管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「アニメを切った」という報告に対してのモヤモヤ感 

4月も中盤になり、今年の春アニメも殆どが第一話の放送を終えました。
管理人も数作ほど観ておる訳でございますが、しかしながら今期はロボットアニメが非常に多くて良いですね。この調子でどんどんロボットアニメが増える幸せな世の中になってもらいたいもんです。

さて、そうやって毎期アニメが始まると、「観るアニメ」と「切るアニメ」というのが出てくると思います。
現在は週に数十本のアニメが放送している訳でありまして、よっぽど暇でない限り放送されている全てのアニメを観るという事は実質不可能でありますから、自分の興味や関心、趣味嗜好に合わせて観るアニメを取捨選択しなければならないというのは必然的であると言えます。段階としては放送前に観るアニメと観ないアニメに選別して、放送後数話観てから視聴継続の判断をするというのが一般的であると思いますし、管理人もそうやっている訳であります。

しかしながら、匿名掲示板や個人ブログ、Twitterなんかで「ああ、このアニメは1話で切ったよ!」とか「観る前に切った」とかいう報告をしている方々がいらっしゃる訳でありますが、コレはどうなんだろうなぁと、管理人は毎回新しいアニメが始まる度に思ってしまうのであります。

ドヤ顔で切ったアニメについて言及するアニメファンはさながら「アニメ斬り侍」と言ったところでしょうかッ!

観ているアニメについて報告するならまだしも、切ったアニメを自慢気に語られてもなんだかなぁと、個人的には思うのでありますよ。「切る」という行為自体はそれほど悪い事ではないし自分もやっているのではありますが、しかし他人の「アニメを切った」という報告を見るたびに、不快感を覚えてしまうのであります。やっぱり「切る」という事のマイナスのイメージだからなのかなぁ・・・。

人は何故、「アニメを切った」という報告をしてしまうのか。
アニメを切った」という報告は、「俺はこれだけの時間を無駄にせずに済んだんだぜ!」という自慢のつもりなのか。
別に「切ったから偉い」とかそういう話でも無いでしょうに。

そして何故管理人は「切った」と言われる事に対して不快感を覚えてしまうのか。
他人がツマラナイと感じても俺は面白いと感じるというのは普通にある事ですよって、それ故に「切った」と言われてしまう事で自分の価値観を否定されているような気になってしまうから・・・なのかどうかは分かりませんが。

しかしどうにもモヤモヤするんですよねぇ。
そんな他人の声なんて気にせず吹っ切れれば良いんだけれど。

【関連記事】
長いタイトルとその略称
コミュニケーションツールとしてのアニメ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2014/04/15 23:59|アニメ関連雑記TB:0CM:5

コメント


観る観ないの判断は個人の自由だから兎も角として、
わざわざ切った事を報告する必要って、やっぱり無いと思うんですよね。
それを報告してる時間が勿体無い感じがします。
寧ろ、それを報告してる暇があるなら、その分、好きな作品に触れて、好きな事語ってる方が幾分が良いと思うんですけどね。
それでも、そういう表現をする方は後を絶たないですね。
そういう方は、コミュニケーションツールか何かとしてアニメって観てるのかな、と。
ファッションでアニメを観てるというか。

あと、忙しくて未視聴のまま溜まっているアニメを観るに当たって、「消化」するって表現をする方が結構いらっしゃいますが、
あの表現も個人的には、苦手なんですよね。
なんか義務的というか、作業的に聞こえてしまうので。

何はともあれ、やっぱりアニメというものは楽しく観たいものでありますね。はい。
その為には、時に外部からのノイズを遮断する事も大事なのかもしれないですね。
空色カラス #JalddpaA|2014/04/16(水) 01:58 [ 編集 ]

一話を見てないアニメや特撮は、どうしても敬遠してしまいますね。ビデオテープを使って深夜アニメを見ていた期間がながいので、趣味に合わないアニメは最初から見ないし、一話を見たアニメは最後まで可能なかぎり付き合う、というやりかたで。

そういう見方だったから、深夜アニメの第一話を見るのもつらくなってきた今は、あえて深夜アニメにはタッチせず、プリキュアだけに固定しています。それで限界です。うむむ。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2014/04/16(水) 21:29 [ 編集 ]

>>空色カラスさん
わざわざ「アニメを切った」という事を報告する事ほど不毛なことはありませんよね。
或いは、「切った」という報告をする事で「俺の選択は間違っていないよな?」と同意を求める、という側面もひょっとしたらあるのかも知れませんが……。

ヒトの目気にしてアニメが観れるかッ!?という話になってくると思うのですけどね。


>>ポール・ブリッツさん
最近は公式ネット配信で、見逃した現行放送作品でも後追いをする事も出来るので、その点では良い時代になったと言えるのかも知れません。
観る観ないというのは結局のところ、作品との巡り合わせになるんでしょうね。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/04/16(水) 21:42 [ 編集 ]

同時放送開始が50本以上あって取捨選択は当然だと思いますが
わざわざそれをアピールしてくるのは面倒ですよね
また「切った」の逆に「これ絶対見なきゃ駄目」みたいなのもあまり好きじゃないです
好きなの勝手に見させて欲しいと思います
ポコ #-|2014/05/16(金) 11:05 [ 編集 ]

>>ポコさん
はじめまして!

「切った」というのは「お前らも観てないよな?」という同調を求める行為であり、「絶対観ろ!」というのもやはり同調を求める行為だと思うんですよね。
ですので、今のアニメファンは全体的に「同調を求める」傾向にあると言え、「アニメのコミュニケーションツール化」が為された、という事が言えるのかも知れません。

この風潮には私も疑問で、「アニメくらい好き勝手に観させろぃ!」と、思う次第なんですけどねぇ。

機会がありましたら、また遊びにいらっしゃってくださいね!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/05/16(金) 18:27 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1173-9d5ae21b

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.