管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

嗚呼… 

もう7月になる・・・。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2011/06/30 23:57|愚痴TB:0CM:0

復帰 

よもや本当に1週間も更新が出来なくなるとは思いませんでした(笑)。管理人も色々忙しかったとですよ。
この一週間の間にすっかり暑くなってまいりましたね。九州南部では既に梅雨明けが宣言されまして、段々と列島に夏が訪れてきた、という事でありましょうか。管理人は露のジメジメした感じが嫌いでございまして、寧ろカラっとした暑さの方が好きだったりする訳なのであります。
・・・今年は節電&電気代節約の為、エアコンを使用しないで夏を乗り切ろうと思います。ある種暴挙でありますな(苦笑)。扇風機・氷嚢・保冷剤だけで夏を乗り切れるのか、今からヒジョーに心配であります。いや、寧ろPCの熱暴走が怖いかも知れません・・・。

現在も続いている福島第一原発事故の影響で全国的に脱原発の機運が高まっておりまして、その結果全国の原発を停止させる、という事にもなれば電気代が上がったり・・・という状況にもなる訳でありまして。ここにきてエネルギー問題が難しい局面を迎えている訳でありまして、この機会に少し考えてみたくもなったりします。
・・・その一方で原発に纏わる様々な利権問題やら何やらについてのお話もあったり。
別に当ブログは社会派ブログではありませんのでどうこう言ったりする訳では無いんですがね(笑)。

そんな訳でありまして、通常更新に戻りたいと思う次第であります。
目下のところは制作中の漫画『カミサマのココロ』の完成に全力を傾けたいと思います。
当初の〆切まであと一週間しかないぞ!間に合うのか!?

・・・そろそろ学校の前期試験・レポートラッシュも始まります。軽く気が滅入りますなぁ(苦笑)。
加えてとうとう就職活動というモノも既に始まっている訳でありまして、益々気が滅入ります。就職できなかったらどうしよう・・・という恐怖と闘う日々でありますよ(笑)。
まぁ、そんな感じでだんだんと忙しくなりますので、毎日更新というのはちょっと難しくなるのかなぁ、と思う今日この頃でございますよ。
まぁ、別に毎日更新を掲げているブログでもありませんし、のんびりとやっていこうと思います。


【追記】
どうやら当記事が777件目の記事らしいです。復帰一発目(一週間しか休んでないケド)でこれは幸先良いですぞ!
URLを見ると71の開きがありますが、つまりそれはそれだけ没記事があったという事の裏返しでありまして・・・(苦笑)。

