管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

ストーリーは王道なのにシュールな話でした 

はいはいはい!毎週日曜のお楽しみ!『仮面ライダーW』のお時間でございますよ、皆さん!
本日のお話は、前回の解決編でございます。それにしても今回の話は色々な意味で濃い話でしたねぇ・・・。

冒頭、ライアー・ド―パントに嘘を吹きこまれてしまうWと亜樹子。
「アクセルはド―パントだ!」「私の正体はタヌキだ!」
「翔太郎、ド―パントが何か言ってるよ?」と言うフィリップ君と、狸の置物にスリッパで攻撃する亜樹子。物凄くシュールです。
そして、その光景をバックにジミーが号泣していたり、うろたえつつもそれをなだめようと必死なゆきほ。やっぱりシュールです。
ライアー・ド―パントは、ジミーの涙を拭き取って去っていきます。
ライアー・ド―パントが去った事で、一行の洗脳が解けます。そこで、ゆきほがジミーとの思い出を語ります。
自分には何も楽しい事は無かった。そんな自分に、楽しみを教えてくれた。それが、ジミーだった、と。
だから、ジミーに勝たせたい、そう、ゆきほは言う訳です
そんなゆきほに、翔太郎は
「ジミーはあんたのオモチャじゃない!」
と諭します。そうですよねぇ。
その後、翔太郎はジミーの所に行き、諭す訳です。
「自分の弱さをゆきほのせいにしている。下手くそな自分がここまでやってこれたのは誰のおかげだ?」
と。
しかしながら、このシーンで最初、ジミーは逃げてしまう訳ですよ。そこでの翔太郎のモノローグ
何で好き好んで男と浜辺で追いかけっこしなくちゃいけないんだ・・・鳩なんかも飛んで・・・・
・・・・ご愁傷様です。
一方、フィリップ君は照井と共に検索を行っておりました。この二人、どうも馬が合うようですね。もういっそのこと照井とフィリップ君の二人でWになれば良いんじゃない(ry
検索の結果、路上ポエム作家である、沢田がライアー・ド―パントであるという事が判明します。
そうです。前回、
「半人前でもいいじゃん」「金無くったっていいじゃん」

のカードを翔太郎と亜樹子に送った、あの詩人でございます。
ところが、翔太郎が行ってみると、既に沢田は逃亡。詰んだかに見えましたが、ライアー・ド―パントが使用していた言葉から、ライアー・ド―パントは若菜姫のラジオのリスナーである事が判明します。そこでフィリップ君は、若菜姫に協力を仰ぎ、ライアー。ド―パントを誘き寄せます。
しかしながら、このシーン、女装するフィリップ君とか、変装する翔太郎とか、実にシュールでございます。しかも、何気にWとアクセルの初同時変身シーンなのに、Wの二人の姿が・・・。いやはや、まさかこんな姿で同時変身するとは思いませんでした。
そんなこんなで、戦闘シーンでございますよ。今回も前回同様、Wとアクセルの息のあった攻撃でライアー・ド―パントを追い詰めます。なかなかにライアー・ド―パントも嘘を交えながら戦います。ビルから落ちたWをアクセルが救ったりもする訳です。
キャプチャーアクセルに乗るW
そして最後は久しぶりのサイクロンジョーカーの「ジョーカーエクストリーム」でライアー・ド―パントのメモリをブレイクします。
悪は去った!
サイクロンジョーカーが久々に活躍しましたねぇ。
あのバイクを足場にするキック、格好良かったですなぁ。このタイプのキックは『仮面ライダーSPIRITS』でV3がやっていた気がします。
一方、ジミーは「フーティックアイドル」に出演、審査員である水木一郎お兄さん演じる大貫一朗太らから、「最悪」だと言われますが、同時に「熱さは伝わった」とも言われ、ちょっと救いになっていたりもします。良かったですな。

さて、今回あえてここまで書かなかった事があります。皆さんお分かりですね?
そうです。変態医師でございますよ、皆さん。
ド―パント体の冴子お姉様を診察するわけでございますが、これ、朝の子供向け特撮で流して良いの!?というレベルだと思うのですが、どうですかね(笑)?
そんな訳で、冴子お姉様の野望の一片が見えたような気がします。これからどうなっていくのでございましょうか。
それにしてもドーパントにしか興味ない変態医者がなんで照井家族を凍らせたのか、謎でございますな・・・。

そんなこんなで、今回のお話でございました。
次回は、勝手に動く人形が登場するようでございまして、ホラータッチのお話になるようですな。

【関連商品】
仮面ライダーW Vol.2 [DVD]仮面ライダーW Vol.2 [DVD]
(2010/03/21)
特撮(映像)

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2010/02/28 13:41|仮面ライダーWTB:0CM:0

各地に津波警報 

毎週日曜お楽しみ、『仮面ライダーW』のお時間・・・でしたが、先に津波について書こうと思います。
ご存じのように、日本時間で昨日15時頃、チリ沖でマグニチュード8を超える大地震が起こり、その影響で津波が発生しました。
その津波が、日本に到達するという事で、気象庁は17年ぶりに大津波警報が発表されました。
太平洋沿岸では1メートル以、最大の場所では3メートルの津波が来ると予測されております。
地球の裏側からやってくる津波としては1960年のチリ地震時に発生した津波が有名で、今回の地震も、同じようなケースでございますね。
被害が無い事を祈るばかりです。
web拍手 by FC2
2010/02/28 12:01|時事問題などTB:0CM:0

オタクを対象にしてる芸人・・・? 

