管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ネタアニメ症候群 

公私共に最近は慣れない事、初めての事のオンパレードであり、大変ではありますがそれでも愉しく管理人は暮らしおります。
惜しむらくはブログを更新する時間、漫画や絵を描く時間があまり取れないという点でありますかね。まぁ、これは慣れればなんとか捻出する事が出来そうなので、追い追い・・・。暫くは様子見で、こうやって週一ブログ更新というカタチになると思いますが、果たして。
これが管理人の明るい未来に続いていくと信じて・・・。
・・・と、まぁ、管理人のどうでも良い近況報告は置いておくと致しまして、本日は「ネタアニメ」というモノについて、少し考えてみたいと思います。

ネタアニメ」・・・。
最近、ネット界隈や現実世界に於いてもやたらめったら様々なアニメ作品が「ネタアニメ」認定されていっているように感じてなりません。
いや、そもそも「ネタアニメ」とは一体何なのか?概念そのものもこれまた物凄く曖昧なモノであると、管理人は思わざるを得ない訳です。
まずは現状を考える前に、「ネタアニメ」そのものについて簡単に考えてみましょう。

管理人の認識している「ネタアニメ」とは、以下の二点を兼ね備えており、作品の存在そのものがネタとしか思えないような作品の事です。
・明らかにおかしい物語展開
・作画ミスの頻発

管理人が認識する中で「ネタアニメ」と呼ぶアニメは、一本しかありません。
そうです。最近一部界隈では「オシャレアニメ」とも称されている狂気のアニメ『チャージマン研!』(下記【関連記事】参照。)くらいでありますね。これ以外の作品で上記2条件を満たす「ネタアニメ」は、そうそうありませんよ。・・・あ、『星の子ポロン』があったか・・・。
因みに、同様の狂気を秘めた特撮界隈の作品としては、特撮怪獣(という範疇に入れて良いものやら・・・。)作品『クレクレタコラ』がありますかね。これは「ネタ特撮」と呼んでも差し支えないのではないでしょうか(笑)。
兎に角、「ネタアニメ」と言われる作品には、それ相応の狂気が無ければならないと管理人は思うのであります。

然るに、現在に於いては、様々な作品が「ネタアニメ」認定されていっている、実に哀しい、不毛な事態となっているように思います。そうそう今のアニメに狂気的な作品は出てこないというのに・・・。
具体的な例を挙げていきましょう。

戦姫絶唱シンフォギア』というアニメがあります。
先日二期である『戦姫絶唱シンフォギアG』が最終回を迎えたのでありますが、この作品は近年最も「ネタアニメ認定」を受けてしまった作品では無いでしょうか。
管理人はこのアニメが大好きなのですが(この作品に関しては近日記事を書きたいと思います。)、戦闘中にキャラが急に唄い出す等の作品の性格上、どうしても「ネタアニメ」と呼ばれてしまう事が多くなってしまっているようであります。

革命機ヴァルヴレイヴ』というアニメがあります。
間もなく二期が始まるこの作品でありますが、この作品も「ネタアニメ認定」が激しい作品でありますね。
確かに、登場人物が最悪の方向へ最悪の方向へ向かっていく作劇は、現在の「優等生」なキャラが揃ったアニメが多い事から「ネタアニメ」と呼ばれてしまう事が多いように思います。

ガールズ&パンツァー』というアニメがあります。
機動戦士ガンダムAGE』というアニメがあります。
機動警察パトレイバー』というアニメがあります。
人造昆虫 カブトボーグ V×V』というアニメがあります。
ストライクウィッチーズ』というアニメがあります。
創聖のアクエリオン』というアニメがあります。
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』というアニメがあります。
トップをねらえ!』というアニメがあります。
超時空要塞マクロス』というアニメが・・・
マクロス7』というア
・・・・・
・・・・
・・・
・・

これらの作品は、色々な所で「ネタアニメ認定」されたアニメです。まだまだ沢山あるのですが、管理人はこの「ネタアニメ認定」した奴らに言いたい。
いい加減にしろッ!
これらのアニメのどこが「ネタアニメ」なんだよ!?
いや確かにそう呼ばれる要因は各作品それぞれに色々あるだろうけど、でも圧倒的に足りないだろ、狂気が!

