管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

心機一転 

8月最後の日であります。
小中学校では夏休みが今日で終わりまして、明日から新学期が始まるわけでありますが、皆さんいかがお過ごしでありましょうか。
管理人は小中学校の頃からのクセで、「8月の終わり」を結構寂しくも感じたりで・・・。実際は何も寂しい事なんて無い訳ですが。

そんな訳で9月からは心機一転しようと考えたりもして、部屋片付けを敢行しましたが、これがなかなか終わらん訳であります。
しかし、部屋を片付けてみると、イロイロ面白いものが出てきたりもする訳ですよ。昔描いた漫画とか、散文とか。
いやはや、なにもかも皆懐かしい・・・。

・・・まぁ、そんな感じで読み耽ってたりするから部屋片付けが終わらないんですけどね(苦笑)。

さて、明日から9月であります。
なんだか8月はグダグダしていたような気がしますので、心機一転頑張りたいと思うのであります。

【関連記事】
効率的な部屋片付けをするにはどうすれば良いか 怪獣の溜息
夏! 怪獣の溜息

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2010/08/31 22:20|非サブカル雑記TB:0CM:0

きしかん! 

ここ最近、妙に既視感がするのであります。
あ、これ、以前見たような気がする!
というアレです。いわゆるデジャブというヤツですな。
大体既視感を感じるのは、夢のなかで見た(であろう)モノなのでありますが、ここ数日は特に酷いのです。
もしかして:エンドレスエイト

冗談はともかくと致しまして、何度既視感に遭遇しても不思議な感覚がするのは何故でありましょうかね。体験した筈が無いのに、既に体験したような気がするというのは、何やら恐ろしいような気がしなくもないのであります・・・。
しかも、であります。管理人は寝ている間に見た夢の内容を結構覚えているのでありまして、その夢の中で、さも以前体験したかのような感覚のする夢というのがある訳であります。で、その夢が現実のものになる、というケースが結構あるのでございますよ。
既視感ストック」とでも言うべきでしょうか。非常に近い将来に起きることを予知する能力であると考えると、夢が広がりますね
これまた予知夢でビッグビジネスの予感ですよ!

・・・・・・
・・・・・
・・・・
・・・
・・

暑さでアタマがやられたようだ。

冗長な記事でありましたが、しかして既視感の話は本当です(笑)。
不思議なものですなぁ。

【関連商品】
時間の正体 デジャブ・因果論・量子論 (講談社選書メチエ 422)時間の正体 デジャブ・因果論・量子論 (講談社選書メチエ 422)
(2008/09/11)
郡司 ペギオ-幸夫

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/30 22:38|空想科学雑記TB:0CM:3

2010年 F1世界選手権第十三戦・ベルギーGP 決勝  

全世界のF1ファンの皆さん、お久しぶりです!2010年F1世界選手権第十三戦・ベルギーGP決勝のお時間がやってまいりました。
前回のハンガリーGPから約1ヶ月の時間が開きましたが、残り七戦、果たしてどのような展開となっていくのか、実に楽しみでございますね。
さて、F1GPの短い夏休み明け、最初のレースであります。さてさて本日のレースはどうなっていくのでありましょうか。雨の可能性が指摘されており、またまた波乱の予感であります。
尚、ザウバーの日本人ドライバー・小林可夢偉選手は17番手からのスタートとなっております。


      _/ ̄ ̄\__
    /.__| / \ |_\    
    |/ \ 皿 / \|  <暑い…。  
      /    \
      | |  マモノ | |

