管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

【2017年】さぁ、ゴジラの月です! 【ゴジラ誕生祭】 

今日は11月3日、文化の日であります。文化の日と言えば、そうだね。『ゴジラ』公開63周年だね!
今年は正式に日本記念日協会から11月3日が「ゴジラの日」として認定された訳でありまして、これまで以上に「ゴジラの誕生日」を祝う事ができるのかな、と思います。
昨日にはゴジラ誕生祭という事で東京と京都では上映イベントが行われていたり、本日は東京の方で「ゴジラ・フェス」なるイベントが執り行われているようです。2014年のギャレゴジからこっち、ゴジラが盛り上がりを見せているのが非常に嬉しい事であります。喜ばしい限りです。

来週・11月12日には『シン・ゴジラ』が地上波初放送を果たす予定ですし、アニゴジこと『GODZILLA 怪獣惑星』もいよいよ秒読み段階に入ってきました。

アニゴジ絵

予告編が公開され、前日譚小説が発売されたアニゴジですが、管理人はまだいまいちノれてはいないんですよね……。
しかし、ゴジラの新作が登場し、盛り上がりを見せている事は、怪獣ファンとして、ゴジラファンとして、嬉しい事には変わりありません。
願わくば、3部作の第一作目である『GODZILLA 怪獣惑星』が、大成功を収めてくれますよう……ッ!

【関連動画】





web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2017/11/03 18:02|特撮関連雑記TB:0CM:2

佐賀にゴジラ襲来! 「特撮のDNA展 怪獣の匠」、行ってまいりました! 

この時期は例年仕事の方が忙しくなる管理人でありますが、例外なく今年も色々と忙しい感じになっております。そして、クッソ忙しい秋にもかかわらず何を血迷ったか漫画なども制作しておりますよって、漫画制作以外の趣味に割ける時間が殆ど無くなってしまっているというアレな事になっております。この時期に描き始めちゃァいけなかった……。

という管理人のどうでも良い近況は置いておくと致しまして、なんとか取れた休みを使って、佐賀県立美術館にて執り行われている「特撮のDNA展 怪獣に匠」行ってきました。
いやぁ、学生の頃はよく県外まで出かけたものですが、社会人になってからは一人で県外まで列車を乗り継いで出かけるという事も殆ど無くなってしまっており、そういう意味でも貴重な1日になったかなぁ、と。

特撮のDNA展

特撮のDNA展 怪獣の匠」は、例によって1954年公開の特撮怪獣映画『ゴジラ』を祖とする東宝特撮映画の撮影に使用されたミニチュアや着ぐるみの展示&特撮技術紹介を主とした展示会な訳ですが、今回はなんと「全展示品すべて撮影可能」という前代未聞の太ッ腹な展示会だった訳であります。
と、いう事で、管理人も調子に乗ってパシャパシャと総枚数973枚という膨大な数の写真を撮ってきました。
……いや、だって、ねぇ? 実際の撮影に使われたミニチュアや着ぐるみなんですよ。色々な角度から撮りたくなってしまうのが人情ってものじゃないっすか! 加えて、管理人が同展に行ったのは平日の昼で、人の少ない頃合い。他の人の迷惑を気にせず、思う存分撮ったらこうなったというかなんというか。土日はかなり込み合っているという話もありましたから、がっつり撮ろうと思ったら平日の昼しか選択肢が無かった訳ですよ……!!
勿論、管理人以外にもそこそこ人は入っていました。管理人と同じような特撮ファン風の若者や、やたら目を輝かせていたおじさん、「そうそうコレよ、海底軍艦ね!」とはしゃいでいたおばさま方、おじいちゃんと一緒に来ていた怪獣よりもメカの類に惹かれていた未就学男児、二人とも特撮ファンっぽい若いご夫婦など、老若男女を問わず様々な人が本展に足を運んで来ていたようです。いやぁ、やっぱり「東宝特撮」、「ゴジラ」というキャラクターのネームバリュー・偉大さを改めて思い知らされますね。

さて、そんな感じで、撮ってきた1000枚近くの写真から幾つかピックアップして上げていきましょうか。

↓以下、それなりの枚数の写真につき追記にて。



この記事の続きを読む…
web拍手 by FC2
2017/10/28 19:32|特撮関連雑記TB:0CM:0

『パシフィック・リム: アップライジング』予告編、公開ッ! 

まずはこちらの動画をご覧ください。



ええ。
2013年公開の特撮怪獣&スーパーロボット映画『パシフィック・リム』の続編にあたる、『パシフィック・リム: アップライジング』の予告編が遂に公開された訳でございますよ!
一作目『パシフィック・リム』の公開後に続編・シリーズ展開が決定してから、ギレルモ・デル・トロ監督からスティーヴン・S・デナイト監督にバトンタッチが行われたり、製作元のレジェンダリー・ピクチャーズ社が中国資本の大連万達グループに買収されるなど色々な事があり我々ファンをやきもきさせていた訳ではありましたが、こうして予告編映像がデーンと出ると、「嗚呼、遂に公開間近なのだなぁ!」と、感慨深くなります。
どんな映画でも企画の発表から上映されるまでの期間というのはいつも不安半分楽しみ半分の浮ついた感じの気分になるものなんですけど、まぁ怪獣&スーパーロボット映画の金字塔『パシフィック・リム』の続編とあれば尚更であります。

とは言え、管理人は『パシフィック・リム』の続編企画というのには「う~ん……大丈夫だろうか……」と思っている訳ですよ。なにしろ『パシフィック・リム』という映画自体が、非常に綺麗に「怪獣戦争」の終結を描いている訳じゃないですか。平和になった世界に再び怪獣が出現してしまうのはどうなのか。あれだけの犠牲を払い勝ち得た勝利は、怪獣タイマーが止まったのは、一体なんだったのかッ!?
ある種、続編企画の宿命ではあるんですけどね。ゲルショッカーを倒してもデストロンが出てきたり、恐竜帝国を倒しても百鬼帝国が出てきたりする、そんな世知辛い世の中なんです。しかしね、この予告編を観てしまうとやっぱりもう、「うおおおおおお! 楽しみだぞぉおおおおッ!」ってなっちゃうんだから、現金なもんっすなぁ(笑)。