・・・管理人は思うのです。「好きな作品を【ネタアニメ】認定しなければ愉しめない時代が来たのか」と。
近年は、インターネットの発達に伴い、ネット上の様々な場所で、新旧問わず気軽に様々なアニメを観る事が出来るようになりました。そして、それらのアニメを語らう場所も多くなり、それらの意見や感想をまとめるようなサイトも沢山出来ました。
しかしながらいわゆる「まとめサイト」は感想や意見に偏りが出かねない非常に危い構造になっており、それらを見たり読んだりした人が流されてしまいがち、というのが現状であります。
特に近年のアニメは1クールごとの非常に速い入れ替わりでありますから、一作一作についてあまり考える事無く流れるように観るというのが、現在のアニメファンの視聴スタイルのスタンダードであると言えるでしょう。この事が余計にネットを利用するアニメファンの「流されやすさ」に拍車をかけているように思います(この傾向は、特に若いアニメファンによく見られるような気がします。管理人の後輩や弟やその友人等、管理人の周囲の人間がサンプルケースなのですが・・・)。
その結果として、「大勢に叩かれているように見える」作品であるとか、「皆が嫌っているように見える」作品といったものが、ネット利用者の間である種の共通認識となってしまっているようなフシがあるんですよね。だから、『シンフォギア』が、『ヴァルヴレイヴ』が、色々な所で大勢に叩かれているように「見える」んですよね。
それを見て流されてしまったアニメファンが、
えっ、俺の好きなこの作品、皆に叩かれているの・・・?
となり、大勢に同調する形で、
まぁ、『ヴァルヴレイヴ』はネタアニメとして好き
といった感じで、「ネタアニメとして」という枕詞をつける事によって自分の「好き」を表現しているという現状があるのではないかと考える次第でございますよ。

別に、好きな作品は好きだと、声高らかに叫んでも良いと、管理人は思うんですけどね。「ネタアニメとして楽しむ」って、それはとても歪な事なのではないかと思うのです。
シンフォギア』で超展開、ネタアニメなんて言ってたら、特撮ヒーロー作品『快傑ズバット』とかを観たら死んじゃうんじゃないですかね。
まぁ、それはともかくと致しまして、こういった現状の中でやたらめったら「ネタアニメネタアニメ」とうわごとのように言う現象の事を管理人は勝手に「ネタアニメ症候群」と呼んでおります。
別にそんな「ネタアニメ症候群」なんかにならなくても良いじゃないか!流されず、もっと自分の「好き」に素直になろうぜと、管理人は思って止みません。


【関連記事】
『チャージマン研!』についてのお話
「作画のクオリティバブル」についてのお話
ネットの世論形成についてのお話
「にわかオタクを教育するべき」
本当の意味で「好き」と言えるようになろうよ!
理由症候群
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2013/09/29 11:02|アニメ関連雑記TB:0CM:4

14年の軌跡 

最近、「昔の絵を公開する」というのが一部界隈で流行している[要出典]ので、管理人もそれに便乗しようと思います。
しかし、14年分っすか。よく俺も昔の自由帳とか捨てずに持ってるなぁ、という感じですかね。

と、いう事でドーン!

小学三年生の頃の漫画

この漫画は小学3年生の頃から4年生の頃まで描いていた『モンスターハンター』なる漫画。「THE小学生の落書き」とでも言うべきような絵が微笑ましいですね。
内容は、RPG風世界でモンスターハント稼業を行っている主人公の悲喜交々を描いたものでした。
読み返してみると最後の方は全くモンスターをハントせず主人公らがなんか「王国のなんでも屋」みたいな事をやってる漫画になってた・・・。

小学5年生頃の漫画

5年生の頃に描いていた『地球最終戦争』というSFな感じの漫画です。
結局主人公達の努力虚しく人類は絶滅してしまうという鬱エンドでした。それまでギャグばかり描いていた反動だったんでしょうか。
この頃から大学ノートに描くようになっていますね。