さぁ、スタートです!早くも雨が降ってまいりました!高速戦闘が繰り広げられ、順位の上り下りが激しくなっております!
2週目、雨が激しくなってきました!それに伴い、各マシンが続々とスリップ!コースアウト多数であります。
かといってまだ路面がドライ寄りなので、タイヤ交換が出来ないという状況でございます。その状況を見て、セーフティーカー導入であります!
その中で、可夢偉はタイヤ交換であります。しかし、ドライタイヤ・・・。これは雨が止むと見越してでありますが、果たして吉と出るか凶とでるか・・・。
4週目、雨が止みました(笑)!セーフティーカーが解除され、レース再開であります。いやはや、可夢偉の作戦勝ちですな。
9週目、アロンソが怒涛の追い上げであります。先の雨でタイヤ交換で順位を落としてしまったロスを取り返す勢いでございますね。
11週目、ロズベルグのマシンが接触、火花を散らしました!
いやはや、今回はヒヤヒヤするレースですなぁ。
13週目、アロンソが必死に順位を上げようと頑張っておりますが、なかなか前に出ることが出来ないというもどかしいレース展開となっていますね。
17週目、ベッテルとバトンが接触です!これにより、バトンはリタイアとなってしまいました・・・。
上位のマシンがリタイアしたりピットへ入った事により、可夢偉が8番手につけましたね。
20週目、先の接触により、ベッテルにドライブスルーペナルティーです。さて、再び雨が降り始めましたぞ!
24週目、タイヤ交換のため、続々とマシンがピットへ入ってきました。
26週目、ベッテルがスローダウンであります!左リアタイヤが、リウィッツィーとの接触により破損したようであります!そして、ピットインでありますが、20位まで順位を落としてしまいました・・・。
31週目、アロンソと可夢偉の激しいバトルであります!果敢にアロンソが攻めておりますが、可夢偉が必死に抑えております!いやはや、可夢偉、本当に頑張っております!
34週目、またまた雨であります!この雨は大雨であります!この雨がこのレースにどのような影響を与えていくのでありましょうか・・・!?
35週目、タイヤ交換の為に続々とピットへマシンが入ってきました!
これにより、上位陣の順位が入れ替わってきました。
38週目、アロンソ、ストップ!スリップによって縁石に激突しました!リタイアです。そして、その影響により、セーフティーカー導入であります!
41週目、セーフティーカー解除、レース再開であります!再スタートと同時に、各マシン激しい争いとなりました!
そして、ハミルトンがトップでフィニッシュであります!


_|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
_|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|'''''''''''''''''''''''''
三三||  //  //              ...||三三| |     ミ☆
三三||                          ||三三| |
三三||   |\_/ ̄ ̄\_/|       .||三三| |  <雨を降らせて涼しくしますた。
三三||   \_|  ▼ ▼ |_/       .||三三| |
三三||      \  皿 /            ||三三| |/ ̄\__/ ̄ ̄
三三||      (⌒ ̄l⊃⊂l⌒) // //  ||三三| |::::[][]:::::::::::::::::::::::[][]::::
| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|::::::::::[][]:::::::::::::::::::
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|::::::::::::::::::::::::::::::::::::


さて、以下、10位入賞までの結果であります。

1位 L.ハミルトン
2位 M.ウェバー
3位 R.クビサ
4位 F.マッサ
5位 A.スーティル
6位 N.ロズベルグ
7位 M.シューマッハ
8位 小林 可夢偉
9位 V.ペトロフ
10位 J.アルグエルスアリ

いやはや、今回は終始雨に振り回されたレースでありましたね。色々とヒヤッとするような場面もございました。
しかしながら小林可夢偉選手、17番手からのスタートから、8位入賞!またまたミラクルを魅せてくれました。

さて次回、イタリアGPは9月12日深夜であります。
web拍手 by FC2
2010/08/30 01:40|2010年決勝TB:0CM:0

いい最終回だった! 

毎週日曜のお楽しみ、『仮面ライダーW』のお時間でございます!
今回はいよいよもって最終回でございました!

フィリップ君が空に消えてから一年間、風都を守る仮面ライダージョーカーとして孤独な戦いを続けていた翔太郎。
一方その一年前、若菜姫が行った「ガイアインパクト」。
二つのお話が交互に展開し、最終的にはフィリップ君復活へと繋がった訳であります。
観ている時には若干混乱しましたが、若菜姫が消える場面で風都タワーが再建中であったというのを見てようやく理解しました。
と、すると疑問がひとつ。
前回、ミイラ男になっていた照井が回復するの、早すぎるんじゃないでしょうか。
流石は不死身の男・・・。

まぁそれはともかくとして、今回のお話では、風都に残ったガイアメモリを悪用する、EXEという不良グループが登場しました。
今は潜んでるあのお方
などと思わせぶりな事を言っていましたが、時系列シャッフルのおかげで、「まさか若菜姫か!?」などと思っていたところ、ペットショップ店員のおっさんだったというあたりが、いかにも『W』だなぁ、とか思ってみたり。
そして、劇場版で登場した仮面ライダージョーカーの再登場。変身ポーズにライダーキック&ライダーパンチ。
ドーパントを3体も倒していましたし、スペック的には弱くとも、正義の心がライダーを強くした、といったところでありましょうか。

そしてフィリップ君の復活と引換に消える若菜姫。エクストリームメモリの中で、園崎家が一堂に会するという展開でございましたが、まぁ皆さん丸くなられたようで(笑)。

フィリップ君の復活の後は、ペットショップ店員のおっさん改め、エナジー・ドーパントとの戦闘でありましたが、まさにこれは『W』のラストシーンに相応しい戦闘でありました。
そして、最後の〆が、
さぁ、お前の罪を数えろ!

