍しいことではありませんでした。
実際問題管理人も「無断転載」された事はある訳でございまして、当ブログで公開している漫画の一部は、実はネット上の他所で読む事が出来たりもするんですよね。中には海外サイトに転載されたモノも確認できておりまして、当ブログ掲載の漫画『怪獣の憂鬱』などは何故かスペイン語に訳されて無断転載されているんですよね。流石にコレを見かけた時は「!?」となってしまいました(笑)。

個人的には趣味で描いているモノでありますので多くの方の目に触れるというのはまぁ、有難い事ではあるんですが、しかし転載するのであれば一言言って欲しいなぁ、と、思ったりもする訳です。当ブログ右欄に「メールフォーム」を設置したのは、実はそういった無断転載された自分の漫画を見かけたからだったりするのではありますが。
多くの人に見てもらえて嬉しい」と感じる反面、「自分の預かり知らない所で自分の描いたモノが拡散されているのはなんだか気持ち悪い」とも感じるという、複雑な心理なのではございますが・・・。転載するんであれば、やっぱり一言言って欲しいっす。一言言ってくだされば喜んで「転載してイーヨ!!」と言いますんで!ああ、でも無断転載されているのをイキナリ発見するのも実際愉しくもありまして・・・う~ん、煮え滾らない!
他にも、ネットで色々な場所を見て回っていると思わぬところで友人の描いた絵に出くわしたり、Twitterのフォローしている方のイラストに出くわしたりで、「イラストの無断転載」という事自体は非常にありふれた光景であると言う事が出来ます。作者の心情的にはやっぱり、管理人と同様複雑なところはあるんでしょうけれども・・・。

と、まぁ、ここまでの話はここ10年くらいネット界隈でずっと言われてきている事でありまして、今更管理人が殊更に言うような話でもありませんし、当ブログでも度々そういった話題の記事(下記【関連記事】参照。)を書いてきておる訳でございます。
そんな感じで、問題が無い訳ではないけれど様々な理由でなあなあになっている問題。それがこれまでの「無断転載問題」だと言えると思うのですが、しかし近年現出している新たなる「無断転載」は、なあなあで済ませてしまってはいけない問題であると管理人は思うんですよね・・・。

ここ数年、SNSが目覚しい発展を遂げており、管理人もやっているTwitterをはじめ、様々な場所でホームページやブログよりも手軽に、全世界に向けて様々な事を発信できるようになった訳です。
更に、昨今は「pixiv」をはじめイラスト投稿サイトも多数登場し、Twitter等との併用によって色々な「呼び込み」活動を行えるようになった訳でして、イラスト投稿サイトとSNSの関係は、非常に密接なモノとなってきていると言えるのでは無いでしょうか。
勿論、イラスト投稿サイトだけで無く、個人ブログや個人ホームページ、動画投稿サイト等もSNSとの連携で見てもらいたいモノを拡散可能な訳でありまして、かく言う管理人もTwitterを活用して当ブログのアクセス数アップを目論んでいたりもする訳であります(笑)。

こういった複数ツールの結合というのはまさに繋がる事で世界を広げるインターネットならではの、実に面白い部分でありますよね。
また、同じ絵でもTwitterに上げるのとブログに掲載するのとpixivに投稿するのでは反応が全く異なる訳でありまして、そういった差異を愉しむというのも、一つの醍醐味であるように思います。
反応されるのはやっぱり嬉しいし愉しいですもん。

そこで漸く、なあなあで済ませてはならない「近年頻発している剽窃・無断転載問題」に繋がる訳でございます。

剽窃・無断転載問題」という名前からも分かりますように、問題となっているそれは、
他人のイラスト等をそのまま若しくは加工して自作のイラストとして、投稿・紹介する
という、言語道断も甚だしい行為でございます。

少し前から、他人のイラストをそのままトレース加工して、それをトレース加工したものであると公表せずに、あたかも1から描き上げた自作の絵として発表する、いわゆる「トレス疑惑問題」というモノが様々な場所で頻発してきておりまして、ネット界隈では度々話題になる事も多くなってきた感があります。
そして、ここ1年位の間で、それよりも輪をかけて酷い、「無加工の他人の絵を自作の絵として発表する」という剽窃行為が、主にTwitterで横行してきているのであります。
この二つが、「近年頻発している剽窃・無断転載問題」なのでありますよ。最近は前者よりも後者の方が大きな問題となってきておる訳でありますが。

・・・これはネットのモラルハザードでありますね。
そういった剽窃やらトレパク(トレース」と「パクリ」をくっつけた造語)をする彼らの言動を見ると、どうもTwitterやイラスト投稿サイトその他で「反応されたいから」というただそれだけの為だけに、他人の絵を自作の絵と偽って公開しているという奴が多いようでありまして、どれがどんな意味なのかすら考えた事も無いのでは無かろうかと、管理人はそう思うのであります。
ふざけんな!どこの誰とも知らない他人のちっぽけな承認欲求を満たしてやるために絵を描いてるんじゃねぇ!!
・・・いや、別に管理人がトレパク被害や剽窃被害に遭った訳では無いんですが(笑)。

