管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

2010年 F1世界選手権 最終戦・アブダビGP 決勝 

F1ファンの皆さんこんばんは!
2010年F1世界選手権第十九戦・アブダビGP決勝のお時間でございます。いよいよ最終戦でございます。F1史上初となる、アロンソ・ウェバー・ベッテル・ハミルトンの、4人によるワールドチャンピオン争いという事でございまして、さてさて、誰が栄光を掴み取るのか、非常に楽しみでございます!
世界が注目する今回のレース、いよいよスタートであります!
尚、日本人最多入賞記録に挑戦する小林可夢偉は、12番手からのスタートであります。

 ________
 |◎日| /  / | | / ̄ ̄\_/|
 |二二| | ̄ ̄|   | || ▼ ▼ |_/
 |二二| |__|   | |\ 皿 /
 |三三| \∩ \  | |⊂ ⊂  )┐
[二二二二二二二二|二二二.| ヽ,|
  | |        | | (_,(_).|_|
  | \       | \ _| |_
  |__]     .|__]──◎

さぁ始まりました、オープニングラップ!シューマッハがスピン、リウィッツィーと接触!セーフティーカー導入であります!今シーズンが復帰シーズンとなったシューマッハとしては、残念なシーズンの
その間に、続々とマシンがピットに入ってきました。
5周目、セーフティーカー解除です。
8周目、ベッテル独走でレースが続いております。
12周目、5位を走るウェバーがピットストップです。この選択は後々のレース展開に影響してきそうでありますね・・・。
16周目、アロンソがピットに入ってきました!ウェバーの前に出ましたが、アロンソのタイヤはまだ冷えていますので、どうなるのか、という事です。
さてさて、コース上、日没してまいりました。路面温度も変化していきますし、このあたりがアブダビGP、トワイライトレースの面白いところでございます。
23周目、アロンソがペトロフに仕掛けましたが、大きくコースアウトしてしまいました。そして、ハミルトン、ピットストップです!
25周目、ベッテルがピットストップ、3位を走る可夢偉の前に出ました。その可夢偉はクビサにかわされ、一つ順位を下げます。
26周目、今度はバトンが可夢偉に襲い掛かります。
31周目、クビサとハミルトンの3位争いであります。
34周目、可夢偉がピットストップです。
40周目、バトン、ピットストップです。これにより、ベッテルが首位に立ちました!
47周目、クビサがピットストップ、ペトロフの前に出ました!これによりアロンソは2台のルノーマシンを抜かなければワールドチャンピオンは大変難しい事になってまいりました!この後何事も無ければベッテルがワールドチャンピオンとなります。
そして、ベッテルがトップでチェッカーであります!
史上最年少王者誕生であります!


      曰 / ̄ ̄\_/|
     | | |. ▼ ▼ |_/ 
    ノ__丶.〃皿 /_   
     ||独||/    .| ¢  
  _ ||リ.||| |    . ̄丶.)
  \ ||酒||L二⊃ . ̄ ̄\
  ||\`~~´  (<二:彡) \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
   .  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

さてさて、10位入賞までの結果でございます。

1位 セバスチャン・ベッテル
2位 ルイス・ハミルトン
3位 ジェンソン・バトン
4位 ニコ・ロズベルグ
5位 ロバート・クビサ
6位 ヴィタリー・ペトロフ
7位 フェルナンド・アロンソ
8位 マーク・ウェバー
9位 ハイメ・アルグエルスアリ
10位 フェリッペ・マッサ

尚、小林可夢偉は14位と、残念ながら日本人最多入賞記録の夢は果たせませんでした。

ドライバーズ・ポイントランキングは、以下の通りとなっております。

1位 フェルナンド・アロンソ 246ポイント
2位 マーク・ウェバー 238ポイント
3位 セバスチャン・ベッテル 231ポイント
4位 ルイス・ハミルトン 222ポイント
5位 ジェンソン・バトン 199ポイント
6位 フェリペ・マッサ 143ポイント
7位 ニコ・ロズベルグ 130ポイント
8位 ロバート・クビサ 126ポイント
9位 ミハエル・シューマッハ 72ポイント
10位 ルーベンス・バリチェロ 47ポイント
11位 エイドリアン・スーティル 47ポイント
12位 小林可夢偉 32ポイント
13位 ニコ・ヒュルケンベルグ 22ポイント
14位 ビタントニオ・リウッツィ 21ポイント
15位 ビタリー・ペトロフ 19ポイント
16位 セバスチャン・ブエミ 8ポイント
17位 ペドロ・デ・ラ・ロサ 6ポイント
18位 ニック・ハイドフェルド 6ポイント
19位 ハイメ・アルグエルスアリ 3ポイント

コンストラクターズ・ポイントランキングは、以下のようになっております。

1位 レッドブル・ルノー      469ポイント
2位 マクラーレン・メルセデス   421ポイント
3位 フェラーリ          389ポイント
4位 メルセデス・ベンツGP     202ポイント
5位 ルノー            145ポイント
6位 ウィリアムズ・コスワース   69ポイント
7位 フォースインディア・メルセデス 68ポイント
8位 BMWザウバー・フェラーリ 44ポイント
9位 トロロッソ・フェラーリ 11ポイント



さてさて、来シーズンは【Fダクトの禁止】【可動式リアウィング装備可能】【マシンの最低重量が640kgに】【カーズの復活】等のレギュレーション変更があります。
また、今シーズンでブリヂストンがF1から撤退するという事でありまして、来年度のタイヤがどうなるか、というあたりが面白いところではないでしょうかね。
なにはともあれ、来年度シーズンも楽しみであります。

と、いう事でありまして、2011年3月のバーレーンGPでお会いしましょう!

