管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

第二次大戦メカ(をモチーフにした)作品のヒットに関するよしなごと 

不思議な気分になります。
旧帝国海軍の艦艇の名前が、今日の日本サブカル界隈でフツーに連呼されている現状を見ると。
何故そのような現状となったのかというと、言うまでもなく角川ゲームスがDMM.com上でサービス展開しているブラウザゲーム「艦隊これくしょん -艦これ-」の大ヒット以外に有り会えない訳でございますが(笑)。
しかしこのコンテンツも角川か!『ストライクウィチーズ』『ガールズ&パンツァー』『艦隊これくしょん -艦これ-』で、とうとう陸海空を制覇したな角川!その気になったらコラボ企画をやる事もできるぞ角川!一人勝ちだぞ角川!
ついでに島田フミカネ先生も陸海空を制覇だぞ!

去年の今頃はまだ、綾波と言えば綾波レイ、長門と言えば長門有希の事であった訳でありますが、現在ではそれぞれ、駆逐艦綾波、戦艦長門、な訳であります。
いや、それはそれで寧ろ20年前の認識に戻っただけと言えるのかも知れませんが、それら艦艇の名前から発想されるのは鋼鉄の武装を身に纏ったメカ少女という、なんというか、戦争は変わった感が何とも否めない訳でございますよ(笑)。
ついこの間まで軍艦なんかに興味も無かった友人やら後輩やらが、「島風!島風!」「龍田!龍田!」「酸素魚雷!酸素魚雷!」と言っているのを見ると、やっぱり不思議な気分にならざるを得ない訳でございますよ。

管理人は特段ミリタリーマニアという訳では無いのですが、軍艦・戦車マニアの祖父の影響で幼少期から色々とソッチ系の本やらビデオやらを自然と読んだり観たりしてきておりまして、半ば必然的にそこそこ兵器やら戦史やらに詳しくなってしまった訳でありまして、加えて特撮関連から派生して古今東西様々な戦争映画を観たりしている訳でございまして、事実上いわゆる「ミリオタ」の領域に片足突っ込んでいる状態にあると言う事が出来る訳でございます。
専ら架空戦記とか特撮戦争映画とかを観たり読んだりしているので、ギリギリ「ミリオタ」の範疇にはならないようではありますが。
ミリタリーの世界も特撮の世界と同等かそれ以上に深く暗くドロドロしたアレだと聞いておりますが、色々な雑誌やらインターネット上での書き込みなんかを見るとまぁ、そうなんだろうなぁというのはよく伝わってきます。
そういった方々は『スト魔女』やら『ガルパン』やら『艦これ』が人気を博している現状を見て、どう思っているのかなぁ、というのが素朴な疑問だったりする訳であります。
管理人のような「ハンパ者」からすれば、映像作品上で第二次大戦前後の戦車や戦闘艦、軍用機が大活躍するのを観れて素直に嬉しかったりするだけでありまして、管理人の祖父も
お前らは(映像作品で精密に再現された動く兵器を手軽に観れて)ええな
等と言っている訳ではありますが、皆が皆こういう感じでは無いんだろうなぁとは思います。
まぁ、諸意見はあれど、「ミリタリーファン界隈が活気付くのは歓迎すべきである」という方向が大勢を占めているようでありますかね。