W、ラストカット

この一年、とても楽しめました!
ありがとう、仮面ライダーW!

・・・・
・・・
・・


まだ冬映画が残っているんですけどね(笑)。
来週からは、『仮面ライダーOOO』が始まります。
新たなライダー・仮面ライダーオーズの戦いに期待しましょう!

【関連商品】
仮面ライダーW Vol.1 [DVD]仮面ライダーW Vol.1 [DVD]
(2010/02/21)
桐山漣菅田将暉

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/29 09:03|仮面ライダーWTB:0CM:3

えっ 

ま た 寝 過 ご し た 訳 だ が

どうも、当ブログ管理人の飛翔掘削です。
ちょっと昼寝でもするか
等と考えて寝た結果がこの有様です。
完全に昼夜逆転生活です。誠に遺憾です。
また寝過ごして昨日は更新できなかった訳ですが、今日は『仮面ライダーW』の最終回やらF1やらがやる訳で、更新数が増えるんじゃないかな、と思ってみたり。

しかしアレですね。深夜アニメの時間になるとちゃんと目が覚めるという、そういう所はワタクシらしいというかなんというか・・・。

web拍手 by FC2
2010/08/29 03:30|愚痴TB:0CM:0

第二次大戦アニメ・ドキュメンタリー 『アニメンタリー 決断』 

この夏の一番の收穫といえば何か?
と訊かれますと、やはり『劇場版 仮面ライダーW』を観れた事なのでありますが、それと同等かそれ以上の収穫が、あった訳でございます。
それが今回御紹介致します、『アニメンタリー 決断』という作品であります。

さて、『アニメンタリー 決断』は、1971年に放映された、タツノコプロ制作の戦記アニメであります。尚、「アニメンタリー」というのは造語でございまして、意味合いとしては「アニメ×ドキュメンタリー」といった感じになるそうです。

全体的には太平洋戦争に於ける「決断」に重点を置いた作品となっておりまして、開戦から終戦に到るまでの、各作戦に於ける各指揮官(時には政治家、下士官)の「決断」が描かれている訳です。
特筆すべきは、日本軍側を描く時も連合国軍側を描く時も、実に淡々とされている訳でありまして、「どちらが良い、どちらが悪い」というような描き方をしていない、という事なのですね。また、この作品には主人公格となる人物が居らず、強いて言えば各回の「決断」を下した人物にスポットが当てられている、というぐらいなのであります。
単純な戦争の反省または戦争賛美では無く、戦場に於ける「決断」を淡々と描いたという点が、『アニメンタリー 決断』の凄いところと言えるでしょう。
歴史考証につきましてはかなり力が入っておりまして、当時としては最高クラス(だと思われる)の歴史考証が為されておりました。これは、原作・監修を作家の児島襄氏が務めているというのが大きいようであります。

作画に於きましては、当時としてはかなりのハイクオリティーなものに出来上がっておりまして、純粋にメカニックの格好良さを堪能できる作品としても仕上がっているかと思います。後のタツノコプロ作品に使われるようになる表現やエフェクトが散在しておりました。
人物に於きましては、当時としてはかなりリアルな画風となっておりました。演技の付け方についてもかなり気が配られておりました。
アニメンタリー 決断』は、日本のアニメの作画に影響を与えている作品のひとつと言えるでしょう。

もう一つ、特徴的なのが、「」の使い方です。
この作品のBGMには、軍歌や戦時歌謡曲をアレンジしたものが多く使われておりまして(場合によっては挿入歌として使用されています)、上手い具合に場面に合致したBGMがかかる訳です。知っている人はかなりニヤリと来るのではないでしょうかね(笑)。
また、SEは実機のエンジン音や実際の爆発音が使われておりまして、それもまた作品の臨場感を上げるのに効果的な役割を果たしていますね。
やはりSEやBGMという「」という部分については、作品の「」の部分でございますから、こういった作品ではかなり丁寧な作りとなっている訳でありますな。

