管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『シン・ゴジラ』公開直前ラジオ! 後篇 

お疲れ様です。
と、いう訳で、「『シン・ゴジラ』公開直前ラジオ動画」の後篇であります。



思っていたほど編集にも時間がかからず、前篇のアップロードから2日で後篇がアップロードできたのは、幸いな事でありますかね。
結局後篇は27分という尺に落ち着きました。総尺67分くらいですか。
取り敢えずニコニコ動画にはこういった感じで前後篇構成でアップロードしましたが、Youtubeの方に両方繋げた動画を上げようかなと思います。



兎にも角にも、『シン・ゴジラ』が盛り上がってくれると、良いですなぁ……。

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2016/07/13 20:15|番外編・特撮怪獣TB:0CM:2

『シン・ゴジラ』公開直前ラジオ! 前篇 

お疲れ様です。
7月に入って益々暑い日が続いたり急に大雨が来たりで何かと騒々しい感じではございますが、皆様に於かれましてはいかがお過ごしでしょうか?
管理人は、先月末から抱えている様々な案件をどういう順番でこなしていくのかという事で割と頭がいっぱいだった感じなのですが、漸くそれも落ち着いて着た感じでまずは一安心というところでありますかね。

さて、7月。とうとう特撮怪獣映画『シン・ゴジラ』の公開月でございますよ!
いよいよもって『シン・ゴジラ』が公開するという事で、それを迎え撃つ為に管理人も色々と準備をしなければならないなぁと思っていたり思っていなかったりしている訳です。
そういう訳で、実に2年半ぶりにラジオ動画などを録ってアップロードしたりしている訳ですよ。
勿論、話のネタは『シン・ゴジラ』でございます!



この2年半くらいでお絵かきスキルも若干向上してきているので、ラジオ動画に絵を流用出来るというのはちょっとおいしいかなと。やはり動画なのに背景が黒というのは、ちょっと寂しいですからねぇ。
動画の編集環境も学生の頃とはまた様変わりもしており、編集時間が短縮されたというのも大きいですかね。
しかし、ニコニコ動画の方のエンコードで色調がオリジナルと変化してしまっているという問題が……。やはり100MBまでという容量制限があるニコニコよりも、128 GBまでOKのYoutubeに上げる方が良いのだろうか……。



ゴジラという事で2時間くらい喋ってしまいましたが、どうにか編集で1時間くらいまでに抑えたいところです……。
取り敢えず今回は前篇。既に40分もあるという(笑)。お暇な折に、どうぞ。
後篇は、日曜までを目標にアップロードしたいと思います。現在の感じだと多分、尺としては30分くらいになるのではなかろうかと思います。

それにしてもゴジラ、盛り上がってくれると良いっすなぁ……。

【関連記事】
ゴジラ対エヴァンゲリオン!? 何故、『シン・ゴジラ』の総監督に庵野秀明なのか
庵野秀明第1回監督作品にして、伝説的OVA作品! 『トップをねらえ!』
特撮博物館、行ってまいりました!

web拍手 by FC2
2016/07/11 21:27|番外編・特撮怪獣TB:0CM:5

雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート5】  

怪獣映画特集の最終パートでございます。引き続き、怪獣映画について語って(雑談して)おります。

今回は『ガメラシリーズ』(主に平成三部作)及び怪獣映画の今後等について(早い話がまとめですな)であります。
いやはや、昭和ガメラシリーズについても色々と語りたかった訳ですが、如何せん時間が無かったのと、夢見るアンディが昭和ガメラを知らないという事もあり、今回は軽く触れるだけにしました。
う~ん、若干悔いがのこりましたぞ・・・(笑)。

【パート5で言及した怪獣映画】
ガメラ 大怪獣空中決戦』、『ガメラ2 レギオン襲来』、『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』、他、ガメラシリーズ


※要ニコニコ動画アカウント

前回に引き続き、勘違い・思い違い等もあるかも知れませんが、何卒寛大な目で見てください・・・ハイ。

【関連記事】
アニメ・特撮のパチンコ・スロット化 怪獣の溜息
あ!ガメラだ! 怪獣の溜息
平成ガメラ鑑賞会を(2人だけで)やりました。 怪獣の溜息
時代は怪獣を望むか? 怪獣の溜息
あまり知られていない名作『八岐之大蛇の逆襲』 怪獣の溜息
昭和ガメラ作品 怪獣の溜息
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート4】 怪獣の溜息

【関連商品】
東宝特撮総進撃 (別冊映画秘宝) (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)東宝特撮総進撃 (別冊映画秘宝) (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
(2009/10/23)
不明

商品詳細を見る

平成ガメラ Blu-ray BOX平成ガメラ Blu-ray BOX
(2009/08/28)
伊原剛志、永島敏行 他

商品詳細を見る

web拍手 by FC2
2010/12/25 12:42|番外編・特撮怪獣TB:0CM:0

雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート4】 

少し間が開いきましたが(そうでもないか?)、怪獣映画特集のパート4でございます。パート1・2・3に引き続きまして、怪獣映画について語って(雑談して)おります。

今回は『平成ゴジラミレニアムシリーズ』であります。

【パート4で言及した怪獣映画】
ゴジラ2000 ミレニアム』、『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』『ゴジラ×メカゴジラ』、『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』、『ゴジラ FINAL WARS