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2010/11/15 02:05|2010年決勝TB:0CM:0

2010年 F1世界選手権第十八戦・ブラジルGP 決勝  

F1ファンの皆さん、こんばんは!2010年F1世界選手権第十八戦・ブラジルGP決勝のお時間でございます。
本日はフジテレビで野球の日本シリーズ中継が放送されていた関係で、深夜3時からの放送になった訳であります。
今回のレースを含めて残り2戦、どのような展開が待っているのでありましょうか?注目であります。
尚、小林可夢偉選手は12番手からのスタートとなっております。
さぁ、いよいよスタートです!


      _/ ̄ ̄\__
    /.__| / \ |_\    
    |/ \ 皿 / \|  <眠い…。  
      /    \
      | |  マモノ | |

さぁ始まりました、オープニングラップ。早くも各マシン、激しいバトルを繰り広げております。可夢偉はひとつ順位を落とした模様。
7周目、アロンソがヒュルケンベルグをかわし、3位につけました!やっと、という感じでありますかね。
12周目、バトンがピットインです。
4位を走るヒュルケンベルグが壁になるという形で、結構マシンが渋滞しておりますね・・・。その間に3位のアロンソはどんどん差を広げております。
15周目、マシンが続々とピットに入ってきました。ヒュルケンベルグもピットに入った事により、渋滞が解消されつつあります。
29周目、可夢偉とバトンのバトルであります!昨年のブラジルGPからバトンと可夢偉との間にはある種の因縁みたいなものがある訳であります。
30周目、バトンが可夢偉をかわし、5位につけました!う~ん、無念であります。
37周目、スーティルを先頭とする渋滞が発生しております。
49周目、可夢偉がピットイン。マッサの後ろ、15位につけました。
51周目、リウッツィがクラッシュ!セーフティーカー導入であります!
このタイミングで各マシンがピットに入ってきました。さぁ、これで有利になるマシンも出てきますし、レースが動いてくる予感であります。
55周目、セーフティーカー解除であります。その瞬間ブエミをかわし、可夢偉が11番手につけます。
66周目、アルグエルスアリをかわし、可夢偉が10位につけました。
そしてベッテルがトップでチェッカーでございます!
これでワールドチャンピオン争いは最終戦・アブダビGPに縺れ込む、という事になりました!

     _
     \.\
       |_|   さて寝るか...
     /  \ /\_
     |    / / ♯\__
     |   ./  /  ※ ♯ ※\____
   / ,\_/  / ♯  ※  ♯   ./ /
  /___/    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /

さて、以下、10位入賞までの結果であります。

1位 セバスチャン・ベッテル
2位 マーク・ウェバー
3位 フェルナンド・アロンソ
4位 ルイス・ハミルトン
5位 ジェンソン・バトン
6位 ニコ・ロズベルグ
7位 ミハエル・シューマッハ
8位 ニコ・ヒュルケンベルグ
9位 ロバート・クビサ
10位 小林可夢偉

レッドブル1・2フィニッシュでありましたね。
今回は特にこれといったアクシデントも無く、スムーズなレース展開でありました。
そして、先述の通り、ワールドチャンピオン争いは最終戦に縺れ込む、という事になりました。果たして、ワールドチャンピオンを勝ち取るのは誰か!?
注目の最終戦・アブダビGPは、11月14日深夜であります。楽しみでありますなぁ。


web拍手 by FC2
2010/11/08 04:40|2010年決勝TB:0CM:0

2010年 F1世界選手権第十七戦・韓国GP 決勝 

全世界のF1ファンの皆さん、こんばんは!2010年F1世界選手権第十七戦・韓国GP決勝のお時間でございます。
今回は初の韓国でのF1GP開催という事でありますが、まぁ、韓国人F1ドライバーも居ない訳ですし、現地ではあまり盛り上がってはいなかったようであります。
今回の韓国GPは開催一ヶ月前の段階でまだサーキットが完成していなかった等、様々な問題があり、突貫工事での急拵えのコースの安全性はどうなのか等と心配しておりましたが、埃が舞っていたり、コースの路面より縁石が低かったり、路面が油まみれだったり・・・と、様々な不安要素満載なコースではあるものの、なんとか開催にこぎつけたようであります。
因みに、F1の最高権威であるバーニー・エクレストン氏が、
数週間前には韓国GPを中止にする可能性が高かった
と言っている訳でして・・・。

そのような極めて悪いコースコンディションの上、雨まで降ってくるという状況になりました。
今回のレースにはどのような波乱が待ち受けているのでありましょうか!?いよいよスタートです!
尚、我らが小林可夢偉選手は12番手からのスタートであります。

