管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

特撮巨大ロボット映画の金字塔『GUNHED』 

ここ最近、プラモデルが発売したり上映会が執り行われたりしており、当ブログでも取り上げる事が多くなってまいりました特撮ロボット映画『GUNHED』でございますが、よくよく考えたら当ブログで本格的に『GUNHED』を取り上げた事が無かったという事に気付きました。こりゃいけません!
と、いう事でございまして、本日は『GUNHED』について、少し書こうかと思う次第であります。

先日の上映会のポスター。ホントに行きたかった……。

そもそも『GUNHED』って何じゃ?そう思われる方も多いのではないでしょうか。この映画、マイナーも良いところですもんね・・・(笑)。
早い話がアレです。『機動戦士ガンダム』をはじめ、様々なロボットアニメを世に送り出してきたアニメ制作会社サンライズと、『ゴジラ』をはじめとした特撮映画を世に送り出してきた東宝がガッチリとタッグを組んで制作した、特撮巨大ロボット映画、それがこの『GUNHED』なのであります。
監督は後に『突入せよ! あさま山荘事件』を手掛ける事となる原田眞人監督。
特技監督はメカニック描写に定評があり、『平成ゴジラVSシリーズ』の特技監督として有名な川北紘一監督であります。
主役であるブルックリン役を務めたのは高嶋政宏氏。東宝特撮では『ヤマトタケル』での主演などがありますな。
また、主役メカ・ガンヘッドのメカニックデザインとして、『マクロスシリーズ』で監督を務め、現在放送中のアニメ『超速変形ジャイロゼッター』にもメカニックデザインとして参加している河森正治監督が参加していたりします(因みに、「GUNHED」というのは河森監督がデザインしたメカにつけた仮称で、仮称がそのまま正式名称になってしまったのでありました)。
公開前後は何やら凄かったそうでありまして、全高約6メートルの実物大ガンヘッドを制作(本編でも使用!)して新宿アルタ前広場に展示したり、「世界初の実写巨大ロボット映画!」を謳い文句に大々的に宣伝する(いや、日本の特撮にも『スーパーロボット レッドバロン』とか『ジャイアントロボ』とか『大鉄人17』とか『スパイダーマン(東映版)』とか、巨大ロボットが出てくる作品は沢山ありますが、それらは全部TV作品なので、セーフです。モゲラとかジェットジャガーとかメカゴジラとかを呼んじゃダメです。)等、それはそれは華々しいものだったんだそうです。
で、その内容なのでありますが・・・。

あらすじは、こんな感じでございます。

2025年、無人島8JOに建設された全自動のロボット工場を司る巨大コンピューター「カイロン5」が人類に宣戦布告。人類は鎮圧のため自動戦闘ロボット「ガンヘッド」の部隊を送り込むが守護神「エアロボット」の前に全滅、島は封鎖された。

13年後、カイロンのCPUを盗むべく島に侵入したトレジャーハンター「Bバンガー」の面々は、連邦政府の研究所から超電導物質テキスメキシウムを奪って逃亡していた生体ロボット「バイオドロイド」の襲撃をうける。生き残ったのはメカニックに強い青年ブルックリンと、バイオドロイドを追ってきた女性レンジャー・ニムの2人のみ。島に生き残っていた子供セヴンとイレヴンに助けられる2人。やがてカイロン5の恐るべき陰謀を知ったブルックリンは、残骸の中に生き残っていたガンヘッド507号機を有人型に修復、カイロンとエアロボットに戦いを挑む。

