管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

俺は何故漫画を描くのか? 

11時間徹夜敢行一人カラオケとかいうおバカな事をやらかしたりもしておりますが、管理人はどうにかそれなりに愉しく生きております。
そんな感じで愉快な日常生活なのでございますが、先日ひょんなことから管理人が漫画を描いている事を知ったとある方から、こんな事を言われました。
飛削さんはなんで漫画を描いてるんですか?
管理人は(今のところは)プロの漫画家になる予定は無く、余暇の時間に趣味として漫画を描いていくという漫画人生を歩んで行こうと考えておる訳でございますが、どうもハタから見たらこれは奇妙に見えるようです。

どうも世間一般の人から見ると、「漫画を描いている=漫画家を目指している」と見られるみたいです。
実際はそうでも無く、サラリーマンやりながら趣味として漫画描いたり同人誌出したりしている人も少なくない訳でありますしなぁ・・・。
オタクがどうのとか同人誌がどうのとか、色々と取り上げられる事も少なくは無い昨今とは言え、「趣味で漫画を描く」というのはまだまだ奇異の目で見られる世の中である、という事なんでしょうかね。
・・・まぁ、人から何と言われようと管理人は趣味として漫画を描いていこうと考えるところではありますが。
しかししかし。
何故、漫画を描いているのか?
この問いに、管理人は明確な答えを打ち出す事は出来ませんでした。
いやまぁ、それは一言で申しますと、「漫画を描いている生活が当たり前だから」としか言いようが無いのでありますが、しかしこれを一つの機会とし、本日は「管理人は何故、漫画を描いているのか?」という事についてちょいと考えてみようと思う次第でございます。

別に管理人は漫画を描くのが好きという訳では無いんですよね。
1頁に何時間もかかるし、描いても描いても終わりは来ないし、思うように話は出来ないし、キャラは勝手に動くし、おまけに思い通りの絵も描けない。
管理人の漫画はいつも妥協と諦めの産物でありますよ。なんだか、漫画を描けば描くほど自分が情けなくなってくるような、そんな気さえします。
それでも漫画を描き続けるのは何故なのか?

いつか当ブログでも書きましたように、管理人が漫画を描き始めたのは小学三年生の頃でありました。
きっかけは、TVか何かでやっていた「手塚治虫は小学生の頃から漫画を描いていた」という話を聞いた事のようです。「ほんじゃあ、僕も描いてみるか!」と、本当に軽い気持ちで四コマ漫画を描き始めたような記憶がありますね。それがいけなかった!
別にその時漫画家になりたいとかそういう気持ちはありませんでしたし、ただただ純粋に自分の描いたキャラが喋って動いて話が進んでいく事に愉しみを感じていました。
そうして、父の持っていた漫画の描き方本(下記【関連商品】参照)なんかを参考にしつつ自由帳に四コマ漫画と10~20頁くらいのストーリー漫画を描いていき、同じクラスの面々に読んでもらっていたりしていたような記憶があります。
管理人が描いていた影響で、クラスメイトらも漫画を描いたりしていたのですが、最後まで漫画を描き続けたのは結局管理人だけでした。
その結果として、クラス新聞の修学旅行漫画の制作を描く事になったりもした訳ですが(笑)。
・・・因みに、漫画を描くのに飽きたクラスメイトらは、次はオリジナルのカードゲームを作成する遊びに移行していきました。勿論管理人も自作の漫画のキャラでカードを作ったりしていった訳ですが、次第に皆は公平性に欠ける「最強カード」をどんどん作っていき、自作カードブーム末期にはゲームバランスは完全に崩壊しておりました(笑)。友人の最強のカードに敗れ去っていく管理人の漫画のキャラが不憫で不憫で・・・。

小学生時代を回想していると「うおお!あの頃に戻りてぇッ!」というノスタルジーに駆られる訳ですが、中学に入っても小学生の頃からと同様、休み時間に漫画を描き続ける毎日でありましたね。
水泳部に入って甘じょっぱい思い出があったりしつつも、漫画の方はいよいよ漫画用原稿に本格的に描く、という暴挙行動に出た訳です。
その頃になるとちょっと難しい話に挑戦しようとかいうような欲も出て来まして、色々と本を読んだり映画を観たりもしはじめました。その過程でアニメにも手を出してしまって今のアニメファン街道まっしぐらに続く訳ですが・・・。
この頃でしたかね、「プロの漫画家」というのを意識したのは。
まぁ、多分いわゆる中二病ってヤツです。以前インターネットラジオ「タイトル未定」で「俺は中二病にかかった時期が無い!」等と言っちゃいましたが、ごめんなさい、中二病にかかっていましたッ!

