管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

おすすめの特撮作品! 

先日、とある方にこんな旨の事を言われました。
飛削君って特撮に詳しいんだろ?オススメの特撮があったら教えて!
うむむ・・・「オススメの特撮」でありますか。そもそも特撮というのは「特殊撮影」の略語であり、SFX、VFXを統合した撮影技術の総称であるので、そのオススメするモノというと「特撮技術が優れている作品」という事になる訳ですので、そうなるとオススメの作品はですね・・・・というお話ではありませんよね
ましてや、オーケンのオススメの曲を紹介してくれという話でもありません
世間一般で言う「特撮作品」というのは撮影技術の事では無く、「ジャンルとしての特撮」の事であります。
まぁ、確かに管理人も色々と特撮作品を観てきた訳ではありますが、よく考えたら「他人におすすめする特撮作品」というモノを考えた事はあんまりありませんでした。
良い機会なので、この際色々と「オススメの特撮作品」という事について、考えてみます。

・・・とは言うものの、「オススメの作品」というのはなかなかどうして難しい訳であります。
まず大前提として、「すぐに観る事ができる作品」に絞られます。おすすめしたは良いが、そんな作品どこのレンタル店にも置いてねぇッ!という事であれば、オススメする意味がありません。
そして、「愉しみ方の文脈を持っていないと愉しめない作品」もオススメ出来かねると思います。例えば、低予算・スケジュールキツキツの中で制作されて、スタッフがヤケクソになっており物語は破綻、延々と長回しで撮影されていてヒーローも怪人も明らかに疲れてきている、なんて映像をいきなり観せられてそれを愉しめるという人は、まぁ、かなりの少数派になるでしょう。
そういう事になりますので、当記事での「オススメの特撮作品」は、管理人がここ数日の間いくつかのレンタル店をまわって置いてある事が確認出来た作品であり、尚且つ特撮初心者が観ても愉しめるであろう作品を選んでおります。
そう言う訳で、前置きが長くなっちまいましたが、「オススメの特撮作品」行ってみましょうか!


宇宙刑事ギャバン
1982年放送放送開始。宇宙犯罪組織マクーの魔の手から地球を守る為に銀河連邦警察より派遣された宇宙刑事・ギャバンの活躍を描いた特撮TVドラマであります。全44話。
東映特撮のスタッフ陣の、「新しいヒーローものを創ってやるんだ!」という意気込みが、全編通して画面から伝わってくる、熱い作品でありますよ!基本的に1話完結モノでありますのでどこから観ても愉しめると思います。
ストーリー的には東映特撮らしい勧善懲悪モノでありますが、変身前・変身後共に、物凄いクオリティでのアクションが繰り広げられます。また、毎回趣向を凝らした「潜入捜査」もこの作品の醍醐味でありますかね。
音楽は、特撮ヒーロー番組やロボットアニメではお馴染みの渡辺宙明。派手なアクションを宙明サウンドが盛り上げます。
この作品にハマれば、続く宇宙刑事シリーズやメタルヒーローシリーズを観ていくのも、良いかも知れません。

仮面ライダーBLACK RX
1988年放送開始。秘密結社ゴルゴムの壊滅から半年、地球侵略を狙う異世界からの侵略組織・クライシス帝国と仮面ライダーBLACK RXこと南光太郎の戦いを描いた特撮TVドラマであります。全47話。
前年の『仮面ライダーBLACK』の直接の続編でありますが、特に前作を観なくても大丈夫です。終盤以外は基本的に1話完結の物語でありますので、どこから観ても愉しめると思います。
どんな強力な敵が出現しても決して諦めない心があればヒーローは負ける事が無い!というのを体現しているような作品であり、「ヒーローとは何か?」という事に対しての一つの答えが提示されている作品であります。ただ、終盤にテコ入れで登場する10人ライダーは別にいても居なくても良かったよなぁ、という気はしないでもありませんが・・・。
メタルヒーローシリーズのスタッフも多く関わっているので、アクションのキレは全ライダー中でも随一のモノとなっており、見応えがありますよ。フォームチェンジや専用マシン等、ビジュアル的な見所が多いのもこの作品の特徴であります。

