管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

昔のヒーローを悪役にして出すのやめてください、本当に……。 

特撮は寛大な心で観るべきである!
というのは、管理人の信条であります。
バランが飛んでるだけでも、ゴロザウルスが凱旋門の下から登場しても、耳の無いセブンでも、声が違っていても、助けに来たはずの先輩ヒーローがただ棒立ちで見てるだけでも、先輩ヒーローがただの戦闘員になってしまっていても、脚本家によって設定がコロコロ変わってしまっても、予算の都合上森や草原でしか戦わなかったりしても、それらを許容して特撮作品を愉しむべきなのであると、管理人は思っていますし、そうして特撮を観てきたつもりであります。勿論それらに対する突っ込みもしますが、愛あっての事であります。
しかし、で、あります。特撮に於いて管理人には許容しきれない事がひとつあるという事が、最近分かりました。
それは、かつてのヒーローを完全な悪役として登場させてしまうという事です・・・。

今年の夏のライダー映画『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』に於いて、とある3人の昭和特撮ヒーローが「復活」しました。宇宙鉄人キョ―ダインの2人と、大鉄人17であります。
3人とも石ノ森章太郎先生原作の東映特撮作品の主役を務めたヒーローであります。管理人は『宇宙鉄人キョ―ダイン』を幼少期に観ていましたし(観せられていた?)、『大鉄人17』は貴重なロボット特撮作品でそれなりに思い入れも強かった訳ですので、両ヒーローが復活するというこの『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』は、実に楽しみにして公開を待っていた訳でございますよ。
ところが、で、あります。この映画を観に行った管理人は仰天しました。
ワンセブンは敵の巨大な衛星兵器として登場し、キョ―ダインに至っては完膚なきまでの完全な悪役として登場したのであります。そりゃないぜとっつぁん・・・。

映画の冒頭にて、仮面ライダーフォーゼこと如月弦太朗は、「俺は宇宙鉄人ともダチになる男だぜ!」と高らかに宣言。ここで管理人は「最初は敵として登場しても、最終的には仲間になって真の敵を一緒に倒す、王道共闘ルートだな!」と信じて疑わなかった訳です。
しかし、物語が進んで行っても一向にキョ―ダインが仲間になる事は無く、とうとう邪悪な敵としてフォーゼに蹴り殺されてしまいました・・・。ひどい!
キョ―ダインは、原典とは違い、ロボット兄妹の「グランダインとスカイダインという名前の宇宙鉄人」として登場。いえね、そこまでだったら別に管理人も「ああ、この敵はキョーダインをモチーフにしてるんだなぁ」で済んだ訳ですよ。
しかしこの2人、自ら「宇宙鉄人キョ―ダイン」を名乗っちゃった訳です。名乗らないで欲しかった・・・。
宇宙鉄人キョ―ダイン」という名前は、原典の『宇宙鉄人キョ―ダイン』の、大兄ちゃんと小兄ちゃんの人格を移植したサイバロイドのスカイゼルとグランゼルで、戦う鉄の兄2人で、最終回で自分達を犠牲してまで人類と弟を救った正義のヒーローなのであります。
そんなヒーローの名前を、「コズミックエナジーに導かれた」とか言っている選民思想剥き出しのロボットどもが軽々しく名乗って良い名前では無いのでありますッ!!
因みにワンセブンの方はちゃっかりフォーゼと友達に。「友達になる!」と言いつつもその「友達」を選り好みするきらいがあるからなぁ、弦ちゃんは。もうちょっと頑張って説得してくれたら悪のキョ―ダインも改心して友達になれていたかも知れないのに。蹴り殺しているんじゃねぇよ・・・。

そんな訳で、管理人が子供の頃、最終回を観て泣いたキョーダインが完膚なきまでに邪悪な悪役となっていた事で、1回目観た時は気分が悪くなって純粋に最後まで観れなかったのでありますよ。2回目はそれなりに冷静に観る事が出来たのですが、兎にも角にも幼少期からキョーダインを観ていた管理人にとっては非常に辛い映画となってしまいました。
フォーゼ』のテレビシリーズを1年間愉しめたのに、嫌な思い出が出来てしまいました。
別に今回の敵はキョ―ダインじゃなくても良かったじゃないですか!なんでキョ―ダインにしたんですか(血涙)!!
敵がキョーダインじゃ無かったら、きっと愉しめた筈なのに・・・。

最近は昭和特撮を観ずに平成ライダーだけを観て「特撮オタク」を名乗っている方々も少なくは無いのでありますが、今回は管理人、彼らが羨ましいです。
宇宙鉄人キョーダイン』を観た事が無く、思い入れが全く無い状態で『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』を観たら、きっと愉しめていた筈。管理人、損しているんでしょうか・・・。

そう言う訳で、夏のフォーゼ映画の悪夢が収まってきた今日この頃でございますが、次の悪夢が始まってきてしまっているのでありますよ、恐ろしい事に・・・。
どういう訳かと申しますと、今冬公開のライダー映画『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム』にて、かつての石ノ森ヒーロー&ヒロインがまたまた大復活するという情報が入ってきてしまった訳でございます。
今度復活するのは、『イナズマン』のサナギマン、『美少女仮面ポワトリン』のポワトリン、そして、『アクマイザー3』のザビタンイビルガブラです。ポワトリン以外は全員ライダーの敵として登場するようです。
もうやめてくれ!かつてのヒーロー達を悪役にするのはッ!!

