管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

年末のご挨拶 

家の手伝いやら大掃除やらイロイロとバタバタしているうちに大晦日でございますよ!
どうも実家に帰ってノンビリした気分になっていると時が早く過ぎ去ってしまうようで・・・。
さて、そんな訳で今年も残すところ本日1日となってしまいました。

いやはや、今年は様々な出来事があり、正に混沌とした1年になってしまいましたね。
クーポンおせち騒動に始まり、新燃岳の噴火、大相撲八百長問題やら京大カンニング騒動があったと思ったら、東日本大震災が発生、それに伴う、一連の福島第一原発での事故・・・。
7月にはアナログ放送が終了し、完全地デジ化が為された翌月には野田内閣が誕生・・・。
他にも新潟・福島の集中豪雨やら反韓流デモやらもありました。
世界に目を向けてみると、ジャスミン革命、エジプト革命、リビア革命等が起こり、イギリスでは暴動、米国ウォール街ではデモが発生・・・。
ビンラディンも死に、カダフィー大佐も死に、つい先日は北朝鮮の金正日総書記も死去しました。
・・・国内外共に、実に混沌としておりますね。
勿論、悪いことばかりではなく、なでしこジャパンが女子W杯で優勝するなど、明るい話題もありましたが、全体的にはやはり暗いイメージの年になってしまったのは否めませんね。

さて、アニメに於いては今年は「豊作であった」と言っても過言ではなく、特に『魔法少女まどか☆マギカ』や『TIGER & BUNNY』といった原作の無い、オリジナルアニメがヒットしたのが印象的でありました。
10月に入ってからはロボットアニメの今後を左右する(と管理人が勝手に思っている)『機動戦士ガンダムAGE』が始まり、ガンダムの新テレビシリーズという事で良くも悪くも注目の的となっております。
また、特撮に於いては『仮面ライダーシリーズ』が40周年、『ウルトラシリーズ』が45周年、『スーパー戦隊シリーズ』が35作品記念と、今年は特撮メモリアルイヤーでありました。が、管理人の愛する特撮怪獣映画は未だ氷河期・・・。う~ん・・・。
時代劇に於いては、『暴れん坊将軍』の設定そのままに松平健演じる徳川吉宗が『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21の コアメダル』に登場するなどという予想斜め上からの話題もありましたが、なんといっても『水戸黄門』が42年続いたシリーズに幕を下ろした事が衝撃的でありました。やはり、時代劇に将来性は無いんでしょうか・・・。

まぁ、そんなこんなな今年も、もう終わってしまう訳です。そう思うとなんだか名残惜しいような気もしますね(そうかな?)。
兎にも角にも、来年は今年のような暗い年ではなく、明るい年になって欲しいと願ってやみませんね。

と、いう事で当ブログも当記事が今年最後の更新となります。
皆様、良いお年を!


web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2011/12/31 01:17|非サブカル雑記TB:0CM:4

BDBOX発売ラッシュに苦悶する男! 

ストライクウィッチーズ2』BDBOX、2012年3月23日発売。
トップをねらえ2!』BDBOX、2012年6月22日発売。
・・・欲しい!
・・・どうも、金欠に苦悶する管理人でございます。
いやはや、BDBOXラッシュは止まりませんなぁ。管理人といたしましても、取捨選択が大変な訳であります。
しかしながらこの「取捨選択」というのがなかなか曲者でございまして・・・。
BDBOXラッシュ、管理人には苦い経験があるんですよね。

管理人は『電脳コイル』や『トップをねらえ!』、『かみちゅ!』といった作品群のDVDを、それぞれにBDBOX発売の報が出る直前に買い揃えてしまうという失態を演じてしまいまして(何故、あと数日待てなかったんだッ!?)、そういう事で今は様々な作品のDVDを買い控えているのであります。あの作品もこの作品もそろそろBDBOXが出そうで怖いのです・・・。

買い控えの理由としては、そういった苦い経験以外にも「ちょっと待てばBDBOXが出る」というのもあるんですけどね。
大体、BOXで買うと単巻で買うよりも安くなる訳でして、単巻で揃えるよりもBDBOXが出るまで少し待つのが得策なのではなかろうかという考えが・・・。
しかしながら、BDBOXとして出る条件の一つとして、「単巻での売り上げ実績」というのがある訳でありまして、管理人のように買い控えをする人が増えてしまうと、BDBOXそのものが発売されなくなってしまう、と、いう事も・・・。
しかしまぁ、今のアニメ界隈の売り上げ至上主義的状況を鑑みると、そういう心配は必要無いような気もしますが、それはそれで複雑な気分・・・。

因みに、特撮のBDBOXというのはあまり「欲しい」とは思えないような気がします。
特に昔の作品であると、BDの高画質が逆に違和感になってしまう事もあるので、DVDの画質で十分だと思うのです。


【関連記事】
金欠!金欠!また金欠!
BDBOX発売ラッシュ!
アニメのソフトの価格についてのお話
【売上】何となく、嫌な風潮なんですよ…。【至上主義】
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第11回放送
ピアノ線は見せるべきか、消すべきか?
『ストライクウィッチーズ』についてのお話

【関連商品】 
ストライクウィッチーズ2 Blu-ray BOXストライクウィッチーズ2 Blu-ray BOX
(2012/03/23)
福圓美里、世戸さおり 他

商品詳細を見る

トップをねらえ2! Blu-ray Box Complete Editionトップをねらえ2! Blu-ray Box Complete Edition
(2012/06/22)
福井裕佳梨、坂本真綾 他

商品詳細を見る


web拍手 by FC2
2011/12/28 23:56|アニメ関連雑記TB:0CM:4

今年中には完成しませんなぁ・・・! 