さてさて、この予告を観ると色々な事が分かります。
前々から発表されていた通り、どうやらイェーガー同士の戦いが展開される模様ですね。対怪獣用の巨大人型兵器であるイェーガーが人類の戦争に軍事転用されるという話なのか、はたまたイェーガーの性能を測るコンペティション的な模擬戦なのかは本編を観ないとなんとも言えませんが。どうも本気で殺し合いをしている感じにも見えますが、真相は……。
今回も様々な種類のイェーガーが登場するみたいですが、全体的にデザインがスマートになっている感じがしますかね。前作では各国で建造された多種多様な「鋼鉄の巨人」達が魅力的に描かれていましたが、なんとなく今回のイェーガーは、ある程度の画一性のあるロボット達になっているように感じます。現実的に考えると、各イェーガーの装備や部品が同一規格であった方が修理や整備にとっては都合が良いですし、ある程度強いイェーガーとなると収斂進化的な感じで似たようなフォルムになる、という話もありそうです。
いうなれば前作のイェーガー達が「70年代のスーパーロボット」であるとすれば、今作のイェーガーは「80年代のリアルロボット」である、と言えるのかも知れません。……ごくごく個人的な好みで言えば、前作のような「鋼鉄の巨人」のような無骨さと重量感のあるデザインの方が好きなんですけどね。また、前作では歴戦のスーパーロボット感の表現としてイェーガーの機体にはかなりウェザリング(汚し)が入っていましたが、今回のイェーガーは汚しの表現が少ないというのも、「新造兵器」感が出ているように思います。

そして、怪獣です。
前作は海溝のゲートが塞がれて怪獣は二度と出現しなくなった、というエンドでしたが、どういう訳か怪獣が出現しています。怪獣が出てこなきゃ始まらんという映画でもあるのですが、果たして今回はどのような理由付けで怪獣が出現するのでしょうか。
よもや今更「実は地球上にも怪獣が存在していたのじゃ!」という展開にはならんのでしょうけど、今回も「異次元人・プリカーサーが何らかの手段で送りこんで来る尖兵」として怪獣が出現するのか、それとも「前回ゲートが塞がれる前に地球に渡ってきていた怪獣の残党」なのか、はたまた「人類が怪獣を研究して遺伝子操作とかをしていたら、なんかヤバい奴らが生まれちゃった」という事なのか……。イェーガー同士が戦争で使用されるのであれば、人類が怪獣を生み出しちゃうパターンも考えられますよね。
予告編に登場している怪獣を見ると、従来のような怪獣と、比較的小さく群体で襲いくる怪獣、そして超大型の怪獣という3パターンの怪獣の登場が示されています。やっぱり人類が生み出しちゃった群体が融合を繰り返して超大型怪獣になっちゃうパターンなのではッ!?
タイトルにもなっている「アップライジング」は、翻訳すると「蜂起」という意味になります。人類に子飼いにされていた怪獣達が蜂起して人類を滅亡の淵に追いやる話だったら、怪獣好き的には非常に良いなぁと思う訳ですが、果たして(笑)。
その一方で、怪獣のデザインは前作のような「日本的な怪獣」のデザインを必ずしも継承していないようなフォルムになっているっぽいというのが気になりますかね。いえ、クリーチャー然とした怪獣でもそれはそれで良いんですが、前作のナイフヘッドやオオタチ、ライジュウなどのような個性に欠けているような気がしないでもなく……。まぁ、コレに関しては実際に観るまではなんとも言えませんが。

その他、個人的に気になった部分と致しましては、前作からの博士コンビの再登場と、日中での戦闘、そしてどうやら舞台が日本になるっぽい、といった点でしょうか。基地のバックに富士山があったり、白昼の日本の街で超大型怪獣を相手にファイティングポーズを取るイェーガー軍団など、日本人の怪獣・スーパーロボットファンとしては嬉しいカットが幾つかありますね。アニメや特撮ヒーロー・特撮怪獣的な文脈としても、日本の基地ならやっぱり富士山麓だよね!

そんな感じで、『パシフィック・リム: アップライジング』の公開が今から非常に楽しみでございますよ!
前作の公開時には怪獣映画は冬の時代で、管理人などはもはや怪獣が歩いている映像だけでも感涙してしまうようなありさまだった訳ですが(笑)、今は日本ではウルトラやゴジラが大復活を遂げ、海外でもキングコングやハリウッドゴジラが元気に暴れ回っているという状況下であり、まさに怪獣が元気な時代になっているという事が出来るでしょう。
怪獣戦国時代とも言える中で、『パシフィック・リム: アップライジング』は、どんな怪獣像を提示してくれるのでありましょうか。期待大であります。
個人的には、この予告編で描かれている超大型怪獣の表現が楽しみですね。たまにウルトラとかで身長数百メートル級の超巨大怪獣が出てきたりするんですが、着ぐるみでの合成やそれに合わせたミニチュアの縮尺からかどの超大型怪獣も結構違和感があったんですよね。ハリウッドの大バジェットによるVFXではそのような超大型怪獣がいかに違和感なく描かれるのかという、特撮的な部分にも注目したいですね。

アメリカでの公開は来年・2018年の3月という事ですが、日本での公開はいつになるんですかねぇ。


【関連記事】
僕達はこんな怪獣映画を待っていた!『パシフィック・リム』

【関連漫画】
撃闘機神ダイカイザー 激闘!大怪獣軍団
↑『パシフィック・リム』の公開時に、丁度ロボット軍団が超大型怪獣と戦う流れの漫画を描いていたのでありました。
レジェンダリーはまさか管理人の漫画を読んで今回の映画をつくったのか!?(無い)


web拍手 by FC2
2017/10/08 10:02|特撮関連雑記TB:0CM:0

アニメ『けものフレンズ』に於ける、たつき監督の降板その他大炎上について思うことなど 

現在、『けものフレンズ』は続編が制作決定しておりまして、
近い将来またかばんちゃん達の旅を観る事が出ると思います。



アニメ『けものフレンズ』の肝は、作品の世界観全体を覆う「切なさ」だと思うんです。 -怪獣の溜息

今月頭、アニメ『けものフレンズ』についての記事にて、管理人はこのように書きました。
しかしそれから僅か1ヶ月足らずで、このような事態になってしまうとは……。

はい。
これだけの大炎上となっているので皆さんご存知であると思いますが、去る2017年9月25日、アニメ『けものフレンズ』の監督を務めたたつき氏がTwitterにて、「今後、『けものフレンズ』のアニメから外れる事になった」という旨のツイートをしました。その結果該当ツイートが3日で30万RTされ、各方面の方々がこれについての言及をするなど、なかなか類を見ない大炎上になってきている感があります。
9月27日には『けものフレンズ』の制作委員会に当たる「けものフレンズプロジェクトA」が事の顛末について【「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関するご報告】という形で公式HP内にて発表しましたが、結果としては火に油を注ぐような事態となりました。同日には清食品や日本中央競馬会といった『けものフレンズ』とコラボレーション企画を展開していた企業・団体も公式アナウンスを発表。
この炎上騒動は『けものフレンズ』という作品コンテンツに関わった、制作陣・ファン・コラボ先という全ての人を焼き尽くす勢いで現在も延焼中であります。