小学6年生頃の漫画

でも6年生の頃にはやっぱりギャグを量産するようになっています。なんだよ、絶対領域波って・・・。
この頃、修学旅行漫画も1ヶ月くらいかけて描いてます。

中学1~2年頃の漫画

エヴァの影響をモロに受けていた中学2年の頃の漫画『拾弐使獣』。
全12話かけて世界中のいろいろな神様や仏様が怪獣を人類への警鐘として送り込むという、考えてみたらイロイロ滅茶苦茶な漫画でした。

中3頃の漫画

うわぁ、中3の頃の恋愛漫画だッ!
初恋の人と十数年後に再開するという内容の『一人ぼっちの夕暮れに』。
今読むと凄く恥ずかしいです、これ。
この頃、大学ノートだけではなく原稿用紙にも描き始めていたのですが、全部処分してしまったようです。ある意味、勿体無い事をしました。

高校1年頃の漫画

わぁい怪獣!とびさく怪獣大好き!
高校入学記念という事で描いた『怪獣地獄絵図』というギャグ漫画。
怪獣が巨大ヒーロー十数人にタコ殴りにされるという酷い漫画です。

高校2年頃の漫画

唯一残っている原稿に描いた大学以前の頃の『スラッガー』という漫画。
管理人には珍しいシリアスな能力バトルモノでした。

高校3年生頃のネーム

ハタヤマゴン』という怪獣漫画のネームです。
もうこの時期は大学ノートでは無く原稿に描いて行っていましたね。
これ以降大学ノートには専らネームを描いていく事になります。


これ以降は当ブログに掲載されている漫画になります。

06

大学1年の頃の漫画。正直忘れたい。

04

大学2年の頃の漫画。正直忘れたい。

遥007

大学3年の頃の漫画。「宗教くさい」、「学習まんがみたい」という声多数。

弦009

大学4年の頃の漫画。メカと怪獣だけの漫画。

大皇09

ついこのあいだ描いた漫画。『パシフィック・リム』便乗漫画以上でも以下でもない。

・・・と、まぁ、こんな感じでやってきた訳でございますが、いかがでしたでしょうか。
なんかまるで成長していないような気がするのですが、まぁ、これからも漫画を描き続けていきたいと思います。


こいつらが「自分達も出せ!」と言ってきたので……。
キミ達と遊びたいのも山々なんだけどね・・・。


【関連記事】
俺は何故漫画を描くのか?
web拍手 by FC2
2013/09/22 23:59|漫画関連雑記TB:0CM:6

俺は何故漫画を描くのか? 

11時間徹夜敢行一人カラオケとかいうおバカな事をやらかしたりもしておりますが、管理人はどうにかそれなりに愉しく生きております。
そんな感じで愉快な日常生活なのでございますが、先日ひょんなことから管理人が漫画を描いている事を知ったとある方から、こんな事を言われました。
飛削さんはなんで漫画を描いてるんですか?
管理人は(今のところは)プロの漫画家になる予定は無く、余暇の時間に趣味として漫画を描いていくという漫画人生を歩んで行こうと考えておる訳でございますが、どうもハタから見たらこれは奇妙に見えるようです。

どうも世間一般の人から見ると、「漫画を描いている=漫画家を目指している」と見られるみたいです。
実際はそうでも無く、サラリーマンやりながら趣味として漫画描いたり同人誌出したりしている人も少なくない訳でありますしなぁ・・・。
オタクがどうのとか同人誌がどうのとか、色々と取り上げられる事も少なくは無い昨今とは言え、「趣味で漫画を描く」というのはまだまだ奇異の目で見られる世の中である、という事なんでしょうかね。
・・・まぁ、人から何と言われようと管理人は趣味として漫画を描いていこうと考えるところではありますが。
しかししかし。
何故、漫画を描いているのか?
この問いに、管理人は明確な答えを打ち出す事は出来ませんでした。
いやまぁ、それは一言で申しますと、「漫画を描いている生活が当たり前だから」としか言いようが無いのでありますが、しかしこれを一つの機会とし、本日は「管理人は何故、漫画を描いているのか?」という事についてちょいと考えてみようと思う次第でございます。

別に管理人は漫画を描くのが好きという訳では無いんですよね。
1頁に何時間もかかるし、描いても描いても終わりは来ないし、思うように話は出来ないし、キャラは勝手に動くし、おまけに思い通りの絵も描けない。
管理人の漫画はいつも妥協と諦めの産物でありますよ。なんだか、漫画を描けば描くほど自分が情けなくなってくるような、そんな気さえします。
それでも漫画を描き続けるのは何故なのか?

