管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

天体衝突の脅威についてのお話 

昨日、ロシア連邦のウラル地方チェリャビンスク州付近に隕石が落下したそうですね。
各種報道によると落下した隕石の衝撃波(ソニックブーム)によって住宅や建物の窓ガラス等が割れ、1000人を超す怪我人が出たという事だそうですが、死者は出なかったようでなによりです。
天体衝突、文字通り天災でありますね。地震その他の地球上の自然災害と同様、いつ起きてもおかしくは無い災害であると言えます。
奇しくも本日未明に直径45m(ゾフィーやウルトラの父の身長と同じ!)という小惑星が静止衛星軌道の内側を通過するという天体接近イベントがある直前に天体衝突災害が起きてしまうという事で、関連付けて大きく報道が為されましたね。

天体衝突、怖ろしい話です。
かつて今から6千5百万年前に起きた直径約10kmの隕石が地球に衝突し、結果として恐竜は滅んだという説が最有力視されています。たった直径10kmですよ!地球の直径1万2700kmに対してたった直径10km程度の隕石が衝突しただけで恐竜が滅びてしまったのです。
この隕石が落下した直後、落下点には深さ30km、直径100kmのクレーターが形成され、その範囲内にある物質は瞬時に蒸発したか、大気圏外に飛ばされてしまったそうです。そこが海中だった場合は無くなった水やら海底やらにドワっと海水が押し寄せ、300mの津波となり、世界中の海を駆け回り、地表に達する頃には高さ1kmを超す巨大な津波となったことだろう、と、推測されています。
そして隕石落下の衝撃波によって抉られた大地は塵となって天を覆い、地球を寒冷化させ、隕石衝突の衝撃や超巨大津波を生き延びた生物達を死に追いやった・・・というのが、恐竜その他の白亜紀末期に於ける大量絶滅のシナリオなんだそうです。いやはや、実に恐ろしい話です。
・・・実のところ恐竜の絶滅は火山活動の活発化や被子植物の出現等、複数の要因があり、恐竜という生物全体がゆるやかに減少していっていた時期に巨大隕石が降ってきてトドメをさした、というのが実のところなんだそうで、隕石が落下しようがしまいが早かれ遅かれ恐竜は絶滅していた、というのが現在の論説になっているようですね。
隕石衝突」というカタストロフィーは終末論的でもあり、加えて「隕石衝突による恐竜絶滅説」が生まれた時代は冷戦下であり、隕石と同等のエネルギーを持つ核兵器が米ソ間でどんどん造られていっていたという時代背景を考えるとまぁ、インパクトのデカい隕石による恐竜絶滅説が広く世界中で支持されたのは無理も無い話ではあります。
しかし、恐竜が絶滅したにせよしてないにせよ、巨大隕石が地球に落下したら大変な被害が出るという事には変わりありません。

報道によると今回落下したとされる隕石の直径は1m程度であり、大半は大気中で四散・燃え尽きてしまったそうなのですが、しかしそれでも怪我人が1000人を超す事態になった訳ですよ。
隕石の脅威はその大きさや質量では無く、「速度」であるとされます。
我々の住む地球は、秒速約500mで自転し、太陽の周囲を秒速約30kmで公転しています。その太陽自体も銀河系を秒速約220kmで公転している訳でありまして、我々人類は知らない間に物凄い勢いで運動(物理的な意味で)している訳ですな。
そう考えると、テレポーテーション能力を持つウルトラマンや瞬間移動装置である「どこでもドア」の凄さが改めて分かる訳です。テレポート先・瞬間移動先の座標を自転・公転等の動きを正確にトレースした上で割り出している訳ですから。恐るべき演算能力ですよ!
で、まぁ、そんな物凄い速度で公転・自転している訳でありますから、そこに突っ込んでくる天体の相対速度も物凄い事になる訳です。仮に太陽系外からやって隕石がやってきたとすると、地球との相対速度は秒速約76kmにも達する訳で、そんな恐ろしい速度で隕石が降ってきた日にはもうたまったものではありません。太陽系内産の直径10mの隕石よりも太陽系外産の直径10mの隕石の方が恐ろしいのであります。時速10kmで人にぶつかるよりも秒速300mで当たるライフル弾に撃たれる方が大怪我するというのと同じ話です。
・・・報道によると、今回降ってきたの隕石の地球との相対速度は秒速約10~20kmだそうで、これだと太陽系内の隕石だった、という事でほぼ間違い無いと見てよさそうです。しかし、直径1mで燃え尽きずに地表近くまで落下・一部は地表に落下となると、隕石の主成分は石では無く鉄(とニッケル等の合金)の、隕鉄だった可能性がありますね。今後の報道が待たれるところであります。

人の住む市街地に燃え尽きずに落下という今回のケースは、かなり珍しいケースであったと言えるでしょう。隕石落下の場所は完全にランダムですから、割合としては海中や砂漠をはじめ、人の居ない場所に落下する場合が殆どでしょうからね。今回の隕石落下が、有史以来最大の隕石落下被害になるのではないでしょうか。

それにしても、ロシア・隕石というキーワードが来ると、ついつい「ツングースカ大爆発」を想起してしまいますね。
ロシアと天体関連は、やはり何かある・・・とか、オカルト雑誌「ムー」あたりが書くのでしょうか(笑)。

それにしても、NASAが、今年の3月には直径約280mの小惑星「2014AZ5」が地球に接近し、1/125の確率で地球に衝突する可能性があると発表している訳でありまして、まだまだ天体衝突の脅威が去った訳では無いようです。
2013年・・・。いったいどうなるんだ!?マヤの予言は正しかったのかッ!?
この調子で行くと年末には妖星ゴラスぐらい発見されてもおかしくないですね!