・・・まぁ、その後あんまり思い出したく無い恥ずかしい経験もあり、色々挫折したりもして、プロになるのは諦めた訳ですが、それでも漫画を描きながら高校・大学と、学生生活を送ってきた訳であります。
特に大学で漫画を描いて、こうやってブログでその漫画を公開したりしていると、やっぱり「プロになるのは諦めたけど、趣味として漫画を続けていこう」という気持ちが強くなりましたかね。
・・・でも、自分で選んだ道なので別に「羨ましい」とかそういう気持ちは無いのですが、プロの漫画家を目指している大学のサークルで一緒だった同学年の友人らを見ると、やっぱり輝いて見えるんですよねぇ。

そういった訳で、いつの間にか管理人にとって漫画を描くというのは「当たり前」な事になってしまっていて、「趣味」というよりも寧ろ「生活の一部」と化してしまっているような気もします。
もう漫画の無い生活なんていうのはなかなか考え難く、漫画を描かなくなったら管理人のアイデンティティはたちまちのうちに崩潰し、精神に異常を来しててしまう事でありましょう(・・・そこまでかな?)。
だからこそ、描くのが苦しくとも、大変であっても、管理人は漫画を描き続ける訳でございます。それが、管理人が漫画を描く理由、という事になるんですかね。

そう言う訳で、管理人はこれからも漫画を描き続けていきたいと考える次第であります。
今の大きな目標は、「商業誌に載っている漫画とも遜色のないクオリティ」ですかね。
小さな目標は、「おねショタ漫画の完成」ですね。今はまだインプット&絵の練習の時期ですので、実制作に取り掛かるのはもう少し先の予定です。
まぁ、趣味でやっていくので、気長にのんびりどっしり構えてやっていこうと思う所存であります。


【関連記事】
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第06回放送

【関連商品】

石ノ森章太郎のマンガ家入門 (秋田文庫)石ノ森章太郎のマンガ家入門 (秋田文庫)
(1998/09)
石ノ森 章太郎

商品詳細を見る

↑復刻文庫版では無く、原本でした。
この本以外にも「漫画の描き方本」は何冊かありましたので、ひょっとしたら管理人の親父も子供の頃は漫画少年だったのかも知れません。
今は鉄道ファンですが。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013/09/15 23:59|漫画関連雑記TB:0CM:8

コメント


最近はあまり機会がありませんが、以前「趣味は?」と聞かれて「(大の社会人が)漫画描いてる」とはどうしても言えずごまかしてました(いや漫画はちっとも恥ずかしいことじゃないぞ!)。実際に漫画だけじゃないし、絵画や立体物や曲など、つまみ食い的にいろんなもの作っているので今は「創作活動」という便利な言葉を使おうと思っています。

気を許した相手にぽろっと「漫画とか描いてまして」と言っちゃったりすると、たいてい「スゴイ!」と言われます。それがどういう意味なのかいつも複雑な気分です。「スゴくイタイ」の意味だったらどうしようかと・・・。

飲み屋の女の子などにコピー本見せたりするとこれまた大層驚かれるので、世間ではよっぽど漫画描くヤツは珍しいようです。今の時代、プロと呼ばれる漫画家だけでも街で石投げたら当たるぐらい居るイメージなのになあ。
矢端想 #1h4OZhZI|2013/09/16(月) 03:08 [ 編集 ]
意見には個人差があります・・・

何故と聞かれても、自分の一部になっていることをイチイチ説明する馬鹿馬鹿しさってありますよね。

「趣味は?」と聞かれても、自分の中では当たり前のこと過ぎてあえて「漫画」とか「創作」と答えることはありません、「漫画」に限った話ではないのですが。逆に「これが趣味です」とか「これをやってます」と言い切れる方に胡散臭さを感じます。

