管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

01  05  12  10  08  06  04  02  01  12  11  09  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

祝! 開設5周年! 

10月に入りました。もう今年もあと4分の1しか無いと思うと、暗澹たる気分になってきますねぇ・・・。

そういう訳でございまして、10月に突入と同時に当ブログ【怪獣の溜息】はめでたく5周年を迎える事になる訳でございますよ!

「怪獣の溜息」5周年

大学1年の時、友人の三単元にそそのかされてぴよの秘密基地」という名前で始まった当ブログもいよいよもって5周年という訳でありますが、なかなかに息の長いブログになったんじゃなかろうかと思うところでございますが、さてはて。
しかしまぁこの5年間の間に色々な事がありました。長かったような気もしますし、あっという間だったような気もします。

5周年という事で一つの節目を迎えた感もありますが、これまで通りのんびりとやっていければなぁと思っておりますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。


【追記】
・・・とは言え、最近FC2そのものがなにやらアヤシイ雲行きになってきておりますので、場合によってはブログを引越しする、という可能性も出てまいりました。う~む、折角5周年を迎えたというのに。
まぁ、その時はその時でまた考えれば良いですかね。取り敢えず記事のバックアップをとったりする等して万が一の場合が来ても大丈夫なようにしときますか。


web拍手 by FC2
スポンサーサイト



2014/10/01 21:19|記念等TB:0CM:5

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.