【関連記事】
天体衝突特撮SF映画『妖星ゴラス』

【関連商品】
アルマゲドン2007 [DVD]アルマゲドン2007 [DVD]
(2007/08/03)
スティーヴン・ボールドウィン、エイミー・プライス・フランシス 他

商品詳細を見る

アルマゲドン2008 [DVD]アルマゲドン2008 [DVD]
(2008/07/04)
サイモン・スレイター

商品詳細を見る

アルマゲドン2009 [DVD]アルマゲドン2009 [DVD]
(2009/10/09)
ジャック・コールマン、ロジャー・クロス 他

商品詳細を見る

アルマゲドン2010 [DVD]アルマゲドン2010 [DVD]
(2010/10/06)
ジョー・ランドー、クローディア・クリスチャン 他

商品詳細を見る

アルマゲドン2011 [DVD]アルマゲドン2011 [DVD]
(2011/03/02)
マイケル・トルッコ

商品詳細を見る

アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス [DVD]アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス [DVD]
(2012/09/05)
カーク・アセヴェド、ダイアン・ファール 他

商品詳細を見る

アルマゲドン20XX [DVD]アルマゲドン20XX [DVD]
(2009/03/06)
アズーラ・スカイ、ジョシュア・レナード 他

商品詳細を見る

アルマゲドン・パニック [DVD]アルマゲドン・パニック [DVD]
(2011/02/25)
ビクトル・クラビホ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013/02/16 10:30|空想科学雑記TB:1CM:6

コメント

更新しました。
すみません、トラックバックが通らなかったのでURLを送ります。

ttp://asylumpiece.seesaa.net/article/323181839.html?1361007979

感想などいただけると幸いです。
Amleth Machina #SY/LY76s|2013/02/16(土) 18:52 [ 編集 ]

時速6万キロメートルを秒速6万キロメートルと聞き違えて、「光速の20パーセントもの速度でぶつかったのか」と早合点してしまった男(^^;)

ツングースカどころじゃねえ(^^;)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2013/02/17(日) 07:43 [ 編集 ]

2013年が怖くなってきましたね。特撮で隕石落下のシーンはよくありますけど、これからは自粛も考えられそうです。ニュースでの映像はインパクトありました。
もっちー #-|2013/02/17(日) 13:17 [ 編集 ]

そういえば、東映っぽい情報筋で何年か前に渋谷だか新宿だかに隕石が落ちたような気がするのですけど、よく日本は無事だったなあ。

流星にまたがってアナタは急上昇。
矢端 想 #1h4OZhZI|2013/02/17(日) 18:20 [ 編集 ]
不謹慎ですが
湖から人食いアメーバが出てくるか、ウォーマシンが出てくるか、つい期待してしまいました。

でもって、湖に潜ってみたらオーバテクノロジーを見つけて、その所有を巡って第三次世界大戦が起こったり、宇宙からのメッセージカプセルが見つかって「放射能除去装置を取りに来い」なんてメッセージ見つけて沈没している戦艦を魔改造するなんて妄想が暴走しております。

湖の底から金星からのメッセージが見つかると信じている自分はスタニスワフ・レムの「金星応答なし」の読みすぎです。
Amleth Machina #SY/LY76s|2013/02/17(日) 22:40 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
そんな速度の隕石が来たら人類が滅んでしまいかねませんね。

しかし、宇宙からの脅威は隕石だけで無くガンマ線バースト等もありますので、油断なりませんね。
正に「天災」です。


>>もっちーさん
幸いにして死者は出なかったそうですから、そこまでの自粛にはならないと思いますけどね。

しかし、隕石落下の映像、近年のSF特撮作品でよくみるような感じでしたね。本当にああいう感じになるのか、と。
或いは、小惑星探査機「はやぶさ」の再突入時を彷彿とさせたりもして。


>>矢端 想さん
驚異的な復興を遂げましたからね!
しかし、そろそろワームが暗躍しそうな感じです。
そんな今こそ天の道を往き総てを司る男の出番です。

……とか言っている間にニコニコ動画で『仮面ライダーカブト』が公式配信を開始したじゃないっすか!
凄いタイミングでの配信開始です……。


>>Amleth Machinaさん
『Ticking Time Bomb』、読ませていただきました。感想等は貴ブログの方にて書かせていただきます。

「隕石」「湖」で私が想起するのは、『ウルトラマン』の第一話ですね。
数日内に凶悪そうな顔をした怪獣と銀色の巨人が出現するのではと(以下略)
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/02/18(月) 00:18 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『Ticking Time Bomb』
Ticking Time Bomb Ticking Time Bombを読む これは言うまでもなく”タイムボカン”です。そして、E.E.スミス、E.ハミルトン等のスペースオペラへのオマージュを狙ってみました。現代版スカイ
Asylum Piece|2013/02/22(金) 21:29

トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1088-a3810421

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.