ミレニアムシリーズには特に思い入れはありませんが、毎回新しい方向を試行錯誤していっており、様々なゴジラ像・怪獣像が観れたというのが面白い点ですかね。
しかし、明確な方向性を打ち出せないまま結局フラフラしたまま立ち消えしてしまった、という感は否めません・・・。単体づつで観たらそれまで悪くは無いと思うんですがねぇ。


※要ニコニコ動画アカウント

前回に引き続き、勘違い・思い違い等もあるかも知れませんが、何卒寛大な目で見てください・・・ハイ。

【関連記事】
戦争映画的怪獣映画 怪獣の溜息
ミレニアムシリーズ最終作っ! 怪獣の溜息
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート3】 怪獣の溜息
web拍手 by FC2
2010/12/22 03:50|番外編・特撮怪獣TB:0CM:2

雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート3】 

と、言う事でございまして、怪獣映画特集のパート3でございます。
パート1・2に引き続き、ゴジラをはじめとした特撮怪獣映画を語る(雑談する)、という内容になっております。
今回は『平成ゴジラVSシリーズ』でございます。
管理人も夢見るアンディ直撃世代でありまして、編集で結構カットされている筈なのに1時間近い長さになってしまいました(笑)。
特に管理人・夢見るアンディは『ゴジラVSスペースゴジラ』、『ゴジラVSデストロイア』にそれぞれ思い入れが強く、動画の半分くらいは『VSスペースゴジラ』&『VSデストロイア』について語っております(笑)。ちょっと話しすぎたかなぁ、と反省している次第ですが、さて・・・。
長いので、作業用BGM的な感じでお聴きいただけると幸いです。

【パート3で言及した怪獣映画・特撮映画】
ゴジラ(1984年版)』、『ゴジラVSビオランテ』、『ゴジラVSキングギドラ』、『ゴジラVSモスラ』、『ゴジラVSメカゴジラ』、『ゴジラVSスペースゴジラ』、『ゴジラVSデストロイア


※要ニコニコ動画アカウント

前回に引き続き、勘違い・思い違い等もあるかも知れませんが、何卒寛大な目で見てください・・・ハイ。

【関連記事】
不毛な「派閥争い」 怪獣の溜息
MOGERA好き 怪獣の溜息
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート2】怪獣の溜息

web拍手 by FC2
2010/12/15 15:50|番外編・特撮怪獣TB:0CM:2

雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート2】 

と、言う事でございまして、怪獣映画特集のパート2でございます。
前回に引き続き昭和ゴジラを語る(雑談する)、という内容になっております。
いわゆる、東宝チャンピオンまつりの時代のゴジラシリーズですな。

【パート2で言及した怪獣映画・特撮映画】
ゴジラ・ミニラ・ガバラ・オール怪獣大進撃』、『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣』、『ゴジラ対へドラ』、『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』、『ゴジラ対メガロ』、『ゴジラ対メカゴジラ』、『メカゴジラの逆襲
・・・その他にも触れる程度で幾つかの特撮作品を挙げております。


※要ニコニコ動画アカウント

前回に引き続き、勘違い・思い違い等もあるかも知れませんが、何卒寛大な目で見てください・・・ハイ。

【関連記事】
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート1】 怪獣の溜息

web拍手 by FC2
2010/12/13 00:10|番外編・特撮怪獣TB:0CM:0

雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 番外編 【怪獣映画特集 パート1】 

と、いう訳でありまして、
本編パートが始まってすらいないのに番外編をやって大丈夫か!?
大丈夫だ、問題ない。
と思いますが、番外編でございます。
怪獣映画好きの友人・夢見るアンディと、特撮怪獣映画を振り返ってみよう、という企画で雑談致しました。

主にゴジラシリーズをはじめとする東宝特撮映画と平成ガメラシリーズを中心に雑談致しました。
収録時間は3時間超。いやはや、楽しかった訳ですが、同時に物凄く疲れました・・・。更に編集作業があるという罠・・・。まぁ、好きでやっているから良いんですけどね(笑)。

まぁ、3時間超の収録時間でしたから、必然的に数パート分割してアップロードせねばならない訳です。
そういう訳で、パート1の編集が終わったので、アップロード致しました。
今回は主に昭和初期の東宝特撮作品をメインに語っております。

【パート1で言及した怪獣映画・特撮映画】
ゴジラ』、『ゴジラの逆襲』、『空の大怪獣ラドン』、『大怪獣バラン』、『モスラ』、『妖星ゴラス』、『キングコング対ゴジラ』、『海底軍艦』、『モスラ対ゴジラ』、『宇宙大怪獣ドゴラ』、『三大怪獣地球最大の決戦』、『フランケンシュタイン対地底怪獣』、『怪獣大戦争』、『ゴジラ エビラ モスラ 南海の大決闘』、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』、『怪獣総進撃』、『キングコングの逆襲』、『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ
・・・その他にも触れる程度で幾つかの特撮作品を挙げております。


※要ニコニコ動画アカウント

勘違い・思い違い等もあるかも知れませんが、何卒寛大な目で見てください・・・ハイ。
尚、次のパートでは昭和後期のゴジラシリーズを中心に話しております(鋭意編集中であります)。

【内容と関連のある当ブログの記事】
ピアノ線は見せるべきか、消すべきか? 怪獣の溜息
怪獣映画に於ける怪獣の大きさについて 怪獣の溜息
怪獣映画はお祭りみたいなものです 怪獣の溜息

web拍手 by FC2
2010/12/12 05:26|番外編・特撮怪獣TB:0CM:2

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.