けものフレンズ』が今年一番の深夜アニメ発の人気コンテンツであった事に加え、たつき監督が「ざっくりカドカワさん方面よりのお達し」とツイートした事からこれを機に皆のKADOKAWAに対する普段からの鬱憤がこれを機に爆発したというのも、今回の炎上を加速させた要因であると言えるでしょう。過去、KADOKAWAと組んで作品を制作していた漫画家や小説家の先生方やアニメ関係者からも「角川だからな」みたいな声が上がっている訳ですし……(笑)。
管理人も、あのアニメとかあの怪獣映画といった大好きな作品コンテンツがKADOKAWAの傘下であり、実際にそれら作品に対してのアレやコレやのKADOKAWAからの厳しい仕打ちがあったという事を鑑みると、色々と思うところが無いではありません。まぁ、自社管轄の作品コンテンツに対して非常に冷たい企業ではありますよ、KADOKAWAは。

それはそれと致しましても、今回のインターネット上での炎上に於いては、出所不明の怪文書、伝聞だらけのゴシップに近いWEBニュース記事、ソースは2ch、勝手な憶測に陰謀論、嬉々として取り上げるまとめサイト……等々、有象無象の情報が飛び交う地獄が形成されていると言えるでしょう。
今のところはたつき監督の該当ツイートと公式HPでの発表しか有力情報は無く、その他全ては憶測でしか無い訳なので我々がここでどうこう言っても仕方が無い事ではあるのですが、まぁそういう話題は皆大好きだからしょうがないんすよね……(笑)。
ただ、一方からの立場のみでモノを見ると全体が見えなくなってしまうという危うさもありますので、少なくともヤオヨロズ側、或いは吉崎観音先生からの何らかの発表があるまでは、努めて冷静に推移を見守りたいところであります。
しかし、こうなる事が目に見えた筈なのにツイートを断行したたつき監督、延いてはヤオヨロズ側の心中とは……。


そういったアレやコレやのゴタゴタ大炎上はともかくとして、純粋に『けものフレンズ』のファンとしては極めて哀しい事態であります。こここまでの炎上、そしてKADOKAWAとヤオヨロズの全面対立が明らかとなった以上は、もうこれまでのように『けものフレンズ』という作品を純粋に楽しむ事は出来なくなったも同然であり、もはやOP主題歌「ようこそジャパリパークへ」を聴いても「たーのしー!」という気分にすらなれなくなってしまいました。

日常生活で息苦しい毎日を過ごす管理人にとってサーバルちゃんの、
「平気平気、フレンズによって得意な事は違うから!」という台詞が滅茶苦茶心に沁みるんすよ……。


と、管理人は上記の記事にて書きましたが、こう「大人の事情」が全面的に押し出されるような形で大爆発してしまうと、そうした「優しい世界観」は音を立てて崩れ落ちるようなものです。なによりファンの皆から嘱望されたアニメ『けものフレンズ』の2期が、たつき監督・ヤオヨロズ制作という体制で制作される可能性がほぼ潰えてしまった今、我々の前にあるのは絶望でしか無い訳であります。仮にミラクルが起きて1期体制での2期制作が叶ったとしても、多方面にしこりが残る事になるでしょうし……。
救いがあるのだとすれば、「2期、3期、4期……と、延々続く」という作品コンテンツが多数現出している昨今に於いて、アニメ『けものフレンズ』が1クールで終局を迎え、かばんちゃんとサーバルちゃんとボスのさんにんの旅が永遠のモノとなったという点でありましょうか。

まぁしかし、制作側はつくりたかった続編をつくれず、製作側は今後得る事が出来たであろう収益を逃し、ファンは観たかった続きと作品に対する信頼を失ってしまうという、誰も得をしない事態となってしまった訳ですよ。
時間が不可逆であるという現実に、打ちひしがれる事しきりです。

web拍手 by FC2
2017/09/28 18:20|アニメ関連雑記TB:0CM:0

『GODZILLA ‐怪獣惑星‐』の予告編が公開されましたが…… 

特撮怪獣映画『シン・ゴジラ』の公開から概ね1年が経過しましたが、本日、国産のゴジラシリーズとしては初のアニメーション作品となる『GODZILLA ‐怪獣惑星‐』の予告編が公開される運びとなりました。



……いえね、実のところ管理人はどうにも今回のアニメゴジラに対してはノりきれず、どうしたものかという気分だったりするんですよ。公開目前の『怪獣惑星』よりも寧ろ、レジェンダリーが展開するモンスターバースシリーズの次回作である、2019年公開予定の『Godzilla:King of the Monsters』とか、来年公開予定の同じくレジェンダリー制作の『パシフィック・リム:アップライジング』といった海外の怪獣映画や、或いは同じ怪獣ジャンルで現行放送中の『ウルトラマンジード』の動向などの方が、よっぽど楽しみだったりする訳です。
コレは別に「実写特撮じゃなくアニメで怪獣映画なんて……」というような表現媒体に対する拒否感では無く、現状公開されている『怪獣惑星』の情報にあまり惹かれない、というのが大きな要因のような気がしますかね。
ただまぁ、ノれていないというのは確かですが、全く楽しみでは無い、という訳でも無いんです。寧ろ、「怪獣アニメ」が登場するのは喜ばしい事である、とは思っている訳で(笑)。これも、3DCG技術の発展のおかげっすなぁ。

さて、現時点で明らかになっているのは、以下のような感じですか。

・ゴジラをはじめとした怪獣達が次々と出現して人類の生存を脅かした
・異星人の手助けもあって、人類は地球からの脱出に成功した
・脱出先の星では人類の生存が厳しい為地球に戻ってきたら、何故か2万年が経っていた
・2万年後の地球はゴジラを頂点とする独自の生態系が形成されていた
・2万年以上生きていたゴジラは、植物起源の怪獣である
・登場する怪獣・セルヴァムはゴジラと同じ遺伝子を持っている
・作品は、三部作構成での公開予定である


