管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『仮面ライダー』って、こんな作品。 

仮面ライダー=本郷猛は改造人間である!
彼を改造したショッカーは、世界制覇を企む悪の秘密結社である!
仮面ライダーは、人間の自由のためにショッカーと戦うのだ!


現在放送中の『仮面ライダー鎧武』も人類という種を生かすために60億人を殺すとか、最初に倒した敵が実は主人公の友人だったという事が判明したりとか、益々ダークな展開になってきて非常に面白いのでありますが、ニコニコ動画の東映公式チャンネルにて、1971年に放送が始まった『仮面ライダー』の公式無料配信が先週より開始致しました。
いやはや、ニコニコではこの2年をかけて『仮面ライダーBLACK』&『仮面ライダーBLACK RX』を配信してきておる訳でございますが、これからの2年間は初代ダブルライダーの活躍を描いた元祖シリーズを配信していく訳でありますなぁ!

仮面ライダー

管理人にとっては幼少期に再放送を観て、その後録画したビデオが擦り切れるまで繰り返し観てきており、そのビデオをDVDに焼いて今なお観たりする事もあるというかなり慣れ親しんだ作品なのでありまして、こうやってニコニコで配信してくれるという事は2年かけてライダーの活躍が観れるという喜びと共に、若い世代にも気軽に観れるという事でありますので、管理人も非常に嬉しかったりするのでございます。
そういう訳で管理人は早速第一話「怪奇蜘蛛男」、第二話「恐怖蝙蝠男」をニコニコ動画で観直した訳でありますが、やっぱり素晴らしいですね。
そういう訳で本日は、「『仮面ライダー』をこれから2年観ていくにあたって」という観点から、『仮面ライダー』という作品がどのようなモノなのかを、少し書いてみたいと思います。

物語は冒頭に記した毎回のOPナレーションの通りなのでありますが、もうちょっと詳しく書くとこんな感じになりますか。

世界征服を企む、ナチス・ドイツの流れを汲む世界的な悪の秘密結社・ショッカーと、ショッカーに拉致され、身体強化改造を施されてバッタの改造人間となるも、洗脳(脳改造)を受ける前にショッカーアジトからの脱出に成功し、「人間の自由のために」、時に孤独に、時に仲間たちと共に、ショッカーと戦いを繰り広げる本郷猛・一文字隼人の両仮面ライダーの活躍を描いた特撮テレビシリーズ。
それが、『仮面ライダー』である!


仮面ライダー』の基本構造としては、「仮面ライダーは本質的には敵と同じ存在=改造人間である」、「【人間の自由のため】という大義のため全てを捨ててショッカーと闘う青年達の物語」、「仮面ライダー=文明社会に警鐘を鳴らすべく登場した大自然の使者」・・・等といった事を言う事が出来るのではないでしょうか。
まぁ、こういった「『仮面ライダー』の基本構造とは!?」みたいな話はもう散々色々な所で語り尽くされてきた感がある訳でありますので、ここではしつこくは書きません。基本構造は基本構造として置いとかないと、「改造人間の悲哀が~」とかいう話になって必要以上に大袈裟で仰々しい作品だと勘違いしてしまい、実際の本編を観ると「えっ、こんなもんなの?大層なこと言ってたのに拍子抜けだなぁ」なんて事になりかねませんからね。
仮面ライダー』を初めて観るという方は、「作品の根底にはそういうモノが流れているんだなぁ」くらいに、頭にとどめておく程度に考えて頂ければと思います。

さて、作品本編、『仮面ライダー』の魅力とは何か?
管理人個人としては、「仮面ライダー」というタイトル、ヒーローの名前そのものが大きな魅力であると思うんですよね。

だって、「仮面ライダー」って、全く意味が分からないじゃないっすか!仮面でライダー」なんですよ。「ライダーの仮面」では無いのです。ここが重要。
意味を突き詰めて考えていくと、「被り物バイク乗り」という事になり、最早それは何なのか相当に難解であります。ヘルメットでは無く仮面なのか、ライダー!道路交通法違反だぞ、ライダー!
しかし、「仮面ライダー」という名前には妙な説得力がある訳でありまして、「仮面ライダー」と聞けば「ああ、なるほどな」という気分になってしまうのだから不思議な話であります。
また、「謎の説得力」と言えば「バッタの改造人間」というのも相当無茶苦茶なのに妙な説得力を持っています。
バッタの改造人間」って何だよ!?バッタを改造して人間にしたのか?なんなんだ、一体コレは!?
しかしながら、「バッタの改造人間」と聞けば、「なるほど、バッタの能力を付与・強化された人間なんだな」という気になってしまうのだから不思議な話であります。