只今制作中のタイトル未定(原稿に入っているというのに未だタイトル未定というのはまずいのではないかと思い始めておりますが・・・。)の漫画でございますが、現在の進行状況を鑑みるに、今年中の完成はかなり難しいと言わざるを得ない状況となってまいりました。ううむ・・・。
いえ、ネームが完成していたのにサボっていたのではなく、就活とかバイトとかいろいろあったのですよ・・・等と言い訳してみたりもしますが、しかして今年中の完成はまず無理という・・・ううむ、残念無念・・・。

しかしながらアレですね。やはり漫画を描くのは非常に愉しいです。
時間が経つのも忘れてガリガリ描いていても殆ど疲れを感じない訳です。管理人は根っから漫画を描くのが好きなんですなぁ・・・。下手だけど。いえ、「下手だから・・・」と言っているだけでは何にもならない訳でございますが(苦笑)。
・・・別に管理人は漫画家を目指しているとかそういうのは全く無いのではございますが、趣味で描いていると言ってもやはり「上手く書きたい!」と思う訳ですよ。
そういう訳で、今回の漫画のひとつのテーマとして、「画力向上」というのがあるのであります。

完成は恐らく来年1月上旬となるでしょう。
兎にも角にも完成目指してひたすらガリガリ描いていきたい所存でございます。

・・・去年も似たような展開になっていたような気がしますが、きっと気のせいです


【気のせいでは無い関連記事】
時間が無い

web拍手 by FC2
2011/12/27 23:57|漫画制作雑記TB:0CM:0

雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第12回放送 

はい、と、いう事でございまして、【雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』】、第12回放送のお時間でございます。

今回の議題は、「メディアミックス」。
最近、「実写化決定!」とか「映画化決定!」とかが多いなぁと思った次第でのこの議題であります。





ちょっと脱線しすぎたかなぁ、とも思いますが、まぁ、雑談ですし(笑)。

今回からラジオをブログの方でも視聴できるようにしてみました。
やはりこっちの方が良いですかねぇ?
取り敢えず、これまでアップロードした【雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』】本編の方はブログで視聴できるように設定を変更致しました。未見の方で時間に余裕のおありの方は、聴いていただければ幸いであります。

【関連記事】
アニメは先細りするのか?

web拍手 by FC2
2011/12/26 17:43|本編TB:0CM:0

二次元キャラに嫉妬すんなよ……。 

どうも皆様、滅入り苦しみます!メリークリスマス!(・・・なんてベタな・・・。
いやはや、実家の方に帰省してまいりましたよ。
世間ではクリスマスでございまして、性の6時間などと呼ばれるようなアレもあった訳なのでありますが、管理人は昨年同様車上の人。非常に悶々としたりしなかったりな微妙な時間を過ごした訳であります(前列のカップルがイチャついてやがって鬱陶しかったというのは内緒です)。
しかしながら、世の人がクリスマスクリスマスと浮かれるのはイヴな訳でして、クリスマス当日たる今日・12月25日はあまりピックアップされないというのが若干解せないでもありません。
さてさて、本日はそんなクリスマスに因んだお話(?)を、ちょっと書いてみたいと思う次第です。
まぁ、記事タイトルに書いてある通りの話なんですけれどね。

先日、様々なアンケート結果なんかを公表している某サイトにて、これまたクリスマスに因んだ形の特集で、カップルに於ける「相手の行動で許せない点」みたいなのがあった訳です。
管理人は「ふ~ん・・・」などと思いつつ読み進めていくと、女性側からの意見として、こんなのがあった訳でございます。
彼氏の好きなアニメキャラに嫉妬してしまいます
なんてこったい。
いえね、もう「リア充が~」とかは言わんですよ。問題は、「二次元に嫉妬」という点でございます。
そんな時代になったのか・・・。

この際なのでここで管理人は(特に女性に対して)声を大にして言いたい。
二次元と三次元の好みは違うんです!
管理人は「二次元に住むキャラクターと現実世界に住む現実の人間は完全に別物」であると思う訳なんですよね。混同してしまうのはいかがなものなのかと、そう思います。
いや、別物というよりも、別の生き物というような認識でしょうか。容姿、正確、その他諸々加味して考えるとそうなってしまうんですよね。実に味気ない話ではありますけれども・・・。
管理人の二次元の女性キャラの好みは、「お姉ちゃん!緑髪!幼馴染!」なのでございますが、現実世界に於ける好みはまた違う訳です。そして、その「好み」が向けられる感情もまた違う訳でして、例えば・・・などとネットの片隅でほざいたところで何にもならんのですけれどね(笑)。

アレですよ。「二次元の女性キャラに嫉妬」というのは、下手すりゃ「二次元と三次元の区別がついていない、混同している」ととられかねん訳ですよ。危険な考え方ですよ!
いえね、ベクトルは違いますが、そういう事になるかと(笑)。しかし、男は無条件に「危険思想」にされて女性はその限りでは無いというのは、なんとも度し難い話であります(だからベクトルの問題だってば!)。

因みに、

・・・。

こんなのもあるようです。
世も末です。


【関連記事】
クリスマスのお話
姉萌え
「萌え」とは何ぞや?
アニメのおっぱいに毒されてる(泣)!