これまでのゴジラシリーズには無い、「全く新しいゴジラ作品」にはなっている訳でありますが、そこに「ゴジラらしさ」が一切感じられないというのが、現時点での管理人の率直な印象です。「三部作」というのも、ちょいと引っ掛かりますしなぁ……。
今回の『怪獣惑星』は、従来のゴジラファンに向いた作品というよりは、中高生などのいわば「新規ゴジラファン獲得」をひとつの目標に掲げた作品である、という側面も大きい作品であるという話もあります。従来からのゴジラファンであるボンクラ怪獣オタクの管理人がノり切れないというのは、その辺りが関係しているのやも知れません。

しかしながら、ゴジラに対するアプローチをこれまでとは大幅に変えてきた感がありますね。
果たして怪獣達が突如出現した理由は何なのか? 植物起源のゴジラとは一体何か? よもやビオランテじゃあるまいな? ひょっとしたら地球の汚染を進める人類に対して地球の防衛機構が働いた結果ゴジラ以下怪獣達が出現したんじゃないのか? つまり、タイトルでもある「怪獣惑星」というのは、地球そのものがひとつの怪獣になったという事なのでは……
……等々、色々と考えを巡らせてしまいます。「観た事の無いゴジラ映画」になる事は確かでしょう。
また個人的には「ゴジラ映画」としてのみでは無く、「虚淵玄脚本作品」という観点も本作には同時並列しており、同じ虚淵作品で「宇宙から主人公らが地球に還ってくる話」として想起するのはやはり、『翠星のガルガンティア』や、『楽園追放 -Expelled from Paradise-』でありますね。『怪獣惑星』の予習としてそれらの作品を観直すというのも良いっすなぁ。

純然たる「怪獣映画」としては管理人はいまいちノれてはいないが、ひとつのSFアニメ映画シリーズとしては割と楽しみな『GODZILLA ‐怪獣惑星‐』。公開は2017年11月17日であります。
夏休みや年末という映画シーズンからは外れた時期での公開というのも、なんとなく気がかりなんですよね。ヒット、すると良いなぁ……。

web拍手 by FC2
2017/08/16 20:59|アニメ関連雑記TB:0CM:9

中島春雄さん、ありがとうございました。 

訃報です。
1954年公開の特撮怪獣映画『ゴジラ』以来、様々な怪獣を演じられた俳優の中島春雄さんが、去る2017年8月7日に肺炎のため亡くなりました。

「ゴジラ俳優」中島春雄さん死去 ‐NHK NEWS WEB

人ならざる者の中に人間が入って演じる」という、「スーツアクター」という概念は今でこそ一般化しておりますが、戦後初期の映画に於いては殆どが初めて尽くしでありました。中島さんはその「スーツアクター黎明期」に於いて、ゴジラやラドン、バラゴンにキングコングなどの東宝怪獣をはじめ、ゴメスやネロンガなどのウルトラ怪獣等、実に数多くの怪獣を演じられた訳であります。管理人の大好きな『妖星ゴラス』に登場する怪獣・マグマも、中島さんが演じられた怪獣の一体ですね。
初期の怪獣の着ぐるみは100kg近くする非常に重いものだったとか、密閉された着ぐるみを纏っての水中での演技で危うく死にかけたとか、怪獣を演じられるに当たってのエピソードは枚挙に暇が無いのですが、特にゴジラに関しては1954年の『ゴジラ』から1972年の『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』までの、シリーズ12作全てでゴジラを演じられた事から、「ゴジラ俳優」、「ミスターゴジラ」の愛称で、国内外のゴジラファンや映画関係者からは親しまれておりました。

近年は自伝本の出版があり、またゴジラ関連イベント等に登壇する事も多く、まだまだ元気なお姿を見かけていたのですが……。
……いえ、大往生でしょう。

ゴジラをはじめとした中島さんが演じられた怪獣達は単なる「着ぐるみ」では無く、本当に「そういった生き物」のように見えました。
本当に、ありがとうございました。

web拍手 by FC2
2017/08/08 19:15|特撮関連雑記TB:0CM:0

漫画、描いてるんす……! 

すみません、更新が途絶えているのは、漫画を描いてるからなんです!
広告出しっぱなしというのもアレなので、とり急いで記事更新する次第です。漫画制作以外では時間が取れず、ブログが更新出来ないという状況であります。
当ブログに毎日足を運んで下さっている、という方には、申し訳が立ちませんッ!

なんとか『ウルトラマンジード』の放送開始までには漫画を終わらせて怪獣絵と共に通常のブログ更新頻度に戻りたいのですが、ちょい難しそうです。しかも、漫画が完成したからとて、例によって当ブログに上げたり告知する訳でも無いという……。
と、いう事で、某所に管理人の描いた漫画が販売されていたら、「ああ、完成したんだな」とでも思っといてください(笑)。
以上っす。引き続き、漫画制作作業に戻ります!

web拍手 by FC2
2017/06/30 19:30|漫画関連雑記TB:0CM:2

台湾の人気バンド「五月天(MAYDAY)」の楽曲「Life Of Planet」のMVにウルトラマンネオスが登場! 迫力の特撮MVです! ……ところで、何故ネオスなんだ? 

まずはコチラの動画をご覧ください。



この動画は、台湾の人気ロックバンド「五月天(MAYDAY」の「Life Of Planet」という曲のミュージックビデオなのですが、ウルトラマンネオスバルタン星人が戦いを繰り広げるという本格特撮映像になっており、日本の一部界隈でも随分と話題になっております。
どういった経緯でウルトラマンの登場と相成ったのかはちょっと分かりませんが、兎にも角にも特撮パートは本家本元の円谷プロが担当しており、『ウルトラマンX』や『ウルトラマンオーブ』でメイン監督を務めた田口清隆監督が特技監督を務めております。

勿論、歌詞に沿ったMVのストーリー展開や、「平和を守っている筈のウルトラマンが人々から排斥されている」とか、日本のウルトラではやりにくい事を踏み込んでやっているとか、そういうのも多分にあるのですが、管理人が初見時に率直に感じた事は、
ギャー! 現行のウルトラのテレビシリーズでは出来ないような豪華をな事たくさんやってるーッ!!
ってな感じでありますかね(笑)。

映像中ふんだんに挿入されるミニチュアワークによる破壊の表現なんかは、破壊された建物の中から破片や紙等が大量に出てきたり、

ミニチュアワークによる破壊表現も日々進化している訳ですね。
看板が中国語だし、日本では無いので街に電線が張り巡らされていないのにも注目ですね。

アップでなくとも芸の細かい破壊表現

バルタンがネオスのネオマグニウム光線を受けた際に衝撃でバルタンの足元のクルマが吹っ飛んだりするなど、

衝撃で吹っ飛ぶ車

非常にきめ細かい特撮映像となっていると思います。
昨今の3DCGで表現される怪獣による都市破壊を観ても、ビルは膨大な破片をまき散らしながら倒壊するし、コンテナの中から家具や車が出てきたりする訳ですから、ミニチュアワークによる特撮に於いてもそれに肉薄するような表現が、これからは求められていくとも言える訳であります。
今回のMVに於いても、そういった事が色々と意識されている特撮表現なのでしょうね。

その中でも管理人が特に目を引いたのは、ネオスが人々に排斥されて雨の中倒れる、という一連のシーンであります。
表情の変わらないウルトラマンが雨で泣いているように見えるという演出ではあるのですが、雨の特撮シーンですよ!