そして、敵組織「ショッカー」。その名前は一瞬で「世の中にショック(≒混乱)を起こす組織だからショッカーなのか!」と、瞬時に納得し、感動すら覚えてしまいます。
また、その他にもこの作品には個性豊かな怪人や幹部達が続々と登場しますが、それらの名前も素晴らしいのでりますよ。初期の怪人の名前は「○○男」とか「××女」みたいな直接的なモノがスタンダードな訳でありますが、物語が進むと「キノコモルグ」とか「シオマネキング」、「ガニコウモル」に「サボテンバット」等々、非常にバラエティ豊かな愉快なネーミングの怪人達が続々登場する訳でありますよ。
長い物語の中には「再生怪人」と呼ばれる、様々な理由でライダーにやられた怪人達が団体様で蘇る回なんかもある訳でありますが、そこで怪人達が一斉に自分の名前を叫んだりするんですよね。ある意味では非常に愉しい回であると思います。
幹部連中のネーミングも素晴らしく、特に「死神博士」と「地獄大使」の二人は、そのキャラクター性やビジュアルとも相俟って、非常に強烈な印象を我々視聴者に与えております。
ネーミングと並ぶこの作品の大きな魅力は、この悪の秘密結社にあると思うのであります。

さて、ショッカーと言えば忘れてはならないのがその世界征服のための「作戦」でありますよ!
時に本当に残虐で恐ろしい作戦を立てる事もあれば、一方で「ふざけてんのか、それは!?」と、頭を抱えたくなるような間抜けな作戦を実行していたりで、色々な意味で愉しめます。ショッカーの一挙手一投足に一喜一憂する。そんな観方もあるのではないでしょうか。
愉快なか幹部の皆さんに、楽しい怪人軍団、それらに振り回される哀れな戦闘員達・・・・。

戦闘員は本当に哀れな存在なんですよね。怪人の前座としてライダーにボコられたり秘密保持の為に殺されるなんていうのは日常茶飯事で、酷い時にはショッカーの新兵器やら新怪人やらの実験台にされて死んじゃったり、怪人の思いつきで死んでしまったり・・・。
戦闘員」なのにその非力さにも泣けてきます。FBI捜査員の滝はともかく、おやっさんやライダーガールズ、酷い時には少年仮面ライダー隊にすらやられてしまうこともあり・・・。なんでだよ!ライダーカードには「常人の10倍の戦闘能力がある」みたいな事が書いてあったじゃねぇかよ!なんで子供にボコられてんですか!哀しいやら情けないやら・・・。
そして、物語終盤でショッカーがゲルショッカーに組織改編されるにあたって抹殺されていく旧ショッカー戦闘員・・・。
た・・・助けてくれ!と・・・東京の立花レーシングクラブまで連れて行ってくれーっ!
と叫びながら絶命する戦闘員の姿には、おかしいやら面白いやら感涙を禁じ得ません。

そして、そんなショッカーに輪をかけて間抜けなライダーや滝におやっさん、なんて構図のエピソードもあったりするのでありますからもう手に負えません(笑)。結構な頻度で磔にされたり火炙りにされるライダーガールズや少年ライダー隊、そしておやっさん・・・。
特に少年ライダー隊の面々は、ショッカーの車を自転車で追い掛け回したりする訳でありますから、そりゃお前ら捕まるだろと、幼少期の管理人は幾度も突っ込んだのでありました。

他にも、長回しに次ぐ長回しによる戦闘シーンで、ライダーも怪人も明らかに疲れてきているというようなグダグダな映像が延々と流れたり、「ショッカー基地の近くで釣りをしていたから」とかいう理不尽な理由で殺されてしまう一般人が出てきたり、色々と面白いシーンは多いので、最近では流行りの「ネタとして」という観方も、あると思います。

勿論、「ネタとして」というだけでは決して無く、大野剣友会による格好良いライダーと怪人・戦闘員による殺陣、現行の平成ライダーではあまりやらなくなったバイクアクションの数々、そして仮面ライダーの格好良さとショッカーの怪人達の不気味さ、菊池俊輔による劇伴音楽・・・等々、見所は非常に多いこの『仮面ライダー』という作品。
1週間1話だと2年間という長丁場の作品となりますが、最後まで楽しめる作品だと思います。
基本的に1話完結でありますので、どこから観ても愉しめるように出来ておりますので、気軽に、気が向いた時に観る、という鑑賞方法もありますね。
管理人もこの2年間が非常に楽しみであります。

