管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

【SFX】特撮・特撮技術についてのお話【CG】 

少し前の話になるのでありますが、管理人は大学で所属しているサークルの先輩(非特撮ファン)と一緒に、とある特撮映画の鑑賞会をやりました。いやはや、特撮作品の布教ができて管理人としては嬉しかったのではありますが、その先輩、事もあろうに(失礼)こんな事を仰ったんですよ・・・。
こりゃ凄いCGだな
・・・先輩、それ、CGじゃありません。ミニチュアです!
この先輩の発言以降、どうも引っかかっておりまして、ネット上なんかでも色々と見て廻って、確信致しました。
特撮技術に関しての認知度は、全体的にかなり低い!

日本に於ける「特撮」自体の認知度は、勿論高いと言えます。多くの人に「【特撮】って何ですか?」と訊くと、「ウルトラマンとか仮面ライダーとかの事でしょ」という答えの他に「大槻ケンヂらによるバンドの名前」という返答が返ってくるかも知れませんが。が返って来るでしょう。
しかし、ここで言う「特撮」というのは映像作品のジャンルとしての語なんですよね。
本来、「特撮」という語は、映画に於ける「特殊撮影」の略称として用いられていました。それが転じて、「特殊撮影技術を用いられた映像作品」の事を「特撮」と呼ぶようになったという経緯があります。
1954年公開の怪獣映画『ゴジラ』が日本映画史上初(・・・厳密に言えば、戦時中の戦意高揚映画にも『ハワイ・マレー沖海戦』をはじめとして特殊撮影技術を用いた作品は少なくないのですが、ややこしくなるので『ゴジラ』が日本初という事にしておきます。)の特撮映画となった事により「特殊撮影=特撮」という言葉が出来ました。この『ゴジラ』以降東宝は特殊撮影技術を用いた怪獣映画やSF映画を量産していく事となります。
ゴジラ』公開前後は、マスコミに於いて「特殊撮影」は「トリック撮影」等と呼ばれていました。しかしながら『ゴジラ』公開以降、当時の東宝の「【特撮】という言葉を世間に定着させたい」という戦略もあり、「特殊撮影=特撮」という言葉が世間一般に広く普及していったのであります。
その後に特殊撮影技術を用いたTVドラマ(早い話が『ウルトラマン』、『仮面ライダー』等ですな。)なんかも増え、広く一般に「特撮」という言葉に「ヒーロー作品や怪獣作品の総称」という意味も付加されていき、「ジャンルとしての特撮」が形成されていった訳ですね。これが今日の「特撮」認知に繋がっている訳であります。
しかしながら時代が下るにつれ、本来の「【特殊撮影】の略称」という意味合いが薄れてきているように思うんですよね。
管理人の友人などに至っては「CGと特撮の違いって何なんだ?」とか言い出す始末。
これは特撮ファンである管理人と致しましては、非常に哀しい話なんですよね。
しかも、ネット上の書き込みなんかを見てみると、「特撮ファン」を自称している方でも、「ジャンルとしての特撮」のファンではあっても、「【特殊撮影】の略称としての特撮」に関しては疎いという方も少なからず居るようでして・・・。

そもそも、「特殊撮影」とはいかなるものなのか。
簡単に申しますと、「SFXやVFXの総称が【特殊撮影】である」と言えるかと思います。
では、その「SFX」とか「VFX」というモノはそもそも何なのか?という疑問が、ここで出て来るかと思います。
TVやマスコミなんかではよくこのSFXだとかVFXだとかいうような語が使われますが、実際にコレが何なのかというのは分かりにくいと思うんですよね。しかも、そのTVやマスコミもSFXやVFXについて混同していたり意味を誤用していたりするのでタチが悪いです
また、ネット上のフリー百科事典WikipediaなんかにもSFXやVFXについて誤用されたり混同されたりしている文章が散見されます。これじゃ何を信用したら良いのかサッパリですな(苦笑)。

