管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『ヤマト』をJAMが唄うのか……。 

来る2013年4月、昨年春より随時劇場での先行上映が執り行われているアニメーション作品『宇宙戦艦ヤマト 2199』のTV放映がとうとう始まります。シリーズ第一作『宇宙戦艦ヤマト』のリメイクとして、『ヤマト』の新たなるファン獲得の為始まったこの航海もいよいよTV放映という事でございまして、管理人も非常に楽しみにしているところでございます。遂にここまで来たのだなぁ・・・。
この『ヤマト2199』でありますが、今までのところ文句無しに『ヤマト』としてもアニメーション作品としても良く出来ており、今の若いアニメファンも十分に愉しめる作品として仕上がっているように思います。後は、ちゃんと皆に観てもらえるかどうか、というのがポイントですかなぁ・・・。

そんな訳で非常に愉しみな『ヤマト 2199』ではありますが、こんな感じの話題が先日、流れてまいりました。

「宇宙戦艦ヤマト2199」TV放送主題歌に 影山ヒロノブ、JAM Project、中川翔子、ささきいさお

はい、そうです。昨年9月末に当ブログでも取り上げた(下記【関連記事】参照)、「『宇宙戦艦ヤマト 2199』主題歌変更の噂」であります。このような形で今回顕在化した訳でありますなぁ。まぁ、結果としては『宇宙戦艦ヤマト』をささきいさお氏やJAMの皆さん、中川翔子さんらが唄う、というところに落ち着いたようですが。
そうですよねぇ。主題歌が『宇宙戦艦ヤマト』では無い『ヤマト』というのはちょっと考えられませんからね。取り敢えずは一安心といったところでありましょうか。
・・・ひとつ心配なのは、「バンドサウンドヴァージョン」と表記されている点です。ばんどさうんど?
まぁ、良い感じにアレンジしてくれるでしょう、多分。

しかし、JAMにしょこたんですか。
JAM Project」と言えば、これまでにゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』のテーマソングや『真マジンガー』、OVAゲッター等の主題歌をはじめとしたロボットアニメの主題歌や特撮ソングを担当した、かの水木一郎アニキの呼びかけによって結成されたアニソンドリームチームであります。
いや、それは良いんですが、個人的にJAMと『ヤマト』は合わんのじゃないかなぁと、思うんですよね・・・。

何はともあれ、2013年4月よりMBS/TBS系日曜17時の枠で始まるTVアニメ『宇宙戦艦ヤマト 2199』、楽しみにしたいと思います。


【関連記事】
『宇宙戦艦ヤマト 2199』の主題歌変更の噂に関して、思ったことなど

【関連商品】
宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray]宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray]
(2012/05/25)
菅生隆之、小野大輔 他

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2013/02/23 20:40|アニメ関連雑記TB:0CM:3

天体衝突の脅威についてのお話 

昨日、ロシア連邦のウラル地方チェリャビンスク州付近に隕石が落下したそうですね。
各種報道によると落下した隕石の衝撃波(ソニックブーム)によって住宅や建物の窓ガラス等が割れ、1000人を超す怪我人が出たという事だそうですが、死者は出なかったようでなによりです。
天体衝突、文字通り天災でありますね。地震その他の地球上の自然災害と同様、いつ起きてもおかしくは無い災害であると言えます。
奇しくも本日未明に直径45m(ゾフィーやウルトラの父の身長と同じ!)という小惑星が静止衛星軌道の内側を通過するという天体接近イベントがある直前に天体衝突災害が起きてしまうという事で、関連付けて大きく報道が為されましたね。