Wikipedia該当ページより引用



ストーリーは実に王道な敵中突破もの・・・なのですが、正直なところ、この映画は非常に人を選ぶ映画だと思うんですよね。
例えば、作中人物の描写。この映画では、登場人物が日本語と英語をごちゃまぜで会話するのであります。
えっ、何ソレ!?」等と言わんでください。実際にそうとしか言いようが無いのです。
日本語で話しかけたのに英語で返答し、それに対して英語で返答すると日本語で返答されるという・・・うん、文章で表現するのは難しいですね。これはちょっと直接観てもらうしか・・・。下記【関連動画】の予告編を参照していただければ幸いです。
他にも、最初に出て来る7人組のBバンガーの面々が物語開始数分で主人公を残し全滅したり、この映画に於ける敵である神出鬼没な殺人鬼「バイオドロイド」が仮面ライダーV3』に登場する怪人・テレビバエにソックリで失笑してしまったり、「巨大ロボットアクション」と言うからにはガンダムやマジンガーZのような二足歩行ロボが出て来るものだと思っていたら登場したガンヘッドはどう見ても可変式巨大戦車(終始、車輪で動きます。だったり、突っ込みどころを挙げていくとキリがありません
やろうとしている事は分かるのですが、全てがことごとくアレな感じに仕上がっており、非常に居た堪れない気分になる視聴者続出な映画なのであります。
当然というかやはりと言うか、興行収益では「惨敗」、「企画の失敗」等といわれてしまうような惨めなものだった訳でありまして、日本で今日に至るまで「実写特撮巨大ロボット映画」が無いのは偏にこの『GUNHED』の失敗が尾を引いていると言われている程です。
だからハリウッドの『トランスフォーマーシリーズ』に追い抜かれてしまったんだッ!アレだって我が国の変形ロボット玩具企画から始まったものなのに!
そんな感じのどうしようもない映画の烙印を押されてしまっている『GUNHED』な訳でございますが、その上で管理人は声を大にして言いたいのであります。

俺は『GUNHED』が大好きだッ!!

この『GUNHED』の魅力は、何と言っても主役メカのガンヘッドでございますよ。
いかにも「重戦車」というデザインをしていながら、搭載しているAIは妙に人間臭いのです。

動く棺桶です
豚の丸焼きを御存知?
チームメイトを置き去りですか?
確かに、9回裏ツーアウトで、確率から言えば勝ち目はない。でも、そんなもの、クソ喰らえ!でしょう?
最期にひとつだけ。死ぬ時は、スタンディングモードで!

確率をクソ喰らえと一蹴するロボですよ!人間臭くて管理人は大好きです。
こういった非人間型のロボットだからこそ、こういった台詞が栄えるのでありますなぁ。
また、冒頭で死んでしまうBバンガーの面々を含め、登場人物は皆キャラクターが立っており、実に魅力的でありますよ!こういうキャラクターは強くともアクが強すぎないという独特の雰囲気の映画も(邦画としては)珍しいのではないでしょうか。

さてさて、特撮面は川北演出が冴え渡っておりまして、終始に渡って非常にハイレベルな特撮を堪能する事が出来る訳です。
青白い逆光でシルエットを浮かび上がらせながら前進(同様のメカニック演出は、『ゴジラVSスペースゴジラ』のロボMOGERA等でも見られる、川北監督お得意の演出であります!)するガンヘッドは最高に格好良いし、狭い通路に沿って飛んでいくミサイルは思わず「おおッ!?」と唸らせられますし、様々なカタチで、「実写特撮巨大ロボットとはこういうもんだーッ!!」という映像を魅せてくれるのでありますよ。
90年代の『平成ガメラシリーズ』がアナログ特撮と3DCGをはじめとしたデジタル特撮を融合させた特撮作品と位置づけできるとすれば、この『GUNHED』はアナログ特撮の頂点である、という位置づけが出来るかと思います。
・・・同時に、アナログ特撮の限界も提示しており特撮ファンとしては是非とも押さえておくべき作品となっているように管理人は思います。

どちらにせよ、まぁ、非特撮ファンには(否、特撮ファンにも)あまりおすすめは出来ないような感じの作品なのではありますが、英語と日本語が混じり合うような世界観や、主人公・ブルックリンとガンヘッドの掛け合い等、独特の雰囲気が合えばとことんハマってしまう、そんな作品でありますね、『GUNHED』は。
取り敢えずアレです。
ひょっとしたらあなたに合う作品かも知れないので、レンタルビデオ店で見かけたら、是非借りて観てみてください!
・・・もし合わなかったらゴメンナサイ。悪い夢だったと思って忘れてください。