                    __
___            |\_/   \_/|
;;;;|   |ワー          \_| ▼ ▼ |_/
;;;;|__|  ワー        ,-ーー>、 皿 ∩"
;;;;|    |       ,ー-/~∀⌒     人_)
;;;;|__|       し-し、_,∠__...⊆⊇ニニ)



さぁ始まりました!
いきなりセーフティーカー先導での開始であります。いやはや、雨でありますなぁ・・・。テンション下がりますが、天候ならばまぁ仕方が無い訳です(笑)。
2周目、ブルーノ・セナがピットストップ、タイヤ交換であります。
3周目、レッドフラッグです!レース中断でありますな。映像を見る限りでは、雨の影響というよりも、コースの水捌けが悪い為、というような感じでありますね。
49分の中断の後、再スタートであります。引き続き、セーフティーカー先導での再スタートであります。
5周目、ディグラッシーがタイヤ交換であります。
17周目、ようやくセーフティーカー解除であります!再スタートで順位がかなり前後しております!
20周目、ウェバーがスリップ、ロズベルグに接触、壁に激突!両者、リタイアであります!
これにより、再びセーフティーカー導入であります。
このウェバーのスリップはタイヤが浮いていたところを見ると、コースの縁石が低い事に起因していたように見えましたが、さてさて。
24周目、セーフティーカー解除であります。
同周、トゥルーリとセナが接触であります。これでトゥルーリはリタイアという事になりました。
27周目、ディグラッシーがリタイアであります。
同周、シューマッハがバトンをかわし、5位に浮上です。
31周目、ブエミが接触です!
またセーフティーカー導入であります。
そのうちに続々とマシンがピットに入ってきました。
33周目、アロンソがピット内で少しアクシデントがあり、順位を落としてしまいました。
35周目、セーフティーカー解除です。ハミルトンがブレーキングミス、その隙を突き、アロンソが再度2位に浮上しました。
38周目、スーティルがスリップ、その影響で可夢偉が11位に浮上です!
41周目、ペトロフが単独クラッシュ、リタイアです!
46週目、アロンソがベッテルをかわし、1位に浮上です!ベッテルはその直後、マシントラブル!リタイアであります!これでレッドブルマシンは2台ともリタイアという結果になりました!いやはや、とんでもない事になってきましたな!
47週目、スーティルと可夢偉のマシンが接触であります!スーティルはそのままコースアウト、可夢偉はコースに踏みとどまりました。しかし、大丈夫でしょうか・・・。
そして、アロンソがトップチェッカーであります!

 ________
 |◎日| /  / | | / ̄ ̄\_/|
 |二二| | ̄ ̄|   | || ▼ ▼ |_/
 |二二| |__|   | |\ 皿 /
 |三三| \∩ \  | |⊂ ⊂  )┐
[二二二二二二二二|二二二.| ヽ,|
  | |        | | (_,(_).|_|
  | \       | \ _| |_
  |__]     .|__]──◎


以下、10位入賞までの結果であります。

1位 F.アロンソ
2位 L.ハミルトン
3位 フェリペ・マッサ
4位 ミハエル・シューマッハ
5位 ロバート・クビサ
6位 ビタントニオ・リウッツィ
7位 ルーベンス・バリチェロ
8位 小林可夢偉
9位 ニック・ハイドフェルド
10位 N.ヒュルケンベルグ

いやはや、なんとも波乱に満ちたレース展開でありました。スリップやクラッシュ等が重なり、結局完走出来たのは15台という結果になりましたね。これほどスピンするレースというのも、なかなか珍しかったのではないでしょうか?
しかし、ウェバー&ベッテルが今回ノーポイントに終わってしまった為、今シーズンのワールドチャンピオン争いがまだまだ分からないようになってきました。
残り2戦、果たしてどのようになるのか、目が離せません。

さて次回、第十八戦・ブラジルGPは、11月7日深夜であります。

web拍手 by FC2
2010/10/25 03:24|2010年決勝TB:0CM:0

2010年 F1世界選手権第十六戦・日本GP 決勝  

全世界64億超のF1ファンの皆さん、こんにちは!2010年F1世界選手権第十六戦・日本GP決勝のお時間でございます!
年に一度の日本グランプリ、そして鈴鹿サーキットでの開催と言うことでございまして、実に楽しみなレースでございます!
昨日は雨が降りまして予選が今日朝10時に延期される等、予選からして波乱の展開でありましたが、本日・決勝は晴れまして、果たしてどのようなレース展開が為されるか、非常に楽しみなのでございます。
今シーズン数々のミラクルを起こしてきた、我らがザウバー・小林可夢偉選手は今日の日本GPが母国GPという事で、実に期待が高まってきている訳でございます。前回・シンガポールGPの時はリタイアとなってしまっただけに、今回はその鬱憤を晴らしてもらいたいですな!その小林可夢偉選手は、14番手からのスタートとなっております。
2010年F1日本GP、いよいよスタートでございます!