天体衝突、怖ろしい話です。
かつて今から6千5百万年前に起きた直径約10kmの隕石が地球に衝突し、結果として恐竜は滅んだという説が最有力視されています。たった直径10kmですよ!地球の直径1万2700kmに対してたった直径10km程度の隕石が衝突しただけで恐竜が滅びてしまったのです。
この隕石が落下した直後、落下点には深さ30km、直径100kmのクレーターが形成され、その範囲内にある物質は瞬時に蒸発したか、大気圏外に飛ばされてしまったそうです。そこが海中だった場合は無くなった水やら海底やらにドワっと海水が押し寄せ、300mの津波となり、世界中の海を駆け回り、地表に達する頃には高さ1kmを超す巨大な津波となったことだろう、と、推測されています。
そして隕石落下の衝撃波によって抉られた大地は塵となって天を覆い、地球を寒冷化させ、隕石衝突の衝撃や超巨大津波を生き延びた生物達を死に追いやった・・・というのが、恐竜その他の白亜紀末期に於ける大量絶滅のシナリオなんだそうです。いやはや、実に恐ろしい話です。
・・・実のところ恐竜の絶滅は火山活動の活発化や被子植物の出現等、複数の要因があり、恐竜という生物全体がゆるやかに減少していっていた時期に巨大隕石が降ってきてトドメをさした、というのが実のところなんだそうで、隕石が落下しようがしまいが早かれ遅かれ恐竜は絶滅していた、というのが現在の論説になっているようですね。
隕石衝突」というカタストロフィーは終末論的でもあり、加えて「隕石衝突による恐竜絶滅説」が生まれた時代は冷戦下であり、隕石と同等のエネルギーを持つ核兵器が米ソ間でどんどん造られていっていたという時代背景を考えるとまぁ、インパクトのデカい隕石による恐竜絶滅説が広く世界中で支持されたのは無理も無い話ではあります。
しかし、恐竜が絶滅したにせよしてないにせよ、巨大隕石が地球に落下したら大変な被害が出るという事には変わりありません。

報道によると今回落下したとされる隕石の直径は1m程度であり、大半は大気中で四散・燃え尽きてしまったそうなのですが、しかしそれでも怪我人が1000人を超す事態になった訳ですよ。
隕石の脅威はその大きさや質量では無く、「速度」であるとされます。
我々の住む地球は、秒速約500mで自転し、太陽の周囲を秒速約30kmで公転しています。その太陽自体も銀河系を秒速約220kmで公転している訳でありまして、我々人類は知らない間に物凄い勢いで運動(物理的な意味で)している訳ですな。
そう考えると、テレポーテーション能力を持つウルトラマンや瞬間移動装置である「どこでもドア」の凄さが改めて分かる訳です。テレポート先・瞬間移動先の座標を自転・公転等の動きを正確にトレースした上で割り出している訳ですから。恐るべき演算能力ですよ!
で、まぁ、そんな物凄い速度で公転・自転している訳でありますから、そこに突っ込んでくる天体の相対速度も物凄い事になる訳です。仮に太陽系外からやって隕石がやってきたとすると、地球との相対速度は秒速約76kmにも達する訳で、そんな恐ろしい速度で隕石が降ってきた日にはもうたまったものではありません。太陽系内産の直径10mの隕石よりも太陽系外産の直径10mの隕石の方が恐ろしいのであります。時速10kmで人にぶつかるよりも秒速300mで当たるライフル弾に撃たれる方が大怪我するというのと同じ話です。
・・・報道によると、今回降ってきたの隕石の地球との相対速度は秒速約10~20kmだそうで、これだと太陽系内の隕石だった、という事でほぼ間違い無いと見てよさそうです。しかし、直径1mで燃え尽きずに地表近くまで落下・一部は地表に落下となると、隕石の主成分は石では無く鉄(とニッケル等の合金)の、隕鉄だった可能性がありますね。今後の報道が待たれるところであります。

人の住む市街地に燃え尽きずに落下という今回のケースは、かなり珍しいケースであったと言えるでしょう。隕石落下の場所は完全にランダムですから、割合としては海中や砂漠をはじめ、人の居ない場所に落下する場合が殆どでしょうからね。今回の隕石落下が、有史以来最大の隕石落下被害になるのではないでしょうか。