web拍手 by FC2
2011/06/29 21:26|お知らせ等TB:0CM:4

諸事情ありまして… 

諸事情ありまして、当ブログの更新を約1週間ほどお休みさせていただきます。

なるべく早く再度更新できるようになれば良いのでありますが、まぁ、こればっかりは仕方がありませんね…。
尚、Twitterの方は平常運転で行きます。

web拍手 by FC2
2011/06/22 23:04|お知らせ等TB:0CM:0

特撮怪獣映画布教の野望 

左のプロフィール欄にも書いておりますが、管理人の好物は特撮怪獣映画な訳でございます。
しかし、何度も当ブログで書いております通り、現在は怪獣氷河期。特撮怪獣映画はおろか、TVで怪獣が毎週観れるウルトラシリーズもやっていないという状況でございます。特撮作品自体は『スーパー戦隊シリーズ』及び『仮面ライダーシリーズ』(それらに加えて若干の深夜特撮)がやっている訳でございますが、怪獣が主食の管理人はどこか物足りない気分な訳であります(別にライダーやスーパー戦隊シリーズがイケナイという訳でもありませんが)。
特撮怪獣再興の為には、地道にファン活動をしながら作品布教をしなければならないのかなぁ、と思っている訳なのでありますが、特撮怪獣関連のイベントやら催し物は管理人の住む地域ではなかなかやらない訳で・・・。
アニメのイベントなんかは結構地方でもやっている訳でありまして、管理人も出かけたり出かけなかったりしておる訳でありますが、如何せん特撮怪獣などという氷河期真っ只中のニッチなジャンルでは、地方でイベントをやる余力は無いと、そういう事なのかも知れません・・・。
こうなったらいっそ管理人がイベントを主宰して・・・などという考えが過ったりもする訳でありますが、しかしてその為には一定の賛同者が必要な訳で、一定の賛同者が居れば特撮怪獣は氷河期になったりしない訳で・・・。署名でもやりますかね。
何にせよ、新作怪獣作品製作の話が無い現状では、差しあたって近くの友人やら先輩やら後輩やらに布教していき、地道に特撮怪獣の下地を固めていくというところから始めなければならないのかも知れません。
しかし、特撮怪獣を布教するというのはアニメを布教するのとは訳が違います。様々な困難やら壁やらが存在する訳でございますよ・・・!
と、言う訳で(ちと前フリが長くなりましたが)、本日は特撮怪獣布教の方法について、考えてみたいと思います。

大前提として、「特撮、特に怪獣映画は子供向けの作品である」というのがあります。先日書きました通り(下記【関連記事】参照)、現在に於いては「子供向け」というだけで避けられる風潮がある訳でして、そこに来ると「特撮怪獣=子供向け」という固定概念があるのは、非常にマイナスであると、管理人は思う訳です。
・・・まぁ実際、怪獣映画というのは子供やファミリー層を対象にした作品が殆どな訳でありますが。子供向け・ファミリー向け前提で更に一歩進んで愉しむという方法を伝える事が出来れば引き込み用もあると思うのですが、しかしてそれを伝えるには実際に作品を観てもらって、必要に応じて解説をする、というやり方になるんですよね。
つまり、鑑賞会に誘った段階で「いや、俺、興味無いから・・・」と一蹴されたらそれでおしまいなんですな(苦笑)。
・・・しかし、『仮面ライダーシリーズ』なら、「ふぅん・・・。じゃぁ、観てみようか」となったりするんですよね。現行放送しているというのもあるでしょうが、インターネット上の掲示板なんかでも人気の高いシリーズでありますし、散々マスコミの報道なんかで「平成ライダーは大人も愉しめる!」みたいな報道がなされている訳でして、非ライダーファンでも入りやすい下地が出来ていると言える訳です。
そこに来ると怪獣作品は、現行で放送も上映もされていないというのがネックとなり、マスコミ報道による援護射撃も無い訳で、非怪獣ファンが入りやすい下地、等というモノは形成されている筈も無く・・・。

と、なれば、逆転の発想で、ライダーから大きく迂回して怪獣作品に持っていくという布教方法も無い訳ではありません。
仮面ライダーディケイド』や、今年春公開の『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』、漫画『仮面ライダーSPIRITS』等の影響で昭和ライダーも比較的布教し易くなっている訳であります。これを利用させてもらって、

平成ライダー

昭和ライダー

東映ヒーロー(メタルヒーロー、スーパー戦隊 他)

昭和特撮(ピープロ作品、円谷作品 その他多数ヒーロー作品)

怪獣映画


と、言った感じで大きく迂回して怪獣映画に繋げていけば・・・オールマイティーな特撮オタクが一人出来上がりますね!
・・・う~む、確かにこの方法であれば「昔の作品だから古臭い」等というような理由で昭和の特撮怪獣映画が敬遠される、なんて心配は無くなる訳ですが、こちらとしては怪獣映画ファンになって欲しいだけですので、別に特撮オタクという修羅の道に引きずり込むというのは気が引ける訳であります・・・。まぁ、特撮好きが増えてくれたらそれはそれで嬉しいのですが、なんとなく良心が痛みそうな気がします(苦笑)。
逆説的に考えると、昭和の特撮ヒーロー作品まで親しんでいる人に対して怪獣作品を薦めるのは容易であるという訳ですが、そこまでの人ならこっちが進めるまでも無く怪獣作品には目を通しているでしょうし・・・(苦笑)。