SFXSpecial Effects
特殊効果。主に撮影現場で用いられます。
特殊メイク、ミニチュア、着ぐるみ、火薬、ワイヤー、実物大セット、電飾、ブルーバック撮影、光学合成(現在は技術進歩によって、光学合成が用いられることは殆ど無くなりました。)、ストップモーション・アニメーション、ハイスピード撮影、コマ落とし、逆回し
等といった技術がこれにあたります。

VFXVisual Effects
視覚効果。SFXが撮影現場で用いられる技術であれば、VFXは撮影後の映像を加工する技術であると言えます。
CG、3DCG、デジタル合成(コレが上記の光学合成の代替技術としても用いられております。)、デジタル処理(ワイヤーを消したり。
等といった技術がこれにあたります。

・・・大雑把に書けば、こんな感じでありますね。詳しくは特撮技術に関して書かれた書籍なんかを参照していただければ幸いなのですが(それこそWikipediaにも該当項目がありますので、そちらも参照していただければ良いかなと思います)。
このSFXとVFXをまとめて「特殊撮影=特撮」と言う事が出来るのでありますよ。ですので、上記の管理人の友人が言った「特撮とCGの違いは何なんだ?」という問いの回答としては「CGも特撮の一部なのだ」という事になる訳であります。

SFXもVFXも特撮の範疇にある訳でありますから、当然の如く近年発達著しいCGを多用した作品も「特撮作品」という事が出来ます。
トランスフォーマー』も『アバター』も『第9地区』も『ハリー・ポッター』も『ALWAYS三丁目の夕日』も『20世紀少年』も『SPACE BATTLESHIP ヤマト』も『GANTZ』も『聯合艦隊司令長官 山本五十六』も、全部特撮映画です。
しかし、世間一般からこれらの作品は特撮作品とは認識されておりません。
やはり世間一般の認識としては、「特撮=ミニチュア、着ぐるみ」というのがある訳ですし、それ以上に「ジャンルとしての特撮」のイメージが先行してしまい、3DCG等が全面に押し出されている大作映画は「特撮では無い」という認識が強いからでしょう。世間一般には「特撮=子供向けの作品」という考えがあったりする訳で、映画スタッフ側にも意図的に「特撮」という言葉を避けているフシがあったり無かったりします。その一方で映画の役職で「特撮監督」というクレジットが為されていたりもする訳でして、そのあたりはなかなかどうして歪な構造になっているよなぁ、と思ったり思わなかったり・・・。
・・・その昔は海外の作品も「ハリウッドの特撮映画、堂々公開!」といった感じで「特撮」という語が用いられていたんですけどねぇ。『スターウォーズ』然り、『2001年宇宙の旅』然り、『猿の惑星』然り。
しかしながら80年代頃から、SFXという語が広がりはじめ、日本に元来あった『ゴジラ』や『ウルトラマン』、『仮面ライダー』等との差別化を図る為に、主に海外の特撮作品を「SFX作品」と呼ぶ風潮となり、そこから転じて、日本製の大人向けの特撮作品にも「SFX」という語を用いるようになったみたいなんですよね。
東宝特撮映画の『さよならジュピター』や『ガンヘッド』なんかも、当時は「SFX映画」という名目で売り出されている訳です。また、大人向けを志向した1984年公開の『ゴジラ』や1989年公開の『ゴジラVSビオランテ』にも「SFX映画」という宣伝文句がついていたりもします。いやはや、なかなかどうして興味深い話ですなぁ。
まぁ、そういった経緯があったからこそ、現状でCGが使われている大作映画なんかを「特撮映画」と呼ばないのでありましょう。管理人の個人的な意見としては、「特撮作品」と呼んで欲しいところなのではありますが(苦笑)。