それにしても、ロシア・隕石というキーワードが来ると、ついつい「ツングースカ大爆発」を想起してしまいますね。
ロシアと天体関連は、やはり何かある・・・とか、オカルト雑誌「ムー」あたりが書くのでしょうか(笑)。

それにしても、NASAが、今年の3月には直径約280mの小惑星「2014AZ5」が地球に接近し、1/125の確率で地球に衝突する可能性があると発表している訳でありまして、まだまだ天体衝突の脅威が去った訳では無いようです。
2013年・・・。いったいどうなるんだ!?マヤの予言は正しかったのかッ!?
この調子で行くと年末には妖星ゴラスぐらい発見されてもおかしくないですね!


【関連記事】
天体衝突特撮SF映画『妖星ゴラス』

【関連商品】
アルマゲドン2007 [DVD]アルマゲドン2007 [DVD]
(2007/08/03)
スティーヴン・ボールドウィン、エイミー・プライス・フランシス 他

商品詳細を見る

アルマゲドン2008 [DVD]アルマゲドン2008 [DVD]
(2008/07/04)
サイモン・スレイター

商品詳細を見る

アルマゲドン2009 [DVD]アルマゲドン2009 [DVD]
(2009/10/09)
ジャック・コールマン、ロジャー・クロス 他

商品詳細を見る

アルマゲドン2010 [DVD]アルマゲドン2010 [DVD]
(2010/10/06)
ジョー・ランドー、クローディア・クリスチャン 他

商品詳細を見る

アルマゲドン2011 [DVD]アルマゲドン2011 [DVD]
(2011/03/02)
マイケル・トルッコ

商品詳細を見る

アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス [DVD]アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス [DVD]
(2012/09/05)
カーク・アセヴェド、ダイアン・ファール 他

商品詳細を見る

アルマゲドン20XX [DVD]アルマゲドン20XX [DVD]
(2009/03/06)
アズーラ・スカイ、ジョシュア・レナード 他

商品詳細を見る

アルマゲドン・パニック [DVD]アルマゲドン・パニック [DVD]
(2011/02/25)
ビクトル・クラビホ

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2013/02/16 10:30|空想科学雑記TB:1CM:6

2013年バレンタイン 

山田「うう……今日も寒いなぁ」

山田「こう寒いと暖房入れないと漫画も描けん」

山田「出費が嵩むなぁ……」

山田「……そういえば今日はバレンタインかぁ」

山田「リア充なんて吹っ飛んでしまえば良いのに」

キュラキュラキュラキュラ

山田「うわぁ!?イキナリ何の音だ!?」

???「山田さ~んっ!!」

山田「この声はまさか……!?」

ガチャッ

山田「な……なんじゃこりゃ!?」

2013年バレンタイン

ガートルト「やっほ~!山田さんっ!」

山田「やっぱりガートルトさんか……。なんでまた戦車なんかで……」

ガートルト「だってホラ、今日はバレンタインデーですからっ!」

山田「は?」

ガートルト「ですから、今日はバレンタインデーですからっ!」

山田「意味が分からん……」

ガートルト「え?山田さん分からないんですか……?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山田「……つまり、この戦車の名前が【バレンタイン歩兵戦車】っていう事か」