【関連商品】
東京ゴッドファーザーズ [DVD]東京ゴッドファーザーズ [DVD]
(2004/04/28)
江守徹、梅垣義明 他

商品詳細を見る

機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.1 [DVD]機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.1 [DVD]
(1999/12/18)
浪川大輔、辻谷耕史 他

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2011/12/25 22:17|アニメ関連雑記TB:0CM:2

帰省と奇怪なお知らせ 

と、言う訳でございまして、下宿先から故郷に帰省致します。
このクソ寒い中帰省という事で、若干気が滅入りますが、列車に揺られ、のんびりとした気持ちで故郷に帰りたいと思うところであります。

ではでは。

・・・忘れておりました。
管理人の友人である三単元らの同人サークル・直線orzが、2011年冬コミことコミックマーケット81に出展致します。
配置は、以下の通り。

12/29(一日目)木曜日
西地区 "る"ブロック-05b


詳細は、こちらをご覧ください。→http://nantomohaya.blog33.fc2.com/blog-entry-461.html

出展はしておるのですが、諸事情あって直線orzのメンバーは誰も冬コミには行きません。
また、管理人も隣で彼らの同人誌制作現場を見ていただけで、寄稿などはしておりません
では何故告知するのか・・・。
それは三単元に
おう、オマエのブログでも告知ヨロシク!
と言われたからに他ならないんですけれども(別に脅迫された訳ではありません(笑))。
そういう訳で、どうぞ、よろしくお願い致します。

【関連動画】

直線orzのラジオです。


web拍手 by FC2
2011/12/24 17:03|お知らせ等TB:0CM:2

「純粋に観る」という事が難しくなっちゃった・・・。 

先日、管理人は「『けいおん!』の和ちゃんが怖い!」とのたまった友人にこんな事を言われました。
いやぁ、お前のアニメや特撮、映画や小説なんかに対しての批評に関してはかなり信頼しているよ
管理人、少し照れくさくなった訳ですが、友人はこう続けます。
少なくともかなりの数の作品を観たり読んだりしてるし、見方も鋭いし・・・云々
いやぁ、俺なんてまだまだ観てない作品もかなりあるし、もっといろんな作品に触れなきゃなぁと思うし、知識もつけにゃぁなぁと思うし、何より・・・・・・いや、そんな事は当記事に於いてはどうでも良いのであります。
確かに作品を読み取って評論したり批評したりするには、それなりの知識やら見識やらが必要な場合もあるでしょう。
しかしながら、管理人はこういうようにも思うのでございます。
純粋な目で作品を「観る」という事も大切なんだ
と。

管理人は最近、実はアニメやら何やらを観たり読んだりする事に少々疲れ気味なんですよ。いえ、別に観たり読んだりする事自体は愉しいと感じるのですが、問題は管理人の受け取り態勢なのでございます。
純粋な気持ちで作品を観たり読んだりしているつもりでも、無意識のうちに頭が勝手に「お、今の特徴は、○○さんの作画かな?」とか「今回は○○さんの脚本だったからこういう展開で持ってきたのか。となると次は・・・」とか「これは××を彷彿とさせるなぁ。オマージュかな?」とか「この作品に流れている文脈は・・・」とか、そういった類の事を勝手に考え出してしまうのであります。
別に管理人はそれ自体も含めて愉しんでいるんですが、純粋に作品を観て(読んで)愉しんでいる周囲の友人や後輩やネットの方々を見て、「こういう穿った観方というのはどうなんだろうなぁ・・・」という事を、この間ふと、考えてしまったのです。
もう考えてしまったら仕方が無くなりまして、今度は意識下で「純粋な目で観よう」と考えてしまうようになり、結果無意識下で「穿った観方」をしてしまい、少しの時間で物凄く精神を疲弊させてしまうような事になってしまったのであります。よって、イロイロな作品を観たり読んだりする事に疲れてしまう訳です。
秋期開始アニメ(そろそろ1クール作品は最終回を迎えてきますが。)の殆どを録り溜めしているのもそのせいでもあるんですよね・・・。

また、無駄に知識を取り込む事は無いのかも知れないとも最近(と言ってももうここ1年位の話になりますが・・・。)は思うのですよ。
管理人は、現在の観方に若干疲れてしまったとは言いましても、今の観方は愉しいし、それはそれで良しと思っていますが、しかしやっぱり「もう一度純粋な心で作品を愉しみたい」とも思っている訳です(吾ながら実に面倒臭い奴です)。ですが、無駄についてきた知識やら何やらが邪魔して、もう「純粋に観る、読む」という事が出来なくなってしまった訳ですね(苦笑)。
純粋に愉しむ上では知識やら何やらは足かせに過ぎないんです。
それに今ではネットの情報設備も充実しておりますよって、知識を蓄える必要も無くなりつつあるようにも思います。必要に応じてWikipediaを読むなどすれば事足りてしまうんですよね。そうであるならば、もう何か色々と虚しくなってくるような、そうでもないような・・・。
・・・要は未だに「Wikipediaに書いてある事ですよね?」(下記【関連記事】参照。・・・もう1年以上前の話になりますか。早いものです。)を引きずっているというだけの話なんですけれども(笑)。