監督やスタッフに興味を持ってくれたら大迂回をする必要も無いんですがね。

田崎竜太監督作品

小さき勇者たち〜ガメラ〜


のように、簡単に移行させる事が可能な訳ですから。あの造型師やこの操演スタッフ、スーツアクター等々、特撮業界は広いようで狭いですからね。・・・って、結局特撮オタクの第一歩を踏み出すルートじゃないですか、それ。
しかし、最近はスタッフに興味を持つというタイプの人は少ないですし、まして特撮スタッフの話なんて興味が無くてアタリマエ。この布教方法はまず不可能なんでしょうなぁ。

特撮、特に怪獣映画は子供向けの作品である」という大前提を逆手に取る、という布教方法はどうでしょうか。
誰でも一度は子供だった訳であります。で、あるならば、子供向け作品である特撮怪獣映画を子供の頃に観ていた、という人は沢山居る筈であります。そこに入り込んで、
昔観ていた作品を観なおしてみないか?新しい発見があるかも知れんぜ!?
といった感じで布教してみる訳です。
こりゃ上手くいくだろう・・・と思ったのですが、この布教方法、管理人は実践して半分成功・半分失敗した訳であります。
確かに、自分が子供の頃観た作品を観なおす、というところまではいくのですが、そこから先、つまり、他の作品に移行する事は無いんですな。例外的にシリーズ作品であれば、その第一作目を観るというところまではいくのですが、その先にはなかなか行かないのであります。『ゴジラ』を観てくれたからといって『大怪獣バラン』も観てくれる訳では無いのであります。それが哀しい現実でありまして・・・。

こうなったら四の五の言っていられない、ハリウッドのモンスター映画・怪獣映画から布教してみよう!
という布教方法も無くは無いのですが、その場合逆に日本の特撮怪獣映画に対して拒絶反応を起こしてしまうというケースもある訳でありまして、そうなってしまったらもう本末転倒でございますな。
上手い具合に日本と海外の特撮に対する姿勢の対比というカタチで持っていけたら良いんですけれども・・・。

・・・現状で管理人が思いつく布教方法を挙げてみましたが、やはりどれもパッとしませんなぁ。唯一迂回して怪獣映画に持っていくパターンが一番良いのかも知れませんけれども、個人的にそれはそれでどうなんだ?と思います。
やはり怪獣作品というのは一定の特撮オタクにしか受け入れられないジャンルなのでありましょうか。・・・そうでなければ氷河期になったりしませんか(苦笑)。しかし、それはそれで哀しい事であると、管理人は思う訳であります。
・・・しかし、TVCMなんかを観たりしますと、結構特撮怪獣的要素の入ったCMなんかも流れているんですよね。思うに、日本人は潜在的に特撮怪獣作品が好きなんですよ。しかし、わざわざ映画館にまで足を運ぶ必要は無い、と判断する人が多くなったんでしょうね。
どうせ1年もしたらTVで放送するだろう
まぁ、怪獣映画に限った話でも無いでしょうけど、怪獣作品に関してはそう考える人が多くなったという事なのかも知れません・・・。

もう、怪獣映画が望まれてはいないかも知れません。いえ、一部の怪獣ファン以外に怪獣を求めている人は居ないでしょう。
しかし、管理人はそれでも怪獣作品を待っているんですな。好きですから。好きなもんはしょうがないんです。業みたいなもんです。ですから、新しい怪獣作品を拝む為に、今日も怪獣作品普及の為の布教の野望を練り続けている次第でございますよ(笑)!
2012年公開予定とされるハリウッドの新作ゴジラ、2013年復活と噂されている本家東宝の新作ゴジラ。差し当たりこの2つのゴジラに注目しつつ、今は静かに布教活動にいそしんだ方が良いのかなぁ、と思う今日この頃であります。
・・・最新の怪獣映画が『デスカッパ』では、あまりに哀し過ぎます(いや、嫌いじゃないけどね!)。


