管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

日本怪獣史 ~怪獣と共に歩んだ我が国の歴史~ 

昨年2016年11月に出現した怪獣は神の如き大破壊を行い、結果として我が国日本の首都・東京を壊滅させました。危急の事態に日本政府によって設立された巨大不明生物特設災害対策本部=巨災対によってかの怪獣は凍結されるに至った訳ではありますが、戦後の怪獣災害としては、1954年のゴジラの東京襲来、1996年のレギオン(草体)による仙台壊滅に次ぐ大災厄だったという事が出来るでしょう(……地球全体を暗雲で覆った1973年のムルロアや、全世界を闇で覆い尽くした2010年のガタノゾーア等の全世界規模の怪獣災厄は別として、ですが)。
気象庁・特異生物部の発表によりますと今回東京を壊滅させた怪獣は「ゴジラ」であるとされており、「ゴジラ・シン個体」という通称が為されておりますが、数度による変態や背鰭・尻尾からの熱線放出など、これまでに確認されてきたゴジラの生態とはあまりにもかけ離れている為、怪獣学会論壇では本当にアレはゴジラだったのだろうかという論議も起きているんだそうです。しかしまぁ、これまで確認されてきたゴジラ種は、空を飛んだり身振り手振りで意思を伝えたりする等の生態も見せておりますので、今更その程度で「ゴジラだったのだろうか」という議論が起きるのもどうなんだ、と思わなくもないですかねぇ……。

蒲田に出現したゴジラ
従来の「ゴジラ」とは一線を画したゴジラの出現……。これは何を意味するのでしょうか。

昨年の日本の大きな怪獣災害としては、11月のゴジラ襲来を除くと4月の閻魔獣ザイゴーグの東京襲来と、5月のKaiju・オニババの東京襲来(オニババ事件)、12月のマガタノオロチの東京襲来ですかね。昨年は本当に東京が怪獣に狙われた1年でした……。
2013年のアックスヘッドのサンフランシスコ襲来以降世界的に拡大した怪獣災害は留まるところを知らず、日本でも雀路羅原発から羽化したムートーに門前市を襲った人を喰らう人型怪獣の群れ、都庁を破壊した謎の亀怪獣等といった大規模なものから、スパークドールズの実体化や魔王獣と称される怪獣の出現等の週一で起きる比較的規模の小さいものまで、実に多くの怪獣災害が起きております。
まさに現在は、「第三次怪獣頻出期」に差し掛かったと見て間違い無いでしょう。そうした状況を鑑みて、日本でもシャッタードーム建設の気運が高まってきた折であります。

そこで本日は、我が国が付き合ってきた怪獣災害の歴史を、ちょっくら振り返ってみようと思いうんですよね。これまでの歴史を振り返る事で、東京のゴジラ・シン個体の襲来の惨劇を経てもなお続く諸々の怪獣災害への備えの一助になればと思い、本記事を作成するところであります。
それでは、宜しくお願い致します。


※お気付きの方も多いと思いますが、当記事は「もしも怪獣が出現する創作作品が全部現実だったら!?」という、バカ話記事でございます。
1990年生まれの一般市民の視点から、「怪獣が存在している世界」の歴史を俯瞰して見てみようという試みであります。詰まる所「スーパー特撮怪獣大戦」がやりたい! という、そういう趣旨の記事でありますので、ご笑読いただければ幸いであります(笑)。
と、いう事で、1万7千字にも及ぶやたら長い記事になってしまいましたので以下追記にて。





この記事の続きを読む…
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2017/01/30 20:03|アニメ・特撮馬鹿話TB:0CM:4

立ち上げました。 

と、いう訳でありまして、今まで使用してきたpixivアカウントがどうしようもない事になってしまってた為、年明けを機として新しいpixivアカウントを立ち上げる事と相成りました。
インターネット上で暮らしていくためには、住み分け・使い分けが大切なんです。遅きに失した感はありますが。



今まで上げた健全絵に関してはもうどうしようもないのでそのままにしておくとして、今後の健全絵はこっちに上げていこうと思います。
恐らく、当ブログ内にて上げた絵やら漫画を主軸に投稿していく事になると思います。
引き続き、宜しくお願い申し上げます!


【関連記事】
切り離します。

web拍手 by FC2
2017/01/07 14:16|お知らせ等TB:0CM:0

2017年・新年の御挨拶 

あけましておめでとうございます!
年開けて2017年が始まってしまいました!

年賀絵2017

なんだかなんだで昨年はあっという間に過ぎ去っていったような気がします。
今年はもう少しゆっくりと時が過ぎてくれれば、良いっすなぁ。
と、いった感じで、本年も宜しくお願い申し上げます!


web拍手 by FC2
2017/01/01 00:00|記念イラストTB:0CM:3

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.