なんとなくバラエティー番組等を見ていて気になったのが、「オタク」を対象にしている(と思われる)芸人というものでございます。
いや、別にその芸人がオタクかどうかとか、そういう話ではなくて、アニメのキャラのコスプレで出てきたりしてる芸人が居たりするじゃないですか。思うんですが、ああいった類の芸人は一般層に受けているんでしょうか?
バラエティー番組やお笑い番組を見ている大半の人はオタクでは無い訳で、元ネタが分からないと笑いどころが分からんのではないかなぁ、と思う訳ですよ。
例えば、「ガンダム」は殆どの人が知っているでしょうが、「ジェットストリームアタック」を知っている人が、非オタクに果たしてどれだけ居るのでございましょうか?
また、「偉い人にはそれがわからんのですよ」を知っている人に至っては、『機動戦士ガンダム』をよく観ている人ぐらいにしか分からんのではないかと思うのでございます(苦笑)。
見てみると失笑するようなネタもある訳で、ホンマにウケとるんやろうか?と、心配になる訳です。
否、心配になるとかそれ以前に、そこには一種の「キモい」という感情が根底にあるような気がしてならんのです。
知ってる人が見たら、そりゃぁ、笑えるであろうようなパロディーネタでも、それを理解できる非オタクが、果たしてどれだけ居るのか?
しかして、元ネタを知らなくても、その芸人の「キモさ」(とでも言うべきでしょうか)で、笑いが起きる訳です。もしくは、「そんなの誰も知らねーよ」という笑いですか。
こういうのは変な誤解を招く、とかそういう事は言いませんが、テレビに出ている以上、もうちっと大衆的なお笑いが出来ないものですかねぇ・・・・。
とは思うのでございますが、逆説的に考えると、「オタクが大衆化してきた」と取る事も可能な訳ですな。しかしまぁ、そういうふうに勘違いした輩も居るというのも事実な訳で、こういう話は依然として難しいものですなぁ・・・。
大衆化するのは、それはそれで良いと思うのですが、それから来る弊害(とでも言うべきもの)について深く考える時が来ているのかも知れません。
web拍手 by FC2
2010/02/27 18:53|時事問題などTB:0CM:2

等身大ヒーローの苦悩 

現在、ヒーローの出てくる漫画を描いている訳なのでございますが、そもそもヒーローの条件とはどのようなモノなのでございましょうか。
日本の特撮やアニメに登場するヒーローなんですが、ウルトラマン等に代表されるような巨大ヒーローよりも、仮面ライダーに代表する等身大ヒーローの方が影のあるキャラというモノが強いような気がします。
そりゃ、ウルトラセブンや郷さんみたいに、自分が超人的能力を持っている事や宇宙人である事の他者との隔たりを認識するという人達もまぁ、居ます。
しかし、等身大ヒーローに多くあるのは、例えば、悪の組織への復讐であったり、基本的に重いテーマを背負っている訳ですな。
また、ウルトラマンみたいな人達は、元々が宇宙人である訳ですから、最終回を迎えた後は故郷の星に戻ったり(タロウみたいに放浪の旅に出る奴も居ますが(笑 )すれば良い訳です。しかし、仮面ライダーみたいな人は、「平和が戻った!バンザイ!」では終わらない訳でございます。一生改造人間としての苦しみや悲しみを背負って生きていかなければならないのでございます。まぁ、みんながみんなそういう訳でもないんですけどね。戦隊の皆さんなんかは、比較的大団円を迎えた後も平和に過ごしてそうですし(一部例外も居ますが)。
そういった訳で、現在描いているヒーローの漫画は、等身大ヒーローの「その後」をメインテーマに据えて話を進めていっておる訳です。
苦悩と悲しみに満ちた、そんな感じの話になる・・・かと思えば、決してそんな感じにさせたくはないんですよね。基本的に鬱な話は描きたくないので(笑)。
でも、ちょっとは救われないようなエンドも描いてみたいような、そんな気もします。
web拍手 by FC2
2010/02/26 19:53|漫画制作雑記TB:0CM:0