仮面ライダーZO
1993年公開。仮面ライダーシリーズ20周年記念作品として企画された、不死身の怪人・ネオ生命体ドラスと仮面ライダーZOこと麻生勝の死闘を描いた特撮ヒーロー映画であります。
上記『RX』が「ヒーローとは何か?」という問いかけに答えた作品であるとすれば、この『ZO』は、「仮面ライダーとは何か?」という問いかけに答えた作品である、という事が出来るかと思います。
単なる勧善懲悪では無く、「怪人とライダーは本質的に同じものである」という仮面ライダーの原点に立ち返った上での作劇が為されております。
怪人の不気味さや、ライダー・怪人のアクション、ストップモーションにミニチュア爆発に都市破壊等々、48分の尺の中で「これでもかッ!」というくらいの見せ場のある作品に仕上がっており、一見の価値のある作品でありましょう。
でもこの作品、地味なんだよなぁ・・・。多分、主にZOのデザインのせい。

平成仮面ライダーシリーズ
2000年の『仮面ライダークウガ』から今年(2014年)まで続いている、特撮TV作品シリーズであります。基本的にシリーズ間の繋がりはありませんので、どの作品から観ても大丈夫であります。
現代のヒーロー像」を毎年提示しており、「子供から大人まで愉しめる」というのを謳い文句にしているのは伊達では無く、毎年色々と趣向を凝らしたライダー・ストーリー展開の作品群となっております。どの作品を観ても愉しめると思いますよ!
ただし平成ライダーシリーズは、4話完結であったり2話完結であったり、1年通しての伏線を張ったりしている作品が殆どでありますので、観る際は全話通して観る事をおすすめします。

電磁戦隊メガレンジャー
1998年放送開始。邪電王国ネジレジアの三次元侵攻作戦と、それに立ち向かう電磁戦隊メガレンジャーの物語を描いた特撮TVドラマであります。全51話。
スーパー戦隊シリーズの21代目にあたるこの作品は、『高速戦隊ターボレンジャー』以来の高校生戦隊であります。携帯電話やPC、インターネットといったモノが普及してきた時代に創られた作品らしく、そういった電子機器をメインアイテムとして出ており、また、巨大ロボが悉く格好良いという、ビジュアル面もさることながら、ギャグに走りがちな戦隊シリーズの敵組織群の中ではかなり真面目なネジレジアの皆さんや、「高校生戦隊」という設定をフルに使った学園生活等々、物語面でも1話あたりの出来がかなり良い作品であります。
特に後半の盛り上がりは(管理人が今まで観てきた)スーパー戦隊シリーズの中では随一のモノとなっているように思います。最終回に「敵の撃破と卒業式」を持ってきておりますので、「全話観て良かった!」という満足感は大きいですよ。

ウルトラマン
1966年放送開始の特撮TVドラマ。言わずと知れた、M78星雲光の国からやってきた怪獣退治の専門家の物語であります。全39話。
この作品での主役は、何と言っても毎回登場する多種多様な怪獣達であります。個性豊かな怪獣達は、格好良くもあり、愛らしくもあり。どれもこれも登場怪獣は印象に残る奴らばかりであります。「怪獣」という存在の魅力を知りたいのであれば、まずこの作品を観る事をおすすめします。基本的に1話完結なので、どこから観ても愉しめます。
映画並みの予算を使った、豪華な特撮!」という謳い文句がありますが、如何せん古い作品なので、飛行機を吊っているピアノ線が見えたりしても目をつぶってくださいね!
この作品にハマれば、他のウルトラシリーズを観ていくのも良いでしょう。

