管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

特撮・哀 「日本特撮に関する調査報告書」発表 

特撮短編映画『巨神兵東京に現わる 劇場版』も収録された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の映像ソフトが発売され、宮崎駿監督・スタジオジブリ制作のアニメーション映画『風立ちぬ』の主演声優を『新世紀エヴァンゲリオン』の監督である庵野秀明が担当するという驚愕の発表が為されるなど、このところ庵野監督関連の話題が立て続けに出てきているのでありますが、その流れで去る2013年5月21日、文化庁監修のウェブサイト「メディア芸術カレントコンテンツ」にて、「日本特撮に関する調査報告書」なるレポートが発表されました。

日本特撮に関する調査報告書 メディア芸術カレントコンテンツ
↑サイト内にてレポートのPDFファイルのダウンロードが可能です。

このレポートは昨年執り行われた「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に関連する形で、庵野監督と樋口監督が監修を務めており、戦前に始まる我が国に於ける特撮の歴史から、特撮が与えた文化的・技術的・技法的影響、そして特撮作品及びそれに携わった人達のデータベースといったものがきめ細かく記された、140頁強にも及ぶレポートとなっております。
管理人もこのレポートを読んだ訳でありますが、素晴らしいレポートでありました。特撮がいかにして始まり、発展し、アニメに派生し、海外に影響を与え、そして衰退していったのかが一目瞭然となるレポートでありまして、このレポートを読めば取り敢えずは特撮が置かれている現状の大まかな把握が出来る、というものになっていると思います。
しかしながらやはり、特撮存続の為にはもはやこうやって公的な場に訴える以外に残された道は無いのかと、そう思わざるを得ません・・・。
昨今では国主導の「クールジャパン戦略」なんかが取り沙汰されている訳でありますので、その一環として特撮も・・・という流れもアリと言ったらアリなのでしょうけれども、しかし国主導での保護となっていくとなんとなく抵抗感を感じてしまうんですよね。しかしながら、特撮保護に関して我々特撮ファンが特撮に対して出来る事は、余りにも少ない訳であるという事もまたこのレポートを読むと分かる訳で、国主導での保護も止む無し、でしょうか。
それほどまでに特撮は衰退してしまっているという事が出来る訳でありますね・・・。

昨今の目覚ましいVFX特撮技術の向上により、ミニチュアや着ぐるみ等のSFXを主体としたアナログ特撮の出る幕が少なくなってしまい、最終的にはアナログ特撮技術が喪われつつあるという現状。その現状自体は、いくら悲しかろうと仕方の無い話でありますし、受け入れるべき事実です。
アナログ特撮の衰退にはVFX特撮技術の台頭だけでなく、「アナログ)特撮には温かみがある」とか「特撮にはCGに無い独特の空気感がある」とかいったような曖昧な詭弁を使ってきた特撮ファンが特撮の閉塞を招いた一因となっているように感じます。
結果、VFX特撮に対抗し得る、或いは共存していく可能性があった筈なのに、そういった「温かみ」とか「手作り感」とかよく分からないモノにすがった結果、世間一般から「アナログ)特撮は子供だまし」、「アナログ)特撮を使った映像は一部のマニアにしかウケない」という強いレッテルを貼られ、その結果として「3DCGを使うよりもミニチュアを使った方が効果的な映像が撮れるのに、それをさせてもらえない(日本特撮に関する調査報告書」内に、そういったエピソードも書かれていました。」というような特撮の現場を生んでしまったとも言えるのです。
まぁ、今更どうのこうの言ってもこうなってしまったものは仕方がありません。要は今後どうするのか、という話でございますよ。

特撮の文化的保護・ミニチュアや技術の保存を名目とした「日本特撮に関する調査報告書」及び「特撮博物館」は、事実上のアナログ特撮の「敗北宣言」であります()。
これからはもう「アナログ特撮は廃れていくもの」という事を前提とした上で、今後どのように保護・保存していくのが良いか、十分に検討していく事が必要となっていくのでしょうね。
いち特撮ファンとして、アナログ特撮の終末期を見届けて行きたいと思う所存であります。
出来れば何かしらの貢献もしたいと思ってはいるのですが、なかなかどうしてやれる事は限られている訳でありますから、非常にもどかしいですね・・・。