『チャージマン研!』についてのお話 

本日は、ご存じの方も多いと思いますが、狂気のアニメとも呼ばれる伝説的アニメである、『チャージマン研!』について書いてみようかと思います。

チャ―研本日はチャ―研についてです。

最近のネット界隈、特に動画共有サイトであるニコニコ動画での人気が高い『チャージマン研!』でございますが、制作会社はご存じの通り、ナック(現:ICHI)という会社でございます。主なアニメ作品としては、『まんが水戸黄門』(よくネタアニメとして取り上げられますが、30分でビシッと〆るアニメであり、結構面白いです。何の偶然か水戸黄門を元ネタとしたロボットアニメ・『最強ロボ ダイオージャ』と放送時期が被っていたりもします)、『ダメおやじ』(今になって観ると、かなり鬱アニメですよ、これ・・・。)等がございます。
個人的には『サイボットロボッチ』なんかが結構好きなのであります。
ロボットアニメとしては『グロイザ―X』は爆撃機がロボットに変形するアニメとして有名であり、後の『超時空要塞マクロス』に登場する可変戦闘機「VF-1バルキリー」のご先祖様とも呼べる存在でございますね。しかし、爆撃機・グロイザ―Xとしての活躍が多く、「グロイザ―ロボ」と呼ばれるロボット体への変形が少なかった事や、人間ドラマに主眼を置いたストーリー展開等もあり、当時はあまり人気が無かったようでございます。出てくるのが10年早かった・・・!昨年放送のアニメ『真マジンガー 衝撃! Z編』で、グロイザーXをモデルにした「爆撃獣グロイザーX10」が登場しており、ここから『グロイザ―X』に興味を持ったという方も居るようでございます。機会があれば是非ご覧ください。かなり面白いです。
また、「カラーロボットアニメ作品第1号」として有名な、『アストロガンガー』もナック制作でありますね。
変わったところでは、『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に』の実写パートの制作協力をナックが担当しております。ビデオやDVDをお持ちの方はスタッフロールを確認してみてくだされ。
ナックはアニメだけではなく、『バトルホーク』という特撮作品も制作しております。(バトルホークのマスクは『メガロマン』に出てくる黒星族兵士のマスクに流用されており、『メガロマン』のファンの方にとっても重要な作品と言えますね(そうかな?)。
近年は実写映像作品を細々と制作しているようでございますが、いつの日にか、ぶっ飛んだ作品と共にアニメ界へ帰ってくる事を願います・・・。

さて、前置きが長くなりましたが、『チャージマン研!』についてです。
この『チャージマン研!』は、まぁ、一言で言ってしまえば、いわゆる「ネタアニメ」というヤツですな。ネタアニメの必須条件の一つに、「超展開」というのがございますが、この『チャージマン研!』では超展開がメインですね。
あらすじをまとめると、

100年後の未来。
滅びゆく運命にあるジュラル星から移住するべく、地球侵略を開始したジュラル星人。迎え撃つは我らがチャージマン研!頑張れ研!地球に平和が来るその日まで!


こんな感になりますかね(笑)。
しかしまぁこの作品、1話10分(本編は6分程度)という尺の短さからくる超展開が凄いんですな。回によっては、ジュラル星人が登場した瞬間にチャージマン研にやられているという展開も、あったりする訳です。
逆に、本編が6分しかないのに尺が余るという意味のわからない回もあります。酷い時には20秒くらいの尺余りを起こします。
これを読んだだけではさっぱりわからないでしょうけど、そういう事なのですよ。
全65話があり、様々なバリエーションの話がある訳です。
中にはタイトルでネタバレをしていたり、失笑する事必須です。【例:「第38話ジュラルのにせ友情作戦」「第49話 不良少年の正体は!」、

まぁ、内容はこんな感じになっておる訳ですが、スタッフを見ると結構凄い方が居たりもする訳でございます。
例えば、プロデューサーの茂垣弘道氏。この方はアニメ版『まんが日本史』や、『発明BOYカニパン』等、多くの名作アニメのプロデューサーも務めております。氏の最近のプロデュース作品としては、『おねがいマイメロディ くるくるシャッフル!』等がありますかね(マイメロ』もかなり狂気を孕んだ作品なのですが・・・(笑))。『チャージマン研!』のスタッフテロップを見て彼の名前を発見した時は驚きました(笑)。
また、主題歌を始めとした音楽全般を担当しているのは、『ウルトラマン』や『戦え!マイティージャック』等の音楽担当もしておられた宮内國郎氏でございます。主題歌だけはやたら格好良いんですよねぇ。

さて、何故このような「狂気のアニメ」になってしまったのか?という話でございます。
岡田斗司夫、眠田直、唐沢 俊一の三氏による書籍『オタクアミーゴスの逆襲』内の「狂気の低予算アニメ『チャージマン研!』」によると、「1話50万円という低予算のために適当に制作した結果、このような作品になった」そうでございます。
管理人はこれを読んで爆笑しましたよ(笑)。一話あたり50万円!驚くべき低予算です。
平均的な30分枠のアニメの製作費が、1話あたりだいたい1000万~2000万円ですから、10分の『チャージマン研!』の場合、1話あたり300万円ぐらい使われていてもおかしくないのに。まぁ、昔のアニメですから、多少の違いはあるでしょうが、50万円でございますよ・・・。こりゃああいう出来になってしまうのも頷けますね・・・。こうなると、フィルムの状態やセルの浮き上がり、塗り残し等の酷く杜撰な画も説明が付きますね。

ここまで予算が低いと意図的にギャグ作品に仕上げていた可能性が浮上してくるような気がします(笑)。まあ、「適当に制作した」という話な訳ですから、ギャグ以外の何者にもなり得なかったのかも知れません。
予算不足からギャグ作品にならざるを得ないという話として有名なのは、平成ガメラシリーズが有名ですな。製作予算が5億円という事を知った金子監督が「ギャグコメディーになる事を覚悟した」という、アレです。結果としては超ハイクオリティ特撮怪獣映画になったんですけどね。
とにもかくにも、『チャージマン研!』のスタッフは色々と苦労したんだろうなぁと、今になってしみじみ思う訳でございますよ(笑)。
因みに『チャージマン研!』は、秋田書店の「冒険王」と徳間書店「テレビランド」上でコミカライズされておるんですな。
これもまた狂気の漫画かと思うと、それが意外にも正統派ヒーローSF作品として仕上がっているのですよ。このギャップが凄い。

そんなこんなで『チャージマン研!』について長々と書いてきた訳でございますが、いかがでしたか?
こういったことを踏まえてから『チャージマン研!』を見ると、また違った見方が出来るかも知れませんね(そうかな?)。

