管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

「にわかオタクを教育するべき」 

Twitter上でそういったツイートを見かけました。
要は、
オタクなんてものは大抵誰でも最初はにわかなんだから、我々が彼らを導いて教育してやれば、にわかだってちゃんとした立派なオタクになる!
という旨のアレなのではありますが、しかし本当にそうなのでありましょうか?管理人は疑問なのであります。

現在はTVアニメの公式無料ネット配信が充実しており、バンダイチャンネルとニコニコ動画あたりを駆使すれば現行のアニメはほぼ全て好きな時間に観ることができます。更に最近は特撮界隈でも公式無料配信を行なったりしている訳でございまして、今日に於いてアニメや特撮というモノは「気軽に観れる身近な存在」であると言っても良いでしょう。観るだけであるならば、わざわざ深夜まで起きていたり録画をする必要も無いのです。いやはや、便利な時代になったもんであります。
そんな訳でございまして、暇を持て余した学生などがそういったアニメやら特撮やらを観ていたりする訳であります。管理人の周囲にもそんな感じでアニメを観たりしている連中は結構居る訳です。最近は無事大学に進学した管理人の弟などもアニメを観はじめたようでありまして、兄としては少し心配したりしている訳でありますが・・・。
そんな感じで気軽に観れるようになったアニメ・特撮。しかしながら、昨今は気軽になったが故に発生する問題もある訳でございます。
それは、いわゆる「にわかオタク」と呼ばれる部類に位置する人達に関したお話。彼らが増えてきている事により、「オタク」界隈ではちょっとした問題が起きている訳であります。

深夜アニメを観てるから俺はオタクだ!
彼ら「にわかオタク」と呼ばれる人の多くはそう言って自らを「オタク」と称していらっしゃる訳です。
まぁ「オタク」に対する解釈は人によって様々でありますので、ここでダラダラと言っても仕方が無い話なのでありますが・・・(苦笑)。
彼らの言う「オタク」というのは大体の場合「アニメ・特撮オタク」の事なのでありますが、しかしそもそも「アニメ・特撮オタク」というのは最低でも大なり小なりの持論を持ってアニメなり特撮なりについて語れる人の事を指すのであり、観てるだけで「私はオタクです」等と言うのは違うのではないかと管理人は思ってしまうのであります。更に言えば「オタク」というものは自称するのではなく、他人に呼ばれて初めて「オタク」になるのであり、自称するのは何か違うだろうと思ってならんのであります。
故に管理人は「にわかオタク」は「オタク」の範疇に入れる事は不可能であり、彼らには「オタク」とはまた別の新しい語を作ってその語で称するべきであると思うのでありますが、取り敢えずその話は置いておくと致しましょう。

にわかオタクが増えて、何が問題なんだ?
と言われると、実質的には何の問題も無い訳ですし、寧ろアニメや特撮の市場が拡大するという事を鑑みると「喜ばしい事である」というように言えるのかも知れません。
しかしながら、旧来からの「オタク」から見ると「にわかオタク」は忌諱の対象となっている訳であります。ちょっとした対立構造になっている訳でございますよ。これは何故か!?
・・・まぁ、「何故か!?」も何もありませんわなぁ。「それほど深く語れないのに簡単にオタクだと名乗るな!」というのもあるでしょうし、「そんなにオタクオタクと公言するなよ恥ずかしい・・・」というのもあるでしょう。
管理人としても、「やたら作画崩壊作画崩壊と騒ぐな!」とか「売上至上主義の売りスレのノリを普通の場所に持ってくるな!」とか、「ライダーばかり持ち上げてウルトラや戦隊を貶すのを止めろ!そもそも、ライダーも戦隊もウルトラも元々は子供向け番組じゃないか!アニメでは売上至上主義なのになんで特撮になった途端「バンダイの商業主義うぜぇ」とか言い出すんだ!?」とか、「スパロボ知識だけで語るな!」とか、「にわかオタク」の人達に言いたい事は山のようにありますが、あーだこーだ言っても仕方の無い話なのでありまして・・・。
数が多いかどうかは知りませんが、とにかくネット上に於ける「にわかオタク」の声は大きいですから、今のところは特に問題は無くとも、今後の状況如何によってはアニメ関連のコンテンツが「にわかオタク」向けになってしまい、消耗品の様な作品が増えてしまうという状況にならないとも限らない訳であり(既になりかけているような気もしますが・・・)、従来からの「オタク」がそれを危惧している、というのが、現在の状況であるというように言えるかと思います。

そこで記事タイトルになっている「にわかオタクを教育するべき」というツイートな訳でありますが、しかし、「にわかオタク」を教育する、等というのは無理なのではないかと管理人は思って仕方が無いのであります。
管理人のこれまでの経験上、「にわかオタク」と呼ばれる人達はあまりこちらの話を聞かなかったり薦めた作品を観なかったりという人が多いように思うのです。
そもそも何故「にわか」という語が使われているのかと考えると、やはり「一過性」であるから、なんですよね。一過性であれば、「教育」等というのは無理な話であると、管理人はそう思うのであります。
寧ろ教育が必要なのは若い世代の「アニメファン」や「特撮ファン」であると思うのですが、しかしそういった人達は「にわかオタク」と違って自分でどんどん探求していくのであまり「教育」は必要無かったりする訳で・・・(笑)。