ガメラ 大怪獣空中決戦
ガメラ2 レギオン襲来
ガメラ3 邪神降臨

1995年から1999年にかけて公開された特撮怪獣映画シリーズであります。
いわゆる「平成ガメラシリーズ」と呼ばれる作品群でありまして、ミニチュア・着ぐるみ・3DCGを駆使した日本特撮の集大成と呼べる作品となっているかと思います。
ガメラ 大怪獣空中決戦』では怪獣映画の王道を提示し、『ガメラ2 レギオン襲来』では怪獣映画としては変化球的に、自衛隊の存在をピックアップした作品として仕上がっており、そして『ガメラ3 邪神降臨』では怪獣映画のタブーに踏み込んだ、一歩先の怪獣映画を志向した作品として出来上がっております。
そういう性質でありますので、1・2は万人にオススメ出来る作品ではありますが、3はちょっと人を選ぶ作品なのかなぁ、と思いますので、観る際は御留意下さい。

ゴジラ
1954年公開の特撮怪獣映画。米国の水爆実験により住処を追われた怪獣・ゴジラと日本人を描いた、元祖特撮怪獣映画であります。今年は公開60周年という事で、色々取り上げられる機会も多いでしょう。
詳しくはこちらの記事を御参照下さい。
60年も昔に創られた映画だとはとても思えません。否、60年前だからこそ創る事が出来た映画、なのかも知れませんなぁ。

ゴジラVSビオランテ
1989年公開。再び出現したゴジラと、バイオテクノロジーが生み出した驚異の植物怪獣ビオランテの戦いを描いた、特撮怪獣映画であります。
いわゆる、平成ゴジラシリーズの2作目。実質的には「ゴジラVS自衛隊」と言っても良いような作品となっておりまして、ゴジラの細胞や、いかにしてゴジラの進行をくい止めるのか、という所に主眼が置かれた作品となっております。
とは言え、ゴジラの対戦相手であるビオランテは迫力満点。最終決戦では触手をくねらせながらゴジラに向かって突進してくる、なんていう凄い画も登場します。
全編通して「平成・新時代のゴジラとはこういうもんだ!」というのが画面から伝わってくる、そんな感じの映画として仕上がっているのではないでしょうか。
だけどラストの沢口靖子だけは簡便な!

巨神兵東京に現わる
2012年公開。「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」の展示用映画として制作された、短編特撮怪獣映画。
その性格上、ストーリーは殆どあって無いが如きの作品でありまして、現在の日本のミニチュアを使用した特撮技術の集大成という位置づけの作品であり、ミニチュアを使用した破壊表現をひたすらに追求した作品として仕上がっております。
詳しくはこちらの記事を御参照いただければ幸いであります。
尚、この作品はアニメ映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の映像ソフトに同伴して収録されておりますので、ご覧の際は『ヱヴァ:Q』のDVD若しくはBDをレンタルしてください。


と、言う感じで10項目に分けて「オススメの特撮作品」を御紹介致しましたが、いかがでしょうか。
他にも色々とオススメしたい作品は沢山ありますが、レンタル店になかったり、単に管理人が好きなだけで初心者向けでは無いよなぁ、という作品だったりと、今回の趣旨からは外れた作品が多かったですかね。
存外に「特撮」というジャンルは実は玄人向けなのだと感じ、驚愕しておる訳でありますが、当記事を切っ掛けに特撮ファンが増えたら良いなぁと、思う次第でございます。
こんな場末の個人ブログでどうこう言ってもたかが知れているとは思いますけどね(苦笑)。


【関連記事】
【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】
特撮・哀 「日本特撮に関する調査報告書」発表
「脱特撮」を推進したい!
【ジグザグに飛ぶ】「そういうもの」という文脈が成り立たない【メーサー光線】

【関連動画】


【関連商品】

平成ゴジラパーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)平成ゴジラパーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)
(2012/02)
川北 紘一

商品詳細を見る


平成ガメラ パーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)平成ガメラ パーフェクション (DENGEKI HOBBY BOOKS)
(2014/02/08)
電撃ホビーマガジン編集部

商品詳細を見る

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2014/03/07 20:15|特撮関連雑記TB:1CM:6