兵器というのは戦闘行為に使用される目的の為に造られた訳でありまして、言ってしまえば人殺しの道具であります。
第二次世界大戦で実戦に投入された実在兵器を扱うという事はは、それらの兵器によって実際に戦地で亡くなった方が居る訳でありますから、例えそれが創作作品上であっても(フィクションの世界だからこそ)「人殺し」を描くというのは非常にデリケートな問題であると言える訳です。
上記の『スト魔女』にせよ、『ガルパン』にせよ、『艦これ』にせよ、兵器を人殺しに使うのではなく、「人類共通の敵に向けて」であったり、「スポーツとして」という立ち位置になったりしておりまして、「」というモノから極力遠ざける方向性が採られております。特に『ガルパン』では徹底的かつ非常に丁寧に「」、「負傷」を排除する作劇が為されておりました。
管理人はこういった「」の排除を行い、純粋にキャラクターやメカの魅力を描いていくという作劇というのが実に良かったと思っておる訳でございますが、
実在の兵器を取り扱っていながら人の死というモノを描かないというのはどうなのか?
という、「死の排除」の是非を問う向きの意見も無い訳ではありません。
まぁ、分からなくもありませんが、しかしながら、肩の力を抜いて観たいよなぁと、管理人は思いますかね。
第一、そういう描写を入れたり、敵味方両方人間にしたり、実在の国を出した途端、左右思想が入り乱れて殺伐とした作品界隈が構築されてしまうでしょうし、下手したらアニメに留まらず国際問題になってしまう可能性もあるかも知れない訳でございます。
そうでなくとも既に某国の新聞が「日本の右傾化を促進させるアニメが~」とか書いたり、国内でもこういった第二次大戦兵器を扱ったアニメ作品がヒットする理由を「若者の右傾化」という論調で断じる向きもあったりする訳で、色々と頭が痛くなってきている現状がある訳ですので・・・。
スト魔女』、『ガルパン』のヒットは、純粋に制作側の熱意と王道展開とキャラ萌えが理由でしょうし、『艦これ』のヒットは純粋にゲームシステムの良さと、無課金でも課金ユーザーとの差がそこまで無いというのと、キャラ萌えと二次創作の作りやすさが理由だと思うのですが。
そもそも、本当に右傾化しているのであれば「艦艇を美少女にするなど、軍隊に対する冒涜である!」みたいな論調が主流になっていなければならないような気がするんですけれども。

そもそも、今の日本人、特に管理人達のような世代の人は、
何故、日本は戦争をしたのか?しなければならなかったのか?
何故、日本は負けたのか?
といった事に非常に無頓着のような気がします。
管理人が義務教育の間で受けてきた日本史は、自虐史観的な歴史教育と言うより、「臭いモノには蓋をしろ」的なモノだったように思うんですよね。
明治維新以降の歴史はかなり駆け足で学習していましたし、日清・日露戦争などはどっちが先なのかもあやふやでしたし、太平洋戦争前後は単元に入ったと思ったら物凄い速さで終了していました。
後から思うと、本当に「臭い物には蓋」という表現がピッタリだったよなぁと、思ってなりません。今でも、管理人の中で、「戦前の日本は悪、戦後の日本は正義」みたいな印象がどこかにありますもん。教育とは恐ろしいものであると痛感せざるを得ません。
だからなのか、「日本の右傾化が」なんていうのを見たりすると、割とホイホイ「そうなのかも知れない」なんて思っちゃうような人が少なくないような気がするんですよね。管理人の周囲にも、そういうのがチラホラ居る訳でありますよって・・・。
否、管理人もアニメやら特撮やら軍事関連の界隈に足を突っ込んでいなければそういう風になっていたのかも知れません。

翻って現在のネット世論の中に於いては、右寄りの思想が席巻している感があります。
臭い物には蓋」教育や、左派系マスコミからの反動である、という事が言えるように思いますが、しかしながら一方で、「ただ単にネット上での世論誘導に乗っかっているだけ」というような人もそこそこの数居るんじゃなかろうかと、管理人は思っている訳であります。
色々と話を聞いたり論議をしてみたりすると、知識ではなく感情だけで右寄りな発言やら行動をとっているだけじゃないのか、という人は少なくありませんでした。

両極端なんだと思うんですよね、そのあたりのトコロが。
折角現代は情報が溢れているんだから、書籍でもネットでも駆使して色々と情報なり知識なりを仕入れて、それから右なり左なりの思想を獲得するに至ってはどうかと、管理人は思う訳でございます。
そのあたりの取っ掛りとしての『スト魔女』や『ガルパン』、『艦これ』といった作品、という視点も、或いはあるのかも知れません。