雨のシーンとか久々に見たぞ

ミニチュアワークを主体としたSFX特撮に於いては、「」というのはスケール感を狂わすひとつの鬼門でもあり、更には大量の水を降らせる故にミニチュアや着ぐるみ等への負担もかかるという事で近年は滅多に使用される事は無い表現ですので、このように「雨の特撮」が見られるのは実に貴重であるという事が出来ると思います。
また、ミニチュアワークとVFXによる実景合成との映像内に於ける世界観の統一も素晴らしかったですね。

本当にウルトラマンが居るような映像

全体的に見るとMVという短い尺の映像でありながらも、カット単位の予算で見ると現行のTVシリーズよりもかなりお金がかかっているのだろうなぁ、という事が分かるとは思うのですが(笑)、これが国内作品では無く海外展開による作品であるという事を思うと、ちょいと複雑でもあり。まぁ、ウルトラファンとしてこういう映像が観れるというのは、幸せな事であるという事には違いありません。
いやぁ、『シン・ゴジラ』みたいなVFX主体の特撮も良いけど、こういうSFXを主体とした特撮は、やっぱり良いっすよね!

……ところで何故このMVに登場しているのが「初代ウルトラマン」ではなく「ウルトラマンネオス」なのか、という話ですが、実のところ現在ウルトラの海外展開は非常にややこしい状況になっている訳であります。
コトの発端は1974年に制作された円谷プロとタイの「チャイヨー・プロダクション」による合作映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』でありまして、この映画が制作された前後で『ウルトラQ』~『ウルトラマンタロウ』の歴代ウルトラ作品及び『ジャンボーグA』の日本国外での展開の使用権をチャイヨープロが持つ、という契約を交わしたという事を90年代にチャイヨー側が主張し、それに対してよりにもよって円谷側が鵜呑みにして契約を認めちゃったせいで、ウルトラの海外展開に於ける権利関係がややこしくなったという経緯がある訳です。
その後、日本やタイ、中国等といったいくつかの国を跨いでウルトラの海外展開の権利をめぐった裁判が行われたりするのですが、その裁判では円谷が勝訴したり敗訴したりしており、国によってウルトラの日本国外での展開権利を持っている会社が異なる、という非常にややこしい事になっているんですよね。で、その裏でバンダイが暗躍して権利関係でバンダイの損失が出ないように立ち回っていたり、チャイヨーが倒産して権利関係を日本の「ユーエム社」なる謎の会社が引き継いだりしており、ウルトラの海外での展開は非常に複雑怪奇な事になっちゃっている訳であります。
興味のある方は諸々ウルトラの権利関係についての書籍等を読んでいただければと思うのですが、色々と見たり読んだりしてもイマイチよく分からないんですよ、この問題は(笑)。

という事で、『ウルトラQ』~『ウルトラマンタロウ』までの6作品に登場するウルトラ戦士及びウルトラ怪獣は上記の通り諸々の事情によって海外には登場出来ない訳でありまして、その結果としてその範疇外に居るウルトラマンネオスに代役が回ってきたと、どうやらそういう話のようです。
以前、海外展開の動画に於いてもネオスが登場していたのですが、恐らくは権利関係のゴタゴタが片付くまで(本当に片付くんですかね?)の当分の間は、初代ウルトラマンの代役はネオスがやっていくんじゃないかなぁと。
思えばネオスは、「21世紀に向けた新時代のウルトラマン」として企画が立ち上げられたは良いが、当初の目標であったTVシリーズにはならずオリジナルビデオ作品として展開、『ウルトラマンコスモス』の放送休止の穴埋めとして何本かが放送されるに留まったという、ウルトラシリーズ全体から見ると比較的マイナーで割と不憫な作品なんですよね。しかし、ここに来てヒューチャリングされる機会が来たという事で、今後のネオスの活躍が期待されるところでありますよ。例え代役であっても、将来的には海外から見たら「ウルトラマン=ネオス」と認識されるようになる日も来るのかも知れませんね。
新時代のウルトラマン」という本懐を果たす時が来たのだ、ネオス!!

なお、「いやいや、バルタン星人が出てるじゃないか!」という話もありますが、「五月天(MAYDAY」の公式HPに掲載されているクレジットをよく見ると「ダークバルタン」名義になっており、理屈の上では「『ウルトラマン』に登場したバルタン星人では無く、『ウルトラマンマックス』に登場したダークバルタン」という扱いになるようで、権利関係的にはクリアされるようです。

「ダークバルタン」扱い

現在、円谷は収入の半分を海外展開で得るという野望を抱いているようです。
色々と拗れた権利関係を含めて、今後もウルトラの海外展開に注目していきたいですね。


【関連記事】
15分で特撮怪獣映画! 『長髪大怪獣ゲハラ』
或いは、怪獣映画文化のある日本だからこその映画と言えるのかも知れません。 『ラブ&ピース』
地獄怪獣襲来! 紛う事無き大怪獣映画でした! 『劇場版 ウルトラマンX きたぞ! われらのウルトラマン』

web拍手 by FC2
2017/05/25 01:28|特撮関連雑記TB:0CM:0

2か月ほどかけて描いていた漫画が完成した話など。 

いやぁ、またしてもブログ更新が途絶えてしまい広告を出してしまうという事態になってしまった訳ではございますが、皆様に於かれましてはいかがお過ごしでしょうか。
いえ、3月・4月と当ブログの更新がほぼ途絶えてしまった理由と致しましては、ただひとつなんですけどね。
漫画を描いていた