絵を描くという行為は、それはそれは大変な労力が必要な訳でございまして、管理人の場合はあんな絵でも1枚仕上げるのに6~7時間くらいの時間がかかる、なんて事もザラにある訳であります。勿論それは管理人が遅筆なだけというのもある訳でありますが、まぁ、極々短時間で塗りや仕上げまでシッカリとやった絵を描くなんて事は、まず出来ないでしょう。
しかもその「絵を描くのにかかった時間」というのは実作業時間だけでは無い訳です。絵というのは大げさに言えば描き手のそれまでに蓄積してきた絵を描く技術の集大成である訳でありますので、1枚の絵には実質作業時間の他に「その絵を描くまでの間に身につけてきた技術を身につける時間」というモノをも内包しているとも言える訳でございますよ。

それを「無断転載」している人は、「5分で描いた残念クオリティですが・・・」とか言ってアップロードしておる訳です。
大多数の絵を描いている人にとって、一生懸命、真剣に必死に描いた絵をそんな風に他人に勝手に「自分の描いた絵です!」と転載させられたら、そりゃハラワタが煮え滾りますよ。実にやるせない話です。

しかも更にやるせないのが、自衛の手段が殆ど無いという点でございます。
当記事内だけでも散々書いてきました通り、イラストを複製して転載するのは非常に簡単で手軽な作業であります。クリック一つで誰でも「絵師」を騙る事ができてしまうんですよね。
そういう訳なので、自分の絵である事を証明する刻印として、自分のサインをつける人も少なくは無いというか、絵に自分のサインをするという「騙り」を防止する事自体は大昔からある訳であります。
が、しかし。画像編集ソフトの進歩著しい昨今。サインを消してしまう事ぐらい、絵を描く事が出来ない人も朝飯前に出来てしまうのでございますよ・・・!
そういう訳でありますので、サインをするという事も騙りを防ぐという観点からは全くの無意味であると言わざるを得ません。
他にも画像編集ソフトを使い、日本銀行券と同様に細かい文字を絵の中に仕込んだり、回転させたり反転させたりした文字やサインを絵の中に仕込んだり、といった「剽窃からの自衛法」が色々と模索されたりしておる訳でありますが、しかしそこまで剽窃対策に時間を割くというのは実に虚しく感じてしまう、という絵描きさんは少なく無い訳でありまして・・・。
一番の自衛方法はどこにもアップロードしない事だ!」などという冗談も出てくるくらいのやるせなさでございますよ。
誰かに見てもらいたいからアップロードしてるんであって、誰かに剽窃される為にアップロードしているんでは無くて・・・。

これは、手軽に、便利になったが故の悲劇でございますよ。
いや、「悲劇」等というモノではありません。画像編集ソフトを悪用する奴が、自作の絵だと騙る奴こそが悪いという話なのであります。
そして、真の悲劇は、絵を描かない人には絵を描く人のハラワタが煮えたぎるような感覚があまり伝わっていない、というあたりなんですかね。
そうして今日もどこかで誰かが誰かの作品を剽窃し、トレパクしている訳です。嗚呼、やるせないったらありゃしません。

最後に管理人が言いたいことは、ひとつだけです。
もしも万が一この記事を読んでいる方の中で剽窃やトレパクをしている人が居たら、直ちにやめてください。
あなたの行為は、作者の尊厳を傷つける行為以外の何者でもありません。


【関連記事】
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』第0回放送
動画共有サイトでアニメ等を観るという事について
ネット上で有名になるという事についてのお話
俺は何故漫画を描くのか?

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2014/04/27 00:00|ネット関連雑記TB:0CM:7

コメント


どうも、こちらにもコメントさせて下さいね(^^ノシ

はてさて・・・他人のイラストを勝手に盗用する人ってのが何を考えているのか、さっぱり分かりませんが、
しかし、私が自分のブログにイラスト等を乗っけているのは、飛翔さんが言われている「その絵を描くまでに技術を身につける時間」が楽しいのと「こんな絵描いたよ!」って友達に見てもらうのが楽しいからで、
そんな自分がイラストを盗用するだけの人に言える事は、
「その行為はイラストを友達に見てもらう楽しみはあっても、技術を身に着ける楽しみは無いはずだ」とか
「他人から認められても、自分で努力してないって分かってると、自分を承認する事は出来ないぞ」
ですかね。
レバニラ #LkZag.iM|2014/04/27(日) 22:00 [ 編集 ]
一応、まじめにコメントです
>飛翔掘削さん

気持ちの上では、ほぼ同意です。

さて、一応、まじめにコメントです。

ご存知かと思いますが、電子透かし技術というものはないわけではなくで、ある程度は手順化でき、絵師が毎回毎回しんどい思いをして埋め込む必要はありません。とはいえ盗用行為に対しなんらかの対処をする場合、後手後手にならざるをえない点については論考のとおりだと思います。