まぁ、管理人なんかは、自衛隊がよその国と戦うような状況なんかよりもゴジラと戦っていてくれた方が良いと思っていますし、『艦これ』みたいなゲームが登場し、大ヒットしているというのは、日本が非常に平和なのであるという事に他ならないと思うのであります。
管理人の親族にも、旧帝国海軍関係者が居た訳でありまして、『艦これ』に実装されている艦娘の元となった艦に乗っていた人も居ますし、現在靖国神社に祀られている人も居ます(祖父がミリタリーマニアの道に足を踏み込んだのはそのあたりに理由があるのかも知れません)。
そういったご先祖に、
貴方が乗っていた艦が美少女になって皆に愛でられているくらい、今の日本は平和です
と、報告出来る現在というのは、本当に幸せな世の中だと思うのです。
願わくば、この平和が恒久的に続いていきますように・・・。

そういう訳で、『ストライクウィッチーズ』が3期とOVA展開し、『ガールズ&パンツァー』がOVA及び劇場版展開し、『艦隊これくしょん -艦これ-』がアニメ展開をするというこの2014年の幕開けに、ちょっと書いてみた記事と相成ったのでありました。

・・・なんだか柄になく社会派な記事になっちゃいましたなぁ。


【関連記事】
メカ少女のこれまでと『ガールズ&パンツァー』と第二次大戦メカの展望
終末SF特撮映画 『世界大戦争』

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2014/01/13 08:33|アニメ関連雑記TB:0CM:7

『戦姫絶唱シンフォギア』とはッ!! 

『戦姫絶唱シンフォギア』とはッ!!
燃えて萌える事が出来る戦闘美少女アニメであるッッ!
以上ッ!


・・・流石にぶっ飛ばしすぎました。
そういう訳でございまして、本日は、前々より書きたい書きたいと思っておりました、TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギア』についてのお話であります。

少女の歌には、血が流れている。JPG

戦姫絶唱シンフォギア』(以下、『一期)は、2012年の秋アニメとして全13話が放送されたアニメでありまして、その続編として、2013年の夏アニメとして『戦姫絶唱シンフォギアG』(以下、『G)が、やはり全13話で放送されました。
・・・この作品、「制作者がやりたいようにやった結果創り出されてしまった作品であるッ!」という事が出来るかと思います。こういった趣のTVアニメは毎年必ずは出てくる訳ではありますが、この作品に関して言えば「とことんまでやりきった」というのに相応しい作品だったのではないかと思います。やはり、制作者が全力を以て創る作品というのは観ていて気持ちが良いものであります。
まぁ、それがヒットにつながるかどうかというのはまた別のお話だったりするのではありますが・・・。

そういった性格を持っている訳でございますので、この作品の評価は真ッ二つに分かれております。
素晴らしい作品だッ!
というモノか、
いや、ネタアニメだろ・・・
というモノかの二つに一つです。結果としてこの『戦姫絶唱シンフォギア』という作品は、管理人のような一部のカルト的なファン人気を誇るアニメという位置付けになってきているようではありますが・・・。
2012年初夏、『一期』の放送が開始されると物凄い反響だった訳でありますよ。主に、「とんでもねぇネタアニメが始まりやがった」的な。管理人の友人に至っては「もはやギャグアニメの領域」等と言っておりまして、イロイロな所で喧々諤々とされていたような、そうでもないような気がします。
まぁ、「ネタアニメ症候群」の記事(下記【関連記事】参照。)にチラっと書きましたように、その理由も分からんでも無いんですけどね。
しかしッ!管理人は声を大にして叫びたいッ!!
このアニメは素晴らしい作品だッ!!