インターネット漫画描きマン」を自称する管理人ではありますが(笑)、ここ数年当ブログでは漫画を掲載する機会が殆ど無く、専ら怪獣の絵とか怪獣娘の絵とかを描いて上げている感じになっている訳であります。まぁ、その大きな理由と致しましては、「時間が無いッ!」というのに尽きるのかな、と思うところでもありましてね……。
使える時間が無限にあった学生の頃と比較すると、現状では1日24時間のうち自分が自由にできる時間というのは非常に限られたモノになっている訳であります。その「自由に出来る時間」の中から、飯を食う時間、風呂に入る時間、寝る時間を差し引いたら、もう残るのは僅かな時間となる訳ですよ。その中で、本も読みたいしアニメも観たいし映画だって観に行きたい……なぁんてやっていると、ほぼほぼ時間など消し飛んでしまう訳であり、とてもじゃないけど漫画なぞ描いている場合では無くなってしまうんですなぁ(笑)。
だってアレっすよ。漫画描くのってエラく時間がかかるんすよ! 管理人はそこまで筆が早い方では無く、大体漫画を1ページほど仕上げるのに最も早く描けて3時間、通常は5~9時間くらいかかっちゃうんですよね。しかも漫画は1ページ単体で完成する訳では無い。合計で10ページとか20ページ描かねば完成しない訳でありまして、そうなると仮に飲まず食わず眠らずのぶっ通しで描いたとしても、140時間、日数に直すと6日とかかかってしまう訳です。
ただでさえ使える時間が無い中でそういった試算結果を見ると、「駄目だ。5~10時間程度で完成する怪獣娘絵を描こう!」と、なっちゃう訳です(笑)。10時間ってのもまぁそれなりの時間だとは思うのですが、140時間に比べたら遥かに気は楽ですよね。

駄目だ、怪獣娘描こう

そういった感じで管理人は漫画を描く事に対してすっかり腰が重くなってしまった訳なんですけれども、しかし翻って世の中を見まわしてみると……。
本業がありながらも趣味として毎月十数ページのフルカラー漫画をコンスタントに出している人も居るし、毎日1ページずつ漫画を更新している人も居る。夏冬おなじみのコミケをはじめとした様々な同人イベントで漫画を頒布している方だって沢山居れば、管理人の大学の頃の友人や先輩後輩らもそうした同人誌即売イベントにサークル参加していたりする。
もうね、そういった感じの人達の活動を見ると、「時間が無い、なんてのはただの言い訳だ。描こうと思えば描けるだろ、俺!」という気がして仕方が無いんですよ……ッ!(笑)

と、いった感じで、ウダウダとしている数年間だったのですが、昨年の秋にちょいとフルカラーで概ね20ページくらいの漫画を描いてみたら、まぁ、案ずるより産むが易しと言いますか。意外とホイホイ描けちゃったんです。いやぁ、アレです。「描きたい!」という気持ちはハードルや壁をいとも簡単に破壊してしまうものなんですね(笑)。
今思えば、学生の頃に描いた漫画というのは、「時間があるから、漫画を描こう」というノリで描いたものが殆どであったような気がするんですよね。勿論「描きたい」という気持ちがあったからこそどの漫画も描き上げては来たのではありますが。
しかし、漫画制作に割ける時間が限られた現状だからこそ、より一層「描きたい!」という思いが強くなければ描けなかったという、どうやらそういう事のようであります。

で、そうした「描きたい!」という強い気持ちが再び芽生えたのが1月頃の話で、3月の頭頃からまた30ページ弱のフルカラー漫画を描いてしまっていたと、そういう事なんですね(笑)。
ネーム完成段階で上記のように制作時間を試算した結果、今回は216時間ほどかかるという事が分かり、1日あたり3時間前後、休日でのブーストも見越した上で「2か月以内に完成させる!」という意気込みの元作画に取りかかった訳ですが、まぁ、案の定計算通りに事が運ぶという訳にはいかず、体調なども崩しつつ、実際には当初の完成予定日よりも概ね1週間の遅れで完成した訳であります。
自己締切に間に合わなかったのが残念であるという一方で、誤差1週間で完成させたというのは「流石俺だ!」と、割と自画自賛しているところでもあるんですが(笑)。
しかしまぁ、漫画制作は疲れますね。いえ、描いている最中は割と疲れというのは感じなかったのですが、昨日完成して無事に入稿を終えた瞬間、腰や肩や膝や尻が痛くなるわ、意味も無く暫くボ~っとしてしまうわ、立って歩くのもしんどいわ……みたいな事になっちゃったんですよ。漫画描いていた時は絶対脳内でヤバい物質が出ていたに違いない……。
アレっすね。漫画なんてホイホイ描いて良いものじゃないね!

この2ヶ月の間は余暇の時間のほぼ全て漫画制作に充てており、観たい映画も観たいアニメも全く観にいけていない訳で、漫画制作から解放されたからやっと色々と観たり読んだり出来るな! という喜びで一杯でございますよ!
いや、漫画を描くのは愉しいのですが、それはそれ、これはこれとしましてね……(笑)。

そんな感じで管理人が2ヶ月ほどかけて描いた漫画が某所にて近日、販売が開始されます。
諸々の問題から特段当ブログや飛翔掘削のTwitterでの告知はしませんが、まかり間違って管理人の描いた漫画の販売ページにたどり着いてしまった方は、「ああ、飛削はコレを2ヶ月かけて描いてたのか」と、思い出していただければと思います(笑)。

そういった感じで、「ブログ更新が途絶えていたのは漫画描いてたからだったんだよ」という、お話でした。

web拍手 by FC2
2017/04/30 19:12|漫画関連雑記TB:0CM:0

「日本怪獣史」を書いての所感など 

先日唐突に書きました「日本怪獣史 ~怪獣と共に歩んだ我が国の歴史~」でございますが、ありがたい事にTwitterの方で結構拡散していただけたようでありまして、該当記事についての様々な方の反応・コメントを見る事ができました。リツイート&ふぁぼしていただきまして、本当にありがとうございます!
その一方で記事内にコメントを残してくださった方は現時点で1名という事でありまして、「もっと皆記事内でコメントしてくれて良いのよ!?」と思うところでありまして。しかしまぁ、現在はSNS等でシェアしたりURLを貼ってそれにコメントを付けたりするというスタイルが主流となっておりまして、ブログ等の記事にコメントするというのが主流から外れてきているという話もありますので、こればっかりは仕方が無いなぁとも思うところでもあり……。また、Twitterのインプレッションを見てみると、管理人のツイートからは現時点で数百人の方がURLをクリックして記事に飛んでくださったようではあるんですが、実際2万字近くもある記事でありましたので、拡散はしても実際に読んではいないッ! という人も結構居たのかなぁ……等と邪推もする訳でありまして(笑)。