しかししかし。
管理人は特撮に於けるVFX技術としてCGが用いられるのに対しては割と肯定的なのではありますが、当ブログでも散々書いておりますように、特撮ファンに於いてはその派閥争いが凄まじい訳であります。
ことCGに関してはかなり揉めに揉めている訳でございまして、「CGを用いた特撮作品は駄目だ!」といった意見や、「俺はCGは特撮だとは認めない!」といった意見の方々も特撮ファンの中には居る訳です。
まぁ、色々と意見もあるでしょうけれども、しかし、かの東宝特撮の初代特技監督である円谷英二監督も、CGがあればそれを用いて作品を創っていた事でしょう。
東宝特撮の四代目特技監督である川北紘一監督も、「SFX(従来からの特撮)もVFX(CG等を用いた新時代の特撮)も結局は使う人次第である」という旨の事を仰っています。
また、『平成ガメラシリーズ』で特技監督を務めた樋口真嗣監督も、3DCGやコンピュータ合成を用いて素晴らしい映像を生み出しています。
・・・管理人は思うんですよね。「特撮というのは創意工夫の賜物である」と。
かつて円谷英二監督は、都市の爆発を表現する為に町並みのミニチュアをウエハースで造って爆破させてみたり、ピアノ線を見えにくくする為に飛行機のミニチュアを逆さ吊りにして撮影したり、宇宙怪獣の表現を追求する為に試行錯誤した結果ソフトビニールという素材にありついたというエピソードがあったりした訳で、それを鑑みると正に特撮というのは試行錯誤の賜物であると言えると思うのです。
その試行錯誤の延長上にCGがあるのであれば、それで良いではないかと、そう思うんですよね。
今の海外の特撮作品なんかを見ても、その「特撮の試行錯誤性」というのは存在しているんですよね。ハリウッドの大作なんかでも、メインとしてCGを使用してはいても、CGよりも優れた映像が撮れると判断された場合は、ミニチュアや着ぐるみが使用される事もある訳であります。CGだけでなく、そういった良い映像を撮る為の試行錯誤が為された結果、あれだけの凄い映像が撮れている訳ですよ。『トランスフォーマー』も『第9地区』も、皆そうです。あくまでもCGは1つのツールでしか無く、それが最も効率よく迫力のある映像を創れているからCGの使用カットが多いというだけなんですね。

ただ、その一方で日本の特撮に於けるCGの使い方は、「なんだかなぁ」と思うような部分が多々あります。
日本の特撮には「予算を少なくする為にCGを使いました」というようなカットが結構あるんですよね、哀しい事に。厳しく言えば、CGを「迫力のある映像を創る為のツール」としてでは無く、「楽をする為のツール」として使っているという事になる訳ですよ。これは、特撮の精神としてどうなんだと言いたくもなります。
しかしながら、それにもそれなりの理由があるんですよね・・・。
ハリウッド映画なんかの場合その予算は莫大なものでありまして、1本の映画の予算として数百億円を投入するという事も珍しくは無い訳です。
しかし翻って日本映画はどうか。「大作映画」と呼ばれるような作品でも、予算は精々20億円程度(因みに、日本の特撮怪獣映画『ガメラ 大怪獣空中決戦』の予算は僅かに5億円でありました)。全く持ってケタが違う世界なんですよね。ハリウッドの基準で言えば、日本の映画は軒並み「低予算映画」でございますよ。当然、無駄を省くためにCGで予算削減をするというのもやむを得ないお話ではございます。
翻ってハリウッド映画では予算が潤沢にありますので、その映画の為だけにCG作成ソフトを開発する、なんて事もある訳です。日本ではそのお古を使わせてもらっているというのが実情だったりする訳でして・・・。
また、質感を実写に近づけなければならないという性質上、テクスチャやモデリング、レンダリングといった作業には時間も金(主に人件費)もかかります。ハリウッドの大作映画などは予算も潤沢にある上にスケジュールも十二分にある訳でありますので、より完成度の高いCGを作成する事も可能なのですが、日本の映画の場合はスケジュールも予算もキツキツの中で制作が進む訳ですから、どうしても質感の足りない、言わば「CG然としたCG」が使われてしまう要因となっているんですよね。
日本の特撮でCGを使うとなると、そういった様々な問題(主に予算)がある訳でありますよって、難しいところだったりするのでございます・・・。
まぁ、そんな事情の日本特撮界なのではありますが、しかし予算が無い中でも技術の進歩は着実に見られる訳でありまして、数年前のCGと現在のCGとでは随分と違った印象を受ける事も多々あるように感じます。なんだかんだ言ってもやはり日本特撮のCGにもちゃんと、試行錯誤の精神は息づいているんですよね。
まだまだCGというのは発展途上の技術でありますので、アニメの3DCG同様、特撮のCGについても長い目で見守っていきたいところであります。