もう『一期』の第一話からドハマりしてしまいましたよ。管理人がハマってしまった要素は、大体以下のような感じなのでありますが。

①熱いッ!
もうひたすらひたすらひたすらにな直球の超王道展開ッ!寧ろ熱いを通り越して暑苦しいッ!
その王道展開たるや、今時のアニメでやられたらもう恥ずかしくなるレベルに達していたように思います。よくある似非熱血とか、いわゆる「燃えアニメ」を意識したような創りでは無く、今時珍しい、恐らく天然物であると管理人は確信しております。
作品のメインテーマは、「人類の相互理解」!王道だッ!王道が爆発しすぎてるッ!
こんなアニメ、10年代に突入した今のアニメじゃ観れねぇと思っていたようなシナリオを真ッ向からぶつけてきたアニメ、それが、『戦姫絶唱シンフォギア』という作品だったのであります。

②むせ返るような昭和特撮ヒーロー番組臭
この作品、いろんな人から事あるごとに「超展開超展開」と言われたりしておりますが、確かに、1話にかなり詰め込んでくるタイプの作劇であったと思います。
詰め込み作劇というと色々と語弊はあるとは思いますが、分かりやすく言えば「昭和特撮ヒーロー番組のノリ」でございますよ(笑)。
昭和特撮ヒーロー番組は、30分という尺の中に、「OP」「ヒーローの日常」、「事件発生」、「ヒーローの事件遭遇」、「謎解き・事件関与」、「変身」「怪人との戦闘」、「勝利」、「エピローグ」、「ED・次回予告」をぶち込まなければならない、超過密スケジュール作劇の上で成り立っておりました。
今現在、安定してこのような過密スケジュール作劇を見る事が出来るのは東映の『スーパー戦隊シリーズ』ぐらいなものではないでしょうか?それでも、昭和のヒーロー作品群よりもかなり緩和されている感はありますが。
超過密スケジュール作劇最強は、東映の特撮ヒーロー番組『快傑ズバット』の最終2話だと管理人は思うのでございますが、『戦姫絶唱シンフォギア』では、このズバット』の最終2話もかくやという程の超過密スケジュール作劇を、あろうことか第一話に持ってきてしまったのでございますよ!これには流石に度肝抜かれちゃいました。
第一話だけならまだしも、(第一話程では無いにせよ)第二話以降最終話付近まではかなりの過密スケジュール作劇が行われまして、幼少期から昭和特撮ヒーロー作品を観てきた管理人にとって『戦姫絶唱シンフォギア』はもう否応なしに「昭和の特撮ヒーロー番組」を想起せざるを得ないアニメだった訳であります。
・・・他にも、『G』では主人公がマフラーを巻いていたり、飛び蹴りの体勢が完全にライダーキックだったり、SAKIMORIライダーだったり、色々と昭和特撮ヒーローを彷彿とさせるガジェットは作中にこれでもかと散りばめられておりました。

③劇中歌が熱いッ!!
この作品、原作者の一人が作曲家・音楽プロデューサーであり、製作委員会の筆頭としてキングレコードの社名が入っていたりしている訳でありまして、いわゆる「キャラソン」に力が入れられております。
色々あった結果として、メカの鎧を纏った少女達が唄いながら敵と戦うという、なんだか物凄い絵面のアニメとなってしまった訳ではございますが、その点はもう見事と言わざるを得ない訳でございまして、管理人などはもう気が付けば観ながら一緒に唄っているというようなコトになっておった訳であります。
これまで「一緒に唄いたくなるアニメ」と言えば、『マクロス7』だけであり、今後増えるなどとは思いもよりませんでしたよって、「嗚呼、アニメ好きを続けてて良かったなぁ」等と感慨深く思ったりもした訳でございます。
兎にも角にも、OP・ED曲含め、劇中歌はどれもここ最近聴いてきたアニメソングの中でも随一のモノであると管理人は感じておりまして、キャラの心情をぶつけるような歌詞や、キャラの特徴を的確に映し出した曲調は、管理人の心を鷲掴みにしたままなかなか離してはくれません。
そんな感じで、ここ最近ではめっきり買わなくなってしまっていたCDを久しぶりに(それも大量に)買ってしまうという事にも繋がってしまった訳でございますよ。
まんまとキングレコードの掌で踊っているような感じになってしまいましたが、それは、まぁ、ウン。