【関連記事】
「子供向けだ」と一蹴するな!
布教
怪獣オタ的不満
時代は怪獣を望むか?
怪獣映画はお祭りみたいなものです
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート1】

【関連商品】
【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ(昭和29年度作品)【東宝特撮Blu-rayセレクション】 ゴジラ(昭和29年度作品)
(2009/09/18)
宝田明、河内桃子 他

商品詳細を見る

大怪獣ガメラ デジタル・リマスター版 [DVD]大怪獣ガメラ デジタル・リマスター版 [DVD]
(2010/07/23)
船越英二、山下洵一郎 他

商品詳細を見る

デスカッパ [DVD]デスカッパ [DVD]
(2011/06/02)
平田弥里、深華 他

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2011/06/20 23:59|特撮関連雑記TB:0CM:5

原稿突入 

日曜の朝は『デジモンクロスウォーズ』を眠気眼で観つつ『バトルスピリッツ ブレイヴ』で覚醒し、パンをかじりながら『海賊戦隊ゴーカイジャー』を観た後に『仮面ライダーOOO』で自分の欲望を自戒しつつ、『スイートプリキュア♪』でまた一週間闘う気力を貰うという、そんな感じの時間を送っております。
土曜深夜に『TIGER & BUNNY』を観ているので、プリキュアが終わるとすぐに朝寝してしまう、というのが難点でありますね。酷い時はそのまま『サザエさん』まで寝てしまう、等という事も・・・。

サザエさん』が終わると憂鬱になり、「また月曜がやってきちまうなぁ・・・」、「月曜は英会話の授業があるなぁ・・・」、「プリキュアで一週間戦う気力を補充したのになんで俺は憂鬱になってるんだろうなぁ・・・」などと若干塞ぎ込んでしまいます(笑)。まぁ、否が応でも月曜日はやってくるんですが。


| ∧         ∧
|/ ヽ        ./ .∧
|   `、     /   ∧
|      ̄ ̄ ̄    ヽ
| ̄ ̄ ̄月曜日 ̄ ̄ ̄)
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.\
|ヽ-=・=-′ ヽ-=・=-  /   やあ
|::    \___/    /
|:::::::    \/     /



と、言う訳で、月曜から『カミサマのココロ』、原稿の方に入ります。
目標完成日は、7月5日。
・・・できますかねぇ・・・。

web拍手 by FC2
2011/06/19 23:32|漫画制作雑記TB:0CM:5

祝!2万8千HIT!!  

と、いう事でございまして、当ブログも2万8千HITを迎える事が出来ました。ありがとうございます。
のべ2万8千人の方が当ブログに足を運んでくださったという事でありまして、感謝感激雨霰でございます。
これからも当ブログ【怪獣の溜息】を、よろしくお願い致します。

ブログ開設から466日経過で2万8千HIT。単純計算すると、1日当たり約60人の方が当ブログに足を運んでくださっているという事になりますか。
これからも皆様の御期待に沿えるようなブログ運営を心掛けたいと思う次第であります。
個人ブログ・電子日記等とは言いますが、やはり人様に見せるという事が前提となっている訳でありまして、少なからず「エンターテイメント性」という事を考えつつ記事を書いていかねばなぁとも思ったりも致しますが、管理人の性格上どうしても不毛な主張の記事ばかりになってしまいがちです(苦笑)。
少しでも愉しんで頂ければ幸いであります。

web拍手 by FC2
2011/06/18 18:53|記念等TB:0CM:0

予定が狂う狂う 

今日は午後から暇だったので、少し出かけてみたのですよ。それがいけなかった。

出掛けた先で戯れに立ち寄ったお店でマイナーな怪獣映画や劇場用アニメのDVDを発見した瞬間にそれを購入していたり、帰りがけに買い食いしてしまったり・・・。本来であればちょっとだけ散歩するだけだったというのに、何故こんなに出費してしまうのか!?
ついでに友人と古本屋に寄って、いつの間にか漫画を数冊購入していたり・・・。嗚呼、立ち読みで済ますつもりが・・・こんな筈では無かったのに・・・!