※昨年発表された『ウルトラマンサーガ』、『特命戦隊ゴーバスターズ』、『巨神兵東京に現わる』といった作品は、いずれもミニチュア・着ぐるみ・SFXの「アナログ特撮」を主軸に据えた作品でありました。
これだけのアナログ特撮を主軸に据えた作品が出てきたのだからまだまだアナログ特撮は安泰であり、「敗北宣言」を出すのは尚早なのではないか、との意見も少なくない(管理人もそうであって欲しいと思う所ですが・・・。)のですが、しかしそのスタッフ達の意図としては、「アナログ特撮がここまで廃れてしまった」という危機感に基づくものであったりする訳でありまして、「なんとかもう一度アナログ特撮での作品創りを・・・!」という考えが先行してのアナログ特撮による制作でありますので、そう考えるとこれらの作品はアナログ特撮にとっての「最期の花火」という事も出来るような気がするんですよね・・・。



・・・しかしながら、世間様は「特撮」に対して非常に厳しいですな。『ヱヴァ:Q』と『巨神兵東京に現わる』の同時上映然り。
今回の「日本特撮に関する調査報告書」の発表で、某掲示板群やらまとめブログやらTwitterやらがそこそこ沸き立った訳です。しかしながら、非特撮ファンからの反応を見ると、実にやりきれない気持ちになるのでありますよ。
事実誤認にただの憶測、果ては全く関係の無い所からの言いがかりに、罵詈雑言の嵐・・・。「特撮」に対する風当たりは非常に厳しいと言わざるを得ません。

やはりアレなんでしょうかね。「特撮なんて興味ねぇよ!」という事なのでしょうか。無関心というのが一番怖ろしいものであります。
無関心だからこそ「知ったこっちゃ無ぇ」とばかりに罵詈雑言を吐けてしまうのでしょうか・・・。

それにしても、「特撮の技術やミニチュアを保護・保存しよう!」という試みなのに、「そんな事言ってるんだったらお前新作の特撮創れよ」とか「『巨神兵東京に現わる』みたいな駄作創った奴らが言うなよ」とか言っている連中は、事実誤認の上に読解力が無さ過ぎると、嘆かざるを得ません。
それから、「特撮」を「特殊撮影」という技術ではなく「映像作品の1ジャンル」という文脈で捉えてしまっている人の多いこと・・・。

やはりというかなんというか、ジャンルとしての「特撮」の認知度が高いが故に技術として「特撮」が見なされていないという悲劇だと、管理人は思います。
ジャンルとしても技術としても「特撮」に対する正しい認識を持っていただきたい・・・とか思っても、仕方の無いお話なのでありましょうか・・・。
特撮を保護・保存しようとするのは(残って欲しいと思うのは)、特撮ファンの、ある種のエゴなのかも知れません。
消えていくのであれば、ひっそりと何もしないまま消えていった方が特撮にとって幸せなのかも・・・。

そして今回の「特撮叩き」とも言えるべき現状を鑑みるに、やはり『ヱヴァ:Q』と『巨神兵東京に現わる 劇場版』の同時上映は失敗だったと思わざるを得ません。
巨神兵東京に現わる』という作品は「特撮でこんな映像を創る事が出来る!」というプレゼンテーション的な作品である訳で、『ヱヴァ:Q』との同時上映は特撮博物館での展示上映と異なり、観客にその意図を伝える事が出来ない訳ですから(実際に事実誤認している人が多数居る現状もありますし・・・。)、やはり失敗であったと言わざるを得ないのではないかと思ってしまうのであります。

ひょっとしたら特撮保存をやるにあたってまずやるべきは、非特撮ファンへのジャンル・技術としての「特撮」認知を広めるという事なのかも知れませんね。


【関連記事】
【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】
↑管理人なりの「特撮技術」の解説記事であります。
涙を呑んで、『巨神兵東京に現わる 劇場版』は失敗だったと言わざるを得ないのかも知れない……。
↑いつの間にか当ブログで最も人気の高い記事となっていました(2013年5月24日現在)。
【館長】特撮博物館、行ってまいりました!【庵野秀明】
【特撮博物館】ミニチュア特撮の伝承なるか!?【開催】
今の若者に「昔の特撮」は、どのように映っているのか?
「オワコン」という言葉が嫌いだ! 

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013/05/24 13:07|特撮関連雑記TB:0CM:12

コメント


立川談志師匠が「現代落語論」を書いたときみたいな窮状ですね……。

もう「伝統芸能」にするしか生き残るすべはないのかもしれません。

セルアニメと同じ道をたどることになるのかもしれませんね……。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2013/05/24(金) 17:46 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
「特撮は伝統芸能的」とはよく言いますが、いよいよ本当に伝統芸能化するしか道は無いのかと思うと実に哀しくなるのであります……。
それでも特撮があったという痕跡を未来に残す為には必要な事なのでしょうね。

セルアニメはまだ良いと思うのであります。セル画は無くなっても「手描き」という事で技術・技法をデジタルアニメにもきちんと継承していっていますから。
アナログ特撮から3DCGへの置き換えは、発想や考え方は受け継げても、技術そのものは受け継げないというのがありますからね……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/05/24(金) 22:56 [ 編集 ]
アナログ特撮映画とか言った分類自体・・・
自分はアナログ特撮映画とか言った分類自体、意味がないと思っています。