コメント


なかなかオススメを挙げるのって難しいですね。

好きかだけじゃなくて見易さなんかも考えないといけませんからね。

平成仮面ライダーシリーズは広い年代に見易いですからオススメですね。

レビューの中ですと電磁戦隊メガレンジャーがオススメにあるのが興味深いですね。後半は盛り上がりますね。鮫島博士のネジレジアでの反乱やメガレンジャーの学校追放と盛り上がりが多いですからね。

個人的にオススメなのはモスラですかね?怪獣映画としての迫力もありますが、モスラの幻想的な雰囲気もあって魅力的な作品ですね。
第4のペロリンガ #-|2014/03/08(土) 19:29 [ 編集 ]

レンタル屋に置いてあればッ! レンタル屋に置いてありさえすれば「ケータイ捜査官7」がイチオシなのにッ! 憎いッ! 低視聴率が憎いッ!(T_T)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2014/03/12(水) 23:54 [ 編集 ]
探し物があって神保町を歩いていたら・・・
探し物があって神保町を歩いていたら、神保町シアターで「ゴジラ映画総進撃」をやってるんでしたよね。
オリジナル「ゴジラ」しか認めない自分には、濃すぎる企画なのですが「きっと飛翔掘削さんあたりは熱く魂を煮えたぎらせるんだろうな・・・」と横目で見ております。

ちなみに平成ガメラは「イリス-邪神降臨-」しか観ていないのですが、きちんと作りこまれていて好感の持てる作品でした。なにより、あのラストは「絶望的な状況でも希望がある限りハッピーエンドなのだ」と考えている自分には、文句のつけようのないものでした。

ところで飛翔掘削さんには「イリス-邪神降臨-」の、どのあたりが「怪獣映画のタブーに踏み込んだ」と感じられたのでしょうか?


Amleth Machina #SY/LY76s|2014/03/15(土) 00:44 [ 編集 ]

>>第4のペロリンガさん
大前提として特撮作品というのはその大半が「子供向けの作品」でありますから、それを愉しむには愉しみ方の文脈というモノがあるのではないかと私は思うんですよね。
ですので、特撮初心者の方にオススメするのであればまずその「愉しむ文脈」を取り払った上でも十二分に面白い!と、太鼓判を押せる作品であるべきだと思ったのであります。

その上で、『メガレンジャー』は青春学園モノのフォーマットであり、全体を通してそこまで無茶の無い流れと一定以上の1話あたりのクオリティを鑑みた上での選択と相成りました。
『デカレンジャー』とどっちが良いかなぁと悩んだところではありますけれども。

『モスラ』は、確かに社会派寄りの映画でもあり、普通に娯楽映画として楽しめるのですが、如何せんレンタル店に置いてないッ!
という事で、当記事では泣く泣く『VSビオランテ』に席を譲ったのでありました。


>>ポール・ブリッツさん
レンタル店にさえ置いていればッ!『ケータイ捜査官7』も『MM9』もここでオススメという名の布教が出来たのに!!
それなのに『古代少女ドグちゃん』とかは普通に置いてあったりするという、レンタル店の陳列具合に文句を言いたいですッ!


>>Amleth Machinaさん
東京は卑怯であります。翻って、福岡は何と特撮関連イベントの少ないことかと嘆かざるを得ません。
皆さん『モスラ対ゴジラ』にチラッと登場する「インファント島の怪骨」で盛り上がってらっしゃって、羨ましい限りであります。

『ガメラ3』は本当に良い作品であります。何よりガメラが悲壮感を背負っていてこの上なく格好良い!
『ガメラ3』での「怪獣映画のタブー」というのは、殆どの怪獣映画で描写される事の無い【市民が怪獣達の戦闘によってボロクズのように吹っ飛ばされていく】というのがストレートに描写されている点と、ガメラに復讐心を持つ少女がイリスと融合するという、【怪獣に人の意思が絡む】という点の2点であります。
平成ガメラシリーズでは様々な怪獣映画の「お約束」に対する返答を用意した作品群であったが故に、『ガメラ3』では「そこから更に一歩踏む!」という姿勢を感じさせられて、衝撃的でありました。
初見時はまだ小学生でしたのでそこまで踏み込んで考えてはいなかったのですが、同時期の平成モスラシリーズや平成ゴジラシリーズとは明らかに異質であるという事はひしひしと感じておりました。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/03/15(土) 04:44 [ 編集 ]
「ガメラ3」の件・・・
「ガメラ3」の件、理解しました。