           ∧   ∧  /(
        )`、)  ( / \ノ  ~(_
      ...)∩|\../ ̄ ̄\../|∩ (
    )\)`| |.\_| ▼ ▼ |./.| |  フ
   .(    \\_\ 皿 /_//  (_∧   
   _).     \        /       (
)\) ..       |      |        了
\ .         |      |         /
 ゞ        /   /\  ヽ       (
 \..      /  /    \ ヽ       (
  )       {  |        |  }      ブ
  ゞ       |  |       |  |    /
   ゞ     (_,ノ         ヽ,_)  /


さあ始まりましたオープニングラップ!スタート直後、ペトロフとマッサ、ヒュルケンベルグがクラッシュ!リタイアであります。なんとなんとのっけからセーフティーカー導入です!
このタイミングで幾つかのマシンがタイヤ交換です。この戦略は各マシンにどう影響するのでしょうか・・・。尚、小林可夢偉選手は、これらのクラッシュを上手くかいくぐり、12番手で走行しております。
3週目、クビサがマシントラブルでスローダウン!マシンを止めてしまいました!リタイアです!
いやはや、のっけからとんだ波乱でございますなぁ!さて、この先どうなっていくのでしょうか・・・。
7週目、セーフティーカー解除、再スタートであります。
13週目、ベッテルがトップでのレース展開となっております。
14週目、可夢偉がアルグエルスアリを若干接触しながらもかわし、10位に浮上です!
18週目、可夢偉がスーティルをかわし、9位に浮上であります!!この2回のオーバーテイクはヘヤピンコーナーでのオーバーテイクでありました。マシンに負担が無ければ良いのでありますが、さて、どうなのでしょうか・・・。しかし、ガッツ溢れるオーバーテイクであります!
23週目上位のマシンが次々とピットに入ってきました。タイヤ交換であります。
このピットインで、ハミルトンが可夢偉の後ろに入りました。さて、可夢偉はどこまでハミルトンを押さえるのか、というのが面白いところでありますね。
25週目、ハミルトンが可夢偉をかわしました。これはやはりマシンスペックの差という事でありますかね。
27週目、ロズベルグとシューマッハが同チーム同士の8位争いであります!いやはや、熾烈な争いでありますな!
やはり同じチームメイト同士の争いというものが、今シーズンの大きな見所のひとつである訳でございます。
31週目、可夢偉がファステストラップです。その後の周回でも自己ベストを連発しております。やはり今日は燃えておりますなぁ(笑)。
39週目、可夢偉がピットストップであります!ブエミの前、12番手につけました。さて、この後どうなるのか、またミラクルを魅せてくれるのでしょうか?
40週目、ハミルトンのマシンのギアにトラブルが発生したようであります。
42週目、可夢偉が前を走るアルグエルスアリの真後ろにつきました!
44週目、バトンがハミルトンの前に出ました。マシントラブルを抱えるハミルトンが譲る形になりましたね。
可能夢偉、アルグエルスアリをオーバーテイクであります!またまたヘヤピンコーナーでのオーバーテイク!しかもアウトサイドからのオーバーテイクであります!
そしてその直後、10番手を走っていたスーティルのマシンがが白煙を上げ、スローダウンであります!それを抜かし、小林可夢偉選手が10番手に上がりました!しかししかし!可夢偉のマシンもかなりのダメージを負ってしまいました!なんという無茶な走りを(笑)!しかしピットには入りません!
48週目、可夢偉、バリチェロとのバトルであります。
49週目、ロズベルグがクラッシュ!リタイアであります。これで可夢偉は8位につけます!
そしてそして可夢偉が7位のバリチェロに仕掛けました!またまたヘヤピンであります!抜きました!小林可夢偉選手、7番手に立ちました!まさに鬼神迫る怒涛の勢いであります!
そしてベッテルがトップでチェッカーであります!


  ::::::::::::::::  |\_/ ̄ ̄\_/| 
    ::::::::: \_|   ;;;;;;;;;;;;;|_/
          _..  /⌒:::;;;;;ヽ
-― ―'ー'-''―-''/ / ::;;;;;;;;:| |―'''ー'-''――'`'
 ,,  '''' .  ''''' と./ゝ_;_;_ノヽつ   、、, ''"
    ,,, ''  ,,,    ::;;;;;;;;;::: ,,  ''''' ,,,,


さて、10位入賞までの結果であります。

1位 セバスチャン・ベッテル
2位 マーク・ウェバー
3位 フェルナンド・アロンソ
4位 ジェンソン・バトン
5位 ルイス・ハミルトン
6位 ミハエル・シューマッハ
7位 小林可夢偉
8位 ニック・ハイドフェルド
9位 ルーベンス・バリチェロ
10位 セバスチャン・ブエミ

いやはや今回は昨日の雨での延期から、オープニングラップのクラッシュ等があり波乱に満ちたレースでありましたね。
そして何と言っても小林可夢偉選手の、終盤の怒涛の追い上げでありましたな。母国グランプリという事で、彼自身も気合が入っておりましたね。
いやぁ、熱くなれる良いレースでございました。

さて、次回・韓国GPは10月24日深夜であります。
サーキットの整備がまだだとか、様々な噂を聞きますが、一体どのようなレースになるのでありましょうか。
注目でありますな!