【関連商品】
チャージマン研!DVD-BOX ‐上巻‐チャージマン研!DVD-BOX ‐上巻‐
(2007/02/20)
藤田淑子 沢田和猫

商品詳細を見る

オタクアミーゴスの逆襲オタクアミーゴスの逆襲
(2009/05)
岡田 斗司夫眠田 直

商品詳細を見る

ドンチャック物語(1)~(13)【13本組】 [VHS]ドンチャック物語(1)~(13)【13本組】 [VHS]
(1996/09/05)
沢田和子野崎貴美子

商品詳細を見る
サイコアーマー ゴーバリアン DVD-BOXサイコアーマー ゴーバリアン DVD-BOX
(2006/03/25)
平野義和三浦雅子

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/02/25 19:42|SFアニメTB:0CM:0

♪ぎ~んが~をジャンプ! うちゅうをは~し~り~ 

♪じげんをさい~てとんでくる~すご~いあ~い~つ~

と、言う事で、現在広大な宇宙を舞台にした感じの漫画を描いておるのでございます。
いや、広大といっても太陽系内での話なんですけどね。
しかしながら、太陽系だけでも物凄く広い訳でございます。イスカンダルに放射能除去装置を取りに行ったり、アンドロメダまで機械の体を手に入れる為に旅をしたり、宇宙の果てのお花畑まで飛んでいくような話もございますが、太陽系だけでも人類が活動するには広すぎるというのに。まぁ、ワープ航法が確立しているからそんな芸当ができるのでございましょうけどね。
・・・いっそのこと舞台をアルファ・ケンタウリあたりまで範囲を広げようかいな。
web拍手 by FC2
2010/02/24 13:57|漫画制作雑記TB:0CM:0

昭和ガメラ作品 

先週も書きましたが、現在、ファミリー劇場にて、ガメラ45周年企画としてガメラシリーズが放送されております。
俺としては実に嬉しい放送なのでございますが、どうも俺の家族からの反応は悪いのでございます・・・。
本日放送されたのは、第四作目である『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』でございました。
独特の雰囲気や温~い展開、怪獣萌えと突っ込みどころといった、俺としては堪らない昭和ガメラでございますが、弟やカーチャンは、
「観るに堪えない」
「展開がおかしい」
等と言うのでございます。何故この良さが分からんのだッ!?
ガメラがバイラスに串刺しにされてしまうシーンでは皆大爆笑だったのですけどね(笑)。
弟などは、平成ガメラを「面白い」と言っておるのでございますが、「昭和ガメラは変」だと言います。それならギャグとして観れば良さそうなんですが、それも「ダメ」だそうです。
まぁ、そうなのかも知れませんなぁ・・・。昭和ガメラ、見ていて恥ずかしくなるようなシーンは少なくないし、突っ込みどころも満載な訳ですから、一般的には見るに堪えない出来になっておる何てことは俺も分かっておるのです・・・。『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』はバンクシーンも多く、突然白黒映像になるなどもある訳ですから、特に酷く見えてしまうというのは否めません・・・。
しかし、昭和ガメラ、ミニチュアの出来は素晴らしいのでございます。さすれば、もうちょっとカメラワークを凝っていたら何とかなったような気がしなくもないのではございますが・・・。
しかして、俺は昭和ガメラ、大好きなのでございます。

残念ながら俺の周りに昭和ガメラを好きだと言ってくれるような人が居ないというのが、辛いですねぇ。
いや、「ダメ」ってのは十分分かるんですけど、その「ダメ」なところも良いのだよ!

【関連動画】


【関連商品】
着ぐるミクロマン ガメラ(昭和Ver)着ぐるミクロマン ガメラ(昭和Ver)
(2006/01/21)
タカラトミー

商品詳細を見る

昭和ガメラ Blu-ray BOX I昭和ガメラ Blu-ray BOX I
(2009/07/24)
船越英二本郷功次郎

商品詳細を見る

web拍手 by FC2
2010/02/23 23:54|特撮関連雑記TB:0CM:6

平成22年2月22日22時22分22秒 

はい、本日は平成22年2月22日でございます。
昔からこういう数字が並ぶ日というのはワクワクするのでございます。何かが起きそうで。
よく漫画やアニメ、特撮なんかでは、宇宙人が侵攻してくるXデーであったり、第三次世界大戦が始まったり、異次元人が攻めてきたり、隕石が降ってきたり、怪獣が出現したり、惑星が直列で並んだりクロスしたりするものですが、現実は厳しい。
何にも起こる訳が無く、普遍的な日常が流れていくだけでございます。
かの有名な「1999の年の7月~」という某ノストラダムスの予言でございますが、1999年7月には何も起こらず、ノストラダムス関連の書籍がトンデモ本のネタにされたという事ぐらいでありました。
そして程なく言われていた2000年問題。コイツも何が起きるというわけでは無く(コンピュータが誤作動する可能性があるとされた問題ですから、現実に何が起きるというわけでは無かったんですがね(笑 )、俺が期待していたような問題は起こらなかったんでございます。2038年問題に期待しましょう(だからコンピューターの誤作動の話(ry )。
そうなんですなぁ。結局は何も起こらないのでございます。だから、漫画やアニメのような高校生活や、大学生活なんて偶像的存在なのでございますよ。
別にかわいい女の子が空から降ってきたり、突然エージェントに狙われたり、異世界に飛ばされたり、なんて事はまずありえん訳です。所詮は夢みたいなものなんですよ・・・。
しかしながらその一方で、どこか知らない所で悪の秘密結社が暗躍し、対抗するヒーロー的存在と日夜人知れず戦っているんじゃないかとか、ひょっとしたら我々の知らない間に宇宙人が地球にやってきていて、地球人に分からないようにして暮らしているんじゃないかとか、もしかしたら失踪した人のうち何人かは異世界に飛ばされたのでは?とか、そういう事を考えたりもする訳です。
それが現実に存在するという確証は無いのですが、存在しないという確証も出来ない訳です。そうであるならば、「ある」と思った方が、気が楽になったりしませんかね?
友人にこの話をすると、決まって笑われてしまいますが(笑)。自分でも変だとは思います。
まぁ、そう思わないでも、案外捨てたものでもないんですよね、この世の中は。