いつか当ブログでも書きましたように、管理人が漫画を描き始めたのは小学三年生の頃でありました。
きっかけは、TVか何かでやっていた「手塚治虫は小学生の頃から漫画を描いていた」という話を聞いた事のようです。「ほんじゃあ、僕も描いてみるか!」と、本当に軽い気持ちで四コマ漫画を描き始めたような記憶がありますね。それがいけなかった!
別にその時漫画家になりたいとかそういう気持ちはありませんでしたし、ただただ純粋に自分の描いたキャラが喋って動いて話が進んでいく事に愉しみを感じていました。
そうして、父の持っていた漫画の描き方本(下記【関連商品】参照)なんかを参考にしつつ自由帳に四コマ漫画と10~20頁くらいのストーリー漫画を描いていき、同じクラスの面々に読んでもらっていたりしていたような記憶があります。
管理人が描いていた影響で、クラスメイトらも漫画を描いたりしていたのですが、最後まで漫画を描き続けたのは結局管理人だけでした。
その結果として、クラス新聞の修学旅行漫画の制作を描く事になったりもした訳ですが(笑)。
・・・因みに、漫画を描くのに飽きたクラスメイトらは、次はオリジナルのカードゲームを作成する遊びに移行していきました。勿論管理人も自作の漫画のキャラでカードを作ったりしていった訳ですが、次第に皆は公平性に欠ける「最強カード」をどんどん作っていき、自作カードブーム末期にはゲームバランスは完全に崩壊しておりました(笑)。友人の最強のカードに敗れ去っていく管理人の漫画のキャラが不憫で不憫で・・・。

小学生時代を回想していると「うおお!あの頃に戻りてぇッ!」というノスタルジーに駆られる訳ですが、中学に入っても小学生の頃からと同様、休み時間に漫画を描き続ける毎日でありましたね。
水泳部に入って甘じょっぱい思い出があったりしつつも、漫画の方はいよいよ漫画用原稿に本格的に描く、という暴挙行動に出た訳です。
その頃になるとちょっと難しい話に挑戦しようとかいうような欲も出て来まして、色々と本を読んだり映画を観たりもしはじめました。その過程でアニメにも手を出してしまって今のアニメファン街道まっしぐらに続く訳ですが・・・。
この頃でしたかね、「プロの漫画家」というのを意識したのは。
まぁ、多分いわゆる中二病ってヤツです。以前インターネットラジオ「タイトル未定」で「俺は中二病にかかった時期が無い!」等と言っちゃいましたが、ごめんなさい、中二病にかかっていましたッ!

・・・まぁ、その後あんまり思い出したく無い恥ずかしい経験もあり、色々挫折したりもして、プロになるのは諦めた訳ですが、それでも漫画を描きながら高校・大学と、学生生活を送ってきた訳であります。
特に大学で漫画を描いて、こうやってブログでその漫画を公開したりしていると、やっぱり「プロになるのは諦めたけど、趣味として漫画を続けていこう」という気持ちが強くなりましたかね。
・・・でも、自分で選んだ道なので別に「羨ましい」とかそういう気持ちは無いのですが、プロの漫画家を目指している大学のサークルで一緒だった同学年の友人らを見ると、やっぱり輝いて見えるんですよねぇ。

そういった訳で、いつの間にか管理人にとって漫画を描くというのは「当たり前」な事になってしまっていて、「趣味」というよりも寧ろ「生活の一部」と化してしまっているような気もします。
もう漫画の無い生活なんていうのはなかなか考え難く、漫画を描かなくなったら管理人のアイデンティティはたちまちのうちに崩潰し、精神に異常を来しててしまう事でありましょう(・・・そこまでかな?)。
だからこそ、描くのが苦しくとも、大変であっても、管理人は漫画を描き続ける訳でございます。それが、管理人が漫画を描く理由、という事になるんですかね。