兎にも角にも、作品を観たり読んだりする上では、知識と結びつけたり文脈のつながりやらを考察したりするというのも大切ですが、「純粋に作品自体を愉しむ」という事も必要であるというように思うんですよ。
また、批評やら評論の世界に於いても、そういった観方も絶対に必要であると思いますし。
何よりもやっぱり、純粋に愉しんでこその娯楽である、と、思う次第であります。
・・・やっぱり俺は純粋に作品を愉しみたいのかもなぁ。


【関連記事】
最終的に大切なのは「自分の考え」だと思うの
情報が溢れ返った故の虚しさ 
戦慄すべき事態です
 
web拍手 by FC2
2011/12/22 23:20|混沌雑記TB:0CM:6

兎に角立ち止まっていられん! 

ネームはそそくさと描き上げたのに殆ど作業の進んでいない、現在制作中の漫画(タイトル未定)ですが、少し諸々の事情が落ち着いた今日から、本腰を入れて描いていきたいと思う次第であります。

もはや年内完成が怪しくなってまいりましたが、さて、どうなる事やら・・・。

web拍手 by FC2
2011/12/20 22:46|漫画制作雑記TB:0CM:0

『機動戦士ガンダムAGE』に関するよしなごと 

現在放送されているTVアニメ『機動戦士ガンダムAGE』でございますが、ネット上での評判はあまりよろしくありません。「取り敢えずAGEだから叩いとこうぜ!」という風潮さえもあるように感じます。
管理人の周囲でもそれは同様でありまして、友人に訊いたりしてみると、大体酷評がかえってきます。
かく言う管理人と致しましても、この作品は全体的に「う~ん・・・」となってしまう訳です・・・(笑)。
管理人は「ガンダムだから」という以上に、「全日帯のロボットアニメ」である事と、「ロボットアニメ低迷期の現在に於いて、ロボットアニメの今後を左右する重要な作品である」(現状では「ガンダム」という名前でなければなかなかロボットアニメを全日帯に流す事も困難な時代ですので・・・。)という二点から、放送開始前からこの作品には大きな期待を抱いていた訳でありますよ。しかし、現状の流れている作品を観ると・・・。

管理人は、キャラクターのデザインやメカニック(MS)デザインは別に良いと思うんですよ。問題はストーリーとアニメーション演出です。
オイオイ、こりゃ無いだろう・・・」とか「その理屈はおかしいんじゃ・・・」とか、「もっと動きにタメをつけて重量感を出した方が・・・」とか、「強いられているんだ!」とか、イロイロと突っ込みたくなる訳でありまして(色々な人が色々な所で色々な事を言っているので、ここでは具体的な例は挙げませんが。)、「もういっその事ネタアニメとして観た方が良いんじゃないか?」とさえ思えてきます。
しかして、この作品にロボットアニメの未来がかかっているのだと思うと、どうしてもネタアニメとして愉しもうという気にもなれず・・・。業ですかな。
しかしながら、部分部分では「おお、これは格好良いぞ!」と思ったりする事もある訳でありまして、全部が全部駄目という話でも無いんですよね。やはり腐っても販促番組でありますので、該当回では気合の入ったコンテ・演出・作画が為されたりもする訳でありますよ。・・・ただ、「同じ回で2機も販促しようとするなよ・・・」という展開もあったりで、素直に喜べなかったりもするのですが(笑)。

この作品、やはり致命的にストーリーがアレなんですよね。
やや唐突な話の展開や、キャラクターの言動不一致やチグハグ感、そして設定的な矛盾が結構目立ちます。
・・・ひょっとしたら演出が微妙なものになったりしている(と管理人は感じます)のは、ストーリーがアレな分、コンテ・演出のモチベーションが上がらない、というのもあるのかも知れません。
そうであるならば、非常に残念であると言わざるを得ません。ロボットアニメに於いて、メカ演出というのは非常に重要である訳でありまして、玩具の売り上げに大きく影響しかねないという側面もある為、演出はしっかりして欲しいところなんですよね。作画はかなり頑張っていると思うだけに、非常に勿体なく思うのであります・・・。
なんとかコンテ・演出スタッフの方々には頑張って欲しいところでございます。

と、まぁ、ここまで色々と好き勝手書き散らしてみましたが、言っても1オタクの戯言な訳であります。
ネット上でオタクが「ストーリーがアレだ」とか「演出もアレだ」とか言っても、子供達の人気さえ勝ち取る事が出来れば何ら問題は無い訳でありますよ。
管理人もイロイロ言いますが結局は、
子供達には『ガンダムAGE』を観て、ガンダムのファンになってくれなくても良いから、ロボットアニメのファンになって欲しい
と思うんですよね。
新しいファンの獲得こそが『ガンダムシリーズ』の、更にはロボットアニメ界隈の再盛へ繋がっていく訳ですから!
・・・とは言え、この『機動戦士ガンダムAGE』という作品、メインターゲットたる子供達には、どのように受け取られているのでありましょうか。
流石に町行く子供達に「ちょっとキミ、『ガンダムAGE』ってどうだい?」等と訊く訳にもいきませんので(最悪、不審者として通報されちゃいます。)、子供達の率直な意見・感想を聞き出すというのはまぁ、無理な話です。