大体上記3項目ですかね、管理人が『戦姫絶唱シンフォギア』にドハマりしてしまった要因は。
管理人などはこの作品を「ネタアニメ」だとか「ギャグアニメ」だとかとは思っておらず、本気で「10年に1本の作品だ」とか思っている訳でございますが、でもまぁ、世間一般では必ずしもそうではなく、寧ろ主流は「ネタアニメとして愉しむ」とか、そういう方向性のようではあります。
まぁ、確かに、予算の関係から本当の意味での作画崩壊を起こしてしまった作品(歩いているのに飛び跳ねているように見えたり、水平線が斜め上に向かって伸びていたり・・・。映像ソフト版ではキチンと修正されていますが。)であり、全体通して作画の水準もそこまで高いとは言い難い作品でもあります。
また、その独特の台詞回しも、「ネタアニメ」の烙印を押されてしまう要因なのかなぁ、と、思います。後はOTONAだったりNINJAだったり。主要美少女を差し置いて、普段は後方に構えている司令官のおっさんがラスボスより強いアニメも、そうそうありますまいて(笑)。
しかし、管理人にとってはそれらももはや作品をより盛り立てる要素として認識しちゃっておりますよって、見事にカルト的ファンの業の中を突っ走っているような気が致します。
自分自身に「オイオイ」と思いつつ、「まぁ、良いか」とも思いつつ。

今後、少しでも多くの「適合者」が増えればなぁと、切に思っております。
第三期制作の発表もあったし、これからですよ、これから!
取り敢えず、未見の方で当記事を読んで少しでも興味が沸いたら、『戦姫絶唱シンフォギア』の第一話「EPISODE1 覚醒の鼓動」を、是非ご覧下さい(布教)!ニコニコ動画なら有料公式配信中でありますし、バンダイチャンネルでも近々配信予定のようです。そうでなくともBD・DVDがレンタル店に置いてあるでしょうし。
1話で合わなければそれ以降も合わないですし、1話で合えばそれ以降行くところまで行ってしまう、この作品はそんな作品でありますのでッ!


【関連記事】
ネタアニメ症候群
「作画のクオリティバブル」についてのお話


【関連動画】


【関連商品】

戦姫絶唱シンフォギア 1(初回限定版) [Blu-ray]戦姫絶唱シンフォギア 1(初回限定版) [Blu-ray]
(2012/03/28)
水樹奈々、高山みなみ 他

商品詳細を見る


戦姫絶唱シンフォギアG 1(期間限定版) [Blu-ray]戦姫絶唱シンフォギアG 1(期間限定版) [Blu-ray]
(2013/10/02)
悠木碧、水樹奈々 他

商品詳細を見る


戦姫絶唱シンフォギア キャラクターソング1 ツヴァイウィング戦姫絶唱シンフォギア キャラクターソング1 ツヴァイウィング
(2012/01/25)
ツヴァイウィング、風鳴翼(cv:水樹奈々) 他

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2014/01/07 20:38|SFアニメTB:0CM:2

新年の御挨拶 

謹んで新年のお慶びを申し上げます!

新年、あけましておめでとうございます!

いよいよもって2014年が始まってしまいました。さぁ、今年はどのような一年となるのでありましょうか。
不安半分、期待半分、今年も突っ走っていきたいと、思う次第であります。
今年は午年でございますので、管理人ら1990年生まれの人は年男・年女という事に相成る訳でございますね。

兎にも角にも、今年も宜しくお願い致します!

web拍手 by FC2
2014/01/01 00:01|記念イラストTB:0CM:3

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.