そう言う訳で、管理人はこれからも漫画を描き続けていきたいと考える次第であります。
今の大きな目標は、「商業誌に載っている漫画とも遜色のないクオリティ」ですかね。
小さな目標は、「おねショタ漫画の完成」ですね。今はまだインプット&絵の練習の時期ですので、実制作に取り掛かるのはもう少し先の予定です。
まぁ、趣味でやっていくので、気長にのんびりどっしり構えてやっていこうと思う所存であります。


【関連記事】
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第06回放送

【関連商品】

石ノ森章太郎のマンガ家入門 (秋田文庫)石ノ森章太郎のマンガ家入門 (秋田文庫)
(1998/09)
石ノ森 章太郎

商品詳細を見る

↑復刻文庫版では無く、原本でした。
この本以外にも「漫画の描き方本」は何冊かありましたので、ひょっとしたら管理人の親父も子供の頃は漫画少年だったのかも知れません。
今は鉄道ファンですが。


web拍手 by FC2
2013/09/15 23:59|漫画関連雑記TB:0CM:8

描き直しましたっ! 

2020年の五輪開催地が東京に決まった本日でありますが、管理人はこの休日を利用して、以前からやりたいやりたいと思っていてなかなかやる時間が無かった、漫画『掛け値なしっ!』の最終頁の描き直しを行っておりました。
この漫画を描いて以降、いつの間にか当ブログの看板娘的ポジションになってしまっていた彼女をちょっくら描きなおしていた訳でございますよ。


びふぉー
宙メ17

あふたー
宙メ017

この漫画を描いてから約1年程経った訳ですが、まぁ、画力は上がっているのかなぁ、と。
もっともっと彼女を可愛く、魅力的に描いてやれるようになりたいものです。


【関連漫画】
掛け値なしっ!
↑差し替えときました。

web拍手 by FC2
2013/09/08 17:43|漫画制作雑記TB:0CM:6

「脱特撮」を推進したい! 

レッツおねショタ漫画!とかなんとかやっている間にどうやら今年もエンドレスエイトを抜け出せたようで、9月になってしまいました。今年ももう3分の2が終了してしまったという事でございまして、もう2013年も終盤に差し掛かってきているのかと、暗澹たる気分になりますね。
さて、結局管理人は8月の間に4回程『パシフィック・リム』を観に行きました。やっぱり何度観ても泣けるし熱くなれる、良い映画でございますよ!
で、まぁ、その関連で色々と思うところがありまして、この度管理人は「脱特撮」というモノを提唱すると共に、実行に移していこうかなと思うところでございます。

いえ、何も管理人は「特撮ファン」を辞めるというつもりはございません。これまで通り怪獣映画も観ていきますし、ヒーロー番組だって観ていきます。なにより、間もなく最終回を迎える『仮面ライダーウィザード』の完結を見届けずに、また、久々のTVウルトラである『ウルトラマンギンガ』を最後まで観ずに特撮ファンを辞めるなど、そんな選択肢は有り得ません。
じゃあ、「脱特撮」とは一体何なのだと、皆さんそう思われるでしょう。提唱する管理人にもまだキチンとその定義が定まってはおらんのですが、取り敢えず現時点で管理人が考える「脱特撮」とは次のようなモノであります。

「ジャンルとしての特撮」という概念を廃し、「特撮」を純粋に「特殊撮影」のみの意味を持つ単語とする。

現状の「特撮」という単語には、映像作品に用いられるSFX・VFXの総称としての「特殊撮影」の略称としての「特撮」と、「着ぐるみやスーツ、或いはミニチュアセットをメインに用いて撮影される怪獣やヒーローの登場する映像作品の1ジャンル」という2つの概念が並行して付けられていると思います(詳しくはこちらの記事を参照していただければ幸いであります)。
しかし現状の「特撮」の概念は、途轍もなく歪な構造になってきているように、管理人は思うのであります。
えっ、ゴジラって特撮なんですか!?」と言ったりする人も居る訳でありまして、もはや「特撮」とは「変身ヒーロー番組の総称」とされているようなフシもありますので、問題の根は相当深いと思うところでありますよ・・・。そして今回の『パシフィック・リム』の公開で、それをより一層感じました。
パシフィック・リム』は、VFXをメインに据えた大特撮映画でありました。しかし、多くの人は、そして「特撮ファン」とされる人も、『パシフィック・リム』を「特撮」とは見なさず、「日本の特撮やロボットアニメに影響を受けた映画」という認識をされたと言う事が出来るかと思います。
管理人はちょっと哀しくなりました。スーツ以外はVFXをメインに据えたヒーロー番組『トミカヒーローシリーズ』は「特撮」と呼び、同じくVFXをメインに据えているこの巨大ロボット&怪獣映画『パシフィック・リム』は「特撮」とは呼ばんのかお前ら、と・・・。
特殊撮影」という概念で言うと、どっちも「特撮」である筈なのに。