日本怪獣史 ~怪獣と共に歩んだ我が国の歴史~ -怪獣の溜息

まぁそれはそれとしまして、この大学の卒業論文並みくらいに長い記事ではございますが、管理人は非常に楽しんで書けました。休日丸々2日+αほどの時間をかけて記事作成をした訳ですが、やっぱり本当に好きな事だと全く苦にならんのだなぁと、実感するしきりでありますかね。
と、いう事で本日は、「日本怪獣史」記事を書いての大まかな所感なんかをかいていこうかなと思うところであります。
あんまりこういう裏話的なヤツはしない方が良いのかも知れませんけれども、俺が書きたいんじゃ、という事で(笑)。

いえね、最初は本当にほんの思い付きだったんすよ。風呂入っている時に、「そういや日本の怪獣映画の歴史って、割と戦後史そのものだよなぁ。じゃあ、怪獣作品が全部現実に起きた事だったという事にしたら、戦後史は一体どんな感じになっちゃうんだろう?」なんて事をぼ~っと考えてみた訳です。
まぁ、そういうのはオタクだったら誰しも一度は考えちゃいますよね。ジャンルはちと違いますが、古今東西の様々なロボットアニメのロボ達が一堂に会するゲーム「スーパーロボット大戦」なんかもそういう発想ですし、昨年放送のTVアニメ『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜』などは漫画、アニメ、特撮、お笑い芸人、ミュージシャン、政治家等の様々な戦後昭和の、TVを賑わせたキャラクターや人物(をモチーフにした「超人」たち)が同一世界観上に集結しているという作品でありましたし。どちらも極めてオタク的な、「夢の競演」の具現化によってつくられた作品と言えるでしょう。
因みに、記事タイトルになっている「日本怪獣史」というのは。『コンレボ』の第4話&第5話のタイトル「日本『怪獣』史」から拝借する形になりました。流石に『コンレボ』の原作・脚本を担当している脚本家の會川昇さんにふぁぼられたのはビックリしましたが……ッ! 管理人の記事をどう思われたのか、コワいっす(笑)。

そういった感じで、単純に「一堂に会する」というクロスオーバーでは無く、各作品で描かれた「出来事」という点を線でつないでひとつの「歴史」に仕立て上げてみたらどうなるか、というのが「夢の競演」から一歩踏み込んだ妄想になる訳でございまして、そんな感じで風呂に入りながらボンヤリと戦後史と怪獣作品を重ねていったら、別々の作品同士なのに結構すんなり繋がってきてしまうじゃないかという事になり、「こりゃおもろい!」と、喜び勇んで勢いそのままに記事の作成に取り掛かった訳でございます。

……完全に勇み足でした
なんともはや、単純に「主として怪獣作品」と限定して歴史を構築するとは言えその作品数はやはり膨大な量になった事に加え、「日本初の怪獣映画である『ゴジラ』が1954年の作品だから戦後史のみで良いだろう」くらいに構えて実際には余談的に触れるのみの予定だった「戦前までの日本怪獣史」が、様々な作品の「出来事」を鑑みるに割と本気で書かないといけないくらいに「戦後日本怪獣史」に影響を与えているという事が判明して、初っ端から出鼻を挫かれる事になった訳でございます(笑)。
怪獣作品って、やたらに「超古代の文明」を登場させたがるん傾向にあるんですよ(笑)! ムー大陸とかアトランティス大陸とかレムリア大陸とか。そうでなくともバニラ&アボラスを封印した3億5千年前の謎の文明とか、3千万年前のウルトラマンティガら超古代の光の巨人の戦いとか、ニライカナイの超古代文明とか、超古代の謎ピラミッドがら出てくる宇宙人とか、5000年前のバラージとか……。しかも、昭和ガメラは「北極の超古代アトランティス大陸の生まれ」で、平成ガメラ3部作は「謎の超古代文明の生物兵器」なんて設定になっている訳で、同じ「ガメラ」でも立ち位置が違ったり、「ムー大陸」を扱っている作品が複数あったりで、本気で収拾がつかんのではないかと頭を抱えてしまいました。轟天号に粉砕されたムウ帝国はジャイガーを封印していたムー大陸と同一視して良いのか!? と、なる訳ですよ(笑)。遡っちゃうと地球を創ったのは『マグマ大使』のアース様という事になっちゃう訳ですから。
そんな感じで挙げ出すと非常に楽しいのではありますが本気でキリが無くなってしまうので、あくまでも「日本史」に限定してその他の諸々はバッサリとカットしたんですよ。
それと同時に、このあたりで記事の方向性も決まりました。
日本史」をベースにしつつ、「その世界での1990年に生まれた一般市民である飛翔掘削が色々な文献や歴史教育、防衛軍の発表などを基にして作成した記事」という体で書けば、「作中で一部の登場人物しか知り得ない真実」などは無視する事が出来る上に、戦前の話などは「歴史書」ないし「伝説」で伝えられている事として比較的違和感なく様々な作品を同居させる事が出来た訳であります。
そうして、古事記にも書いてあるヤマタノオロチ討伐と、『ヤマトタケル』が、「日本最古の怪獣出現」であるとするに至った訳ですね。

古代日本史で「マジか!」となったのは、『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』にて「古代日本人が封印した」とされる護国聖獣を、『ガメラ3 邪神覚醒』で超古代の文明の技術保有者が古代日本に流れ着いたとする説がフォローしているというとても綺麗な金子修介監督作品の相互補完でありました。
また、戦国時代~江戸時代初期にかけて、『仮面の忍者 赤影』や『魔人ハンターミツルギ』などの怪獣が出現する時代劇が続いた果てに、元禄文化華やかなりし頃に成立されたっぽい、『ウルトラマンオーブ』の「日本太平風土記」に繋がったりするなど、「お前ら示し合わせたんじゃ無いのか!?」という符合が多く、実に興味深く感じました。
こういうのってやっぱりり、その時代ごとの共通したイメージが作品内に現れて奇妙な一致をしてしまうというアレなんでしょうかね。