予定が狂いに狂った、そんな一日でありました。
これで今月はもう映画を観に行けないぞ。どうしよう・・・。
web拍手 by FC2
2011/06/17 23:36|愚痴TB:0CM:0

「子供向けだ」と一蹴するな! 

先日、『ガンダムシリーズ』の最新作『機動戦士ガンダムAGE』が今年10月から放送開始という発表が為されました。企画協力に『イナズマイレブン』、『ダンボール戦機』等でお馴染みのレベルファイブがクレジットされておりまして、宇宙怪獣(?)との交戦等、これまでのガンダムシリーズとは大分様相の違う作品となるようであります。
先日、当ブログでロボットアニメについてイロイロ書いた訳でありますが(下記【関連記事】参照。)、この『ガンダムAGE』は「ゲーム化前提」、「子供向けに絞る」等の展開をするという事で、ロボットアニメ生き残りの頃の為いよいよガンダムが仕掛けてきたのか、という感想を持ちます。
いやはや、管理人としては実に楽しみでありまして色々と見守っていきたいと思うのでありますが、どうやら世間では賛否両論のようであります(そりゃそうか)。
まぁ、「ガンダムでやる意味が無い」という話はともかくとしまして(最早ガンダムは平成ライダー同様ジャンル化してしまっている訳で、今更どうのこうの言っても仕方が無いと管理人は思うんですよね。)、気になったのは「子供向けかよ」という否定的意見が多かったという事であります。
管理人は思います。
子供向けで悪いのか!?

・・・何もこの話はガンダムに限った話では無いんですよ。どうも最近は「子供向け」というだけで忌諱・卑下されるという風潮があるようで・・・。

メインターゲットを子供に据えたアニメや特撮を卑下して、自分らが観ている深夜アニメこそが高尚であるという、そういう風潮・・・。これに対して管理人は疑問に思うのですよ。
子供向け作品と言うのは手を抜くことが許されないジャンルなんですよね。「子供向け」だと少しでも油断すると、子供はすぐそっぽ向いてしまう訳です(笑)。おまけに、スポンサーの意向で商品を売る事が重要視される。販促と作品性を両立させなければいけない訳で、脚本を組み立てる上で様々な制約がある訳であります。オタク向けな作品だと、割と「お決まり」とか「そういうパターンね」とか、ある程度逃げる事が可能なんですよね。
手抜きが一切許されない制約だらけの子供向けという枠組みの中で、どういうように作品が組み立てられているのか、という点を観るのが愉しいんですが、どうもそういうように観る人というのは少ないようで・・・。
友人やら後輩やらと話してみると、どうも「全日帯の子供向け作品よりもハイクオリティーな深夜アニメの方が高尚である」みたいな考え方なんですよね。管理人の周囲だけがそうなのか、それとも・・・。
・・・オタクの歴史を紐解くと、「子供向けのアニメや特撮を熱心に観ている奴だから」オタクである、という解釈が成り立っていたりもした訳であります。しかして、現在に於いては深夜アニメがアニメオタクの主戦場になっている訳で、どうも子供向け作品というのは軽視されてしまう傾向にあるんですな。
いつの間にか本来の「子供向け作品を観て愉しむオタク」というのが少数派になっている訳でありまして・・・。それが悪いとも言いませんが。

イロイロな所を見たり友人や後輩と話したりしてみると、そういったタイプの人は現在の子供向け作品を卑下する一方で、自分が子供だった頃の作品をやたら持ち上げる、という傾向もあるようです。
そりゃお前思い出補正がかかっているだけじゃねーか!
と突っ込みを入れたい訳なのでございますが、「昔(自分らが子供だった時)は良かったが、今は駄目だ」の一点張りだったりする訳で・・・。
そりゃお前観てないからだろ!
と、突っ込みを入れざるを得ない訳でありますが、そういうと「子供向けだから・・・」と一蹴され、ここに堂々巡りが完成するのであります・・・。

・・・いくら子供向け作品の面白さを説いても無駄なのではないかと、そんな思考に至ってしまったりもする訳でありますが、取り敢えず「深夜アニメは高尚、子供向けアニメは駄目」という考えはやめて欲しいと、そういうように管理人は切に願います。
しかし、これもやっぱり不毛な主張なんでしょうけどねぇ(苦笑)。
当ブログには不毛な主張しかありませんよ(笑)!


