管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ネタアニメ症候群 

公私共に最近は慣れない事、初めての事のオンパレードであり、大変ではありますがそれでも愉しく管理人は暮らしおります。
惜しむらくはブログを更新する時間、漫画や絵を描く時間があまり取れないという点でありますかね。まぁ、これは慣れればなんとか捻出する事が出来そうなので、追い追い・・・。暫くは様子見で、こうやって週一ブログ更新というカタチになると思いますが、果たして。
これが管理人の明るい未来に続いていくと信じて・・・。
・・・と、まぁ、管理人のどうでも良い近況報告は置いておくと致しまして、本日は「ネタアニメ」というモノについて、少し考えてみたいと思います。

ネタアニメ」・・・。
最近、ネット界隈や現実世界に於いてもやたらめったら様々なアニメ作品が「ネタアニメ」認定されていっているように感じてなりません。
いや、そもそも「ネタアニメ」とは一体何なのか?概念そのものもこれまた物凄く曖昧なモノであると、管理人は思わざるを得ない訳です。
まずは現状を考える前に、「ネタアニメ」そのものについて簡単に考えてみましょう。

管理人の認識している「ネタアニメ」とは、以下の二点を兼ね備えており、作品の存在そのものがネタとしか思えないような作品の事です。
・明らかにおかしい物語展開
・作画ミスの頻発

管理人が認識する中で「ネタアニメ」と呼ぶアニメは、一本しかありません。
そうです。最近一部界隈では「オシャレアニメ」とも称されている狂気のアニメ『チャージマン研!』(下記【関連記事】参照。)くらいでありますね。これ以外の作品で上記2条件を満たす「ネタアニメ」は、そうそうありませんよ。・・・あ、『星の子ポロン』があったか・・・。
因みに、同様の狂気を秘めた特撮界隈の作品としては、特撮怪獣(という範疇に入れて良いものやら・・・。)作品『クレクレタコラ』がありますかね。これは「ネタ特撮」と呼んでも差し支えないのではないでしょうか(笑)。
兎に角、「ネタアニメ」と言われる作品には、それ相応の狂気が無ければならないと管理人は思うのであります。

然るに、現在に於いては、様々な作品が「ネタアニメ」認定されていっている、実に哀しい、不毛な事態となっているように思います。そうそう今のアニメに狂気的な作品は出てこないというのに・・・。
具体的な例を挙げていきましょう。

戦姫絶唱シンフォギア』というアニメがあります。
先日二期である『戦姫絶唱シンフォギアG』が最終回を迎えたのでありますが、この作品は近年最も「ネタアニメ認定」を受けてしまった作品では無いでしょうか。
管理人はこのアニメが大好きなのですが(この作品に関しては近日記事を書きたいと思います。)、戦闘中にキャラが急に唄い出す等の作品の性格上、どうしても「ネタアニメ」と呼ばれてしまう事が多くなってしまっているようであります。

革命機ヴァルヴレイヴ』というアニメがあります。
間もなく二期が始まるこの作品でありますが、この作品も「ネタアニメ認定」が激しい作品でありますね。
確かに、登場人物が最悪の方向へ最悪の方向へ向かっていく作劇は、現在の「優等生」なキャラが揃ったアニメが多い事から「ネタアニメ」と呼ばれてしまう事が多いように思います。

ガールズ&パンツァー』というアニメがあります。
機動戦士ガンダムAGE』というアニメがあります。
機動警察パトレイバー』というアニメがあります。
人造昆虫 カブトボーグ V×V』というアニメがあります。
ストライクウィッチーズ』というアニメがあります。
創聖のアクエリオン』というアニメがあります。
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』というアニメがあります。
トップをねらえ!』というアニメがあります。
超時空要塞マクロス』というアニメが・・・
マクロス7』というア
・・・・・
・・・・
・・・
・・

これらの作品は、色々な所で「ネタアニメ認定」されたアニメです。まだまだ沢山あるのですが、管理人はこの「ネタアニメ認定」した奴らに言いたい。
いい加減にしろッ!
これらのアニメのどこが「ネタアニメ」なんだよ!?
いや確かにそう呼ばれる要因は各作品それぞれに色々あるだろうけど、でも圧倒的に足りないだろ、狂気が!