そこで見るのが、玩具の売り上げやメディアミックス展開でございますよ!
ガンダムシリーズには御存じのように「ガンプラ」というプラモデルの一大ジャンルを抱えていますし、今作に於いては企画協力がレベルファイブということで、いつもの『ガンダムシリーズ』とは少し違ったメディアミックス展開が為されている訳であります。
それらを鑑みてみると、『AGE』が子供達に人気なのか否かが分かってくると思います。

・・・しかし、ネット上ではどこまで信用して良いかは分かりませんが、小売店では『AGE』のガンプラが結構余っているとか、在庫処分に困っているとか、そういう情報が流れたりしております。
そういう話は実際に数字が出てからした方が良いと思うのですが、そういうネガキャン的な情報をタレコミを入れる人や小売店は何を思っとるのか、と思います。わざわざ自分で自分の首を絞める事も無いでしょうに・・・。

では、メディアミックスの方はどうなのか。
月刊コロコロコミックの今月号の表紙を見てみると・・・『イナズマイレブン』や『ダンボール戦機』は大々的に表示れているのに、ガンダムAGE』は物凄く小さく表示されているんですよね。

コロコロコミック今月号の表紙左上です。

アンケート等が直接影響する雑誌という媒体での扱いがこうなっている以上、やはり子供達には『機動戦士ガンダムAGE』という作品は、あまり受け入れられてはいないのでありましょうか・・・。

現状では、『ガンダムAGE』はあまり子供受けという面からも芳しくないと言わざるを得ない状況なのかも知れません。
しかし、まだあと3クール(打ち切りが無ければ)ほどの放送回数が残っている訳でありますし、正確なガンプラの売り上げ等が出て来るのもこれからであります。
どう転ぶかは分かりませんが、今後の動向を静かに見守っていきたいところであります。

ロボットアニメの明日はどっちだ!?


【関連記事】
巨大ロボットアニメについてのお話
「子供向けだ」と一蹴するな!
ロボット=ガンダムかぁ・・・。
ネタアニメ愛好家

【関連商品】
HG 1/144 AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)HG 1/144 AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマル (機動戦士ガンダムAGE)
(2011/09/23)
バンダイ

商品詳細を見る

機動戦士ガンダムAGE 第1巻 [DVD]機動戦士ガンダムAGE 第1巻 [DVD]
(2012/02/24)
豊永利行、遠藤綾 他

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2011/12/17 01:32|アニメ関連雑記TB:0CM:4

祝!3万5千HIT!! 

と、言う訳でございまして、当ブログ【怪獣の溜息】も3万5千HITを迎えました。日々、当ブログに足をお運び頂きまして、誠に有難う御座います。
のべ3万5千人の方が当ブログに足を運んで下さったという事ですね。本当に有難う御座います!
これからも当ブログ【怪獣の溜息】を宜しくお願い致します!

・・・最近はもうとにかく寒い!
風邪をひかないよう、注意して生活したいものです。
管理人の周囲にも体調不良を訴える人がボチボチ・・・。
皆様もこの時期ですので、身体にはお気を付け下さいね!

web拍手 by FC2
2011/12/16 23:59|記念等TB:0CM:0

管理人の年末に対してのイメージは…… 

一昨日は学校の方のゼミの学外実習&忘年会、昨日は深夜のバイト・・・。
年末ここにきて、にわかに忙しくなってきたような気がする管理人ではございますが(コメントを沢山頂いていたのに、放置するような形になってしまっい、大変申し訳ありません・・・。)、皆様に於かれましてはいかがお過ごしでありましょうか?

さて、そんなこんなな年末ではありますが、「年末」と聞いて何をイメージするでしょうか。
年末と言えば大掃除や帰省、歳末大バーゲンやらクリスマスやら、様々な事を思い浮かべると思います。
また、年末と言ったらやはり「冬コミ!」というイメージはあるのかも知れません。
管理人の友人にも、冬コミの原稿に追われているような奴らも居る訳でありまして(笑)。

管理人の抱く「年末」のイメージと致しましては、ズバリ「怪獣映画」であります。
1991年から2004年までの実に13年間は、『平成ゴジラVSシリーズ』、『平成モスラシリーズ』、『平成ゴジラミレニアムシリーズ』の作品群が年末にずっと公開していた訳でして、その時期に幼少期~思春期として過ごした管理人は、当然のようにこれらの映画を観に行っていた訳でして(勿論、全作品観に行っていた訳ではありませんが。)、それ故に「年末=怪獣映画」というイメージが出来上がってしまっているんですな。
未だにゴジラ・モスラは「年末の大怪獣」というイメージがあります。いやはや、幼少期~思春期のスリコミは恐ろしい・・・。

しかしながら、現在は怪獣大氷河期。怪獣映画は未だ明けぬ夜の時代であります。
翻って特撮界を見回してみますと、東映の現役ヒーロー達は元気ですし、宇宙刑事だって帰ってくる。
深夜特撮作品『牙狼<GARO>』も、新作が好調ですし、ピープロのザボーガーだって劇場用作品として帰ってきました(管理人はまだ観れていないけど!)。
NHKで放送中の『坂の上の雲』や、間もなく公開の映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』といった、VFX特撮作品も目覚ましく出てきております。

・・・特撮怪獣映画カムバック!!