【追記】
今回の『ガンダムAGE』関連で、「始まる前から黒歴史」等と言うコメントやらがあったりする訳でありますが、『ガンダムシリーズ』関連で黒歴史云々言うとネットスラングとしての「黒歴史」と『ガンダムシリーズ』用語の「黒歴史」がごっちゃになってややこしくなるからやめて欲しい・・・とか言っても仕方ない話なんでしょうなぁ(苦笑)。

【関連記事】
巨大ロボットアニメについてのお話

【関連商品】 
機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)
(2006/12/22)
古谷徹、鈴置洋孝 他

商品詳細を見る

ガンダムの新作が始まるという事で過去のガンダムシリーズを全部観るという、ガンダムマラソンをやってみようかなぁ、とも思いますが、何分時間が(ry
ダンボール戦機 第1巻 [DVD]ダンボール戦機 第1巻 [DVD]
(2011/06/22)
久保田恵、浪川大輔 他

商品詳細を見る


web拍手 by FC2
2011/06/16 15:17|アニメ関連雑記TB:0CM:7

疲れた…。 

単調な作業をやるだけの簡単なお仕事・・・等とは言いますが、何時間も続けると頭が痺れるような感覚に襲われるんですなぁ・・・。
久しぶりに疲れました。寝ます。

web拍手 by FC2
2011/06/13 23:37|愚痴TB:0CM:3

ネーム完了! 

現在制作中のSF漫画、『カミサマのココロ』でありますが、ネームが完成致しました。
この調子で原稿に!・・・と行きたいのでありますが、そうは問屋が卸してくれない訳でありまして、ちょいと諸事情あって6月15日以降の取り掛かりになりそうであります。時間はあるのに原稿に行けないというのはもどかしいものですなぁ・・・。

漫画自体の完成は7月初旬を目指しており、このスケジュール計算であれば十分間に合う・・・筈。
とは言え、デザインやら何やらをこれから決めないといけない訳で、まだまだ完成までの道のりは長そうです。

今回はオチを強化してみたのですが、ネームを読み直してみると、若干先読み可能のような気がするという・・・。
う~む。

web拍手 by FC2
2011/06/12 23:19|漫画制作雑記TB:0CM:3

ネットの世論形成についてのお話 

ネット世論」という言葉が言われて久しくなりました。
匿名性の高いネット上に於きましては、普段思っていても言えない事もバンバン言える!という事で、現実世界の世論とネット世論には開きが見られたりもする訳であります。・・・まぁ、流れている情報にも違いがありますし、それによる見解の違い云々という話もあるのですが・・・。
ネットの匿名性の高さから、「少数派の声が大きいだけで別に世論のようなモノはできていない」という指摘もある訳でありまして、これに関しては否定的見解やら肯定的見解やらがあちらこちらで散見される訳です。管理人はと申しますと、「半分くらい合っているんじゃないか?」と思うのでありますが・・・。
と、言う訳で本日は「ネットの世論形成」という事について、少し考えてみたいと思います。

※当記事で言う「世論」というのは政治的なお話だけでなく、「流行」、「思想」、「文化」等のワードもも含んだ、広い意味での「世論」の事でございます。


特定の意見や小流行」が「大々的に報道」され、その結果「大衆が受け入れ、世論になる」。
日本ではこういったプロセスの元、世論というモノが形成されているのですな。マスコミの報道やら著名人の発言やらで世論が移り変わっていると言っても過言では無いんですね。
管理人はそういった事に対して、ある種煽動的である、と感じたりもする訳ですが、しかしてそれが一つのビジネスモデルであったりする訳でありまして、仕方が無いかなぁ、と思っとる訳でございます。まぁ、時としてそういった煽動的報道に相反して世論が動く事もありますよって、そのあたりは集団心理の面白いところであるように思います。

