管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ウルトラマンXとまりかセヴンを描きたくなったのは、内山まもる先生の『ザ・ウルトラマン』が「日本アニメ(ーター)見本市」で短編アニメ化されていたというのもあるのですが! 

ウチのブログは特撮やらアニメやらの評論めいた事をしたかと思ったら、世の中に対する憤りをぶちまけたりもしつつ、こうやってお絵描き記事を貼ったりするなど、よくわからないブログであるという事に定評がありまして、以前とある方から、「まさに「混沌」と呼ぶに相応しい!」という旨の事を言われまして、それ以来ブログ説明欄にも「非常に混沌としております。」という一文が加わった訳でございますが、何が言いたいのかと言いますとつまり、本日もお絵描き記事な訳でございますよ。
盆明けに更新した記事で書きました通り、「暫く当ブログはお絵描きブログと化」している感もありますなぁ。
まぁ、お絵描きにもアニメや特撮の馬鹿話にもオタク論にも振れる守備範囲の広さが良いという事も同時に言われた訳でありまして、そこが強みなのかなぁ、と。
単に管理人の軸がブレているだけという話もありますが。ひとつのテーマに絞ってブログを作成していくのが良いのか、守備範囲を広いブログを作成していくのが良いのか、どうなんでっしゃろ。もうすぐ開設6周年なのに今更な話というのもありますけれども、アクセス数的な話もありつつ・・・。
あと、新しい漫画も描きたいのよ、新しい漫画も(更に混沌とさせていくスタイル)。

そんな感じで、描きたかったやつその3であります。

ウルトラマンX絵

ウルトラマンX』のオープニングをイメージした感じのアレです。あのカメラがグルグル回ってXが怪獣と次々に対峙していくところ! 主題歌とも相俟って最高に格好良い! 管理人の絵で再現できてるかどうかはともかくとしてッ!
イメージはOPでも、アーマーは装着させないという(笑)。いや、アーマーも嫌いじゃ無いんですけどね。カメラの後ろ側にはバードンとかアボラスとかが居ると思います。しかし、冷凍怪獣ペギラがウルトラマンと一緒に写っている映像ってコレが初めての事なんじゃなかろうか。

ウルトラマンX』は、もう毎週物凄く楽しみに観ている訳でございます。
何が嬉しいかというと、やっぱり怪獣がちゃんと怪獣として登場してくれるのが一番嬉しいんですよね。
X』の怪獣たちは「スパークドールズが実体化した存在」として描かれてはいるんですけれども、ちゃんと各々の怪獣が自分の意思を持って行動している点が、使役されるだけに過ぎなかった『ギンガ』・『ギンガS』のスパークドールズ怪獣と大きく異なる点であります。詰まるところ、怪獣が元来のシリーズに準じた姿に戻ってくれている訳でございますよ!
他にも、「ファントン星人・グルマン」のように、近年のウルトラでは異星人に個人名が付くようになったというのをちゃんと引き継いでいるのも良いですよね。地球人に普通の市民と犯罪者が居るように、同じ星人の中にも過激な行動に出る奴とそうでない奴が居るという、そういう事を描けるようになったというか描くようになったというか、そのあたりは時代の変遷なんかもあるのかなぁと思わなくもないですね。20億3千万ほどのバルタン星人が円盤ごと爆発していた頃から考えると、遠くまできたのだなぁ、と(笑)。

そして、『X』は特撮もやっぱり良いんですよね。
やっぱり予算の都合でしょうけど、ミニチュアの壊しや爆破は往年のシリーズよりも少なめではありますが、毎回「おおおっ!?」となるような新しい特撮映像を、SFX、VFXを問わずポンと入れてきてくれるんですよね。ミニチュアワークも総じて高いレベルですし、毎回必ずウルトラマンや怪獣が巨大に見える一瞬があったりするのも、個人的にはかなりポイントが高いです。
やっぱり俺、同居撮り好きだわ・・・。

もう1枚。描きたかったやつその4であります。

まりかセヴン絵

伊藤伸平先生による変身巨大ヒロイン漫画『まりかセヴン』より、まりかセヴンであります。
まりかセヴンも描きたかったのですが、夜の街に出現するやつを描きたかったというのもあります。電飾感増し増しで(笑)。
夜の街の巨大特撮と言えばやはり『ウルトラマン』の第2話や第18話ですよね! 『まりかセヴン』本編には夜間戦闘の話は少かったと思いますが。

まりかセヴン』は、怪獣氷河期の真っ只中であった2010年10月より、双葉社刊「漫画アクション」で連載されていた作品でありまして、管理人も1巻から追いかけておりました。
ひょんな事から宇宙人「セヴン」に憑依されてしまった平凡な女子高生・三條まりかが、スーパーヒロイン「まりかセヴン」に変身して次々出現する怪獣と戦うという、そんな作品であります。

特撮ネタ、軍事ネタ、政治ネタ、時事問題ネタなんかを織り交ぜつつ毎回話が進んでいくのですが、怪獣やまりかセヴンの表現が完全に特撮巨大ヒーロー作品のそれでありまして、特撮怪獣に飢えていた当時の管理人にとってはこの上のない作品でありました・・・。
自衛隊の攻撃シークエンスにもかなり力が入っておりまして、この10年間で装備の更新された陸海空の自衛隊の装備が紙面狭しと大活躍するんですよね。
ひゅうが型護衛艦といずも型護衛艦をハイブリッドさせたようなヘリコプター搭載護衛艦も出てくるし、10式戦車がまりかセヴンと共闘するし、機動戦闘車が現実世界での配備を待たずに出撃するし、色々とたまりません。
そして何と言っても、それら最新装備に混じってF-4EJ改が怪獣を爆撃したりもしているんですよ! 熱くならない訳が無い(笑)!

特撮的・軍事的な面白さだけで無く、割とフラットなキャラクター達の掛け合い(特にセヴンとまりかの凸凹コンビっぷりが良いのよ!)も非常に好きだったのではありますが、非常に残念な事に今年4月を持って打ち切りとなってしまった訳であります・・・。
一番読んでいて楽しいだろう特撮怪獣ファンの間でもあまり知名度は無かったようでありまして、こうなる事が分かっていれば管理人も布教していたのになぁと、悔やみきれなかったりもする訳であります。

ところで、『ウルトラマンX』を観ていると色々と『まりかセヴン』との類似点に気付きますね。
主人公に憑依する異星人は電子化したプログラム生命体である点や、変身後の掛け合い、心をひとつにしなければ本来の力が出せないあたりとか。デザインもどことなく似ているような気がしますよね。耳のあたりとか!
まぁ、偶然の一致というか、よくある話ではありますけれども(笑)。

それにしても、こういう巨大怪獣やら巨大ヒーローやらが登場する構図の絵って、描くのは非常に愉しいのではありますが、それなりに時間がかかっちゃうんですよねぇ。
管理人にも時間が無限にある訳では無いのでありますよって、もっと1時間くらいでちゃちゃっと怪獣絵が描けるようにならないものでしょうか(無理を言い出す)。


【関連記事】
『ウルトラマンX』の第1話がすごくすごかった話
日本の「ミニチュア特撮」の魅力とは?
10年ぶりの怪獣戦、いかに描写されれるのか?

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2015/09/16 20:49|落描き的なアレTB:0CM:0

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.