忘れてはならないのが、この作品のシリーズ構成についてであります。
この作品のシリーズ構成には時系列シャッフルが採用されておりました。
時系列シャッフルと言えば、『涼宮ハルヒの憂鬱』(2006年版)等が有名でありますが、この『アニメンタリー 決断』は、日本で初めて時系列シャッフルを採用したアニメ作品であると言われております。

そんな訳でこの作品はまだテレビアニメが「テレビまんが」と呼ばれていた時代に、様々な画期的要素を持ち合わせていた、異色の作品であるといえるでしょう。
しかし、当時としてはやはりリアル過ぎた為か、PTAや教育団体からは激しい抗議があったようです。その影響で作品は打ち切りとなってしまった、というお話もあるようであります。
これほど素晴らしい作品でありましても、やはり出てくるのが早すぎた、という事でありましょうかね。
今この作品をリメイクしてみる、というのも面白いような気もします。


いやはや、淡々と歴史を描き、その中から生きるための教訓を学ぶ、という造りの作品ではありますが、緻密な作画、要所要所で入るナレーションによる解説等、今観ても全く色褪せる事の無い作品(寧ろ、今だからこそ観るべき作品なのかも知れません。)でありました。まさに、隠れた名作と言うべきような感じの作品でありましたね。
皆さんも機会があれば、是非御覧下さい。
・・・とは言っても、なかなかレンタルビデオ店には置いて無いですから、視聴は困難かもしれませんが・・・。DVDBOXが定価22,050円で出ておりますので、お金に余裕のある方は、是非!決して損する内容ではありませんですぞ。

この作品を管理人に紹介してくださったyuzumugeさんに御礼申し上げます。素晴らしい作品を御紹介していただきまして、有難うございました!


【関連ページ】
君は「アニメンタリー決断」を知っているか

【関連商品】
アニメンタリー決断 DVD-BOXアニメンタリー決断 DVD-BOX
(2005/06/24)
雨森雅司; 浦野光; 家弓家正; 九里・一平; 鳥海尽三; 辻村真人; 田中信夫; 塩見竜介; 真木恭介; 池田献児

商品詳細を見る
アニメンタリー決断 Volume1[DVD]アニメンタリー決断 Volume1[DVD]
(2005/06)
不明

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/27 22:08|その他のアニメTB:0CM:3

1万2千HIT記念イラスト 

「艦尾損傷!!」
「二番補機大破!!」
「トップ部隊42%壊滅。レーザー群損傷率85%」
「第三艦橋大破!」
「重巡”ボソン”より入電。「我操舵不能、我操舵不能」」
「・・・敵の親玉はどいつだ?」
「本艦の右上方35度、目測で距離一万二千です」
「エンジンを臨界まで上げておけ! いよいよとなれば本艦ごと奴にぶつける」
「艦長・・・」
「あいつらを地球にやるわけにはいかん!」

ブーブーブーブー!
 
「艦長!」
「何だ?」
「第七ハッチがあいています!」
「なにっ!?」

デンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドン テッテレーテッテレーテテテテー・・・


1万2千HIT記念絵
※画像クリックで原寸大表示

はい、と、いう事でございまして、1万2千HIT記念イラストは、ガンバスターでございます。
ガンバスターは、1万2千年後に「オカエリナサト」な無敵のスーパーロボットであります。
以上です。

最近『トップをねらえ!』もパチンコになったそうで・・・。

【関連商品】
「トップをねらえ!」 業務用BGM集「トップをねらえ!」 業務用BGM集
(1996/12/18)
ビデオ・サントラ酒井法子

商品詳細を見る

トップをねらえ! Vol.1 [DVD]トップをねらえ! Vol.1 [DVD]
(2000/11/25)
日高のり子佐久間レイ

商品詳細を見る

超合金魂 GX-34 ガンバスター超合金魂 GX-34 ガンバスター
(2006/11/11)
バンダイ

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/27 13:24|記念イラストTB:0CM:3

ネ申 

ネット上の書き込みやらコメントやらを見ておりますと、驚くほどに「」が多いと言う事に気付きます。
やれ「神アニメ」だの、「神曲」だの、「神演出」だの「神作画」だの・・・。
いやぁ、我が国日本は八百万の神々がおわしまするよって、ネット上でも例外無く・・・
って、そういうお話ではありませんね
いくらなんでも神様のバーゲンセールじゃないかと、管理人は思うのでありますよ。
因みに、こんなAAもあります(笑)。