さて、ネット上の世論形成というのは、どうなっておるのか?
・・・結論から言いますと、現実世界とそう変わらないんですな(苦笑)。

御存じのように、インターネット上には様々なコミュニティーが存在します。電子掲示板にSNS、個人ブログ・・・等々、実に多種多様なコミュニティーが存在する訳でありますな。
そんなインターネットコミュニティー界隈で大きな影響力を持っているのは、【巨大掲示板群2ちゃんねる】であると、管理人は思う訳です。・・・まぁ、最近はアクセス数が減っているとか、住人の高年齢化が進んでいるとか、イロイロ言われておる訳ではありますが、諸ネット用語をはじめ、様々な情報や文化の拡がりを見るに、まだまだその影響力というのは強いと言わざるを得ません。良くも悪くも、日本のネット界隈は2ちゃんねるの影響無くして語れないんですな。
とは言いましても、この2ちゃんねるというモノは数百にも及ぶ厖大な掲示板から成り立っている訳でして、当然各板ごとの雰囲気も住人の層も異なりますし、同じ板でもスレッドごとで対立構造にあったりする訳で、どう考えても「2ちゃんねるがネット世論の中心である!」とは言えないと思うんですよね。

しかし2000年代に入り、個人ブログが発展すると2ちゃんねる内の特定スレッドから描き込みを抜粋・編集した記事を掲載する、いわゆる「まとめブログ」が誕生、隆盛を極める訳であります。今日に於いても様々なまとめブログで様々な板の様々なスレが取り上げられている訳でありますな。
管理人はこの「まとめブログ」というモノが曲者だと思う訳ですよ。
そのままであれば確実にネットの海の中に埋もれてしまう書き込みも、まとめブログで取り上げられる事により、多くの人の目に触れられるようになる訳です。また、SSスレや自作漫画のアップロードといった、創作系のスレがまとめブログで取り上げられる場合、「スレが落ちた後でも読める」、「スレに居なかった人も読む事が出来る」というメリットが発生する訳で、そういったスレを立てた人にとっては嬉しい事なのではないでしょうか(少なくとも、管理人は嬉しいです(笑))。

しかしその一方で、「抜粋・編集したものを掲載する」というまとめブログの性質上、そのまとめブログの管理人が作為的にスレを組み替える事も出来るという問題が、大きく圧し掛かってくると思うのでありますよ。
中には記事の最後に管理人のコメントやAAを挿入する事によって煽動的意味合いを持たせる、というケースも存在する訳であります。
まとめブログには、普段2ちゃんねるを見ない層や、その板・スレに常駐しない人も見に来る訳です。それがまとめブログブレイクの要因だった理もする訳ですが、それ故に1日に数千人もの人が訪れるまとめブログともなると、それなりの影響力を持つ訳ですね。

・・・ここで漸く先に挙げた「少数派の声が大きいだけで別に世論のようなモノはできていない」という指摘及び「ネットの世論形成は現実世界とそうそう変わらない」という事に結びついてくる訳ですよ(笑)。
要は、特定スレで限定的に話されていた内容が、大手まとめブログで取り上げられることにより大勢の目に触れ、その結果としてネット世論化してしまうという、そういう構造になってしまっていると、管理人は思うんですな。うん、まんま現実世界と同じ形成過程ですね

先日当ブログで挙げた「アニメの作画叩き」(下記【関連記事】参照)なんかもまとめブログで取り上げられたあたりに起因しているようですし(そう考えると「作画崩壊」という言葉が誤った意味で広がったという事にも一応説明がつけられますね・・・。)、最近では「アニメ視聴者側の売り上げ至上主義の風潮」という構図も、(特定の売り上げスレを扱った)まとめブログによるものであるという話をチラホラ見かけます。他にも、アレやらコレやらイロイロとまとめブログが原因で広がったモノは沢山ある訳でして。
兎にも角にも、まとめブログの管理人が意識しようがするまいが、まとめブログはネット世論に多大な影響を及ぼしていると言わざるを得ません。