ガートルト「そうですっ!WW2に於ける連合王国陸軍で、最も多く量産された戦車なんですっ」

ガートルト「この車両は【バレンタイン Ⅲ】と呼ばれるバリエーションで、Ⅱよりも砲塔が大きいのが特徴ですっ」

ガートルト「尤も、この車両は動けなくなっていたものをエンター星の技術でレストアしたものなんですけれどもねっ」

山田「はぁ……」

ガートルト「……なんか反応薄いですね、山田さん」

山田「いや、戦車とかあんまり興味無いし……」

ガートルト「ええっ!?だって山田さんこの間まで『ガールズ&パンツァー』って戦車アニメ観てたじゃないですかっ!」

山田「俺、メカより女の子の方が好きだし、『ガルパン』も女の子目当てで……。好きな声優さんも出てたし」

ガートルト「がーん……。てっきり私、山田さんが戦車好きな人かと……」

山田「いや、そんなに落ち込まなくて良いから」

ガートルト「ごめんなさい」

山田「い……いやッ!謝らなくて良いから……!!」

ガートルト「……(シュン)」

山田「う~……。いや、ちょっと戦車にも興味出てきた……かな……?」

ガートルト「じゃ、今からこの戦車で、ドライブ行きましょっ!」

山田「何故そうなる!?」

ガートルト「ホラ、乗るのが一番の理解になりますからっ!」

山田「えっ……コラ!引っ張んな!」

ガートルト「♪無限軌道でボカージュ越えて まだ見ぬあの人会いにいこ~」

ガートルト「あ、ちゃんとゴム製の特殊履帯履いてますから、アスファルトの心配は皆無ですよっ!」

山田「コラ!押し込むな!うわぁ!」

ガートルト「……ちゃんとチョコも持ってきてますからねっ(ぽっ)」




【ドライブ用BGM】


web拍手 by FC2
2013/02/14 06:06|季節イベントSSTB:0CM:4

『怪獣という状況』制作にあたっての所信表明 

今回は大分凹んだ。
もう後がない中最後だと思って踏ん張ってもう何度目かの最終面接まで行ったのまでは良かったが、結局、落ちた。
自己分析がまだまだ甘いのか?
業界研究、企業研究が甘かったのか?
それともただただ運が悪かっただけなのか?
しかし、運が無いだけでここまで落ち続けるものなのか?
曰く、就職とは「縁」なのだという。
「今回は縁が無かったのだ」と自分に言い聞かせ続けて幾星霜。
いや、しかしそれは単に俺の誤魔化し、欺瞞なのでは無いのか?
俺の努力が足りないだけだったのを「縁が無かった」、「運が悪かった」と誤魔化し続けているだけでは無いのか?
若しくは、根本的に俺が社会不適合者なのではないのだろうか?
考えれば考えるほど塞ぎ込んでいく。
しかし、立ち止まって時間を空費するだけでは何にもならない。
状況は刻々と変化していっている。
立ち止まっていたら状況はもっと悪い方に行ってしまう。
最早2月中旬。今は本当に後が無い時期なのだ。
震えるな、逃げるな、立ち向かえ。
そう心に決めつつ、次に備える。

・・・その活力を入れる為、自分の精神を壊さないようにする為の半現実逃避のはけ口というのは些か今から描く作品に対して心苦しくはあるが、「獣壱号計画」、発動の時だ。
仰々しく「発動」などと言っても第1章のネームを描き始めるだけなのだが、しかし、本格的な怪獣漫画を描くのだ。
子供の頃から大好きだった怪獣、自分の中で大変なウエイトを占める怪獣・・・等と言うのは些か大袈裟ではあるが、兎にも角にも本格的な怪獣漫画を描くということで、不安だという気持ちが半分と、楽しみだという気持ちが半分。
怪獣は巨大であり、神聖であり、畏敬するべき存在ではあるが、僕にとってはかけがえのない親友でもある。
そんな親友の漫画を、これから僕は描くのだ。全力で描こう。少しでも良い作品になるように描こう。

連続怪獣漫画『怪獣という状況』。
どんな漫画になるのかは、作者である僕にも分からない。

web拍手 by FC2
2013/02/13 16:48|漫画制作雑記TB:0CM:2

祝!5万5千HIT! 

気がついたらアクセスカウンターが55000overを指しておりました。当ブログ【怪獣の溜息】も5万5千HIT突破でございますよ!