神はいると思う? AA

さてさて、「」というのはまぁ、一種の称号みたいなものでありまして、ニュアンスとしては「神がかっているモノ」という意味合いになると思うのであります。
しかし、困った事にこの「」という称号を付けるのは、あくまでもネット上の住人だったりする訳でありますな。つまりは、個人的な感覚を抜け出せないという問題がある訳でございますよ。
例えば、人物Aにとって「」だと感じても、人物Bから見たら「神ではない」と感じる場合もある、という話であります。
そうなると、「神だ!」「いや、神じゃないだろ!」というような感じで、不毛な言い争いが起きたりもする訳でありまして、実にイカンですよ。

管理人は思うのでありますが、やはり「」というのは万人に認められて、初めて「」たり得るのではないか、と思うのでありますよ。
よって、現状の万人に「」と認められていないような物(や人物)に関して「」などという称号を勝手に付けるのは、如何なものかと思う訳でございます。
漫画の神様・手塚治虫」や、「打撃の神様・川上哲治」のように、万人に認められてこその「」だと、管理人は思うのでありますが、どうでしょうか。

」以外の言葉を使って「素晴らしさ」を表現しようとする動きも、ネット上にはあるのでありますが、イマイチ普及していない様子。
やはり、日本人にとって「」というのは、それだけ身近な存在なのかも知れませんね。

【関連商品】
かみちゅ! Blu-ray BOXかみちゅ! Blu-ray BOX
(2010/06/02)
MAKO森永 理科

商品詳細を見る

日本 神さま事典日本 神さま事典
(2005/09)
三橋 健白山 芳太郎

商品詳細を見る

神 トレーナー(赤) M神 トレーナー(赤) M
()
ClubT

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/26 16:24|ネット関連雑記TB:0CM:3

これはまた凄い再現だ! 

いよいよ本日、実家から下宿先に帰らねばならない訳でございまして、平和と繁栄の日々の終焉と共に、また始まってしまう混沌とした日々への絶望を胸に抱きつつ、若干ブルーにならなくもないような感じでありますが、それはそれとしても下宿先に戻るのは仕方のない話でありまして、大学も始まりますし、サークル活動の集会もある事ですし・・・。

冗談はこのくらいにしておきまして、本日はこちらの動画をご紹介したいと思います。


さながら「5分30秒で分かる、『ウルトラマンタロウ』の世界」ですな(笑)。

こちらの動画は、フリーの3DPV作成ツール「MikuMikuDance」で作成された動画なのでありますが、もう『ウルトラマンタロウ』及び円谷特撮作品の再現が半端ない訳でございます。
詳しくはこちらをご覧いただきたいのでありますが、制作者のウルトラ愛といいますか、特撮への愛が伝わってくる、素晴らしい動画でございました。

個人的には、結構デフォルメはされていてもカメラワークと動きを抑えていれば、巨大感・重量感を出す事は十分可能なのだ、と言う事を再認識できた動画でもありました。
いやぁ、たまたま何の気なしにニコニコ動画のランキングを眺めているとこういう動画を発見出来た訳でありまして、たまにはランキングを眺めるのも良いもんだと思ったりもして(笑)。

【関連商品】
DVD ウルトラマンタロウ VOL.1DVD ウルトラマンタロウ VOL.1
(2005/05/27)
特撮(映像)

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/26 15:45|特撮関連雑記TB:0CM:0

友人がアニメを観出していた 

本日は久しぶりに中学時代の友人に会いました。いやはや、前に会った時よりも大分雰囲気も変わったりしておりまして、その一方で管理人はその友人に
お前は変わっていないなぁ
みたいな事を言われて、若干ショボーンとしていたりするのであります。
友人らはリア充していらっしゃるのに比べて俺は何をやっているんだろう、という気分にもなりましたが、それはそれで自分が愉しめているから良いかなぁ、と思ってみたり。

