管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

電子漫画と視線誘導 

さてさて、漸く制作中の漫画『悪の凡才が時に野心を抱き~クラッシャーアジト防衛譚~』のネーム作業が終わり、本日からいよいよ原稿作業に移行しようと思っているところであります。
この漫画は大学を卒業してから初めての漫画となりますね。漫画を描くという行為自体は今までと同じではありますが、今までと違う事が一点。これまでの漫画は大学のサークルの会誌に載せる事が半ば前提条件であり、いわば「紙面に載せる為の漫画」だった訳であります。しかし、これからの漫画は、基本的に紙面掲載は考えない、いわゆる「電子コミック」という形態の媒体となる訳でありますね。ううむ・・・電子化の波はこんなところまで押し寄せて来ているのか・・・ッ!(違います。

・・・電子コミックとなりますと、描き手側としてはちょっとした問題が生じるのでありますよ。
視線誘導、どうしよう・・・。
いえ、管理人も視線誘導を使いこなせている訳では無い訳でありますけれども(寧ろ怪しい)。
当ブログに漫画を掲載する事になる当初から目線誘導については「どう掲載するべきかなぁ」と、考えてきていた訳ではありますが、やはり電子掲載一本となると視線誘導を電子版に一本化するべきだよなぁ、と、思った次第でありまして・・・。
当記事はそれに関しての管理人の個人的なメモのようなものでもあります。


視線誘導」とは何か。
要は、漫画に於ける「読み易さ」を決定させる要素であります。視線誘導が上手く行っている漫画は読み易く、逆に上手く行っていない漫画はゴチャゴチャして読み難いという印象になるかと思います。
怪獣のいる風景』より、以下のページを用いて説明致します。

隣姉04サンプルページ

漫画というのは、基本的に右から左に、上から下に、という順番で読むものですよね。
その基本に則って台詞の吹き出しに沿った順番で読んでいく訳でありますが、「視線誘導」というのは、主にこの順番に読み易くする為に絵や効果音、フキダシといったモノを配置する事を指します。

サンプル 1

フキダシというのは強制的に読者の目線を誘導するものでありますので、「強制視線誘導」と言えます。基本的に先の台詞をコマの上に、後の台詞をコマの下に配置するのが吉と言われております。

サンプル 2

サンプルページでは、2コマ目の「バン!」という効果音が、右から左下への切り替えしと、吹き出しへの誘導を行っている訳です。また、キャラの顔の位置や向き、目の向きをフキダシに合わせる事で、読者の目線の誘導を行う効果を持たせる訳です(このページ、目線誘導的には、ブチ抜きで登場している有希さんの目を3コマ目の洋一君に向かせるのが理想だったんですけどねぇ・・・(汗))。
フキダシによる強制目線誘導と絵による目線誘導を合成すると、こんな感じになります。

サンプル 3

基本的にはフキダシに強制視線誘導に追従させるような形で絵・効果音等による目線誘導を行うのが吉とされているんですよね。


さて、漫画というモノは視線誘導的に考えると、1ページで1枚という考えでは無く、「見開き2ページで1枚」という考え方なのであります。
と、いう事はですよ。管理人が当ブログで掲載しているような、1ページずつの掲載方法では、読み難いと言える訳であります・・・。
本来であれば、

サンプル 4

このような形態で漫画を掲載するべきだったのかも知れません・・・。
見開き2ページの視線誘導的には、左右で段組みをズラして左右のページを差別化させる事と、左右で絵やコマの密度を調節する事が要求されます。
1ページ単体よりも見開き2ページの方が安定感が増し、読み易さが増すんですよね。
視線誘導線を入れると、こんな感じになりますか。

サンプル 5

しかしながらこういった形態にしますと、編集も大変ですし画像が小さくなってしまって、視線誘導とは別の意味で読み難くなるので、当ブログでは避けてきたんですよね。
いや、拡大機能を使えば良いじゃん」とも思いましたが、しかし拡大機能を使用すると見開き2ページで施した視線誘導の意味が無くなってしまいかねないですし、そうであるならば1ページごとでの掲載にした方が良いと管理人は判断した次第でこざいます。

しかしこれが

サンプル 6

こうなってしまうと

サンプル 7

それに合わせた視線誘導を施さなければ、読んでいて疲れてしまうのであります。
見開き2ページだと、1枚を読み終わるとそれで一呼吸つける訳ですが、1ページずつの掲載だと縦に続いていくので、その話が終わるまで気が抜けず、読んでいて疲れてしまう、という事になってしまうんですよね。
う~む、どっちの形態で掲載するのが良いのでしょうか・・・。

そもそも、漫画という媒体そのものが電子化に向いていないように思うんですよね。漫画は紙面上のものを読むのが一番でありますよ!

因みに、昨年末に描いた『滅入り苦しみ〼』はブログ掲載のみの漫画であった為、実験的に電子漫画向けの視線誘導をやってみたのでありますが、果たしてアレで成功しているのかどうかというのは甚だ疑問であります・・・。

最終的には感覚の問題になりそうな気もしますが、さてはて・・・。
取り敢えず今描いている『悪の凡才が時に野心を抱き~クラッシャーアジト防衛譚~』は、見開き2ページで1枚とする従来通りの視線誘導に則ったネームにしている訳でありますが(ぶっちゃけて言うと、その方が描きやすい訳ですし(笑)。)、掲載方法も含めて、注意しながら考えて描かねばならんなぁと、思っている次第であります。

【関連漫画】
滅入り苦しみ〼

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013/04/13 15:26|漫画関連雑記TB:0CM:7