これまでにのべ5万5千人の方が当ブログに足を運んで下さったという事になりますね。本当に有難う御座います!
そして、これからも当ブログ【怪獣の溜息】を、何卒宜しくお願い致します!

web拍手 by FC2
2013/02/05 00:59|記念等TB:0CM:2

2013年節分 

山田「いやぁ、とうとう『ドキドキ!プリキュア』が始まったなぁ」

山田「EDの3DCGも毎度のことながらクオリティが高かったし……」

山田「もう手描きと3DCGが入れ替わるのも時間の問題なのかもなぁ」

山田「うん。今年の週一の活力入れはこれで決まりだ!また一年愉しめそうだぜ」

山田「それにしても山口亮太シリーズ構成作品だと、俺はやっぱり『メダロット』だなぁ」

ガートルト「私は山口亮太さんのシリーズ構成作品だと、『発明BOYカニパン』推しですねっ!」

山田「うわぁ!?ガートルトさん!?突然部屋にワープしてくんな!ビックリするだろ!」

ガートルト「てへぺろ☆(・ω<) 」

山田「……。で、そのカッコは何?またエラく露出度が高い……」

ガートルト「ホラ、今日は節分じゃないですかっ!」

山田「なるほどなぁ。だからラムちゃんみたいなカッコしてる訳ね」

ガートルト「と、言うことで豆まきして恵方巻き食べましょっ!」

山田「異星人のくせに何で日本文化に詳しいんだよッ!?」

ガートルト「ほら、フィクションの世界の異星人って、妙に日本文化に詳しいじゃないですかっ!」

山田「まぁ、日本で創られているものに関しては、そうなのかな……?」

ガートルト「『ウルトラマン80』に出てきたバルタン星人6代目なんて、見事な江戸っ子っぷりでしたよねっ!」

山田「すまん。俺、特撮はあんまり詳しくないんだ……。そういうのは芦模が専門だ」

ガートルト「そうだったんですか。てっきり私は山田さん、特撮もイケる人かなぁと思っていたんですけど」

山田「俺は日曜朝は8時15分起きなんだよ」

山田「うし。じゃあ、豆撒くか」

ガートルト「私が鬼の役しますから、山田さん豆を投げてくださいねっ!(わくわく)」

山田「……。じゃあ、いくぞ……」

山田「鬼は~外~!福は~内~!」

ガートルト「きゃっ!豆って当たると結構痛いんですね……っ?」

山田「全力投球してるからな」

ガートルト「山田さん酷いですぅっ!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

山田「うう……。去年よりも食べる豆の量が一個増えるのか……」

ガートルト「歳を重ねるというのはそういう事なんですっ」

山田「何良い事言った、みたいな顔してんだよ」

山田「それにしても豆まきの後の豆の片付けって結構面倒臭いんだよなぁ……」

ガートルト「さぁ、お豆を食べ終わったから、今度は恵方巻きですねっ!」

山田「恵方巻きは本来、関西限定の文化なんだけどなぁ。まぁ、太巻きは美味いから良いけど」

ガートルト「海苔業界やコンビニ業界の陰謀ですねっ!」

ガートルト「因みに、バレンタインはチョコレート業界の陰謀で、土用の丑は平賀源内の陰謀ですっ!」

山田「うなぎ屋の陰謀じゃなくて!?」

2013年節分っ!

ガートルト「ぷはぁ~!ごちそうさまでしたっ!」

山田「ごちそうさん」

山田「……ひょっとして、季節のイベントごとにこうやってコスプレするつもりか」

ガートルト「そのつもりですけどっ?」


飛翔掘削「その時の気分次第で描いていこうかなと思う次第であります」





【関連漫画】
掛け値なしっ!
滅入り苦しみ〼

web拍手 by FC2
2013/02/03 11:21|季節イベントSSTB:0CM:5

取り敢えず生きてます。 

取り敢えず生存報告でございます。
時間があったりなかったり・・・。
web拍手 by FC2
2013/02/01 21:41|非サブカル雑記TB:0CM:0

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.