さてさて、その友人なのでありますが、大学に入ってからというもの、なんとアニメなんかを観出したようでありまして、最近では『あそびにいくヨ!』やら『生徒会役員共』やらを観ていらっしゃるようで。
管理人は若干ビックリしておるのでありますよ。中学時代にはそんな素振りもしていなかったのに、奴がアニメを観るとはなぁ・・・。
曰く、大学に入ってから友人に色々と勧められたそうであります。
やはり現在に於いては非オタでも結構深夜アニメを観ているのでありますなぁ。

しかし彼は若干、「全日帯アニメよりも深夜アニメの方が高尚だ」的な考え方をしていたのが気になりました。
いやいや、作品に於いての優劣をつけるのは「全日帯の子供向けアニメだから」とか「深夜帯のオタク向けアニメだから」とかは関係無いだろうに。寧ろ、子供向けアニメって難しいんだぞ。例えば・・・
と、いった事を語ってやりたかった訳でありますが、空気を悪くするのもアレなので黙っておりました(笑)。しかしなぁ・・・。
更には、「昔のアニメは絵柄が云々」という話になり、色々と言ってやりたいところでございましたが、これもグッとこらえておりました。

で、彼は管理人に聞いて来る訳です。
お 勧 め の ア ニ メ は 無 い か ?
で、管理人、色々と言ってみる訳でありますが、
恋愛要素が云々
とか
やっぱり絵柄が古くて云々
とか言って、なかなか聞く耳を持ってくれず・・・。
School Days』でも勧めてやろうかと思ったりもしましたが、また「一緒に観ようぜ!」等と言いだされるとたまらん訳です。
まぁ、冗談はその辺にしておきまして、『HEROMAN』をお勧めしておきましたが、果たして観てくれるかどうか・・・。

最近はそういった感じで、管理人の友人のような感じでアニメを観る非常にライトなアニメファンが増えているようであります。
それが結局はアニメ業界全体の消費へと繋がっているという側面がある訳でありますから、良い傾向であるとは思うのでございますが、しかして管理人としては複雑な気分なのでございますよ。
頭では分かっているのではありますが、このあたりはやっぱりどうしても割り切れない部分もあるのでありますなぁ。

管理人の友人も悪気があってそういうように言ったという事では無いという事も分かってはいるんですがねぇ・・・。
アニメ関連以外の話では、中学時代の話やら大学生活の近況についての話をしまして、それらに関しては楽しく語らう事が出来た訳なんですけれども(笑)。

【関連商品】
【バツゲームのネタに?リアルに充実しやがって…!】レッテルシリーズ リア充 リブクルーネックTシャツ M【バツゲームのネタに?リアルに充実しやがって…!】レッテルシリーズ リア充 リブクルーネックTシャツ M
()
ClubT

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/25 21:15|アニメ関連雑記TB:0CM:0

管理人の睡眠欲は異常 

今日もまたえらく長い眠りでございました・・・。
その睡眠時間、なんと12時間!これはいくらなんでも寝過ぎだと思うのであります。まあ、そのせいで昨日の更新が出来なかったという訳でありますがね。
いやいや、寝る子は育つというかなんというか、やはり管理人は早死にするのでありましょうか(笑)。

【関連記事】
18時間も寝た 怪獣の溜息
寝過ぎは体に毒なのか? 怪獣の溜息

【関連書籍】
ダメな睡眠いい睡眠ダメな睡眠いい睡眠
(2010/03/24)
蓮村 誠

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/24 10:46|睡眠TB:0CM:0

フィリップ、逝く 

毎週日曜のお楽しみ!『仮面ライダーW』のお時間でございますよ、皆さん!
1年間続いてきたこの作品もいよいよ次回で最終回という事でありまして、今回のお話では財団Xとの一応の決着が付いた訳であります(まぁ、財団Xは『仮面ライダーOOO』にも出てくるっぽいので、潰滅、なんて事にならずに「ガイアメモリ関連事業から手を引く」という事でありましたが。今後の財団Xの動向にも注目していきたいですな)。
そして、データ人間であるフィリップ君は今回で最期の変身を果たし、空へと消えて行きました。まるで、風のように。
うおおおん!!!
そして、風都の平和は、翔太郎&照井の、二人の仮面ライダーへと託される訳でございます。
仮面ライダーよ、永遠なれ・・・。


さて、冷静になって今回のお話を振り返ってみましょう。
管理人が思ったのは、

ユートピア・ド―パント、弱体化して無いか!?妙にあっけない最期だったぞ
ちょっと冴子お姉様関連、急ぎ過ぎではないかね?
やはり、財団X編は5話ぐらいかけてやった方が(ry