それまでひっそりとやっていたジャンルや話題が大々的に出たり、本来であれば隔離スレで話されていた話題が普及してしまったというケースを見ると、少し考えてしまいます。
俺達はマスコミの報道には騙されないんだぜ!」的思想を持っているネットユーザーって、多いと思うんですよね。しかし、こういった流れを見てみると「お前らもそうそう変わらんじゃないか・・・」と突っ込まざるを得ません(笑)。
まとめブログの管理人が露骨に煽り立てたり、それに乗せられたり便乗したりという風潮は、個人的にあまり好きでは無いんですよねぇ・・・。

まぁ、世論形成というのは結局、「大勢側につきたい!」という思考に帰結するんでしょうね。
管理人は割と反大勢的ポジションをとりつつ実は大勢寄りという奇妙な立ち位置な訳なんですが、やはり露骨な煽動等というところになりますと、反骨精神が湧き上がってくる訳でして・・・。
最近はその煽動がちょっと露骨で、尚且つそれに乗せられてしまっている人が多いんじゃないかと、そう思うんですよ。
今後この煽動がどのような方向に向かっていくのか、という事で、慎重に見守りたいと思います。


【関連記事】
「作画のクオリティバブル」についてのお話


web拍手 by FC2
2011/06/11 19:37|ネット関連雑記TB:0CM:3

ネタはあるんだけれども…。 

ネタはあるのですが、記事として出力するだけの気力が起きません
どうしたものかと若干悩んでおるのでありますが、まぁ、そのうち気力が回復してくるであろうと、楽観視しておる訳であります。
まぁ、別段義務でも無い訳ですし、ぼちぼち書ければ良いかなぁと、そう思ったりしている訳でありまして(笑)。

加えて、最近管理人は色々な物事に対してカウンター的な見方をしてしまう、という思考に陥りがちであります。
こういう時は否が応でも先鋭的かつ気持ちの悪い事を書いてしまいがちになるので、自重している、というのもあるのですが・・・(苦笑)。
個人ブログは趣味である、とは言いましても、人様にお見せするものでありますので、あまりにもアレな記事を書いてしまうのもアレですし、アレがアレしてアレになるアレは防がないといけない訳です(アレって何なんだよ!?)。

基本的に管理人は争いを好みませんので、必然的に炎上してしまうような過激な記事は没にしてしまう訳ですが、炎上させてみる、というのも一興なのかも知れませんね。

web拍手 by FC2
2011/06/10 19:19|愚痴TB:0CM:2

雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第09回放送 

と、いう事でございまして、【雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』】、第9回目の放送でございます。
前回から少し時間が空いてしまいましたが、まぁ、いつものように30分程度で雑談しております。

今回の議題は、「文化って何だろう?」。
サブカル」を標榜しているラジオであるので、一度はやらないといけないなぁ、と思っていた内容でございます。







web拍手 by FC2
2011/06/09 06:07|本編TB:0CM:0

行き詰まり解消 

ネームをある程度まで話を進めた途端に、行き詰まりが解消されました(笑)。
この調子でネームを完成させ、原稿用紙の方に移行したいところであります。
・・・また行き詰まりが来るかも知れませんが(苦笑)。

と、いう事でございまして、今回描いているSF漫画、取り敢えずのタイトルが決定致しました。
カミサマのココロ
・・・どこかしら宗教的な匂いもしますが、SF漫画でございます。

web拍手 by FC2
2011/06/06 23:39|漫画制作雑記TB:0CM:4

またやっちまったよッ! 

今回は17時間睡眠でございました・・・。
web拍手 by FC2
2011/06/05 20:27|睡眠TB:0CM:2

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.