・・・しかし、レンタルビデオ店に置いていないんですよねぇ、『GUNHED』。
一部のコアなファンくらいしかそんなものを有難がって観る奴は居ないマイナーな特撮映画ですから、レンタル店に置いておいてもスペースをとるだけになるだけと判断されているんでしょうね。管理人は1度もレンタル店で見かけた覚えがありません。
そうですよ。観ても無いのにいきなり買っちゃったんですよ、7000円からするDVDを!だって無いんだからしょうがないじゃないですか!
でも、今は本当に良い買い物をしたと思っております。合って良かった・・・。
しかし、普通の人は観ても無い作品に7000円強も出すような事はしませんよね・・・。

と、いう事で全国のレンタルビデオ店の店員さん。是非とも『GUNHED』を店頭に並べてください!お願いします!


【関連記事】
【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】
『特命戦隊ゴーバスターズ』には頑張って欲しい!
レンタル店の店頭に特撮怪獣作品を並べてくださいお願いします
巨大ロボットアニメについてのお話

【関連動画】

予告編と特報です。いやぁ、シビれますな!

【関連商品】
ガンヘッド [DVD]ガンヘッド [DVD]
(2007/02/23)
高嶋政宏、ブレンダ・バーキ 他

商品詳細を見る

サントラCD付きでお得でございますよ! この作品、音楽も最高なんですよ。よく「警察密着24時!」とかワイドショーなんかで使われたりもしていますので、「ん?これ、聴いた事あるぞ?」という曲が多いです。
GUNHED ガンヘッド (1/35スケール プラスチックキット)GUNHED ガンヘッド (1/35スケール プラスチックキット)
(2012/10/31)
壽屋

商品詳細を見る

いつの日か必ず買ってやるぞ!
ガンヘッド (ニュータイプ100%コミックス)ガンヘッド (ニュータイプ100%コミックス)
(1989/07)
麻宮 騎亜

商品詳細を見る

コミカライズ版は『サイレントメビウス』や『快傑蒸気探偵団』でお馴染みの麻宮騎亜先生執筆であります!このコミカライズ版は映画と違って万人にお勧めできる仕上がりとなっております。
ガンヘッド正伝―蘇る機神 (角川文庫―スニーカー文庫)ガンヘッド正伝―蘇る機神 (角川文庫―スニーカー文庫)
(1989/06)
会川 昇

商品詳細を見る

小説版の他、ゲーム版も存在します。それだけ力の入ったメディアミックス展開をやっていた訳です・・・(泣)!
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2012/11/12 22:10|特撮SFTB:0CM:13

コメント


早すぎた傑作だったのかな?公開当時は、ピンとこなかったのですが何度も見直すと面白いですね。確かに私もレンタルを見た事がありません。だから購入してしまいましたね。値段は高めだったけど入手困難だったCD付ですから。私もいつか、プラモデルは入手したいです。酒で動くロボットなんてあまりないですよね。(確かそんな描写があったような。)
もっちー #-|2012/11/13(火) 08:28 [ 編集 ]

あれをもとにしたヤングアダルト小説がありますが、そちらのほうが面白さでは数百倍だそうでして……。

そういえば、まだ学生のみぎり、興奮して映画を見に行った友人が、次の日ガッカリした顔で帰ってきたなあ……いまにして思えばあれは実写版「デビルマン」を予言(してないっ!)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2012/11/14(水) 17:25 [ 編集 ]

>>もっちーさん
早すぎた傑作ではありません。
「知る人ぞ知る、知っている人でも合う人間は限られるカルト映画」以外の何者でも無いと思います。
やりようによってはちゃんとウケる映画になる筈だったでしょうが……。そういう意味では「悲劇の作品」ではありますね。

アルコールを分解して燃料に出来るとかで、ウイスキーで動いて酔っぱらってました(笑)。
どこまで行っても人間臭いガンヘッドが大好きです。


>>ポール・ブリッツさん
純粋にお話だけ見ればコミカライズ版や小説版の方が面白いです。それは間違いありません(笑)。

良いんです。この映画は、好きな人が好きであれば。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/11/15(木) 03:11 [ 編集 ]