仮面ライダーの『MOVIE大戦シリーズ』や『ウルトラシリーズ』(今回は来年春公開ですが・・・。)、そしてVFX特撮作品(何故か年末に1本は公開するんですよね~。)といった特撮映画は必ず年末に公開されるという事が約束されていますが、特撮怪獣映画は公開されない訳であります。
怪獣映画が無いと、やはり何か物足りない。
いえ、怪獣自体はウルトラ映画でも拝むことはできますが、それとは別にキッチリとした怪獣映画の怪獣を拝みたいのであります。
特撮の元祖は怪獣映画(厳密に言えば戦争映画ですが・・・。)なんだから、胸を張って堂々と年末に怪獣映画も公開してくれれば管理人としては嬉しいのでありますが、しかしながら現実は厳しい。管理人のような人間しか怪獣映画なんて望んでない訳で、世間一般大衆が怪獣映画を望めば怪獣氷河期なんか来ない訳で・・・。

そんな悶々とした、どこかやりきれないような感じで年末を過ごす今日この頃であります。


【関連記事】
特撮怪獣映画布教の野望
怪獣映画はお祭りみたいなものです
ウルトラの未来を憂う

【関連商品】
【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ VS キングギドラ【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ VS キングギドラ
(2009/11/20)
中川安奈、豊原功補 他

商品詳細を見る

モスラ [DVD]モスラ [DVD]
(2006/01/27)
小林恵、山口紗弥加 他

商品詳細を見る

ゴジラ2000     -ミレニアム― [DVD]ゴジラ2000 -ミレニアム― [DVD]
(2008/06/27)
村田雄浩、阿部 寛 他

商品詳細を見る


web拍手 by FC2
2011/12/13 23:14|特撮関連雑記TB:0CM:4

80年代のアニメの作画は、伊達じゃないんだぞ! 

昨日、一昨日と、謎の障害によってネット接続が出来ませんでした。今こうしてネット接続が出来ている訳なのではありますが、一体何が原因だったのでありましょうか・・・。
まぁ、そんな事はどうでも良いので、本日の話題に移ると致しましょう。

先日、友人らとアニメの作画について色々と話していたのであります。と、言っても、その友人らは作画オタクという訳では無く、管理人もそこまで深く切り込むような話はしなかった訳でございます(もっと周囲に作画の話が出来る人が増えてくれたらなぁ、と、思いますが、現実は・・・)。
そんな中、話の流れは現在放送中の某作品の作画についての話題に。
その作品の作画について友人が一言。
この作品の)作画は80年代のアニメ並みだよな
・・・別に管理人は「某作品の作画が悪い」とは思っていないのでありますよ。
あの作品、レイアウトやメカの動かし方が微妙であると言うだけで、動画は枚数使って頑張っていると思うので、別に「作画が悪い」と言うのではなく、寧ろ「演出が悪い」というべきであるのではなかろうかと管理人は思うのですが、そんな事はこの際どうでもよろしい
要は友人が、「80年代の作画並み」と言った事に、引っかかった訳でございます。意図としては、「80年代並み=悪い」という事なんでしょうけれど、管理人は
80年代の作画を舐めとんのか!?
と、言いたかった訳です。

管理人は、「80年代中頃から後半にかけて、現在のアニメの作画技法がほぼ確立した」と思うんですよね。
アニメ界に於いて80年代は作画的にも様々な試行錯誤が繰り返された時代であると言えます。爆発や煙、波の描写といったエフェクト作画から、キャラの演技付けまで、幅広い分野でこの試行錯誤が為されてきました。
実験的に部分部分をフルアニメにしてみたり、逆に中抜きを多用してみたり。また、デフォルメの表現方法の追求なんかもされていたりで、この時代のアニメ作画を見るのは非常に面白いのでありますよ。金田系作画が技法として確立、多くのアニメーターに伝播・流布したのもこの時代です。
その試行錯誤を繰り返した結果、80年代初頭のアニメと80年代末のアニメの作画を見比べると、まるで異次元であるかのような錯覚さえ抱いてしまう程の進化を遂げてしまっているんですよね。

しかしながら、80年代のアニメ作画をよくよく観てみると、部分的に(一作品丸ごとだったりする場合もありますが)「これはちょっと・・・」と思ってしまうようなモノも少なからずあったりもする訳であります。
制作の事情で「これは電動紙芝居かッ!?」と言う程のカクカク動きをする作品があったり、OPは滅茶苦茶格好良いのに(80年代のアニメのOPって、軒並み高クオリティーですよね。クオリティーバブルの現在よりも良いOPも少なからずあるように管理人は感じます。「本編では諸事情でアレな作画でも、せめてOPでは完璧にしたい」、「時間と予算さえあれば俺達だってこれくらいは出来るんだ!」という、アニメーターさん達の意地や意気込みが伝わってきますね。・・・勿論例外もあるケド。)本編は全編的に壊滅的な作画になってしまっている作品(中にはロボのデザインが変わっちゃう作品さえあります。それでも好きだけど!)もあったり・・・。
しかしそういった作画の乱れも、「この回は外注の作画だから悪いんだよな」とか、「この回だけは○○さんが作監で入っているからクオリティーが高い!」とか、「この回は作画が駄目な分、声優さんの演技が気合入っているぞ!」とか、そういったように愉しめるんですよね。
安定した作画クオリティーが当たり前な現在のアニメ事情から鑑みると、そういった面も含めて80年代の作画というのは(管理人にとっては)魅力的に映ります。