等と電波なことを書いてしまいましたが、これはまさか平成22年2月22日になったら送信される怪電波の影響ではないでしょうか・・・!?
・・・ん?こんな時間に誰か来たようです。ちょっと出てみますね。

【関連書籍】
怪傑ゾロ目怪傑ゾロ目
(1988/06)
安部 譲二

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/02/22 22:22|空想科学雑記TB:0CM:2

二人で一人の仮面シンガーだッ! 

皆さんこんばんは!
毎週日曜日のお楽しみ、『仮面ライダ―W』のお時間でございます。
本日は水木一郎お兄さんがゲスト出演するという事でございまして、俺はド―パントとして登場するかと思っていたのですが、実際は違いましたな。
今回のお話は、ズバリ「歌」をメインとしたお話でございました。
冒頭、クイーンとエリザベスの二人がCDデビューを掛け、「フーティック・アイドル」に出演し見事2週連続勝ち抜きに成功する訳ですが、3週目にしてジミー中田というストリートミュージシャンに負け、CDデビューは叶わなかったという話から始まります。
「これは絶対に不正がある!」と。
しかしまた、クイーン&エリザベスのコンビは歌も唄っていたんですな(笑)。ただの情報通としては勿体ないですな。
このジミー中田の歌は、人は逃げ出しハトは気絶するという某ガキ大将並みの歌唱力であった訳です。
こりゃ確かに不正があっあと言われても仕方ないというか、それこそドラえもんでもバックに付いていないと無理なレベルでございます。
自らの音楽を「スピック」と称し、明らかに自分に酔っているジミー中田。そんな彼に翔太郎は、
「自分と同じ匂いがする・・・」
と感じる訳です。彼も「ハードボイルド」を語りながらどうもそれに徹せないフシがありますからねぇ。それが彼の良さでもある訳ですが、ジミー中田の場合、周囲に多大な迷惑をかけておりますからね・・・。
そんなジミー中田にも、1人だけ、ゆきほというファンが存在する訳です。彼女は
「時代が追い付いていないだけ(要約)」
と語ります。
審査員は何故、ジミー中田を選んだのか。それを調べるため、翔太郎とフィリップ君は「フーティック・アイドル」のスタジオに行きます。水木一郎お兄さんばかりに目が行きがちでしたが、主題歌『WBX ~w boiled extreme~ 』や、各挿入歌を歌っている上木彩矢wTAKUYAも出ていたのでございますね。
やっぱり起こるジミー中田へのブーイング。ここで場内から挑戦者を募集することになり、なんとフィリップ君が選ばれる訳です。フィリップ君は顔を隠すマスクを準備しておりました。
翔太郎は
「こうなったらヤケだッ!」
と言いながらも、結構ノリノリで唄っておりました(笑)。
それをTV観ていた若菜姫。まさに、「恋する乙女」ですな。それを見てお父様が一言。
「まだまだ子供だねぇ・・・」
普段は厳しくも優しい父親なんですよねぇ・・・。今後の園崎家も注目でございます。というか、生放送だったんですか、この番組は(笑)。
一方、スタジオの屋根裏では照井がド―パントと対峙しておりました。どうやら照井は独自に調査を行っていた模様。
そうして、敵ド―パントをあっという間にメモリブレイクするアクセル。
「これでもう悪事は出来ん」
と、照井。

結局、フィリップ&翔太郎は審査の結果ジミー中田に敗北。何故?
照井もまたまた騙されてしまいました。「すっこんぶ」というお菓子の箱・・・。ハードボイルのままでギャグをやるとは(笑)。
どうも照井が「絶望がお前のゴールだ」と言った時は失敗するフラグのようですな(笑)。
何だかんだで今回も照井と共同戦線。フィリップ君は検索、翔太郎&亜樹子は、聞き込みに出かけます。
サンタちゃんの助けを借り、ジミー中田のファンであるゆきほの職場へ行きます。
しかし、ここで出てくる詩人に二人が受け取ったカードに書いてある言葉です。
「半人前でもいいじゃん」「金無くったっていいじゃん」
・・・・。
さて、二人が職場に着くと、みずほは過労で倒れてしまいます。
ドクターストップもかかり、非常に危ない状態でありましたが、そこまでしてお金を稼いでいた理由は、金を渡してジミー中田が勝つようにドーパントに頼んでいたのでございます。
その名は、「ライナー・ド―パント」。嘘を信じ込ませる能力の持ち主です。この能力で審査員をに暗示をかけていたのでございます。
ライアー・ド―パントに
「あと一回・・・」
と金を差し出すゆきほですが、ライアー・ド―パントは
「全然足りない」
と言い放ち、契約破棄を宣言します。
翔太郎はWに変身します。駆け付けた照井もアクセルに変身し、ここに再び共闘する訳です。
しかしながら、なんだかんだ言いあってはおりますが、Wとアクセルのコンビネーションは抜群ですなぁ。
それはともかくとして、サイクロンジョーカーは基本フォルムだというのにあまり活躍していな(ry
そうして、二人のライダーはライアー・ド―パントを追い詰めますが、ゆきほが二人のライダーの前に立ちはだかります。
「ライアー・ド―パントが居なきゃジミーは勝てない!」
その一部始終をジミー中田本人は見ていました。
「俺が呼んだんだよ!」
と、ライアー・ド―パント。
「自分の力で勝っていたんじゃないのか・・・」
と言い、パニックに陥るジミー中田。そして、うろたえるゆきほ。待て、次回!