取り敢えず適当にシン・ゴジラさんの絵を貼っとく。

さて、戦後に入ってゴジラが登場するとどんな怪獣も通常の兵器では勝てなくなったというのは、考えてみると「平安時代とか江戸時代とかにあまりに強力な怪獣を出してしまうと文明レベルがそこそこなんだから本気で対処できなくなってしまうだろう」という作品の制作的な部分が多分にあるのでしょうが、しかしそれでもゴジラの存在は強く、ひとつのキーワードが「」という事になっているので、非常に簡単に纏める事が出来ました。『GODZILLA ゴジラ』でモナーク機関が「核がいろんな怪獣を呼び覚ましたんじゃよ」って言ってくれたのも手助けになりましたし(笑)。
一方、「基本的には日本史をベースに」と言いつつ『キング・コング』や『原子怪獣現わる』、『放射能X』などの海外作品を挙げたのは、後の地球防衛軍設立への布石と、全世界的な放射能による怪獣出現という歴史を作りたかったからですね。しかしそこまで来ると『地球の静止する日』とか『地球最後の日』とかのSF映画の出来事を扱っても良かったのかも知れませんが、あまり深入りすると面倒な事に繋がるので、今回の「日本怪獣史」都合が良い作品だけをピックアップするに留めました。こうして歴史は捏造されるんです(笑)。
まぁ、メインは怪獣であってSFはあくまでもサブだからというのもあるんですがね。

それはともかくとして、最も混沌としたのがやはり1970年代の頭頃ですね。日本は終わっちゃうんじゃないかという勢いで、あまりにも大量の怪獣やらヒーローやらがワラワラドカドカと出てきて大混乱ですよ。
結局諸々の防衛組織は「地球防衛軍だけでは追っ付かない」という事で乱立を力技でスムーズに解決した訳であります。
このあたりが史実では高度経済成長期だった訳で、高度成長期だからこそ怪獣作品がバンバン出てきたという事を逆手にとって「怪獣特需が高度成長期を迎えた」という事にしてしまいました(笑)。しかし、そのまま公害へも綺麗に結び付いて公害怪獣の扱いもやりやすくなるという一石二鳥っぷりです。
ここで巨大ヒーローの絵を貼ろうと思ったらレッドマンしかなかったというのはなんともはや。普段からウルトラマンでもアイアンキングでも好きなヒーローの巨大戦絵を描いとけばここで赤いアイツの絵を貼らなくて良かったというのは実に、無常でありますねぇ……。

そうして宇宙開発の時代になる訳ですが、言うまでも無くこれは、オイルショックと同時に特撮怪獣がつくられなくなり、それと入れ替わるようにアニメ、特に宇宙SFアニメが流行するという流れを踏まえた上での展開でした。1974~75年放送の『ウルトラマンレオ』でMACが宇宙パトロール隊なのも、そうした変遷期に於ける空気の一環だったんでしょうね。
77年(日本公開は78年)には海外からは『スター・ウォーズ』が来る訳ですし、その前後のアメリカの実際にあった衛星軌道でのミサイル攻撃・防衛計画である「スターウォーズ計画」の名前をそのまま拝借して、ついでに『宇宙戦艦ヤマト』から「ヤマト計画」なんてのを持ち出してきたりしたのは、単純に両作が好きだったからですかね。
で、怪獣空白期に都合よく管理人の大好きな『妖星ゴラス』の劇中での年代設定がバッチリハマっているんだからこれを使わない手は無いと、この時代の世界観の中軸に持ってきちゃった訳ですよ。
管理人が感動したのは、折しも1980年に「人間の負の感情が怪獣を呼ぶ事がある」という設定の『ウルトラマン80』が放送していたという点ですね。『80』も管理人が大好きな作品でありますから、まさに夢の競演です。これをゴラス衝突の不安が起こしたとせずにどうするか、と。ついでに僕らのアイドル・マグマちゃんもマイナスエネルギーのせいって事にしてしまえッ! というノリもありましたし(笑)。

90年代に入ってからの平成ゴジラや平成ガメラ、『ウルトラマンガイア』なんかは、割と管理人が幼少期から親しんでいた作品なので、結構筆が乗りましたね。一方、『ティガ』と『ダイナ』を放送年の出来事とせず劇中設定に準拠させたのは、記事の締めくくりを思い入れのある『ウルトラマンダイナ』に出来るのって良いじゃないの! と、思ったからでもあります。
因みに、この記事では「ウルトラマン」は、『ウルトラマンメビウス』で「25年ぶりに現われたウルトラマン」というのを順守するのもあり、「光の国の宇宙警備隊員の総称」としてティガやダイナにガイア、コスモスにネクサス、Xらの光の国の宇宙警備隊員では無い人達は、断腸の思いで「ウルトラマンでは無い」という扱いにしたのでありました。まぁ、この世界は正義の巨人が色々居る訳ですから、定義を曖昧にすると「アイツもコイツもウルトラマン」なんて困った事になってしまうというのもあるのですが。

さて、「怪獣との共存・共栄」の時代が00年代には訪れるという話になる訳ですが、まさか『怪獣総進撃』の時代設定である「199X年」がそのまま『ウルトラマンコスモス』の怪獣保護地区に繋がるとは思ってもみませんでした。
間にゴジラとの和解を示した『ゴジラ FINAL WARS』を挟む事によってより円滑な怪獣保護地区建設への道が出来ましたし。……『GFW』は時代設定(20XX年)を無視しちゃった上に、ミニラの立ち位置にゴジラジュニアを置いてしまうという改変をしちゃいましたが(笑)。
ゴジラと和解したんだから、そりゃその後大きな怪獣災害は起きなくなるよねという、その後10年以上に渡って続いた日本の「特撮怪獣映画氷河期」への理由付けにもなり。

そうして、『パシフィック・リム』という黒船と『シン・ゴジラ』を経て、丁度トランプ大統領の「メキシコとの国境の壁」発言なんかの時事ネタも織り込みながら2017年に至ったというところまで書き上げた訳ですが、本当に記事を作成するのが楽しかったですね。
一見無関係に見える別々の点同士が大きなうねりになってひとつの歴史に組みあがっていくという、パズルを組み立てるような面白さがありました。
確かに年代を無視したり敢えて取り上げなかった作品もあるなど、力技でゴリ押したという部分も少なくは無いんですけどね……。
そういった点では、この「日本怪獣史 ~怪獣と共に歩んだ我が国の歴史~」は、まだまだ不完全だという事が出来るのかも知れません。管理人自身、「アレが足りない! こういう事もあった!」と、この記事に突っ込みたい事が山ほどある訳ですし(笑)!

そんなこんなで、非常に楽しめたこの遊びですが、皆さんもやってみるのも一興ではないでしょうか?
いろんな人が書いた「日本怪獣史」を、俺は読んでみたい!


【関連カテゴリ】
当ブログ内怪獣映画レビュー記事 カテゴリ

web拍手 by FC2
2017/02/04 19:05|混沌雑記TB:0CM:0

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.