TVアニメに於いてはスケジュールの都合や製作費の関係等の問題から作画の乱れが起きたり絵コンテ通りの作画にならなかったりする訳ではありますが、十分な予算と時間が確保されるOVA作品や劇場用作品に於いては(これも一部例外アリですが・・・。)そういったしがらみが無くなる訳です。
80年代のTVアニメに於いては、作画の乱れが頻出しやすいという性格上、アニメーターの方々もそういった悪い作画に対して鬱憤が溜まっていたりもしたそうでして、OVAや劇場用アニメではその憂さ晴らしをする、という事も多々あったようであります。
その結果、予算や制作費以上に作品のクオリティーが上げられたという作品も多数存在します。
中には「作画のクオリティーバブル」と呼ばれる現在に於いても再現困難であろうレベルの作画が為されている作品すらある訳でして、真にアニメが輝いていた時代は実は80年代なんじゃなかろうかと、そんな風にも思わせてくれます。

確かに現在のアニメは、平均レベルでは80年代よりも格段に上の作画であると思いますし、中割りに至るまでキチンとチェックされている訳で、そういった意味では00年代~10年代である現在こそがアニメの黄金期であるとも言えるのかも知れません。
しかし、様々な試行錯誤と突発的な高クオリティーの作画、全体的にクオリティーの高い作画であるOVA作品や劇場用作品といった存在から、決して80年代のアニメの作画も卑下する対象では無いと、管理人はそう思うのであります。
ですので、「作画は80年代のアニメ並み(=悪い」とのたまった友人の発言が引っかかった訳ですよ。
・・・別にどっちが偉いとかどっちが優れているという話でもありませんが(笑)。

そう言う訳で友人らにも是非、80年代の高クオリティーな作画の劇場用作品やOVA作品、試行作画の詰まったTV放映作品なんかを観て欲しかったりするのでありますが、現実は非情であります
えっ、だって、30年も昔のアニメだろ?
と、一蹴されてしまうのがオチなのでございますよ・・・。
どうも、「昔のアニメだから今よりも作画が悪い筈だ」という先入観があるようでありまして、まずはその誤解を解くのが先なんでしょうかねぇ。
更に、管理人よりも若い世代では、「セル画の作品は汚くて観れたもんじゃない(観る気にならない」という考えを持つ人も現れているようなんですよね。非常に哀しくなってきます。というか、そう考える人が出て来るような時代になってしまったんですなぁ・・・。
セル画もデジタルペイントも同じアニメじゃないかよ!

・・・まぁ、抵抗なく昔のアニメを観れる友人らも居るんですけれども、しかし今の若い世代の人は全体的に昔の作画を受け付けられなくなってきているんでしょうかね。
だとしたら、非常に哀しい気持ちになりますが、しかしそれもまた時代の流れなんでしょうか。


【関連記事】
【手描きと】ネオ・アニメの息吹【3DCG】
この調子だとそのうち、3DCG化が進んだ後に、「手描き作画が受け付けられない」という人達が出てきてもおかしくはありませんね。
「作画のクオリティバブル」についてのお話
OVAについてのお話
俺の見方はまともではない?

【関連商品に入れられる事を強いられているんだ!(集中線)】
機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray]機動戦士ガンダムAGE 第1巻 【豪華版】(初回限定生産) [Blu-ray]
(2012/02/10)
豊永利行、遠藤綾 他

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2011/12/10 19:42|アニメ関連雑記TB:0CM:9

疲れた……。 

夜に野外で身体を動かすバイトをしちゃいけませんな・・・。
この寒さ。実に堪えます・・・。

web拍手 by FC2
2011/12/07 23:56|愚痴TB:0CM:2

アニメOPのSEについてのお話 

アニメ関連で、最近割と耳にする話題があります。
最近のアニメって、OPにSEが入ってないよね?
う~ん、確かに。深夜アニメはおろか、全日帯アニメにも、OPでSEが入っていないという作品は少なくないですね。
そこで本日は、「アニメOPのSE」について、考えてみたいと思います。

ガキーン!ギュピーン!バシュ~ッ!
こういったSEがOPに入ると、盛り上がりも抜群ですよね。
・・・とは言いましても、そう感じるのはどうやら少数派のようでありまして、今はどうも「SEは邪魔である」と感じる人が多いようです。、
歌の途中でドカーンとかキュピーンとか、歌が聞こえないじゃないか。雑音でしかない
などといった書き込みがありました。
管理人はどちらかと言えばOPにはSEがついていた方が良い派の人間ではありますが、コレは確かに一理あり。過剰なSEで歌が全く聴こえなくなってしまっては本末転倒というものです。
また、深夜アニメでたまに1回だけOPにSEが入ったりする作品もあるのですが、SE付きOPが流れた時のTwitterや某掲示板の実況や感想なんかを見てみると、
SEいらん
これから毎回SE入るの?やめて欲しいわ
といった書き込みが・・・。適度なSEは先述の通り盛り上がりを促進する要素であると管理人は信じて疑わないのですが、厳しいものですなぁ。

と、いう事を友人らや後輩やらに話してみたところ大体、
SEは邪魔
という答えが返ってきました。
お前らもか!?
そんなに駄目なんでしょうか、OPのSEは。
こういった意見が大勢であれば、アニメ制作者側もSEを入れにくいという事もあるんでしょうね。
いや、それ以前に、現行のアニメOP曲の大半はタイアップ曲でありますから、レコード会社からの要望というのもあるのかも知れません。あるいは、作曲者やアーティストからの要望か・・・。
いずれにせよ、そうであるならば仕方が無いのかなぁ、とも思います。