・・・いえね、まだ公開すらしていない作品の事をどうこう言っても仕方の無い話なのでありますが、『フォーゼ』の映画でキョーダインが完全な悪役として登場してしまった前例ができてしまった以上、物凄く不安なんですよ。アクマイザー3に至っては、

かつて人類に「悪魔」と呼ばれ、地底へと追いやられた3人の「アクマイザー」が、数千年の時を経て復活した。
ザタン、イール、ガーラは、人間の精神世界・アンダーワールドの魔力を使って、これまで仮面ライダーたちによって倒された怪人たちを次々とよみがえらせていく。
今、まさにアクマイザーによる地上征服計画が始まろうとしていた。


という話なんだそうでありまして、もう完全な悪役として登場するしかないような気がするのでありますよ。
俺、『アクマイザー3』も大好きなんだよぅ・・・。

この映画の救いは、『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム』のポワトリンが登場するという『ウィザード』パート及びアクマイザーが登場するという「MOVIE大戦アルティメイタム」パートの脚本を担当するのが浦沢義雄という事ですね。
東映不思議コメディーシリーズ』のオリジナルの脚本担当者で、様々なアニメ・特撮作品で独特の「浦沢ワールド」と呼ばれる世界観を創り上げており、勿論『ポワトリン』のメインライターも担当されていらっしゃる浦沢氏であれば心配は全く無いと言えるでしょう。氏ならばアクマイザー3も、上手く料理してくれると信じています。
心配なのは、サナギマンが登場するという『フォーゼ』パート。こちらの脚本はやはり、『フォーゼ』の脚本担当で、キョーダインを悪役として登場させた中島かずき氏になるとのこと。サナギマンは蹴り殺されてしまう事を覚悟せねばなりませんかね・・・。

どっちにしても、かつてのヒーローを敵役、それも悪役として登場させるというのはやめて欲しいのであります。
どんな扱いになってしまっても、せめてヒーローとして、登場させてほしいと、切に思う今日この頃でございます。

しかし、今の子供が愉しんでくれているのであれば、涙を呑んでかつてのヒーロー達が悪役になるというのを見守っていくしか無いのかも、とも思います。
複雑なのです。


【関連記事】
先輩ヒーローの客演は素直に喜ぶべきだッ!
↑「ただし、ヒーローとして登場した場合に限る」というのを付け加えねばなりませんなぁ。
因みに、『面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦 アルティメイタム』には、W以降のサブライダーを含めた全てのライダーが登場するとの事。こっちに関しては諸手を挙げて歓迎するのでありますがねぇ・・・。
何にせよ、公開しなければ何とも言えないというのは確かな事なのではありますが。


【関連商品】
宇宙鉄人キョーダイン VOL.1 [DVD]宇宙鉄人キョーダイン VOL.1 [DVD]
(2006/02/21)
特撮(映像)、夏夕介 他

商品詳細を見る

アクマイザー3 VOL.1 [DVD]アクマイザー3 VOL.1 [DVD]
(2005/10/21)
特撮(映像)、井上真樹夫 他

商品詳細を見る

イナズマン Vol.1 [DVD]イナズマン Vol.1 [DVD]
(2003/10/21)
特撮(映像)、伴直弥 他

商品詳細を見る

美少女仮面ポワトリン VOL.1 [DVD]美少女仮面ポワトリン VOL.1 [DVD]
(2005/09/21)
特撮(映像)、花島優子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2012/10/06 23:32|特撮関連雑記TB:0CM:10

コメント


どんどん作品が迷走化している気がします。昔のヒーローを悪役化してまでも今の子供達に興味をもってもらうのでしょうか?アクマイザーも最初から悪役というのもね。同族に弓ひいてまで人間を守ろうとして裏切られ、けど正義の為に戦う。昔の作品は、そうだったと思ってます。やはりヒーローはヒーローとして復活してほしいです。大きい子供の夢を壊さないでほしいですね。
もっちー #-|2012/10/07(日) 11:20 [ 編集 ]