なので、ある時期からは趣味とかを聞かれても「特にありません」がデフォルト回答になっています。



Amleth Machina #SY/LY76s|2013/09/16(月) 09:20 [ 編集 ]

「ポールさんはなぜ小説を書いてるんですか?」

「第一点。ほかにできることがなにもないから。第二点。書かないと身体や頭がどうにかなってしまいそうだから。第三点。自分でもよくわからないけれど、意思とかそういうもんじゃなく、単に自分は書く人間だから書いている、それだけなんだよちくしょう! 衝動というかこうして生きている毎日毎時毎分毎秒がわたしに原稿を書かせるんだ!」
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2013/09/16(月) 12:31 [ 編集 ]

>>矢端想さん
しかし、「趣味は漫画制作です!」と言うにはなかなか勇気がいります(苦笑)。

漫画描いている事が知られる

「漫画みせて~」

「ああ……うん、まぁ……」

となるのが恐ろしいっす……。

「プロの漫画家」の敷居は非常に下がってきている今日この頃だと思います。
無料で読めるWeb雑誌連載の後に単行本出版、という流れもありますからね。


>>Amleth Machinaさん
自分の中で「あたりまえ」になってしまっている事が他者から見たら「凄い」と言われてしまう鬱陶しさ、というのはあるような気がします。

自分の中で「漫画」は、「趣味」なのか「生活の一部」なのか、よくは分かりません。
ひょっとしたら「宗教」なのかも知れません。


>>ポール・ブリッツさん
そうです!
私も描いていないと私が私ではなくなってしまうような気がしてなりません……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/09/17(火) 23:54 [ 編集 ]
以前からず~っと聞こうと思っていたことがあります。
本人にとって創作行為は、心臓が動いていても、運動してる・・・なんて言わないのときっと同じなのです。

ところで、以前からず~っと聞こうと思っていたことがあります。

それは飛翔掘削さんの絵柄のことです。

飛翔掘削さんの絵柄って、誰の影響を受けているのかが全然見えなくて不思議なのです。大体、人の絵見ると誰の影響を受けているとか、こーゆーことやりたいんだろうな・・・とかなんとなくわかるものです。例えば、こちらのコメント欄でいつもコメントされている矢端想さんとかECMさん、三単元さんあたりは「あ、このあたりの影響を受けてるんだろうな」とかすぐにわかるのですが、飛翔掘削さんの絵はさっぱりわからないのです。

もしかしたらご本人としては「××っぽく描きたいけど画力が伴っていないだけなのだ」と言われるのかもしれませんが、自分にはかなり独自の展開を感じてしかたありません。

だから、本人が画力が向上したのしないのと大騒ぎしているのを見ても、そもそも自分には似ている絵柄が思いつかないので、どーんと構えて「これが俺なんだ」と言ってもいいんじゃないかと無責任に思ってしまうのです。

Amleth Machina #SY/LY76s|2013/09/18(水) 00:38 [ 編集 ]

>>Amleth Machinaさん
私の絵柄のルーツですか……。
物語のマインドは、F先生と星新一の影響だとは思いますが、私の絵柄の源流は、恐らく筆吉純一郎先生だと思います。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/09/20(金) 23:26 [ 編集 ]
?????
絵柄は言われてみると、そんな気もしないこともないような、あるような・・・。

う~ん・・・・・・・こんな言い方すると誤解をされかねないので嫌なのですが、やはり、飛削さんの絵柄はかなり個性的な気がします。

ご本人は期待しない意見かもしれません。でも、ヘンなスケベ心を出さないでやりたいお話をキチンと作り上げていくだけでもいいんじゃないかなあ・・・なんて思います。

見やすさだけ意識して頂ければ、全然問題ないのでは?(意見には個人差があります。)

Amleth Machina #SY/LY76s|2013/09/21(土) 01:18 [ 編集 ]

>>Amleth Machinaさん
私はまだ描きたい絵が思うように描けていないんですよね。
だから、まだまだ精進せねばならないと考えている次第であります。
前回のダイカイザー漫画ではイメージを30%も再現出来なかったと痛感しましたので……。

見やすく描くのはもう大前提です。こちらも完璧に近づけていくよう頑張ります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/09/22(日) 23:40 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1137-671a9922

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.