飛翔掘削さんがご指摘のポイント。
自分は「ちゃんとやる作家が出てきたんだ」
あるいは「オリジナル・ゴジラがやっていたことをちゃんと継承する人が出てきたんだ・・・」と
認識していました。そのため「怪獣映画のタブーに踏み込んだ」という意見が意外だったのです。

逆に言えば「ゴジラシリーズはオリジナル・ゴジラの精神を継承していない」と駄目認定しているということですね。

*

ところで、飛翔掘削さんと麻田起奈さんのツイートの会話で初めて知ったのです。

樋口真嗣監督が「アバター」を見て
「カット毎のどうやったらこの絵ができるかはわかるけどアレだけの量をこなす為にどうマネジメントをしていいかがわからない」
と言うようなことは言っていたんですね・・・。

CGI的なこともある程度こなせていると思っていた監督の口から出てきたことなので、かなりショックでした。

これって、邦画は幾ら予算をつぎ込んでも駄目って意味ですよね。要は大バジェットの映画を製作するための本来的な意味でのシステムがまったく出来てないということですから。

もしかしたら邦画製作の現場って、竹槍でハリウッドというB29と対等に渡り合えると本気で勘違いしているんじゃないかと暗澹たる気持ちになった次第です。

こういうことに直面すると、日本人ってシステム化(もちろんアプリを導入するとか言った狭義のシステム化ではありません)というものを全く理解していないんじゃないかと思ってしまうのです・・・ふんとに。


Amleth Machina #SY/LY76s|2014/03/16(日) 01:35 [ 編集 ]

>>Amleth Machinaさん
初代ゴジラ以外の作品では殆ど「怪獣が暴れる事による人の死」を直接描写でやっている怪獣映画や巨大ヒーロー作品はありませんからね。『パシフィック・リム』もそうでしたし。
前提として「子供の観るものだから」というのがあると思うのですが、まぁ、『ガメラ3』での直接描写は、あの時代だからこそ、という事だったような気もします。
アニメだと『ザンボット3』とかでロボの戦闘による直接的な「一般市民の死」とかをやっていて、それが『ガンダム』等に繋がっている訳ですので、怪獣映画、延いては「巨大特撮」というジャンルは、そういった意味では「大人のもの」になりきれずにいるのかも知れません。
「大人のもの」になる事が良いか悪いかは別としまして。


流石に日本映画界もハリウッドに太刀打ちが出来るとは思っていないと思いますよ。
ただ、収益さえ見込める事が出来れば日本映画でもハリウッド並みの予算とスケジュールで映画を創る事が出来ると思いますし、ノウハウさえ習得出来ればハリウッド級のバジェットで映画を製作していく事も十分に可能だと信じます。
現状ではどちらも不足しているだけで。
……その「だけ」を覆せるようなファクターは今の日本映画界には無いであろうという事もまた事実なんでしょうけれども。

……昔は本当に(少なくとも興行的には)「世界で通用する映画」を出していく事が出来ましたが、現行の日本映画界では、アニメ以外ではもう不可能なんだろうなぁと、そう感じている次第であります……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/03/17(月) 02:38 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『ガメラ:平成(金子)版視聴記など 2014/03/08』
 前回更新分の「 /02/27 」に続いて 「大怪獣空中戦」から「邪神覚醒」まで、平成(金子版)ガメラ三部作の鑑賞記事などを、まとめてご紹介しております。 鑑賞記の関連で、「シネマメディアージュで金子三部作上映 /03/03 」はこちら。  平成ガメラ大好き〜♪: 『 緋紗奈のブ...
ガメラ医師のBlog|2014/03/08(土) 18:13

トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1162-262e5f32

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.