管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『蒼きウル』が製作再開という発表。 

アニメ制作会社GAINAXのオリジナル作品はどれも大好きな管理人でございますが、この度そのGAINAXで凍結状態にあった劇場用作品『蒼きウル』の製作が再開されるという発表がなされました。
個人的には、「今更ァ!?」と思うのが半分おおッ!ついに製作再開か!」と思うのが半分、「また再度凍結されちゃうんじゃ・・・」と思うのが半分・・・。

蒼きウル』は、GAINAXの記念すべき第一作目の作品、『王立宇宙軍 オネアミスの翼』と同一の世界の50年後を舞台にした作品であります。
GAINAX自体がそもそも『王立宇宙軍』の制作をする為にDAICON FILMを企業化して立ち上げられた会社なのでありまして、同作の完成と同時に解体される予定だったのですが、しかし『王立宇宙軍』が商業的にコケて(製作費の回収に15年の歳月が費やされたとの事。)しまったので、製作費回収の為に会社が存続された訳であります。もし『王立宇宙軍』がコケていなかったら『トップをねらえ!』も『ふしぎの海のナディア』も『新世紀エヴァンゲリオン』も『天元突破グレンラガン』も生まれなかった訳でありまして、世の中どう転ぶかホントに分からないと言わざるを得ません。

蒼きウル』の企画は『ナディア』が終わって、岡田斗司夫氏が社長を辞めた時点の1992年頃に「『王立』にケリをつける」という名目で立てられたそうなのでありますが、結局資金が集まらず凍結、その時のスタッフはそのまま『エヴァ』の制作に移行する事になった訳です。
その後度々忘れた頃に『蒼きウル』の製作が再開された、という話が流れるのでありますが、その度に再度凍結されるというのがお決まりになってしまっております。一部では押井守監督の凍結作品『ガルム戦記』とどっちが先に完成するのか、等というジョークが為されていたりいなかったりするのでありますが、さて今回の「製作再開」は、完成まで漕ぎ着ける事が出来るのでありましょうか。
完成するにしろしないにしろ、楽しみに待ちたいところでありますね。

その他にも、GAINAXはオリジナルのTVシリーズ企画が1本、原作付きのTVシリーズの企画が1本、『放課後のプレアデス』の劇場版の企画が進行中、3DCG制作による劇場アニメ企画が1本、という状況なんだそうです。
しかしながらGAINAX、『トップ』や『エヴァ』の初期中核メンバーは退社してアニメ制作会社GONZOを立ち上げたり『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版』シリーズのスタジオカラーに移籍したりしていますし、『フリクリ』や『グレンラガン』の第二期中核メンバーもフリーランスになったりアニメ制作会社トリガーを立ち上げたりで、これまで「GAINAXらしい作品」というのを作り上げてきたスタッフは皆GAINAXを出ているんですよね。詰まる所現在のGAINAXは「第三期」という時代を迎えつつあると言っても良いのではないでしょうか。
GAINAXのファンとして、同社の今後の動向に関しても見守っていきたいところであります。


【関連記事】
『新世紀エヴァンゲリオン』という名の思い出
名作自主製作特撮怪獣映画 『八岐之大蛇の逆襲』
闇に蠢く一つの影。オタク。それは病める現代に誕生した暗黒の象徴である!


【関連動画】



【関連商品】
蒼きウル コンバットフライトシミュレータ プレーン&ミッションモジュール蒼きウル コンバットフライトシミュレータ プレーン&ミッションモジュール
(2000/02/11)
Windows

商品詳細を見る

王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Blu-ray]王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Blu-ray]
(2007/07/27)
森本レオ.弥生みつき.内田稔.飯塚昭三.村田彩.曽我部和恭.平野正人.鈴置洋孝.伊沢弘.戸谷公司

商品詳細を見る

ふしぎの海のナディア Blu-ray BOX【完全生産限定版】ふしぎの海のナディア Blu-ray BOX【完全生産限定版】
(2011/11/23)
鷹森淑乃、日高のり子 他

商品詳細を見る

FLCL Blu-ray Box 【期間限定版】FLCL Blu-ray Box 【期間限定版】
(2010/08/18)
水樹洵

商品詳細を見る

↑日本版よりも北米版BDBOXの方が格段に安くて特典も国内盤と比べても遜色無しって、どういう事なんですかッ(血涙)!?
天元突破グレンラガン COMPLETE Blu-ray BOX(完全生産限定版)天元突破グレンラガン COMPLETE Blu-ray BOX(完全生産限定版)
(2013/06/26)
柿原徹也、小西克幸 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013/03/23 21:04|アニメ関連雑記TB:0CM:3

コメント


僕は何より「DAICON」III&IVオープニングアニメに洗脳された世代です。
今でもIVを「アニメ史上最高傑作」と思ってしまっているのは洗脳の所以です。

この紹介動画、ガイナの嗜好がよくわかって秀逸ですね。
矢端 想 #1h4OZhZI|2013/03/24(日) 04:36 [ 編集 ]

最初に買ったガイナックス作品がPCソフト「電脳学園」だったというどうしようもない男(^^;)

「電脳学園」は、当時はグラフィックがものすごい美麗に感じたけれど、今に比べれば……嗚呼。20世紀は遠くなりにけり。(^^;)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2013/03/24(日) 08:27 [ 編集 ]

>>矢端 想さん
DAICONIII、IVのオープニングアニメを創った人達が立ち上げた会社の作品が、私は大好きです。

ガイナ作品の神髄は、物語のスケールのデカさや練りに練られた設定群、そしてパワフルな作画であります。
特に私はGAINAXファンという意識は無かったりするのですが、しかし「好きな作品」、更に「映像ソフトを持っている作品」を見ると、ガイナ作品や、ガイナに所属している(もしくはしていた)人が主要スタッフとして関わった作品が圧倒的なんですよね。『エヴァ』然り『トップ』然り『ナディア』然り、『スト魔女』然り『電脳コイル』然り『まどか★マギカ』然り……。
ガイナと私は何だか波長が合うのかも知れません。


>>ポール・ブリッツさん
『王立』がコケたから作った『トップ』が予算オーバーでヒットしたにもかかわらず赤字となり、更に作った『ナディア』で赤字が更に増えた事を受けて黒字経営目指して作るも宮崎県で有害図書指定されてしまった、色々な意味で伝説の脱衣ゲーじゃないっすか!

エロゲ、技術も内容も『電脳学園』の時代から恐ろしい発展というか進化を遂げていますよね。
10年後、20年後はどうなってしまうのでしょうか……。
エロゲが最終的に行きつく先は、もしかしたらセクサロイドなのかも知れないなぁと思う今日この頃であります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/03/25(月) 01:23 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1095-3ac48ce8

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.