まぁ、そんな感じの疑問でございますよ。もう少し練りこんで欲しかった訳であります。結構駆け足でありましたからなぁ。
また、翔太郎の心情などを描写するのも、少し尺が足らなかったんじゃないかと、思う訳であります。前回からフィリップ君が消えてしまう事を憂慮し、変身できずに居る翔太郎が描写されておりましたが・・・。
まぁ、幾つかの不満点はございますが、実際変身解除の時の翔太郎&フィリップ君のやり取りは観ていて目頭が熱くなりましたし、まぁ、それはそれで良いのかなぁ、と、そんなふうに思っているのであります(笑)。
で、折角感動してたのに包帯ぐるぐる巻きになってコーヒーを呑んでいるミイラ照井で笑ってしまいました。 あれは卑怯だろ、照井!

と、言う訳でありまして、次回、最終回であります。フィリップ君が居なくなった後の風都のお話。
これで終わりだ!

【関連商品】
仮面ライダーW(ダブル) 変身ベルト DXロストドライバー仮面ライダーW(ダブル) 変身ベルト DXロストドライバー
(2010/08/07)
バンダイ

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/22 09:03|仮面ライダーWTB:0CM:2

『カラフル』、観て参りました! 

はい、と、言う事でございまして、劇場用アニメーション作品『カラフル』、観て参りました。
管理人は初回を観てきましたが、客入りは上々でございまして、まだまだ日本のアニメもやっていけそうだと、そういうように思いました。
客層は我々のようなアニメ好きから家族連れまで、幅広かったように思います。

以下、内容になりますが、ネタバレをしない方向で書きたいと思います。

あらすじやキャラクターについては、こちらをご参照ください(ネタバレはありません)。

カラフル

いやはや、良かったですよ、『カラフル』。流石は原恵一監督、というところでありましょうか。
この作品は原作付きの作品でありまして、2000年には実写映画化もしている作品であります。つまり、今回は『カラフル』の2度目の映像化、という事になりますね。
管理人は原作も先述の実写映画も観ておらず、全くの予備知識0の状態でありましたので、寧ろ何の先入観も無く観れた訳でございます。

感想と致しましては、なんと言いますか、物凄くリアルですね。
そのあたりを見回したら普通に居そうな人達が描かれておりまして、この作品に於ける非日常的な要素は、生き返る事と天使(?)の存在だけなんですな。他は現実に起こり得るような状況・設定でありました。
実際問題として、管理人も中学生時代はホントにこの作品の主人公である真君と殆ど立場が同じだったんですな(苦笑)。
ですから、物凄い勢いで感情移入できました
周囲の反応もまた気持ちの悪いくらいにリアルに描写されておりまして、ちょっと背筋が寒くなりました・・・。実際俺のカーチャンや親父も同じような反応をとっていたよなぁ・・・。
しかし同時に、家族の大切さや、友達が居る事の心強さ等を再認識する事も出来た訳でありますよ。
家族と一緒に食事をする。これって、大切な事ですよね。特にこの作品では食事のシーンが強調されておりました。
現代に於いては、個食等の問題が顕著化しておりまして、家族揃ってご飯を食べる、という事が少なくなっている訳でありますよ。
そんな中、食と言う視点を織り込んだという部分は、なかなか鋭いなぁ、と思うのでございます。

ちょいと脱線致しますと、この作品に玉電の話が出てきたという事でありますかね。当時の路線や車両がアニメーションで再現されておりまして、鉄道好きと致しましては若干ニヤリとさせられてしまった訳であります(笑)。

さて、作画面に於きましては、背景美術が物凄いクオリティーでありまして、実写かと見違うほどのモノでありました。
特に圧巻だったのは、画像処理と見違えるような場面が幾つもあったという事であります(『カラフル』の非公式Twitterアカウントによりますと、「画像処理はしていない」とのこと)。
このあたりの演出が結構凝っておりまして、通常の背景から徐々に実写に近い背景へ移行しつつ、最終的には実写のような背景に至る、という感じでありまいた。シーン的に、「現実感」を出す為の演出であると思われますね。キャラクターは普通のセルで描かれてましたが。
背景だけではなく、キャラクターの演技の付け方も、上手いと思いましたね。表情の移り変わりや、台詞を聞いての反応など、かなりこだわりが感じられました。

こんな感じでありますかね。
ご覧になられていない皆さんも是非、劇場に足を運び、ご鑑賞されては、いかがでしょうか?