いやあ、愛情と笑いあふれる記事、楽しませていただきました。もしうちでコレを扱うなら、ダメだし以外は書けませんので、無理です。おそらくこれ以上愛あふれる記事は書けそうにありません。

愛のない私が見ると、特撮部分の暗さ、巨大ロボットなのに巨大感がない、キャストやキャラの充実ぶりがわずか数分で雲散霧消、脚本の詰めの甘さなど、どうしても悪目立ちする箇所ばかりが目についてしまいます。これはもう「ガンヘッド」自体に思い入れする以外に愛を表現する場所がないわけで。飛翔掘削さんのお気持ちはよ~く解ります。

先日ケーブルTVで放送されていた本作を初めて見ましたが、あまりの内容にびっくりしました。

だめだわw 私にはなんど時が巡っても、あの作品の自分の中で「アリ」とはなりそうにありません。映画「デビルマン」や「さよならジュピター」などと同列です。でもまあ、知らずにほっとくよりは、見て良かったかな。
波のまにまに #-|2012/11/15(木) 12:48 [ 編集 ]

>>波のまにまにさん
それが普通の反応ですよね~(笑)。

ガンヘッド自体に巨大感が無いのは、全高がタンクモードで約2メートル(『ボトムズ』のATよりも低いのです!)、スタンディングモードで約6メートルという設定であり、尚且つガンヘッドが大活躍する舞台であるカイロンドームが屋内であるという事が要因であると思います。比較対象にできるモノが無いですもん!たまに壁を突き破ったりする時くらいなんじゃないですかね、巨大感が感じられるのは。
暗さに関しては、DVDで観るとあまり感じませんでした。ひょっとしたらDVDで出るにあたりちょっと調整が入っているのかも知れませんね。

……この作品最大の悲劇は、「監督と特技監督のやろうとしている方向性が正反対」という事なんです。
結果的に川北監督が特撮パートの撮影中にシナリオを書き換えて行ったという話もありますし。

「特撮ならではの巨大ロボットものにする!」との意気込みで制作されたこの『GUNHED』ですが、アニメの巨大ロボットを基調とした(GフォースメカゴジラやMOGERAみたいな感じで)「巨大ロボット特撮」をやっていたらまた違った感じの作品になっていたでしょうし、ウケも良かっただろうなぁと思ったりもしますが、とにかくこうなってしまったものは仕方が無いのです。

良いんです。この映画は、好きな人が好きで(以下略
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/11/15(木) 16:05 [ 編集 ]

私も『GUNHED』が大好きだッ!!

ナイトライダーのマイケルとキットの会話を彷彿とさせるGUNHEDとブルックリンの会話、これだけで私はご飯三杯はいけるでありますのです
GUNHED最大の魅力がこのGUNHEDとブルックリンの会話!
感情のない声に感情を込めて話すGUNHED507が可愛くてたまらないでありますのです。
キングハナアルキ #SqN0A6sw|2012/11/15(木) 18:55 [ 編集 ]

初めまして。ツイッターから辿り着きました。
ガンヘッド……小さい頃にTVで放送されていたのと、2か月前に「日本映画専門チャンネル」で放送されていたのを見ました。
内容については……書かれてるようにいろいろアレですが、私は大好きです。
ブルックリンとガンヘッドとの掛け合い、音楽、特撮……どれも魅力的で、最近のジャニーズ系主役の映画と比べたら、全然面白いです。(比べる対象がおかしいかもしれませんが)

なお、TVで放送された時、登場人物全員日本語に吹き替えられていましたね。
私はそれが記憶に残っていたので、最初は日本語と英語のやり取りには戸惑いましたが、いまでは「これもありだな」と思っています。

f.k #X6lTdxlc|2012/11/16(金) 00:03 [ 編集 ]

>>キングハナアルキさん
ぶっちゃけた話、キングハナアルキさんの記事を読んで『GUNHED』について書こうと思いました。

ええ。この映画はガンヘッド507に萌える映画です。


>>f.kさん
はじめまして!お越しいただき、有難う御座います!