・・・管理人は思うのです。「好きな作品を【ネタアニメ】認定しなければ愉しめない時代が来たのか」と。
近年は、インターネットの発達に伴い、ネット上の様々な場所で、新旧問わず気軽に様々なアニメを観る事が出来るようになりました。そして、それらのアニメを語らう場所も多くなり、それらの意見や感想をまとめるようなサイトも沢山出来ました。
しかしながらいわゆる「まとめサイト」は感想や意見に偏りが出かねない非常に危い構造になっており、それらを見たり読んだりした人が流されてしまいがち、というのが現状であります。
特に近年のアニメは1クールごとの非常に速い入れ替わりでありますから、一作一作についてあまり考える事無く流れるように観るというのが、現在のアニメファンの視聴スタイルのスタンダードであると言えるでしょう。この事が余計にネットを利用するアニメファンの「流されやすさ」に拍車をかけているように思います(この傾向は、特に若いアニメファンによく見られるような気がします。管理人の後輩や弟やその友人等、管理人の周囲の人間がサンプルケースなのですが・・・)。
その結果として、「大勢に叩かれているように見える」作品であるとか、「皆が嫌っているように見える」作品といったものが、ネット利用者の間である種の共通認識となってしまっているようなフシがあるんですよね。だから、『シンフォギア』が、『ヴァルヴレイヴ』が、色々な所で大勢に叩かれているように「見える」んですよね。
それを見て流されてしまったアニメファンが、
えっ、俺の好きなこの作品、皆に叩かれているの・・・?
となり、大勢に同調する形で、
まぁ、『ヴァルヴレイヴ』はネタアニメとして好き
といった感じで、「ネタアニメとして」という枕詞をつける事によって自分の「好き」を表現しているという現状があるのではないかと考える次第でございますよ。

別に、好きな作品は好きだと、声高らかに叫んでも良いと、管理人は思うんですけどね。「ネタアニメとして楽しむ」って、それはとても歪な事なのではないかと思うのです。
シンフォギア』で超展開、ネタアニメなんて言ってたら、特撮ヒーロー作品『快傑ズバット』とかを観たら死んじゃうんじゃないですかね。
まぁ、それはともかくと致しまして、こういった現状の中でやたらめったら「ネタアニメネタアニメ」とうわごとのように言う現象の事を管理人は勝手に「ネタアニメ症候群」と呼んでおります。
別にそんな「ネタアニメ症候群」なんかにならなくても良いじゃないか!流されず、もっと自分の「好き」に素直になろうぜと、管理人は思って止みません。


【関連記事】
『チャージマン研!』についてのお話
「作画のクオリティバブル」についてのお話
ネットの世論形成についてのお話
「にわかオタクを教育するべき」
本当の意味で「好き」と言えるようになろうよ!
理由症候群
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013/09/29 11:02|アニメ関連雑記TB:0CM:4

コメント


「まんが水戸黄門」も狂気のカタマリみたいなアニメだったなあ……。

「チャージマン研」ほどじゃないけれど。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2013/09/29(日) 13:32 [ 編集 ]

ご指摘のとおり、ネタアニメって言葉は、好きな作品に対する批判に対し、ファンである自分が全否定されたと感じるから回避行動として咄嗟に出てきたんじゃないかと自分も思います。

作品的に駄目駄目でも「そんな駄目な作品がどうしようもなく好きな俺ってかわいいじゃん」みたいに割り切れないのかな・・・と思うのです。

ところで、「今日の勢いゲッターロボ」無闇にかっこいいんですけど、何かありました?

Amleth Machina #SY/LY76s|2013/09/30(月) 00:55 [ 編集 ]

なるほど、好きな作品の言い訳としての「ネタアニメ」ですか。

それなら僕にとってのネタアニメは「ビビオペ」かなー。あれはダメだ!ダメすぎる!
矢端想 #1h4OZhZI|2013/09/30(月) 20:40 [ 編集 ]

コメント返信遅れて申し訳ありません!

>>ポール・ブリッツさん
あのアニメも制作はナック……。
ナックは狂気じみたアニメ制作を念頭にやってるんじゃないか疑惑が涌いてきます(笑)。
しかし『グロイザーX』とか好きなんですけれども。


>>Amleth Machinaさん
私は「別に何と言われようとも好きなものは好きなんだッ!」ですね。
この考え方の根底には、『ゴジラVSスペースゴジラ』のアレがあると思うのですが……。

勢いゲッターは本当に勢いで描いているので、格好良くなったりバランスが出鱈目になったりするのです。
最近は安定したゲッターの顔が描けるようになりつつあるような気がします。


>>矢端想さん
あの作品は「駄目」じゃないっす!
私の中ではただただ「残念」だった作品ではありましたけれども……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/10/08(火) 21:33 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1133-e51b9294

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.