コメント


自分が以前ブログに漫画描いた時は
「休む暇を与えず一気に読ませる」事を意識しましたが
そういう手法はいかがですか?
レバニラ #LkZag.iM|2013/04/13(土) 22:20 [ 編集 ]
大きな視線誘導という・・・
大きな視線誘導という点では、リアル媒体の見開き構成に合わせた方が吉だと思います。

自分の場合はフラッシュ形式で強制的に一ページ単位、あるいは見開き単位で表示させることで解決しています。

以下、余談です。

視線誘導という点では、コマの中でも日本語の場合は常に右上から左下という流れになります。そのため、動きやカメラワークに相当するものも構図の中に意識的に組み込むことが可能です。

また、読者は無意識の内に重力の影響を意識していいます。同じものが画面のどこにあるかで走行線がなくても上下方向の運動を補完して見ています。

そのあたりを理解して構成していくと、ダイナミックな画面ができると思います。




Amleth Machina #SY/LY76s|2013/04/13(土) 23:14 [ 編集 ]

人間の文化が最初からデジタルメディアによるものだったら世界は全く違った形をしていたのかも知れませんが、デジタルが後発のものである以上、リアル世界のイメージをなぞったものにしかならざるを得ない気がします。「アドレス」という感覚がそうであるように、デジタル空間(空間という概念自体そうですが)を仮想現実としてイメージしないと人間はスムーズに理解できないのですね。
よく考えると、漫画という様式自体がまったくアナログ世界の産物だと思います。紙サイズのA版とかB版といった外枠があってこそ成り立つものです。テキストデータだけで形のない文芸作品との違いですね。

僕もネット上での漫画の発表はいろいろ悩んでいます。本になったものはあるときから見開き形式で一画像としてアップしていますが、やはり良いのか悪いのかわかりません。
ブログに画像を並べて公開する方法の最大の弊害は、「次ページがすぐネタバレしてしまう」ことですよね。読者をひきつける場面は必ず左ページの最後に持ってくるという意味が薄れてしまいます。といって、ページごとの拡大はブログではいちいちリンクで再接続になるのでめんどくさく読者に不親切で、それだけで億劫で読んでくれなくなる可能性もありますので、困ったものです。
今後はPDFで画面上でページをめくるような形式が市井のブログでも簡単にできるようになるのかも知れませんが、どこまでいっても「ページをめくる」という概念から逃れられないのが、人間なのでしょう。
矢端 想 #1h4OZhZI|2013/04/14(日) 12:25 [ 編集 ]

 レイアウトの問題については、作家の間でも結構揉めていました。
 縦書きの普通の文章ですらこの様ですので、
紙面全体を使う漫画の場合、
もっと大変かと思います。

 なので色々と苦労しているようです。

 DSを横にしたような(分からないかもしれませんが)、左右で異なる液晶画面が入っているものが良いのかもしれませんが……コストがかかりそうですね。

 しょうもない駄文ですみません。
風城 徹 #-|2013/04/15(月) 20:12 [ 編集 ]

>>レバニラさん
ページ数と話の内容にもよると思います。
一気に最後まで行くというのは、ページ数や話によっては読んでて物凄く疲れるように思うんですよね。
「疲れる」という理由で途中で読むのを放棄されるかも知れませんし……。

バランス、難しいです。


>>Amleth Machinaさん
見開きはFC2ブログの仕様上、表示サイズと拡大機能の兼ね合いで極力使わないよう、と考えてきましたが、これを期に別仕様の漫画掲載が出来る所に引っ越すのも選択肢のひとつのように思いました。
でも、どこも帯に短したすきに長し、みたいなものなんでしょうかね……。

漫画は映像に非常に近いですよね。
漫画の技法書なんかでも画面構成による時間表現等について書かれているのですが、理解はしているつもりなのですが、感覚として全くと言って良い程使えないのであります……。
もっと精進せねばならないなぁと思う次第です。


>>矢端 想さん
現実世界に生きている我々ですから、どこまで行っても発想は現実世界のそれを上回る事が出来ないようになっているんでしょうね。
それでも何かしら良い代替方法があると良いのですが……。技術の進歩を待ちましょう。

よくサイバーパンクな作品なんかにあるような、仮想世界にダイブするような技術があれば全部解決しそうなんですが……。


>>風城 徹さん
>DSを横にしたような
分かります!
そういう漫画閲覧用の専用周辺機器が出てきたらまた変わるんでしょうね。本当に本を読むような感覚で、電子書籍が楽しめるようになるのでしょう。
技術的には可能でしょうけど、電子書籍の普及率やその他諸々の関係から、商品化はまだまだ先なんでしょうね……。



差し当たっては、漫画掲載方法は変えずに行きたいと思います。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/04/17(水) 00:11 [ 編集 ]

ネット上の文書は横書きが普通ですから、それにならってアメコミみたいにセリフを横書きにし、コマの配置も左か右へ・上から下へにするというのがネット上で公開する漫画としては効率的な見せ方ではないのか? ……という疑問が以前から私の中にはあるのですが、絵描きでも漫画描きでもない私には実際どうなのかよくわからないです……。勿論、書籍として印刷するという選択を完全に切り捨てる前提ですが。旧来の漫画の画面構成は「本」という形式に適応させて現在の形に落ち着いている筈ですから、液晶画面で見る電子媒体でもそのやり方に囚われる必要性はないのではないかと思います。
無明 #-|2014/01/26(日) 10:49 [ 編集 ]

>>無明さん
はじめまして!

今後は、紙面に囚われない電子媒体上でのコマ割りや構図が発達していくような気がしますが、しかし、如何せん紙媒体に描く形式に「慣れて」しまっているので、その縛りからはなかなか離れられない、というのもあるのかも知れません。
電子媒体形式がスタンダード、という世代の描き手も、そのうち出てくるのでしょうけれどね。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/01/26(日) 22:49 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1102-dea2f4e8

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.