あの吹き替え版、映像ソフトになっていないのが惜しまれます……。
『GUNHED』がBDになった暁には収録して欲しいとこですね。出るかどうかは怪しいところですが、それも我々数少ないファン次第、でしょうか。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/11/16(金) 22:28 [ 編集 ]

オタクとは元来、世間から価値を認められていない物に価値を見出し、その物について語り合い、突き詰め、掘り下げていく者をいうのであれば、
オタクからも“無価値”と断ぜられたこの“GUNHED”に価値を見出している我々とは一体なんなのか?
と、自問自答したくなる時があります。

ええとですね、個人的にGUNHEDの何がツボだったって、
そもそもガンダムとか実写にしても「あんなか細い足で上半身の体重を支えられるのか?」とか、実物大ガンダムを見ても、そんな事を考えてしまう、
ウォーカーマシンが好きで、電脳戦機バーチャロンではライデンとかグリスボックを愛機にしていた自分には、
GUNHEDの無骨でミリタリーチックな外観がツボでした。

確かに映画としての出来は、お世辞にも良いとは言い難いGUNHEDですが、
あの映画にはロマンがあります。

いくらなんでも「デビルマン」と同列って事ぁねーよ!!
レバニラ #LkZag.iM|2012/11/17(土) 02:07 [ 編集 ]
平にご容赦!
飛翔掘削さま
レバニラさま

 前言撤回!

 断じて「GUNHED」は実写版「デビルマン」と同列ではありませんでした。
 ええ、久しぶりに映画史にまったく残したくない実写版「デビルマン」をDVDにて見返しました。・・・・ひどすぎました。苦行ですらありました。「GUNHED」にある志の高さを見れば、その差は歴然でした。

わたくしの勢いに任せての暴言、さぞご不快だったかと思います。大変失礼いたしました。心よりお詫び申し上げます(いや、ほんとに冗談じゃなくて)。

 なお、「さよならジュピター」は買い損ねて所持しておりませんのでまだ見返すことができません。でも「デビルマン」よりは素晴らしい作品だと思えてきます。
 「デビ」のおかげで、DVD「メガフォース」を笑わずに見終わることができました。デビルマン基準は、今後もどこまでも通用する気がしてきます。なんだろ、この錯誤感・・・
波のまにまに #-|2012/11/17(土) 21:09 [ 編集 ]

>>レバニラさん
小難しい理由付けなど後で良いのです。
まずは「俺は『GUNHED』が好きだ!」という気持ちが先行で。その理由は後からいくらでもつけていけば良いのです。

「自分の【好き】に理由付けをする人種」が「オタク」であると思ったり思わなかったり。


>>波のまにまにさん
某SF作家が「デビルマンを駄目映画の基準単位にしよう」という話を提唱していました。それによると、「『ゴジラVSスペースゴジラ』=3デビルマン」だそうです……。

私はそもそも前提として違うコンセプトで創られている作品を比較してしまうのはどうかと思ってしまうのであります……。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/11/18(日) 09:44 [ 編集 ]

はじめまして!

ガンヘッドの話と聞き、いても経ってもいられずに書き込みさせていただきます!

子供の頃に父親が借りてきたビデオを見てしまったことが全ての始まりでした…

幼心ながらも、ガンヘッドのダサくはないけどめちゃくちゃ格好いいって訳でもない、けれども何か癖になるかっこよさを秘めたあの機体に心引かれるモノがありました…
そのお陰か今でもロボット物が大好きな男の子(成人済)に育ちました!

そしてつい最近、ガンヘッドのプラモデルが販売されたと今更ながら耳に挟み、買ってしまいました!
もうめっちゃ格好いいんすよ!仕事が終わり、家へと帰り、ビールを飲みながら組み立て、それを肴にまた酒を飲むッッッ!サイコーです!
山のP #-|2017/03/10(金) 02:55 [ 編集 ]

>>山のPさん
コメント、有難う御座います!
そして、返信が遅れてしまい申し訳ございません!

『ガンヘッド』は、ブルックリンとガンヘッドの掛け合いが最高に良いですよね。
あの戦車然とした無骨なデザインをしていながらやたらと人間臭い事を言うガンヘッドが大好きです!

機会がありましたら、またコメントしていただければ、幸いです!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2017/04/01(土) 00:42 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1065-a826b500

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.