結局のところ、アレなんでしょうか。
にわかオタク」に対して苦言を呈したり「教育」したりはせず、自分の好きな世界に没頭しておくのが吉なんでそうかね。
ついて来る人はついて来るでしょうし、ついて来ない人は何をやってもついて来ないと、そういう事でありましょう。

しかし、声の大きな「にわかオタク」のせいでアニメ関連コンテンツが変容していくという事については少し気になります。
それが時代の流れだ」と言われたらそれまでなのですがね・・・(苦笑)。


【関連記事】
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第01回放送
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第11回放送
友人がアニメを観出していた
コミュニケーションツールとしてのアニメ
ネットの世論形成についてのお話
「作画のクオリティバブル」についてのお話
【売上】何となく、嫌な風潮なんですよ…。【至上主義】
「オタク」とはなんぞや 
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2012/05/26 02:46|混沌雑記TB:1CM:10

コメント


>にわかオタクが増えて、何が問題なんだ?
僕はオタクを自認するにはまだまだ浅いと思っていますが、オタクのハードルが下がっているゆえに他人に容易にオタク認定されてしまいますね。最近の実体験です。
まぁ、別に実害は無いのですが、微妙に腑に落ちないとこはあります。
ビリー #-|2012/05/26(土) 03:01 [ 編集 ]

>>ビリーさん
私も「オタク」と自称するのはまだまだ到っておりませんが、他者からは「オタク認定」されます。やはり「オタク」という語の解釈が変わってきているあらなんでしょうね。
実害は無いとは言え、アニメ業界がそっちに傾いていきそうで若干怖い気もしています。
まぁ、なったらなったでしょうがないんですけれども(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/05/26(土) 05:21 [ 編集 ]

とはいえいわゆる「ゆとり世代」なるものとちょっと重なる気がするのも事実。

いえ、知識や意志の問題じゃなくて、人から「ゆとり世代」だろ! といわれると、「ゆとりはわたしの少し下の世代です」と答えてしまう、という意味で……。
ポール・ブリッツ #0MyT0dLg|2012/05/26(土) 12:59 [ 編集 ]

オタクは好きでなるものですから教育をしてどうこうなるものではないでしょうね。私自身、最初は兄のプレイしているスパロボFや兄が借りてきた特撮ヒーロー等に興味を持ってオタクになりましたが、その後は自分で気に入った作品を借りたり、見たりして今のようになりましたからね。
第4のペロリンガ #-|2012/05/26(土) 22:31 [ 編集 ]

「好きなものは好き」
それだけでいいんじゃないか! と思います。「○○マニア」とか「○○オタク」みたいな肩書にこだわるのはなんか変です。

オタクを自称する人間が増えてきましたが、私もそれには違和感を覚えます。

ある時期まで、世間の人たちは「オタク=犯罪予備軍・変態」みたいなイメージを持っていました。それが変わったのはたぶん、電車男のブームではないか、と思いますが……ま、そんなことはどうでもいい話ですね(笑)。
黒 紅 茶 #-|2012/05/27(日) 18:22 [ 編集 ]

>>ポール・ブリッツさん
私はそのゆとり世代です。
色々とアレな時代に生まれてきたものだなぁと思ってしまうのであります(苦笑)。

>>第4のペロリンガさん
記事で挙げたツイートでは、「にわかを先導してあげればちゃんとした真っ当なオタクになる筈だ」という事なのですが、「にわか」な人がちゃんと話を聞いてくれたらそうなのかなぁとは思います。
ただ、話を聞かない人が大勢ですから、実質的には無理なのかなぁと、そう思った次第であります。


>>黒 紅 茶さん
岡田斗司夫氏曰く、「オタクは死んだ」という事ですから、もう「オタク」という括りで色々と考えるのを止めた方が良いような気もします。
ただ、「これまでオタクと呼ばれていた人達」に対する呼称については考えていくべきではないかと思うのです。

考えるだけ不毛な気もしますけれども。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/05/28(月) 05:41 [ 編集 ]

「そんなにオタクオタクと公言するなよ恥ずかしい・・・」に一票。

飛翔掘削さんはバリバリのガチオタだと思います。
私なんか年齢的にはアレですが、所詮ライトオタではないかと。
でもやはりオタクって気質のことですから、充分オタクの自覚はあります。
矢端想 #1h4OZhZI|2012/05/29(火) 03:06 [ 編集 ]

>>矢端想さん
やはりオタクというのは公言するのははばかられるものであると思います。

ネットを見ていると上には上が居ますから、相対的に見れば私もまだまだだであると思います。
別に「上を目指そう!」とかそういう話でも無いのですが(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/05/31(木) 13:18 [ 編集 ]
ガブモン
売上至上主義は間違いだよ
売上至上主義は異常だよ
売上至上主義は異端だよ
売上至上主義は異質だよ
売上至上主義は大外れだよ
アグモン #hpiYJ08c|2015/03/19(木) 23:55 [ 編集 ]

>>アグモンさん
私も、大嫌いです。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2015/03/20(金) 19:12 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

『まとめtyaiました【「にわかオタクを教育するべき」】』
Twitter上でそういったツイートを見かけました。要は、「オタクなんてものは大抵誰でも最初はにわかなんだから、我々が彼らを導いて教育してやれば、にわかだってちゃんとした立派なオタクになる!」という旨のアレなのではありますが、しかし本当にそうなのでありましょ?...
まとめwoネタ速neo|2012/05/26(土) 08:13

トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/1010-7790b8e7

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.