いや、しかしですね。アニメのオープニングというのは映像と音楽が合致して、一種の心地良さを生み出すものであります。そこにSEを加える事によって、より一層OPアニメーションとしての完成度が増すと管理人は思うのであります()。
最近の深夜アニメなんかを観ても、
ああ、このOPにSEがついたら気持ち良いだろうなぁ!
と思う作品も少なくはありません。『とある科学の超電磁砲』の後期OPとか、特にそう思った訳です。
かと思ったら70年代~80年代風アニメのパロディーをやってそのOPにSEを入れたりする作品もあり・・・。そういうのはいいから、ちゃんとしたOPでSEつけていただきたいッ!

・・・百歩譲って、深夜アニメは別にSEが無くても良しとしましょう。
問題は、全日帯アニメ。
いえね、SE入っている作品はちゃんと入っているんですよ。しかし、それが子供達にどう捉えられているのか、というのが個人的には気になるのであります。
やはりネットの大多数の住人と同じように煙たがられているのか、はたまたSEに胸躍らせているのか・・・。そのあたりで、今後のアニメのSEの方向性が決まりそうな気がするので、重要であるように思うのです。
・・・特撮では『スーパー戦隊シリーズ』のOPでSEが入っていたりする訳で、本質的にはSEを入れても大丈夫なんじゃないかなぁと思うのではありますが、実態はどうなっているんでしょうか・・・。非常に気になるところではあります。


【関連記事】
オープニング・エンディングを飛ばすか、否か?
アニソンからの布教
世界観に合致しない主題歌


【関連商品】
東映TVアニメ主題歌大全集 VOL.1 [DVD]東映TVアニメ主題歌大全集 VOL.1 [DVD]
(2002/06/21)
アニメ

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2011/12/06 06:30|アニメ関連雑記TB:0CM:5

19時間の睡眠でした。 

昨日は合同企業説明会なる就活イベントに行ってきたのでありますがまるで某世界最大の同人誌即売会のようだった、歩いたり立ちっぱなしだったりで足が棒になったり結構な疲労感を覚えたりで、帰りの電車の中で意識が途絶えてしまいました
で、再び意識が戻ったのは深夜0時頃。どこをどうやって列車の乗り継ぎをしたのやら全く見当もつかんのですが、兎に角、着替えたりシャワーを浴びた形跡もあるようでちゃんちゃんこを着た上で布団の中に包まっておりました。ホント、どうやったんだろう・・・。
どうやらTwitterに書き込みをしていたらしく、それによるとどうやら4時頃に帰宅していたようです・・・。
そしてその後、空腹だったので軽くおやつなどを食べた後再び眠りにつき、起きたのは昼の12時。今日は幸い午後からの講義でしたので、そのまま着替えて学校に行ったのでありますが、しかし謎であります。というか、寧ろ怖いです。

今までにこういう経験は無いのですよ。お酒を飲んだ時に記憶が飛ぶという人も居るようですが、管理人はそのタイプではありません。まして今回のは疲れていたとは言え、完全に素面の状態。こりゃ一体どういう事でしょうか。というか、帰宅と同時に睡眠を始めたとして、19時間もの睡眠という事になるのですが、これはいかがなものか・・・。
帰りがけに『映画 けいおん!』などを観てから帰ろうかとも思った訳ですが、どうやらそうはせず帰宅してしまったようで。『ガンダムAGE』も見逃しちゃったし(録画してたけど。)、散々でございますよ。
・・・等と言いつつも、本気で怖かったりするのであります。Twitterに書き込んでいたというのは、少なくともその時は意識がはっきりしていたという事でしょうが、管理人にはその記憶もありません。
笑い事じゃねぇよ、怖ぇよ!

単に疲れが溜まっていただけであれば別に良いのですが、今後もまた記憶が飛んでしまうような事があるとすると・・・と考えると若干怖いのではございますけれども、まぁ、今後頻発するようならば最寄りの病院に行くなどしようかなと思います。
・・・ただ単に疲れていただけなら、本当に良いのですが・・・。

因みに、見ていた夢は鮮明に覚えているのですよ。
妄想るアンディとラーメンを食いに行ったり、東京タワーと東京スカイツリーを倒したり、友人らと『マリオカート』をしたり、先輩に自分の漫画をこき下ろされたり、初恋の相手と結婚して生活していたり、仲間と一緒に救い出した少女が実は人間爆弾に改造されていて見ている目の前で爆死したりする夢を見ていたのですよ。
いやはや、長らく寝ると見る夢も沢山ですなぁ。見た夢を鮮明に覚えているのであれば、長時間の睡眠もたまには良いかなぁと思ったり(いや、良くない)。

【関連商品】
無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】 [DVD]無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】 [DVD]
(2008/08/22)
大山のぶ代、森 功至 他

商品詳細を見る

チャージマン研! 5 [DVD]チャージマン研! 5 [DVD]
(2007/03/20)
沢田和猫、藤田淑子 他

商品詳細を見る

同じ「人間爆弾」でもえらい違いであります。

web拍手 by FC2
2011/12/05 21:47|睡眠TB:0CM:2

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.