一方、ゆきほを診た医者の所に、冴子が来ます。やたらとアングルに入ってくるかと思っていましたが、まさかのW(ウェザー)のメモリの所有者だったとは・・・!
「裏の診察」「君の身体を見せてくれないか?」
・・・あ~、その、なんですか。エロスは程々に

いやぁ、今回は面白かったですなぁ。
特に最後、救いようのないラストですよ。ここで終っていればただのバッドエンドですが、俺はそのままでも良い(ry
まぁ、次回できちんとした方向に持っていくんでしょうけどね(笑)。
今回はOPが特別バージョンになっておりましたが、東映公式サイトによると、次回もどうやら特別版OPだそうでございます。水木一郎お兄さんが唄ったりはしないのかなぁ、と、ちょっとした期待を持っておったりもします(笑)。
予告でWがアクセルに乗っていましたが、どうなるのでしょうか・・・。
アクセルの玩具箱の裏を見る限り、Wがアクセルに馬乗りになってる画は非常にシュールでしたが。
そして、ニュースでございます。中島かずき氏が、『仮面ライダーW』の脚本(2話分)を担当するそうでございます。詳細はこちら
俺もそうだったんですが、『電王』→『グレンラガン』の流れで観ていた方も多いのではないでしょうか。
また、中島氏は『ゲキレンジャー』の脚本も書いていましたね。
今からどんな話になるのか、楽しみですなぁ。


【関連商品】
デビュー40周年記念 水木一郎ベストデビュー40周年記念 水木一郎ベスト
(2008/02/20)
水木一郎ザ・ブレッスンフォー

商品詳細を見る

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW(ダブル) ファングジョーカーS.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW(ダブル) ファングジョーカー
(2010/05/25)
バンダイ

商品詳細を見る

web拍手 by FC2
2010/02/21 21:34|仮面ライダーWTB:0CM:0

巨大なモノへの憧れ 

男の子というものは、とにかく巨大なモノに憧れる訳です。
ある種の浪漫ですな。巨大なモノに対する憧れ。それは圧倒的な迫力と重量感!中には巨大娘萌えなるモノもある訳ですが・・・。
例えば、ウルトラマン。彼は身長40メートルであり、ビルよりも大きい。そして、数々の超能力を駆使して平和を脅かす怪獣や宇宙人と戦っていく訳です。少年はウルトラマンに自分を投影し、悦に浸るのです。「僕が正義のヒーローなんだ!」と言わんとばかりに。
しかしながら、子供というのは純粋故に残酷な面もある訳です。巨大であるが故に、そこから来る破壊衝動というものに駆られます。子供は良く、自分で作った砂場の山等を壊して、また作り直したりもします。そして、また出来上がった物をまた壊す。壊したいがために、少年は砂の山を作るのです。
プラモデルなんかもそうです。俺はよく親父のプラモデルなんかを破壊していたそうです(笑)。それは俺の弟も同じであり、俺の作ったゾイドやガンプラなんかをホイホイ壊していく訳です。破壊衝動、恐ろしいですなぁ・・・。まぁ、大きくなるにつれてそういった物は大抵無くなっていくのでございますがね。
そこに来るのが、ゴジラ等の怪獣という訳です。怪獣の「破壊行為」は、勿論ガンプラ程度では無く、町単位、都市単位なのでございます。ゴジラがこう、尻尾でビルを叩きつける。そうして、ビルが倒壊していき、やがて東京が火の海になっていく。
どう見ても悲劇以外の何物でも無いのですが、少年はそこにカタルシスを感じる訳でございますよ。自分らに出来ないことをやってのけるゴジラに、少年は自分を投影するのです。
少年がもう少し大きくなると、この話はちょっと複雑になります。
ウルトラマンやゴジラは、どう頑張っても自分では無いのです。方や宇宙人、方や怪獣。両方、自分の手には決して届かない存在な訳です。そうして、少年はウルトラマンやゴジラを見るのを止めてしまう。そして、代わりに、巨大ロボットアニメに憧れ始める訳です。
巨大ロボットは、人間のパイロットが操縦するのです。鉄人28号は「良いも悪いもリモコン次第」という歌詞にもあります。また、マジンガ―Zは「神にも悪魔にも」なれる力であると、兜十蔵博士は言います。
そうして、少年の憧れは巨大ロボットに移っていくのです・・・。