自分は対応を次のように考えています。

アナログ作家であれば有体のオリジナルが手許にあるわけなので、スキャン後のデジタル加工の際に最初からネットで公開をすることを前提とした精度に落としておく。公開したい内容からすればブログのサムネイルサイズでもいいんじゃないかという思う場合もあります。あと、しつこいくらいにcopyrightの表示をこまめに入れておくことで、心理的な抑止を狙うというところです。

多分、出来心でやっちゃいました・・・的なライトな予備軍には、このくらいでも有効じゃないでしょうか?
でも、本当に問題になるような剽窃、トレパクしている人に対しては、どんな対策をしたところで意味ないんじゃないかという気がしています。

なので、実際の効果は検証できてないのでなんともいえませんが、「権利関係にうるさそうなやつ」というイメージを最初に作ってしまうのがベターなんじゃないかな・・・と勝手に思っています。とはいえ、所謂「版権二次創作絵」を大量にアップしている方だと言いづらいところがあるかもしれません。

長文、失礼しました。
Amleth Machina #SY/LY76s|2014/04/29(火) 09:30 [ 編集 ]

>>レバニラさん
剽窃・無断転載を見るたびに、
お前それネットでチヤホヤされたいだけなんじゃねぇのか!?
と、思ってしまうのです。
中高生とかが剽窃・無断転載している場合はまぁ、「さもありなん」というような感じがしないでもないんですけれども、良いトシした人がそれをやっているのを見た日には……。

剽窃・無断転載をしている人は、根本的に我々とは考え方が違う人間なのだと思うことにしています。


>>Amleth Machinaさん
個人的には、手順が簡単か複雑かという物理的な話よりも前に、心理的な、盗用される事前提で対策をしなければならない事によるやるせなさみたいなのがしんどいような気がしますかね。
いえ、私はまだ剽窃されたりトレパクされたりした訳では無いんでそういった対策は特に施したりしてはいないんですがッ!

>「権利関係にうるさそうなやつ」というイメージ
Twitterの方でこの件が話題になった際に、

下手な奴が権利権利言ってると「何言ってんだコイツ」と思われちゃうし、上手い奴が権利権利言ってるとなんだか金の亡者感がしてどちらにしろアレ

という旨のツイートが流れてきました。
結局のところ各々の良心に委ねるしか無い問題なんだろうなぁと、半ば諦観しているところであります……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/04/29(火) 13:51 [ 編集 ]

コラージュを趣味にしているわたしみたいな人間にまでそのうちしわ寄せがくるのではないかと思います。

日本の著作権法、「パロディ」や「コラージュ」に対しては恐ろしく頭が固いですし。作ったコラージュは、お目こぼしだけでコミケで発表していたようなものですが、著作権法違反が非親告罪化されると……。

もっとなんかスマートに解決する方法はないのかなあ。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2014/04/30(水) 17:04 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
最近の情勢を見ておりますと、どうやらTPPに関連して、著作権法が非親告罪化される向きが強まってきているようですね……。

二次創作文化とかコラ文化とかを上手く汲んでくれるような方向にする手段は無いんですかね。
まず大前提として、法律作っている人達が、そういった関連に興味が無いというか、無関心なのがそもそもの問題のような気がします……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/04/30(水) 23:29 [ 編集 ]
著作権の非親告罪化は
>ポール・ブリッツさん
はじめまして。

著作権の非親告罪化は、そもそも著作権の改正の方向がクリエイターではなく作品の界隈で儲けを得ている人達を向いているところに問題があります。

そもそもクリエイターの権利や保護を目的とするのであれば、パロディなんかに厳しい運用をしたりとか著作権の非親告罪化を図るのではなく、クリエイターがもっと正当な報酬を得られる環境作りや世間の意識を変えていくことの方が先です。

このあたりはアニメ製作の現場が弱いことや隣接権を持っている方が本来の著作者より圧倒的に強い立場にあることを考えあわせると、当然のように考えられている日本の著作権者のおかれた立場がそもそも発狂したような状況にあると言わざるをえません。

あと、著作権の非親告罪化も運用面での考慮が杜撰すぎるので、目的である(と強弁されている)著作権者を守る実効性は皆無で単に別件逮捕の口実にしかならないと考えます。

そういった意味では罪刑法定主義を理解していない無知な国会議員を野放しにしている自分たちの責任でもあるのですが・・・。


Amleth Machina #SY/LY76s|2014/04/30(水) 23:59 [ 編集 ]

>>Amleth Machinaさん
著作権法関連の機関なり委員会なりの組織を作ってクリエーター側主体で立法に文句を言える体制を作るのが一番手っ取り早いんでしょうけど、現状では絵に描いた餅でしかありませんよね。
そもそも理解のある国会議員が殆ど居ないという……。
アニメや漫画に限らず、映画とか音楽とかその他諸々「創作活動」と言えるモノ全てに共通する話ですが。

もう、創作界隈の現状に理解の深い国会議員を擁立するしか、現状打破は厳しいような気もしますが、それはそれで気が進まないという……(苦笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/05/02(金) 23:24 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1179-ac0423ff

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.