web拍手 by FC2
2010/10/10 17:56|2010年決勝TB:0CM:0

2010年 F1世界選手権第十五戦・シンガポールGP 決勝  

全世界のF1ファンの皆さん、こんばんは。2010年F1世界選手権第十五戦・シンガポールGP決勝のお時間でございます。
今回管理人、不覚にも寝過ごしてしまいまして、テレビをつけたときには既に46週目でありました・・・。
ドイツGPに続いて・・・・orz
いやしかし、今回は23時15分からだったんですね。完全に失念しておりました・・・。
よって今回は実況していないのです。次回はちゃんと起きたいところでございます・・・。

  ___________
 §∥ |\_/ ̄ ̄\_/|∥§
 §∥ \_|  ━ ━|_/ ∥§
 §∥    \  皿 /  ∥§ 
   ̄ ̄ ̄ /    \ ̄ ̄ ̄   
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |                  |
 |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |
 |   |########|   |
 |   |########|   |


さて、10位入賞までの結果であります。

1位 アロンソ
2位 ベッテル
3位 ウェバー
4位 バトン
5位 ロズベルグ
6位 バリチェロ
7位 クビサ
8位 スーティル
9位 ヒュルケンベルグ
10位 マッサ

管理人が見始めたときから始まったクビサの怒涛の追い上げが凄かったですね。まさに鬼神迫る怒涛の追い上げでございました!
そして、アロンとベッテルの熾烈なトップ争い。そして最後の最後になってのコバライネンのマシンの炎上!
ハイライト映像を見ると、やはりナイトレース、様々な波乱があったようですね。最初から観たかった・・・。

さて、次回は第十六戦・日本GPでございます!
10月10日、鈴鹿サーキットからの生中継・・・ん?午後4時からですから、これは録画ですね・・・。
まぁ、なにはともあれ楽しみであります。
web拍手 by FC2
2010/09/27 00:58|2010年決勝TB:0CM:0

2010年 F1世界選手権第十四戦・イタリアGP 決勝   

300km/hの興奮!
F1ファンの皆さん、こんばんは。2010年F1世界選手権第十四戦・イタリアGP決勝のお時間でございます。
前回は終始雨に左右されたレースでございましたが、さて今回はどのような波乱が待ち受けているのでありましょうか?鈴鹿・日本GPまであと2戦!ますます目が離せませんね。
尚、ザウバー・小林可夢偉選手は13番手からのスタートが予定されておりましたが、マシントラブルによりピットからのスタートとなったようであります。心配であります・・・。

|\_/ ̄ ̄\_/|
\_|  ▼ ▼ |_/ <大分涼しくなってきましたねぇ。
   \  皿 /
    ( つC□
    と_)_)

さぁ始まりましたオープニングラップ!二番手争いでマッサとハミルトンが接触!ハミルトンは早くもリタイアであります!
2週目、可夢偉がストップ!やはりマシントラブルが響いたようであります。全くもって残念な事であります・・・。
6週目、8位ウェバーがシューマッハを抜き、8番手につけました!その直後、シューマッハがウェバーに噛み付くような動きを見せましたが、ウェバー譲らず、であります。
8週目、ウェバーとベッテルの激しいチームメイト同士の争いが繰り広げられております。また、2位争いでは、ベッテルとマッサのチームメイト同士の争いという構図も出来上がってきておりますね。
先のチームオーダー問題やチームメイト同士の接触など、やはり「同チームの争い」というのがここ最近のF1のキーワードになってきておりますな。
21週目、ベッテルのマシンがエンジントラブルです!思うように加速ができなくなってしまっているようであります。
33週目、バトンが一瞬ミスです。どうやらブレーキの利きが効かなくなってきているようであります。
このコースはブレーキに負担がかかりますからね。
36週目、マシンが続々とピットに入ってきました。
38週目、ピットアウトでアロンソがバトンの前、2番手につけました!しかし、その後も果敢にバトンはアロンソに仕掛けております!
53週目、ベッテルがピットストップ!最後の最後でピットに入るという作戦で、4位につけました!しかしマシントラブルとは何だったのか・・・。
そして、アロンソがトップでフィニッシュであります!

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
ト、      /             \     ,:イ
| \___/  ___ ,,),,) ___ ヽ_/ |
|     ..:::ヾ::::::ヾ:::::::::::/   ヾ::::::::::/  |   /
\ ....::::;;;;ジ::::::: ヾ;;;;;/     ヾ;;;;;/   |;;::. シ
   ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::  i ̄i ̄i ̄i     | ̄
       ヽ::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ノ

さて、10位入賞までの結果であります。

1位 フェルナンド・アロンソ
2位 ジェンソン・バトン
3位 フェリペ・マッサ
4位 セバスチャン・ベッテル
5位 ニコ・ロズベルグ
6位 マーク・ウェバー
7位 ニコ・ヒュルケンベルグ
8位 ロバート・クビサ
9位 ミハエル・シューマッハ
10位 ルーベンス・バリチェロ

今回は比較的淡々としたレースでありましたね。

さて次回、シンガポールGPは9月26日深夜であります。
今回はマシントラブルで早々にリタイアしてしまった小林可夢偉選手でしたが、次回はどうなるのでありましょうか。
注目であります!
web拍手 by FC2
2010/09/13 02:12|2010年決勝TB:0CM:0