まぁ、長々と書いてきた訳でございますが、これは何も怪獣や巨大ヒーロー、巨大ロボットに限った話じゃ無いんですな。それの対象は鉄塔だったり、戦艦だったり、タンカーだったり、まちまちなのです。
しかし、大なり小なり、男の子ってのは巨大なモノに憧れるのでございますなぁ・・・。

【関連商品】
NHK「その時歴史が動いた」 戦艦大和沈没~大鑑巨砲主義の悲劇~「日中・太平洋戦争編」 [DVD]NHK「その時歴史が動いた」 戦艦大和沈没~大鑑巨砲主義の悲劇~「日中・太平洋戦争編」 [DVD]
(2003/07/24)
ドキュメント

商品詳細を見る

巨大ロボット読本 (宝島社文庫)巨大ロボット読本 (宝島社文庫)
(2003/04)
瀬戸 龍哉山本 敦司

商品詳細を見る

東宝特撮 巨大生物箱 DVD-BOX東宝特撮 巨大生物箱 DVD-BOX
(2007/01/26)
佐原健二平田昭彦

商品詳細を見る

web拍手 by FC2
2010/02/20 15:41|空想科学雑記TB:0CM:0

本日の金曜ロードショー 

はいはい、本日の金曜ロードショーは『風の谷のナウシカ』でございます。
恐らく、今年7月公開予定であるスタジオジブリ作品の『借りぐらしのアリエッティ』を見越した上での放送であると思われます。
毎年数回は放送されるスタジオジブリ作品でございますが、今年の1作品目は『ナウシカ』となりましたか。
ジブリ作品をやるなら『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズを放送して欲しいような気がしなくも無いのですが、まぁそれは仕方ないよね、という事なのでございます。
しかしよく一般層に誤解されている事なんですが、この『ナウシカ』は厳密にいえばスタジオジブリの作品では無く、トップクラフト制作の作品なんですよね。実質はトップクラフトのアニメーターよりも外部からの出向してきた方が多かったそうなのでございますが。その出向してきたアニメーターが、金田伊功さん、庵野秀明さん、なかむらたかしさん、渡部高志さんといった、錚々たるメンバーなのでございますなぁ。

ところで、アニメーション映画作品としての『ナウシカ』は有名なのでございますが、原作漫画のほうは結構マイナーなのですな。
この漫画原作にこそ宮崎監督の真髄があると俺は思うのですが、どうでしょうかね?
映画版は原作の2巻の途中ぐらいで、設定や展開も結構違うんですよね。
多くの方に読んでもらいたいものです。

【関連商品】
風の谷のナウシカ [DVD]風の谷のナウシカ [DVD]
(2003/11/19)
島本須美納谷悟郎

商品詳細を見る

風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)
(1987/07)
宮崎 駿

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/02/19 15:21|アニメ関連雑記TB:0CM:0

そろそろ本気を出す時が来たようだな。 

と、言う事で、本日より漫画制作を開始したいと思うところでございます。
今回は2作品同時制作をしてみたいと思うのでございます。
内、1作品は会誌用漫画になりそうです。
内容はSF及び等身大ヒーロー。
前々から描いてみたかったテーマの作品でございます。果たして、どんな漫画になるのやら・・・。

【関連商品】
快傑ズバット DVD BOX快傑ズバット DVD BOX
(2004/09/21)
特撮(映像)宮内洋

商品詳細を見る

ほしのこえ(サービスプライス版) [DVD]ほしのこえ(サービスプライス版) [DVD]
(2006/11/17)
武藤寿美鈴木千尋

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/02/18 19:43|漫画制作雑記TB:0CM:0

ボぉぉぉぉぉグバぁトぉぉぉル!! 

俺の実家には、ケーブルテレビが通っておるのです。
よって、帰省中はアニマックスやらファミリー劇場やらが観れる訳です。昔の特撮作品やアニメ作品を一日中観れるというのは良いものですなぁ。特にファミリー劇場では、毎週火曜の夜に昭和ガメラやOVA版パトレイバーなんかを放送しており、俺としては嬉しい訳でございます。
そんなこんなで、アニマックスで久々に『人造甲虫カブトボーグVxV』を観ました。
いやはや、まだやっていたんですな、コレ(笑)。
未だに放送されているところを見ると、新規ボーガーがどんどん入ってきているという事になりますね。それはそれで嬉しい事でございます。
しかしながら、『カブトボーグ』の本放送も、もう4年前になるんですなぁ。考えてみたら、『らき☆すた』と同級生になるんですか。
それにしても、『MUSASHI -GUN道-』に『人造甲虫カブトボーグ』、『涼宮ハルヒの憂鬱』の三作品が放送されていた2006年というのはある意味凄い年だったのですなぁ・・・。特に『MUSASHI -GUN道-』と『涼宮ハルヒの憂鬱』は互いに裏番組という関係であった事を考えると、尚更凄さが増しますね

最近知ったのですが、『カブトボーグ』のさやかちゃんの中の人は『仮面ライダーW』の鳴海亜樹子役の山本ひかるさんだったんですよね。
驚きましたよ、ホント。

【行け!オレのトムキャットレッドビートル!】
カブトボーグ「01」ヘラクレスオオカブトカブトボーグ「01」ヘラクレスオオカブト
(2007/08/26)
タカラトミーアーツ

商品詳細を見る


【全話視聴をお勧めする。俺はどっちでも良いけど。】
人造昆虫 カブトボーグ V×V Vol.1 [DVD]人造昆虫 カブトボーグ V×V Vol.1 [DVD]
(2007/05/25)
不明