なぜならハリウッド特撮も意外と何から何までデジタルでやっている訳ではなくパペットやら着ぐるみを含むアナログを組み合わせて欲しい絵を撮っていたはずです。デジタルだけで作ると嘘くさい気持ち悪い絵面になるので、実写映像を根性トラベリングマットでデジタルと合成したりとか意外と泥臭い作業が下支えしていると記憶しています。

で、何を言いたいかと言うと、観る側はどんな技術で製作されているかなんてどうでもいいんです。かっこいい映像であればアナログであろうとデジタルであろうと、それらを組み合わせた技術であろうと構わないんです。でもって、同時に作る側もどんな技術で作るかなんてどうでもいいはずなんです、欲しい絵が撮れるのであれば。
特撮黎明期を作り上げてきた人が現役でやっていたら、絶対にアナログであろうとデジタルであろうと関係なく貪欲に映像をつくっているんじゃないかと思うのです。

だから、特撮の未来がどうこうなんて、変に純血主義的に単なる一技術を映画ジャンルの如く拘る性根が一番駄目駄目なんじゃないのでしょうか?

ちょっと挑発的な言い方かもしれませんが・・・。

Amleth Machina #SY/LY76s|2013/05/24(金) 23:12 [ 編集 ]
書き忘れていましたが・・・
書き忘れていましたが、確か「ジュラシックパーク」も当初フルデジタルでやるからといってストップモーションアニメの大家がパージされそうになりましたが、結局モーションに表情をつけるために呼び戻されたという経緯があったと記憶します。

また、CG作る上でも、CGの技術者が中心になったのではなく、ライティングの専門家がイニシアティブをとっていたはずです。(理由はもちろんわかりますよね?)

要は絵を作るためのセンスの問題なんじゃないかな・・・ということです。

度々失礼しました。


Amleth Machina #SY/LY76s|2013/05/24(金) 23:21 [ 編集 ]

個人的には「獣電戦隊キョウリュウジャー」、「仮面ライダーウィザード」、「非公認戦隊アキバレンジャー」、「牙狼<GARO> 闇を照らす者」と見ていますが、衰退したといった感じはありませんね。

時代によって変化や新しいものを取り込んでおり素晴らしいと思いますね。新しい物を取り込み変化しない物に未来なし!

庵野さんの実写作品と言えば佐藤江梨子さん主演の「キューティーハニー」を見ましたが、あの特撮が当時の他の特撮より秀でているとは思いまえんね。勿論、面白かったですが、CGバリバリ使ってましたよ。アナログ特撮とは一体?

結局、アナログ特撮だけで乗り切るにはお金がかかる、撮影に時間がかかる、何より危険ですからね。

最後に注釈で書きますが、私はこの記事だけでコメント書いてます。
第4のペロリンガ #-|2013/05/25(土) 09:43 [ 編集 ]

>>Amleth Machinaさん
海外の予算が潤沢にある映画ではデジタルアナログ問わず特撮技術が総動員され凄い映像が創られ続けているというのは百も承知ですし、最終的に映像を決めるのはセンスの問題であり、特撮はそれを表現するためのツールに過ぎないという事も重々承知の上です。
また、円谷監督らも現代に生きていたら積極的に3DCGをはじめとしたVFXを使用していたであろう事も想像に難くありません。
上記【関連記事】の「【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】」を読んで頂くと分かると思いますが……。

今回の「特撮博物館」や「日本特撮に関する調査報告書」は、あくまでも今日に至るまで受け継がれてきた、職人芸とも言える我が国におけるミニチュア・着ぐるみをはじめとしたアナログ特撮の技術が喪われてしまいつつある現状を踏まえた上で、それらをデータベース化し、技術やミニチュアそのものを保存・保護しようという試みなのです。だからこそ「アナログ特撮」という言葉を使っている訳で……。
アナログ特撮純血主義とか特撮の未来がどうのという話とは全く異なるベクトルの話です。
庵野監督の「ミニチュア特撮が消えていくのは仕方ないと思うが、こういうミニチュアを使った特撮があったという事を後世に伝えていきたい」という思いが、一連の流れに繋がっていっているのであります。

>観る側はどんな技術で製作されているかなんてどうでもいい
仰る通りなのですが、しかしそこをこだわりたくなってしまうというのが我々のような人種であるとも思っている次第であります。