特撮」の概念が歪な事になってしまっているのは正にこの部分だと管理人は思う訳でありますよ。
特撮」=「特殊撮影」の意味で行くと、「特撮を使用している作品は全部特撮である」という事になってしまいます。
現在に於いてVFXを使用していない映像作品なんて存在しないでしょうし、医療モノの作品で多様される事も多い特殊メイクだってSFXの範疇になりますから、「特撮」になります。
じゃあ、『のだめカンタービレ』や『医龍』は特撮なのか?『水戸黄門』や『必殺仕事人』は?暴れん坊将軍』は仮面ライダーオーズと共演していましたが。アホみたいに爆破と破壊を繰り広げた『西部警察』は特撮なのか!?
特撮=特殊撮影」でいくと、「全部特撮である」と言い切れますし、某掲示板の該当板ではそれらの作品も特撮と見なされていたりいなかったりする訳ではあるんですけれども、しかし世間一般的にそれらの作品を「特撮か?」と問うと、大抵の場合は「違うんじゃない?」という答えが返ってくると思います。

もう現在では『ゴジラ』が制作された頃とは違い、「特殊撮影」はごく一般的にありふれた撮影技術(勿論、それらを扱うのに専門的な知識を必要とする事には変わりはありませんが。)になっている上、世間一般の「ジャンルとしての特撮」との乖離が激しくなってしまっているというのが現状であると管理人は思うのであります。
そんな現状でありますから、「じゃあそもそも【特撮】って何?」と聞かれた時に、サクっと答えられない人も多くなってしまったんですよね。
だったらいっその事「ジャンルとしての特撮」という概念を取っ払ってしまい、純粋に映像作品で使用される「特殊撮影技術」のみの意味を持つ語とした方が色々とスッキリして良いんじゃないかと管理人は思うところでございますよ。
じゃあ、【ジャンルとしての特撮】にあたる作品は、今後どう呼んでいけば良いの?」という疑問が出て来るかも知れませんが、しかしそこは「怪獣作品」とか「巨大ヒーロー作品」とか「実写ロボット作品」とか、そういうように新しく再ジャンル化して定着させれば良いだけの話だと思うんですよね。

そうすると「今度のハリウッドの大作は特撮が凄かったよな!CGとセットの見分けが全くつかなかった!」とか、「今年の大河ドラマは特撮に力が入ってるな!」とか、「新しいウルトラの特撮はイマイチだよな。まぁ、円谷も厳しいからなぁ・・・」とか、そういうように使っていけるようになり、非常に円滑な特撮談義が出来るようになる・・・と、管理人は思うのですが、いかがでしょうか?

因みに、当ブログでは世間一般で「特撮作品」とされる作品を極力「特撮」という大きな括りにせず「特撮怪獣映画」とか「特撮ヒーロー番組」とか「特撮SF映画」といった感じの表記にするよう心掛け、また、「ミニチュア」と「CG」のような二元論では無く、「両方特撮である」という考えの下記事を書いて参りました。
今後は現状の「ジャンルとしての特撮」と「技術としての特撮」、そして今回の「脱特撮」の兼ね合いを考え、ブログを運営していきたいと思います。提唱するだけでなく、まずは管理人から実践していきます!
広がると良いなぁ、「脱特撮」。


【関連記事】
特撮・哀 「日本特撮に関する調査報告書」発表
僕達はこんな怪獣映画を待っていた!『パシフィック・リム』

web拍手 by FC2
2013/09/01 09:17|特撮関連雑記TB:0CM:2

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.