管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

【その先の】実写版『進撃の巨人』に、期待大【特撮】 

先日、実写映画版『進撃の巨人』の主演に『永遠のゼロ』でも主演を演じた三浦春馬に決定した、という発表が為され、いよいよ本格的に実写版『進撃の巨人』が本格的に始まるのだなぁ、と、実感しておるところであります。

進撃の巨人』・・・。原作は別冊少年マガジンで連載中の、人類を絶滅させる巨人と人類との戦いを描いた漫画でありまして、発行部数は累計3000万部を突破、昨年放送のアニメ版も大ヒットし、アニメ映画の公開も控えているという、現在最もトレンドな漫画であると言う事が出来るのではないでしょうか。
進撃の巨人』は、『ウルトラマン』や『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』、或いは『キングコング』といった往年の特撮怪獣モノのテイストに、人類と宇宙生物群の死闘を描いた18禁ゲーム『マブラヴ オルタネイティヴ』のテイストを加味した上で、作中に張り巡らせた伏線と勢いのあるやたらに熱い物語展開をみせている作品であり、管理人も好きな漫画であります。しかしまぁ、1巻発売時から追いかけておる訳ではございますが、ここまで人気の出る作品となるとは思ってもみませんでした。何がヒットするか分からない世の中っすなぁ。

で、乗りに乗った勢いでの今回の実写版という流れになる訳ありますが、正直なところ「日本で『進撃の巨人』を実写でやってもなぁ・・・」というのが無い訳ではありません。
いや、だってこの作品、基本フォーマットとしては「西洋風ファンタジー」の世界観じゃないっすか。加えて、巨人の表現に立体軌道の表現等々、日本映画のバジェットではそれらの表現はかなり難しいんじゃなかろうかと思う次第でありまして・・・。
そんな風に思っておったところ、『進撃の巨人』とスバルのフォレスターのコラボCMが公開されました。



このビジュアルならイケるんじゃね!?

実写版『進撃の巨人』の監督を務めるのは、『平成ガメラシリーズ』で特技監督を務め、『日本沈没』や『ローレライ』、そして『巨神兵東京に現わる』で監督を務め、最近ではアニメ『キルラキル』で特撮ヒーローテイスト溢れるコンテも切っておられた、樋口真嗣監督なんですよね。
このCMでの巨人の表現は、特殊メイクと操演着ぐるみによるモノでありまして、特に最後に登場する超大型巨人は、『巨神兵東京に現わる』にて巨神兵の表現に使われた「二人羽織式操演パペット」を更に進化させた、7人がかりで動かす「二人羽織式操演着ぐるみ」が使われております。

いやはや、巨人の表現は3DCGでやるもんだと思ったらまさかのアナログ特撮ですよ!
これはもう「『進撃の巨人』の実写版」とか、そういった括りで見るよりも「樋口監督が挑む新時代の特撮映画」として見た方が正しいんじゃないかと、管理人はそう思う次第であります。
巨人表現はもう全くの問題無し!後は立体軌道の特撮がどうなるのか、というのが懸案事項でありますかね。しかし、『ゴジラ FINAL WARS』の、あのエビラVSミュータント兵の特撮から10年が経過した現在、というように考えると、さしたる不安要素では無いような気もします。
となれば後はストーリーとキャストになる訳でありますが、それはまぁ、なるようにしかならんかと、割り切らないといけないのかも知れません。

日本でゴジラが創られなくなって早10年。『巨神兵東京に現わる』の更にその先の、未来に繋がる新時代の特撮映画として、実写版『進撃の巨人』には大いに期待を寄せる次第であります。
着ぐるみやミニチュア等のSFXをメインに据えた日本の特撮で新しい映画を創るというのは、ある意味ではVFXをメインに日本の特撮テイストをぶち込んだ『パシフィック・リム』に対する意趣返しと言えるのかも知れません(笑)。しかも制作は天下の東宝でありますからね。

兎にも角にも、実写版・・・いえ、特撮版進撃の巨人』が公開する2015年が楽しみであります!


【関連記事】
涙を呑んで、『巨神兵東京に現わる 劇場版』は失敗だったと言わざるを得ないのかも知れない……。
僕達はこんな怪獣映画を待っていた!『パシフィック・リム』
ミレニアムシリーズ最終作 『ゴジラ FINAL WARS』
特撮・哀 「日本特撮に関する調査報告書」発表

【関連商品】

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
諫山 創

商品詳細を見る


進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]
(2013/07/17)
梶裕貴、石川由依 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2014/04/07 21:53|特撮関連雑記TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1171-79b2e70d

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.