>>第4のペロリンガさん
勿論、「ジャンルとしての特撮」は今日に於いても大いに繁栄していますし、「SFX・VFXの総称としての(技術としての)特撮」も、今後も衰退すること無く繁栄していく事でしょう。
衰退していうのはあくまでも「日本に於けるSFX特撮技術」である訳です。
Amleth Machinaさんへの返信でも書きましたが、「特撮博物館」や「日本特撮に関する調査報告書」は、「アナログ特撮があった証を未来に残そう」という企画であり、特撮の未来がどうのという話とは全くベクトルの異なる話です。

>庵野さんの実写作品と言えば佐藤江梨子さん主演の「キューティーハニー」
何故ここで庵野版『キューティーハニー』の話が出て来るのですか!?
別にあの作品はアナログ特撮縛りがあった訳ではありませんし、庵野監督が関わっているからと言ってその話を持ち出すのはお門違いというものでは無いでしょうか?
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/05/25(土) 11:09 [ 編集 ]
趣旨については・・・
>「アナログ特撮があった証を未来に残そう」という企画であり、特撮の未来がどうのという話とは全くベクトルの異なる話です。

趣旨については自分の方で事実誤認がありました。大変、失礼しました。

あと、指摘の記事についても特撮などについての認識について共有できているのは理解していました。つい、自分にとってあまりに後ろ向きに見えてしまった「アナログ特撮技術の保存」というキーワードに過剰に反応してしまいました。

とはいえ、やはり国主導での保護には違和感を感じて仕方がありません。趣旨はわかるのですが、やるべき方向性が違うんじゃないかと思うのです。
この違和感と、やるべき方向ってなんだろう・・・という部分については少し考えてみたいと思います。

>>観る側はどんな技術で製作されているかなんてどうでもいい
>仰る通りなのですが、しかしそこをこだわりたくなってしまうというのが我々のような人種であるとも思っている次第であります。

楽しむ側が「粋」や「見立て」の枠組みで「特撮映画」というジャンルを楽しむ、こだわるのは全然かまわないのです。むしろ、それができるものの特権(?)なんじゃないでしょうか?
「観る側はどんな技術で製作されているかなんてどうでもいい」といいつつも、矛盾している意見かもしれませんが・・・。
Amleth Machina #SY/LY76s|2013/05/25(土) 12:15 [ 編集 ]

>>Amleth Machinaさん
確かに国主導というのには私も「ヤダなぁ」と思ってしまうのですが、諸々の状況を考えるとそれも止む無しと思うところであります。
「日本特撮に関する調査報告書」には、「国でも自治体でも法人でも企業でもいい」から誰か特撮を助けてくれという庵野監督のメッセージが掲載されています。
「日本特撮に関する調査報告書」は、公的なところに訴えることで国・民間を問わずに広くこの問題について知ってもらい、(あわよくば)救いの手を差し伸べてもらおうという意図のものですし。

手っ取り早いのは、期間展示では無い恒久的な「特撮博物館」を作るというあたりになるんでしょうけれども……。
飛翔掘削 #cxq3sgh.|2013/05/26(日) 22:23 [ 編集 ]

この記事を拝見して、なんとなくツイッターでつぶやいてみたら、ちょっとばかし返信にいただきまして、面白いことになりました。んで、togetterにてまとめさせていただきました(http://togetter.com/li/509220)。取り急ぎご報告まで。
波のまにまに #-|2013/05/27(月) 11:27 [ 編集 ]

>>波のまにまにさん
読ませていただきました。
構造的に「SFX VS VFX」になってしまうのは仕方のない話なのでしょうけれども……。

CGは「なんでも出来る魔法」みたいに思って思考停止に至ってしまうようなところがありますが、実際問題として3DCG表現の得意な分野苦手ながそれぞれあり、そこに表現として見る事の面白さがあると思います。
しかしメイキング等ではやはり、コンピュータ上で色々やっているよりも、撮影現場でミニチュアを爆破させたりしている方が面白い、というのが特撮ファン的な心情であると思います。
アナログ特撮の「敗北宣言」は非常に寂しいものではありますが、これを期に、3DCGへの技術としての理解度を上げる為の催しなんかも増えてきたらなぁ、とも思う所であります。
両方、同じ「特撮」でありますからね。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/05/29(水) 02:04 [ 編集 ]

どうも、こんばんはです。

今回の飛翔さんの記事を元にして自分も一つ語ってみました~(^^ノシ
http://hitorigatari140.blog107.fc2.com/blog-entry-177.html

すみません、ほとんどジョークみたいな記事です、
真面目な記事をダシにしちゃってごめんなさい。
レバニラ #LkZag.iM|2013/05/31(金) 21:48 [ 編集 ]

>>レバニラさん
どうもです!
大丈夫ですよ!寧ろどんどんネタにしちゃってください(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/06/07(金) 05:38 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1111-7b79a59e

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.