沢山の人が観てくれると良いなぁ。


【関連ページ】

↑ここから観れます。

【関連記事】
おやっさんの謎
ネタアニメ症候群

【関連動画】


【関連商品】

仮面ライダー VOL.1 [DVD]仮面ライダー VOL.1 [DVD]
(2005/10/21)
特撮(映像)、藤岡弘 他

商品詳細を見る


コンプリートセレクション 仮面ライダー新1号変身ベルトコンプリートセレクション 仮面ライダー新1号変身ベルト
(2006/03/31)
バンダイ

商品詳細を見る

光る!回る!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2014/03/23 12:38|特撮ヒーローTB:0CM:6

コメント


どうも、こんばんはです。

仮面ライダーを楽しむ上で個人的にオススメしたいのは
「分かってる人間同士でやる仮面ライダーごっこ」ですね(笑)

一回、公園が無人だったのを良い事に地元のオタ友と一緒に公園の真ん中で
「出たな!ショッカーの改造人間!」
「行くぞライダー!」
って、口でレッツゴーライダーキックのインストを流しながら格闘を始めて(この時、片方が口で「ドゥン! ドゥン!」とか「ビキシィ!」とか、あの独特のSEも付けるとより盛り上がります)
最後に「トォー!」って言いながらジャングルジムに上って
「ライダーキック!」
とか、良い歳したオッサンが二人してめっちゃエンジョイした覚えがあります。

「変身ポーズの構えのまま睨み合う」とか「ボディブローを食らったら尻を突き出してのけぞる」とかいった仮面ライダーの形みたいな物が理解できるようになったら、是非ともやってみて欲しいですね~・・・恥ずかしいでしょうが(^^;
レバニラ #LkZag.iM|2014/03/25(火) 23:32 [ 編集 ]

>>レバニラさん
こんばんは!

やってみたいですね、ライダーごっこ!
ライダーが爆発的にヒットしたのは、子供が「なりきれる」ヒーローだったから、ですよね。
変身ポーズをとるだけで君も僕も仮面ライダー!

しかし、いいトシした奴が公園で、「出たな!ショッカーの改造人間!」と叫んで「とう!とう!」とか「イー!イー!」とか奇声を上げていたら、ヒトに見られたら確実に通報、職質されてしまいます……。
いっそライダーや怪人・戦闘員のコスプレ衣装を自作して「ライダーごっこ」を愉しむくらいに振り切ると逆に良いのかも知れませんね!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/03/26(水) 20:38 [ 編集 ]
機械的置換をしてみました
機械的置換をしてみました。

ナイトボーグ=早川伸吾は改造人間である!
彼を改造したクラッシャーは、世界制覇を企む悪の秘密結社である!
ナイトボーグは、人間の自由のためにクラッシャーと戦うのだ!

なんか、ヘンにいじらなくても、レトロヒーローとしてのポイントさえおさえれば、そのままいけそうな気がしてしまうのは自分だけでしょうか?

あとはバイクか車の魅力的なメカが登場したら完璧です。


Amleth Machina #SY/LY76s|2014/03/26(水) 23:59 [ 編集 ]

>>Amleth Machinaさん
ナイトボーグの世界観はそのまま『仮面ライダー』のフォーマットを落とし込んだモノでありますので、そのまんま使えちゃうのであります。
また、設定だけですがナイトボーグ専用のマシンも存在します。

ただ、ナイトボーグがクラッシャーと戦う理由は「人間の自由のため」という大それたものでは無く、もっと個人的な復讐心みたいなものだったりする訳です。
『悪の凡才~』の頃のナイトボーグはヒーローでは無くただの復讐鬼で、『ナイトボーグ』でメンタル的に本当のヒーローになれた、という事にしているのですが、うまい具合に表現できていないというアレでもあります。

そのあたり、現在長々と設定とかプロットとかをチマチマ作っている「希・壱號漫画」でうまい具合に昇華できれば良いなぁ、と、思っている今日この頃であります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/03/27(木) 01:08 [ 編集 ]

ヒーローは改造人間であるかどうかはわからない!

彼と戦うババルー帝国は世界征服を狙う悪の地下国家である!

ヒーローは人類の平和と安全を守るため、そして惚れた女を殺された私怨によって戦うのだ!


……ダメじゃんうちのヒーロー(^^;)

http://crfragment.blog81.fc2.com/blog-entry-1717.html
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2014/03/29(土) 17:03 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
「改造されていなければ強化スーツを身にまとっている訳でもないただの一般人VS本気で世界征服を狙う悪の組織」
という構図の漫画も一度描いてみたいと前々から思っているのであります。

多分、主人公が最終的に国連事務総長になります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/04/01(火) 01:01 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1165-885b62ad

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.