2010年 F1世界選手権第十三戦・ベルギーGP 決勝  

全世界のF1ファンの皆さん、お久しぶりです!2010年F1世界選手権第十三戦・ベルギーGP決勝のお時間がやってまいりました。
前回のハンガリーGPから約1ヶ月の時間が開きましたが、残り七戦、果たしてどのような展開となっていくのか、実に楽しみでございますね。
さて、F1GPの短い夏休み明け、最初のレースであります。さてさて本日のレースはどうなっていくのでありましょうか。雨の可能性が指摘されており、またまた波乱の予感であります。
尚、ザウバーの日本人ドライバー・小林可夢偉選手は17番手からのスタートとなっております。


      _/ ̄ ̄\__
    /.__| / \ |_\    
    |/ \ 皿 / \|  <暑い…。  
      /    \
      | |  マモノ | |

さぁ、スタートです!早くも雨が降ってまいりました!高速戦闘が繰り広げられ、順位の上り下りが激しくなっております!
2週目、雨が激しくなってきました!それに伴い、各マシンが続々とスリップ!コースアウト多数であります。
かといってまだ路面がドライ寄りなので、タイヤ交換が出来ないという状況でございます。その状況を見て、セーフティーカー導入であります!
その中で、可夢偉はタイヤ交換であります。しかし、ドライタイヤ・・・。これは雨が止むと見越してでありますが、果たして吉と出るか凶とでるか・・・。
4週目、雨が止みました(笑)!セーフティーカーが解除され、レース再開であります。いやはや、可夢偉の作戦勝ちですな。
9週目、アロンソが怒涛の追い上げであります。先の雨でタイヤ交換で順位を落としてしまったロスを取り返す勢いでございますね。
11週目、ロズベルグのマシンが接触、火花を散らしました!
いやはや、今回はヒヤヒヤするレースですなぁ。
13週目、アロンソが必死に順位を上げようと頑張っておりますが、なかなか前に出ることが出来ないというもどかしいレース展開となっていますね。
17週目、ベッテルとバトンが接触です!これにより、バトンはリタイアとなってしまいました・・・。
上位のマシンがリタイアしたりピットへ入った事により、可夢偉が8番手につけましたね。
20週目、先の接触により、ベッテルにドライブスルーペナルティーです。さて、再び雨が降り始めましたぞ!
24週目、タイヤ交換のため、続々とマシンがピットへ入ってきました。
26週目、ベッテルがスローダウンであります!左リアタイヤが、リウィッツィーとの接触により破損したようであります!そして、ピットインでありますが、20位まで順位を落としてしまいました・・・。
31週目、アロンソと可夢偉の激しいバトルであります!果敢にアロンソが攻めておりますが、可夢偉が必死に抑えております!いやはや、可夢偉、本当に頑張っております!
34週目、またまた雨であります!この雨は大雨であります!この雨がこのレースにどのような影響を与えていくのでありましょうか・・・!?
35週目、タイヤ交換の為に続々とピットへマシンが入ってきました!
これにより、上位陣の順位が入れ替わってきました。
38週目、アロンソ、ストップ!スリップによって縁石に激突しました!リタイアです。そして、その影響により、セーフティーカー導入であります!
41週目、セーフティーカー解除、レース再開であります!再スタートと同時に、各マシン激しい争いとなりました!
そして、ハミルトンがトップでフィニッシュであります!


_|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
_|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|'''''''''''''''''''''''''
三三||  //  //              ...||三三| |     ミ☆
三三||                          ||三三| |
三三||   |\_/ ̄ ̄\_/|       .||三三| |  <雨を降らせて涼しくしますた。
三三||   \_|  ▼ ▼ |_/       .||三三| |
三三||      \  皿 /            ||三三| |/ ̄\__/ ̄ ̄
三三||      (⌒ ̄l⊃⊂l⌒) // //  ||三三| |::::[][]:::::::::::::::::::::::[][]::::
| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|::::::::::[][]:::::::::::::::::::
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|::::::::::::::::::::::::::::::::::::


さて、以下、10位入賞までの結果であります。

1位 L.ハミルトン
2位 M.ウェバー
3位 R.クビサ
4位 F.マッサ
5位 A.スーティル
6位 N.ロズベルグ
7位 M.シューマッハ
8位 小林 可夢偉
9位 V.ペトロフ
10位 J.アルグエルスアリ

いやはや、今回は終始雨に振り回されたレースでありましたね。色々とヒヤッとするような場面もございました。
しかしながら小林可夢偉選手、17番手からのスタートから、8位入賞!またまたミラクルを魅せてくれました。