そんな訳でございまして、長々と特撮の現状について書いてみた訳でありますが、いかがでしたでしょうか。途中から殆どCGの話になってしまってはおりますが、しかし現在はそれだけ特撮に占めるCGの割合が大きいと言う事なんですよね。
当記事を読んで、少しでも特撮や特撮技術に関して理解を深めていただけたら幸いであります。
・・・こんな場末も場末の個人ブログで言っても仕方の無いような話ではあるとは思いますが、しかし世の中、何が起きるか分からんですからなぁ・・・。


【関連記事】
【手描きと】ネオ・アニメの息吹【3DCG】
↑こちらは、アニメに於ける3DCG技術のお話であります。 
雑談系サブカルラジオ『タイトル未定』 第10回放送
↑テーマは「特撮」です。
同じ特撮ファン同士なんだから・・・
特撮への愛が溢れた作品でありました! 『プランゼット』
特撮怪獣ファンの世代間軋轢を無くすにはどうすればれば良いのか……。
ピアノ線は見せるべきか、消すべきか?


【関連商品】
特撮魂 ~東宝特撮奮戦記~特撮魂 ~東宝特撮奮戦記~
(2010/01/07)
川北 紘一

商品詳細を見る

ガメラ監督日記ガメラ監督日記
(1997/12)
金子 修介

商品詳細を見る

特撮映画美術監督 井上泰幸特撮映画美術監督 井上泰幸
(2011/12/28)
不明

商品詳細を見る

円谷英二の映像世界円谷英二の映像世界
(2001/07)
不明

商品詳細を見る

特撮円谷組 ~ゴジラと、東宝特撮にかけた青春~特撮円谷組 ~ゴジラと、東宝特撮にかけた青春~
(2010/09/24)
ゴジラ・会

商品詳細を見る

怪獣人生 ~元祖ゴジラ俳優・中島春雄怪獣人生 ~元祖ゴジラ俳優・中島春雄
(2010/07/16)
中島 春雄

商品詳細を見る
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2012/03/10 10:11|特撮関連雑記TB:0CM:13

コメント


特撮とCGの違いが分からないって…マジか…
KAITO #-|2012/03/10(土) 11:28 [ 編集 ]

>>KAITO
しかし目の肥えていない人から見ると、案外区別がつかんもんらしい。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/03/10(土) 11:39 [ 編集 ]

ハリウッドといえば、「十戒」ですな。特撮のオンパレード。紅海が割れるシーンはこれぞ特撮。

あとハリーハウゼン御大によるキモカワイイ動きはぞくぞくするほど魅力的です。これもハリウッドの偉大な発明。

ジョン・フォード監督のコマ飛ばしによって馬の疾走感を出す手法も特撮? 突然矢が飛んできて馬車に刺さったり、「駅馬車」も特撮映画だな。疾走する馬にジョン・ウェインが飛び乗ったり・・・いや、これは「スタント」か・・・。
矢端想 #1h4OZhZI|2012/03/10(土) 14:12 [ 編集 ]

お話、大変よくわかります。もう逐一うなずくしかないですね。

んで、以下の話はあくまでアンチテーゼを示しているだけで、他意はないんですが・・・・

じゃあ、お金を使えばいい映像が撮影できるかっていうと、そうでもないですよね。
「スターウォーズ ファントムメナス」のグンガン族とロボット兵との対峙シーンなどは、安く上げるためのCGの代表です。それでも奥行きがあるだけまだましなほう。一方大軍勢を表現するために、日本映画では海外に撮影場所と人材を求めるという手段に訴えた「天と地と」という作品がありまして、これがまたひどい(笑)エキストラ根性のないオーストラリア人に赤と黒のやっすい甲冑を着せての撮影は、どうみても迫力不足で、日本の役者陣の力の入った演技と対照的でした。お金があってもダメな場合があるもんでして、ここはやはり使う側がCGを使って何を見せたいかという意識と、CGの使い方なんじゃないかと思うわけですよ。んで、掘削さんのお話に戻るとwww