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/02/17 20:06|アニメ関連雑記TB:0CM:0

アニメの地域格差 

昨日はバイトをした後にアニメ映画等を観た結果、バイトで稼いだお金を上回る金額を消費するという、何の為にバイトをしたのか良く分からない感じになりました。
まぁ、それはどうでも良いのでございます。
家に帰ったのが日付が変わるころでございまして、結果として昨日はブログの更新が出来ないという事態になった訳でございます。
カウンターを見てみると、昨日当ブログに足を運んでくださった方の数は10人という事で10人の方に更新もしていないブログを見せてしまう事になった訳で、流石にこれは罪悪感を感じざるを得ない訳であります。
まぁ、別に「毎日更新」を謳っている訳でも無いんですけどね(笑)。
思えば昨年の11月24日以来休まず更新していた訳で、考えてみると「継続は力なり」と言うべきか、「俺も暇な奴だなぁ」と思うべきか・・・。
とにかく、たいして面白い事も書けない癖に良くもまァ続けておるなぁと我ながら感心したりもする訳でございます。

まぁ、そんな訳で昨日はアニメ・特撮映画を観に行ってきたのでございますよ。
で、ふと思ったのですが、作品によっては上映館が少なくて困るという話がある訳でございます。
例えば、『涼宮ハルヒの消失』。この作品は関東圏では関東全ての都県で公開している訳ですが、九州では福岡県のみの公開であり、四国に至っては何処も上映している館が無いという事態になっている訳であります。
どうしてもその制作会社のネームバリュー等によって上映館数が変動してしまう話があるんですねぇ。例えば、スタジオジブリの作品であったり、或いは『ポケモン』、『ドラえもん』といった作品は、日本全国何処でも観る事が可能なのでございます。
また、同じ制作会社でも、監督のネームバリューという話もある訳でございます。昨年夏に公開した『サマーウォーズ』、同じく秋に公開した『マイマイ新子と千年の魔法』、同じく冬に公開した『よなよなペンギン』。これら3作品はそれぞれマッドハウスの制作なのですが、それぞれ監督は違う訳でありまして、それ故に公開館の数等も違うという扱いになっている訳です。
そして、昨年夏公開の『センコロール』のように、関東圏や関西圏に住んでいる人には観れるのにその他の地方では公開しない作品等も存在する訳であります。
劇場用作品に限った話ではなく、一般放送しているアニメ作品も、地域別に放送時間が異なっていたり、そもそも放送していなかったりと、大変でございますよ。俺も下宿先と実家との間での隔たりを昨夜実感したばかりでございます。なんだこんなに少ないかなぁ・・・。
しかしながらこの問題はどうこう言っても仕方がないのでございますよ。半ば諦めるしかないのでございます。
その各局で放送方針の違いがある訳でございますし、中には明らかに「アニメ嫌い」を打ち出している局もあるのでありますから。俺のサークルの先輩にも、この件については色々と嘆いていらっしゃった方が居らっしゃる訳で・・・。
言うなればアニメの地域格差ですな。こういった問題はまぁ、オタク(それも、アニオタ)という限定的な人達にしか影響しない訳でありまして、一般人からしてみれば『はなまる幼稚園』の放映が一週間遅れていようが、『イヴの時間』が公開されなかろうが、知ったこっちゃ無いのでございますよ。しかし、我々にとってみれば死活問題なんですよねぇ・・・。
一方ドラマは全国区で放送されている場合が多い訳で、同じ映像作品なのにどういしてこうも扱いが違うのか、憤りを隠せない訳であります。
まぁ今はケーブルテレビや衛星放送、スカイパーフェクTVなど、課金する事によって観れるようになる場合も多い訳ですからなぁ。また、少し待てばDVDやBDが発売される訳で、わざわざTV放映を観る意味が無くなるという、そういう話もあるんですよね。その気になればウェブ上の動画共有サイト等で見つける事も可能ですし(法的にはグレーゾーンなんですが(笑 )、アニメの地域格差とは言ってもその実殆ど無いようなものな物なんですが。

【関連書籍】
教養としての〈まんが・アニメ〉 講談社現代新書教養としての〈まんが・アニメ〉 講談社現代新書
(2001/05)
大塚 英志ササキバラ ゴウ

商品詳細を見る
web拍手 by FC2
2010/02/16 16:52|アニメ関連雑記TB:0CM:0

迷惑な存在なのだ 

まずはこちらの記事をご覧ください。

迷惑鉄ちゃん 「あすか」目当てで線路侵入 1万人に影響@毎日新聞

最近は鉄道ブームであり、にわか鉄オタが増えているようでございます。
その影響として、迷惑行為をする鉄の人が度々ニュースになる訳です。
こういう迷惑行為をしてしまうというのは言語道断です。マナーを守って楽しく写真を撮る、それが道理というものでしょう。
今回は上下計19本が運休、26本が最大約40分遅れ、約1万3000人に影響という事になりましたが、鉄道は被写体である以前に交通機関なのでございます。それを止めたりすると、多くの人に迷惑がかかるという事を頭に入れて行動していただきたいものです。
時には死者も出てしまいかねない、危険な行為は本当に止めてもらいたいものです。
その結果、「全ての鉄オタがモラルの無い人達」というように思われてしまうのは迷惑極まりないのでございます・・・。
web拍手 by FC2
2010/02/14 23:41|時事問題などTB:0CM:0

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.