さて次回、イタリアGPは9月12日深夜であります。
web拍手 by FC2
2010/08/30 01:40|2010年決勝TB:0CM:0

2010年 F1世界選手権第十二戦・ハンガリーGP 決勝 

全世界のF1ファンの皆さん、こんばんは。2010年F1世界選手権第十二戦・ハンガリーGP決勝のお時間でございます。
前回・ドイツGPはフェラーリの1・2フィニッシュでありましたが、チームオーダー問題があり、フェラーリには罰金のペナルティーが課され、審議されるという事になりました・・・。
さて、今回のレースは、どのようなレースになるのでありましょうか。非常に楽しみであります!
尚、日本の小林可夢偉選手は23番手からのスタートになります。

     |\_/ ̄ ̄\_/| 
     \_|  ▼ ▼|_/    
        \  皿 /
   キコキコ □( ヽ┬U
  ~ ~. ◎->┘◎

さあ始まりました、オープニングラップ!可夢偉は16番手まで順位をあげてきました。幸先良いですな。
2週目、アルグエルスアリのマシンが煙を吹きました。リタイアです。
9週目、小林可夢偉とバトンの闘いが続いております。毎回バトンと可夢偉は闘っているような気がしますなぁ(笑)。
15週目、リウィッツィーとバトンがピットインです。そして、落ちているパーツを回収する為にセーフティーカーが導入されます。そのタイミングで、続々とマシンがピットに入ってきます。
16週目、クビサとスーティルがピット内で接触、そしてロズベルグのタイヤが外れてしまい、リタイアです。
17週目、ベッテルが強引なピットレーン入りで、審議となる可能性があるようです。
いやぁ、混沌としてまいりましたなぁ。
18週目、セーフティーカー解除、再スタートであります。クビサ、先程の接触の影響か、スローダウンです!
19週目、可夢偉はシューマッハを抜き、11番手につけました!ポイントが見えてきました!
24週目、クビサがペナルティーによりピットインです。そして、ハミルトンがマシントラブルによるストップ、リタイアであります。
26週目、クビサが結局、リタイアのようであります。
29週目、ドライブスルーペナルティーが2位を走るベッテルに言い渡されます。
32週目、ドライブスルーをしたベッテルは、アロンソの後ろ、マッサの前につけます。
43週目、ウェバーがピットストップです!完璧なメカニックのピット作業、見事トップでコースへ戻ります。
54週目、アロンソとベッテルの2位争いであります。ベッテルはFダクトを積んでいますが、アロンソはFダクトを積んでいません。
56週目、バリチェロがピットインです。これにより、可夢偉は9位に浮上であります。
59週目、アロンソとベッテルの熾烈な2位争いが続いております。
62週目、シューマッハとバリチェロの10位争いです!果敢にバリチェロは仕掛けましたが、シューマッハはブロックをします!これは皇帝の意地でありますな!
66週目、バリチェロがシューマッハの前に出て10位につけました!あわや接触という場面でありましたが、いやぁ、凄いバトルでありました!
しかしこのバトルについて、レース後審議される、という事になったようであります。
そして、ウェバーがトップでフィニッシュです!今シーズン4勝目でありますな。

     |\_/ ̄ ̄\_/| 
     \_|  ▼ ▼|_/    
        \  皿 /
        ( つ つ
      (( (⌒ __) ))
         し' っ

さて、10位入賞までの結果であります。

1位  マーク・ウェバー
2位  フェルナンド・アロンソ
3位  セバスチャン・ベッテル
4位  フェリッペ・マッサ
5位  ヴィタリー・ペトロフ
6位  ニコ・ヒュルケンバーグ
7位 ペドロ・デ・ラ・ロサ
8位  ジェンソン・バトン
9位  小林 可夢偉
10位 ルーベンス・バリチェロ

尚、日本の山本左近選手は、19位でありました。
いやぁ、今回は10位争いと2位争いが熱かったですな。
そして、23番手からのスタートであった小林可夢偉選手が9位入賞という事で、(他マシンのリタイアがあったとは言え、)またミラクルを魅せてくれました。

さて次回、ベルギーGPは、8月29日であります。ちょっと間が開きますね。

web拍手 by FC2
2010/08/02 01:41|2010年決勝TB:0CM:0

2010年 F1世界選手権第十一戦・ドイツGP 決勝 

全世界のF1ファンの皆さん、こんばんは。2010年F1世界選手権第十一戦・ドイツGP決勝のお時間でございます。
今回管理人、不覚にも寝過ごしてしまいまして、テレビをつけたときには既に25週目でありました。orz…
よって今回は実況しとらんのですね。次回はちゃんと起きたいところでございます・・・。

  ___________
 §∥ |\_/ ̄ ̄\_/|∥§
 §∥ \_|  ━ ━|_/ ∥§
 §∥    \  皿 /  ∥§ 
   ̄ ̄ ̄ /    \ ̄ ̄ ̄   
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |                  |
 |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |
 |   |########|   |
 |   |########|   |

さて、10位入賞までの結果であります。

1位 フェルナンド・アロンソ
2位 フェリペ・マッサ
3位 セバスチャン・ベッテル
4位 ルイス・ハミルトン
5位 ジェンソン・バトン
6位 マーク・ウエーバー
7位 ロバート・クビカ
8位 ニコ・ロズベルグ
9位 ミハエル・シューマッハー
10位 ビタリー・ペトロフ

尚、日本の小林可夢偉選手は惜しくも11位、山本左近選手はリタイアという結果になっております。

いやぁ、しかし今回はなんといっても久々のフェラーリの1・2フィニッシュでありますが、フェラーリのチームラジオのマッサへの指示がどう見ても「アロンソに譲れ」というものでありました。どうもアロンソには聞かされていなかったようでして、アロンソはマッサのマシンの心配をするという一幕もありました。
そして、レース終了後のインタビューでは、
我々はチームの為に走っている
という、皮肉とも取れるマッサの発言。アロンソもマッサも笑ってはいませんでしたね。若干後味の悪い終わり方となってしまいました。
そういった訳で、フェラーリは事情聴取を受けたようであります。