【関連商品】
カラフル (文春文庫)カラフル (文春文庫)
(2007/09/04)
森 絵都

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/21 23:07|その他のアニメTB:0CM:0

布教 

布教」と言っても、「アナ~タハ神ヲシンジマ~スカ?」といった感じの怪しい宗教のお話ではございません。アニメや特撮の「布教」についてのお話であります。

作品の熱心なファンは時に「信者」などと呼ばれる訳でありまして、その関連として、作品を周囲のオタク仲間に勧めたりする行為を「布教」と言ったりもする訳であります。
まぁ、そういった感じの行為がさながら宗教に見える事から、「信者」やら「布教」やらと言われているのでございますがね。
熱心な「信者」になると布教用に同じ本やら映像ソフトやらを買うようになったりもする訳であります。そこまでしなくても、持っている本やら映像ソフトを貸したりして「布教」をやっている人は多いようであります(それが原因で「オタク=気持ち悪い」の図式が出来上がった、というお話もありますが)。
まぁ、その一方で違法コピー問題やら何やらがあったりもするのでありますがね・・・。そのお話はまたいずれの機会にでも。

しかしながら最近はジャンルの細分化が進んでいった為に、「布教」をするのが難しくなっている、という話があります。
この作品、面白いから観るか!?
いや、興味無い
極端な話、こうなるのでありますよ。自分の興味がある作品のジャンルしか受け付けないという人が多いんですな。
好きなモノだけを観る」というのも良いとは思うのでありますが、他ジャンルにも良い作品がある、という事を知ってもらいたくなるというのがオタクの性。
しかし、無理に観せるというのはアレでありまして・・・。
ううむ・・・。

いや、オタクが布教するというのがおかしな事なのでありましょうか?
ううむ、よく分からなくなってきました。

【関連商品】

オタクはすでに死んでいる (新潮新書)オタクはすでに死んでいる (新潮新書)
(2008/04/15)
岡田 斗司夫

商品詳細を見る

web拍手 by FC2
2010/08/20 22:42|アニメ&特撮混合雑記TB:0CM:2

自転車が好き 

管理人は自転車が好きであります。
競輪ではありません。自分で自転車を転がすのが好きなのであります。
と、言ってもマウンテンバイクのようなモノではなく、買い物自転車で近所を散策したりするのが好きなのでございますよ。

自転車は自分自身がエンジンであり、燃料なのであります。
そう考えると、自分自身が機関の心臓部であるいように思えて、楽しくて仕方がありません。
また、自転車を漕ぐ事により生じる振動や、路面を走る感覚が全身に伝わってくる為、
ああ、俺は今、走っているのだなぁ!
というような気分になれて、何とも言えない気分になる訳でありますよ。
身体に当たる風が実に心地良いのです。

自転車は、そんなに速度は出ません。まぁ、マウンテンバイクならば時速40キロぐらい出るでしょうが、買い物自転車ではせいぜい出せて時速20キロ程度でありましょう。しかし、管理人はスピード狂の気があるのか結構速度を出してしまっているフシがあるんですけどね(笑)。
まぁ、そういった感じの速度でありますから、結構景色を眺めながら走っていても運転に支障が無い訳でありますよ。風に当たりながら良い景色を見るというのは、実に気持ちが良いのでありますよ。
特に、田舎なんかを走ったりすると何とも言えない気分になるのでございます。

今日も自転車で繰り出した訳でありまして(ちょっとした事情で今日は家に居れなかったので、時間潰しの為にサイクリングに出た訳でありますが)、やはり良いもんですな。
で、市内をぐるっと廻ってきた訳でありますが、故郷の若干の変化が見れたりで、結構面白かったです。

ただそれだけの話でありました(笑)。

【関連商品】
自転車で遠くへ行きたい。自転車で遠くへ行きたい。
(2008/06)
米津 一成

商品詳細を見る

茄子 アンダルシアの夏 [DVD]茄子 アンダルシアの夏 [DVD]
(2007/10/24)
大泉洋小池栄子

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/08/19 19:52|非サブカル雑記TB:0CM:3

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.