再来年は石森ワールドの何が毒牙にかかるのだろう……「変身忍者嵐」あたり危ないような気がする。恐るべき忍者たちとライダーがどうこう……。

いや、「ロボット刑事」か? 感情を持たない殺人機械のKが量産されてぞろぞろと……。

これ以上、昭和が後の世に伝える遺産をぶち壊しにしないでほしいであります(嘆息)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2012/10/07(日) 12:40 [ 編集 ]

キョーダイン悪役は見ていて吃驚しましたね。とはいえヒーローには悪がいるから活躍できるというのもまた事実ですから悪役も重要な役だとは思いますが…、やはりキョーダインを悪役にするのはちょっと抵抗ありますね。ゴンベスの扱いはかなり酷かったですね。ゴンベスかなり有能な味方なのに敵の量産兵器でパワーダイザーにフルボッコでしたし。

MEGA MAXみたいに銀河王等の敵をリメイクしましたから、宇宙からきたダダ星人なりガブリン将軍なりを倒すというので良かったと思いますね。

記事に書かれている通り宇宙鉄人共友達になる的な展開を入れてほしかったですね。宇宙鉄人は作られた兵器ですから、フォーゼを通じてヒーローになるという展開の方がフォーゼのテーマに合いますよね。
第4のペロリンガ #-|2012/10/07(日) 19:30 [ 編集 ]
ぼくのかんがえたかっこいいくらいまっくすしーん
「ふふふライダー諸君。わがアクマ族の陰謀を成功させるため、君たちにはここで死んでもらう」

「くっ、くそうっ! 卑怯だぞ、ザタン、イール、ガーラ!」

「わはは、抵抗できまい! 我らアクマイザーに勝利を!」

 振りかざされるジャンケル。しかしそこに、一本の剣が、カキーン! とジャンケルをはじいて飛ぶ!

「な、なんだ!」

「……お前たちのようなゾンビ野郎どもが、アクマイザーを名乗るとは片腹痛いぞ!」

「……なぜなら、ほんもののアクマイザーは、正義のために自分の命を捧げたからだ!」

「……そして、その魂は、おれたちの身体に! 大空高く、ビビューン!」

「大地をならし、ズシーン!」

「荒波けって、バシャーン!」

「燃える三つ星! 我ら三超神!」

「え、ええい、ものども、かかれ、かかれ!」

 三超神とライダーに襲い掛かる怪人軍団。

「う、うぎゃーっ!」

「げ、げえええっ!」

 怪人軍団、胃を押さえて苦しみ始める。

「ど、どうしたことだ!」

「おまえたちがさっき食べたラーメンは、中華魔界のゴミ捨て場から拾ってきた、食べると胃カタルを起こすラーメンなのよ!」

「その声はあのときのラーメン屋! 貴様、何者っ!」

「アクマイザーの身体を借りて悪さをするなんて、ガンツ先生が許しても、この美少女仮面ポワトリンが許しません!」

「ポワトリンプティットもゆるちまちぇん!」

「なんだかよくわからないが味方が増えたぜ! ようし、反撃だ!」

「ぬう。小僧どもめが……」

 力が抜けたように倒れこんでしまうアクマイザーたち。その身体から出てくる謎の存在。

「現われたわね、暗黒の帝王、ディアブル! こいつが、木っ端みじんにふっとんだ、アクマイザーの身体を集めて再生し、その精神となって操っていたのよ!」

「おれの身体に残った父の邪悪な魂につけこんで操ったのも貴様か!」

「サナギマンまで! なんてやつだ!」

 乱闘。ディアブルと再生怪人軍団負ける。

「危うく、アクマイザーの名が穢されてしまうところだったな」

「おれも少年同盟に顔向けができなくなるところだった」

「でも、この死体、どうする?」

『死体ではない、勇者諸君』

『そうさ、この身体は、当然の持ち主の手に帰るんだ』

『へへっ、ちっとはおれもいい男になったかな?』

 三超神の変身が解け、代わりに、これまで、ザタン、イール、ガーラだったものの肉体が起き上がる。

「おれは、ザビタン!」

「おれは、イビル!」

「おれは、ガブラ!」

「ザラード! イラード! ガラード! 正義を愛する三人組! うなれジャンケル、アクマイザー3! ありがとう、ライダー、ポワトリン。君たちがいなければ、アクマ族は本当の悪魔になってしまうところだった」

「あなたたちはどうするんです」

「混乱したアンダーワールドを立て直すため、六人で力を合わせてやっていくさ」

「六人?」

「来てくれるだろう、超神たち?」

「で、でもぼくたちは……」

「もう、おれたち抜きでも、変身できるはずだ。なぜなら、君たちは、超神、神を超えたんだからな!」

「それじゃ、さようなら、ライダー。今度会う時は、平和な世界で会おう」

「わたしたちも、ご町内に戻らなくちゃね」

「ああ、でも、忘れないぜ、このことは」

 がっしりと握手するヒーローたち。

 音楽。

 ― 完 ―


 コミケかほかの即売会かで同人誌売るなら脚本書きますぜ(笑)
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2012/10/07(日) 21:25 [ 編集 ]