F1ドイツGPのスチュワード、フェラーリを事情聴取 Yahoo!ニュース

さて次回、ハンガリーGPは8月1日深夜からの放送となります。寝坊しないようにしなければ・・・!

web拍手 by FC2
2010/07/26 01:57|2010年決勝TB:0CM:0

2010年 F1世界選手権第十戦・イギリスGP 決勝 

F1ファンの皆さん、こんばんは!
2010年F1世界選手権第十戦・イギリスGP決勝のお時間でございます。
今回のレースから2010年のシーズンも、後半戦に入るということでございまして、今回も楽しみなレースであります。今回のレースは小林可夢偉選手に加え、山本左近が日本人ドライバーとして久しぶりに参戦します。
尚、可夢偉選手は12番手から、山本左近選手は24番手からのスタートとなっております。

   _/ ̄ ̄\_
  /_| / \ |_\    参議院選挙に
 |/  \; 皿 /  \|     サッカー……
    /     \          
   / /\ マモ / ̄\        そろそろしんどい
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \_
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__)
  ||\             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
  ||  ||          .||

さぁ始まりました、オープニングラップ!ベッテルが大きくコースアウト!右のリアタイヤがパンクです!ウェバーとハミルトンの熾烈な争いが繰り広げられます。また、マッサもパンクであります!尚、可夢偉は9位に浮上です。
マッサはアロンソと接触があったようですね。マッサ、ベッテルは23位・24位というとんでもない事になってきました。
5週目、各マシン、熾烈な争いが続いております。可夢偉はなかなかのペースで走っているようであります。今回はどうなっていくのか・・・。
12週目、シューマッハがピットインです。
13週目、続々とマシンがピットに入ってきました。
そして、タイヤ交換を終えた小林可夢偉がシューマッハの前に出ました!タイヤ交換直後でタイヤが温まっていないのによく抑えました!
17週目、アロンソとクビサのバトルです。そして、アロンソが前に出て8位につけました!若干ショートカットっぽかったようですが、さて。
19週目、アロンソが7位に順位を上げました。
20週目、クビサのマシンがスローダウン、リタイアです。
22週目、バトンがピットイン、アロンソの後ろ、6位につけました。
26週目、デラロサのマシンのリアウイングが飛びました。ピットインです。
27週目、アロンソに先程のクビサとのバトルでコースオフした事によるペナルティーが課せられるという事が決定したようです。
28週目、セーフティーカー導入です。先程のデラロサのパーツの改修作業によるものであります。
30週目、セーフティーカー解除です。ここでアロンソはドライブスルー、これにより可夢偉は6位につけました。
33週目、シューマッハとスーティルのバトルです。スーティルが前に出て7位につけますが、接触があったようであります。
34週目、アロンソがブエミをかわし、15位につけました。
39週目、ベッテルがヒュルケンベルグをかわし9位につけました。
40週目、マッサが単独のスピンです!緊急ピットストップです!
41週目、シューマッハとベッテルのバトルです!シューマッハは一度ブロックしますが、最終的にシューマッハが譲る形になり、ベッテルが8位につけました。
46週目、アルグエルスアリがリタイアです。
50週目、アロンソがパンクでピットストップです。今日のレース、フェラーリのタイヤ運が悪いようですな。
51週目、スーティルをかわし、ベッテルが7位につけました。若干の接触があったようであります。
そして、ウェバーがトップでチェッカーです!


     |\_/ ̄ ̄\_/|
     \_| ▼ ▼ |_/   今回はタイヤを狙いますた
        \ 皿 /
       /`r、ー--´ノ
  i─i、 / \ `ー- '"ヽ`ヽ、
 冫⌒ヽ\,   ヽ   /,,\||  ` ::
 |( ● )| i\  ヽ. 〈/ヽ, |   ::''
 ゝ _ノ ^i |l.   ヽ |  ヽ |,,::''
  |_|,-''iつl/    ヽ|,,;;;;;::::'''
   [__|_|/〉"|''::::::;;;;;;;;;;;:::::::::
    [ニニ〉
    └―'

さて、10位入賞までの結果です。

1位 マーク・ウェバー
2位 ルイス・ハミルトン
3位 ニコ・ロズベルグ
4位 ジェンソン・バトン
5位 ルーベンス・バリチェロ
6位 小林可夢偉
7位 セバスチャン・ベッテル
8位 エイドリアン・スーティル
9位 ミハエル・シューマッハ
10位ニコ・ヒュルケンベルグ

小林可夢偉選手、やりましたなぁ。6位でありますぞ。今シーズン3度目にして自身トップタイの結果でありました。
これからの小林可夢偉選手の活躍にも期待できますな!
尚、山本左近選手は最下位20位で完走であります。

さて、次回・ドイツGPは7月25日11時50分からであります。

web拍手 by FC2
2010/07/12 03:47|2010年決勝TB:0CM:0

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.