どうも、こんばんわです。

キョーダインが悪役として出演していた事に関して思い出すのは、かの偉大なプロレスラージャイアント馬場さんが残したこの言葉

「悪役もこなせてこそ真のプロ」

馬場さんはアメリカでの修行時代は“フランケンシュタイン馬場”のリングネームで恐れられた立派なヒールでしたが
その過去を包み隠さず、また全日本プロレスを立ち上げて海外からヒールレスラーを招いた時もヒールとしてリング上で人気者にしてしまう手腕を見せました。

青臭い事ばっか言って“汚れ役”になりたがらない最近の仮面ライダーと比べて、物語を盛り上げる為にあえて悪役として登場したキョーダインこそ真のプロですぜ、
元ネタを知っていればこそ「コイツ等はマジで強いぜ!フォーゼ勝てるのか!?」ってなドキドキ感も生まれるし。
レバニラ #LkZag.iM|2012/10/07(日) 22:06 [ 編集 ]

>>もっちーさん
>大きい子供の夢
正確には、「かつて子供だった人の夢」ですかね……。

個人的には、別にかつてのヒーローの意匠を借りた悪役が出る事はOKなんですよね。
ただ、そのヒーローの名前を名乗るというのが許せないのであります……。

まぁ、それも脚本次第なんでしょうけれども……。
上手い具合に話を作ってくれる事を望みます。


>>ポール・ブリッツさん
石ノ森章太郎先生つながりで、と言っても限度があります……。やめて欲しいです。

そういうクライマックスシーンであれば良いのですが。
……浦沢脚本ならやってくれるかも……いや、どうですかね。
結局のところはプロデューサー次第なのでしょうか。


>>第4のペロリンガさん
だってあの映画の悪役、キョーダインじゃなくても別に良かったじゃないですか(血涙)!
奴らが「キョーダインっぽい敵」じゃなくて「宇宙鉄人キョーダイン」と名乗ってしまったから私はこんなに怒り哀しんでいる次第なのであります……。

>宇宙鉄人共友達になる
共演映画であればそれが普通の展開だと思っちゃいますよねぇ……(涙)。



>>レバニラさん
どうもです!

しかし私はそこまで割り切って観る事は出来ません。
本人が出て来るのであればまた話は別なのかも知れませんが(それはそれで嫌ですが(笑))、ヒーローが悪役になるという事以上に、「キョ―ダイン」というヒーローを別人が騙ったという点に私は腹が立っているのです……。
大人げないと言われたらそれまでの話なんですけれども(苦笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/10/11(木) 00:52 [ 編集 ]

どうも、こんばんわです

色々忙しい時期にこんな事言うのは酷かもしれないけど、
でも少しでも飛翔さんが明日に生きる希望が湧けばと思い、書かせてもらいます。

MOVIE大戦 アルティメイタム
・・・メッチャ面白かったぜ!
弦太郎が教師としてイナズマンに未来を託す件は良い話だったし、
ウィザードがポワトリンに(最後まで)翻弄される展開は、ポワトリンのアクションといい伏線の貼り方といい見事だったし
デーモン閣下のザビタンは魔王的な威厳に溢れまくっててシビれたぜ!!

俺が保証しよう、
今回は文句なしの名作だ!
レバニラ #LkZag.iM|2012/12/09(日) 22:20 [ 編集 ]

>>レバニラさん
ネットでの評判も上々ですし、期待して良いんですね!
明日観に行きます、明日!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/12/09(日) 23:54 [ 編集 ]
正義転じて悪役
初めましてU・Mと申します

>>大鉄人17やキョーダインが悪役として
登場

ええええそんなのが造られてたんですか!?
昔のヒーローやロボットを今の技術で
或いはアニメでリメイク(勿論正義の味方
として)するのは判りますが、何故に悪役に
するのでしょう...
自分も17もキョーダインもアクマイザーも
リアルタイムで観てたので悲しいですね。
U・M #y5ou25a6|2015/11/09(月) 15:36 [ 編集 ]

>>U・Mさん
はじめまして!

私はリアルタイム世代では無く完全に後追い世代なのですが、やはりライダーの敵として過去のヒーローを持ってくるというのはいかがなものかと思わざるを得ません。
アクマイザーの扱いは、「正義に転じなかったIF」としてよく出来ていたと思いましたけど、キョーダインはあの後もう一回悪役のまま復活してライダーに殺されていますからね……。本当に浮かばれないと思います。
実に哀しい!

機会があればまたコメントしていただければと思います!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/11/09(月) 19:16 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1054-6ff54e7a

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.