ちなみに時間をかける特撮とそうじゃない特撮の違いの場合、岡田斗司夫氏は「2001年宇宙の旅」と「さよならジュピター」を例に出して、撮影時の露光露出を調整しまくって、たっぷり時間をかけて宇宙船を動かして撮影した前者と、宇宙空間での宇宙船の陰影をつけるために影の部分を黒塗りしてごまかした後者という対比で説明していました。また低予算で作られた「ブレードランナー」という特撮映画の傑作もあることですし、エンターテインメントとしてこだわりなく楽しむ人にとってはどうでもいい話かもしれませんが、そこをこだわりたいのが我々じゃないっすか!
波のまにまに☆ #-|2012/03/12(月) 19:38 [ 編集 ]

>>矢端想さん
記事本文中ではVFX特撮についてイロイロと書いてますけれど、私が特撮で燃えるのはやはりミニチュアと操演です。
精巧なミニチュアワーク!タイミングの合った爆発!ドドドーっと流れる水流!
そういった意味で、今年のスーパー戦隊『特命戦隊ゴーバスターズ』は開始3話で既に私の心をガッチリ掴んで離さない作品となってしまいました。ミニチュア・操演以外でもクオリティの高い合成カットや3DCGも堪能でき(長くなるので以下省略)。

……ハリーハウゼンといえば、特撮リボルテックの骸骨剣士を買ってしまいました……。
もう出来が良くて良くて。
そうして立体物がどんどん増えてきている今日この頃です。


>>波のまにまに☆さん
使いどころが分かっている人がキチンと使う事によって、そのツールが真価を発揮するんですよね。そう言った人に、必要な時間や予算があった方がより完成度の高い映像を生み出す事が出来る可能性が高くなる訳ですから、やはり予算や時間は多い方が良いと思うのです。
……ハイリスクローリターンですかねぇ(苦笑)。

>そこをこだわりたいのが我々
仰る通りですッ!
しかしそのこだわりを少しでも多くの人に理解して貰いたいと思わなくもない一方、「分かる人だけが分かれば良い」とも思う訳でして。フクザツな心境です。
取り敢えず「特撮オタク」を自称している私と同世代の人には分かっておいて欲しいところなんですが……。

……久しぶりに『オタク学入門』の該当ページを読んで、『2001年宇宙の旅』と『さよならジュピター』をイロイロと比較鑑賞したくなってきました(笑)。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2012/03/12(月) 21:18 [ 編集 ]

「パシフィック・リム」はまごう事無き特撮だった
名無しの日本人 #StcmbDTo|2013/11/19(火) 22:30 [ 編集 ]

>>名無しの日本人さん
はじめまして!
コメント、有難う御座います。

『パシリム』は本当に特撮特撮している特撮映画でした!
アレを特撮と呼ばずして何を特撮と呼べばよいのかと、思う次第であります。

是非また遊びにいらっしゃって下さい!
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2013/11/21(木) 07:09 [ 編集 ]

ディケイドのアギト編が面白かったのでアギト本編をレンタルして見たことがあるのですが、変形したマシントルネイダーの質感は「2001年のCGだもんなぁ……。技術の進歩って素晴らしいね」と思ったものです。
無明 #-|2014/01/26(日) 13:18 [ 編集 ]

>>無明さん
10年もすれば色々と進みますよね。
もう10年前の3DCGと今の3DCGでは別物と言っても良いくらいですから。

そのあたりは、「80年代初頭と80年代後半では別物のようになったアニメの作画」というのと似ているような気がします。
3DCGもまだまだ頭打ちとは思えませんので、今後どう進化していくのかが楽しみなところであります。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2014/01/26(日) 23:57 [ 編集 ]
2016年の2つの特撮
記事を拝読いたしました。いい内容でした。
確かに特撮っていうと、ウルトラマンとか仮面ライダーが真っ先に出てしまい、子供向けコンテンツのイメージを持ってしまいます。
でも今年(2016年)、「いい作品だなぁ~」と思えた2つの特撮作品がありました。

まずはシンゴジラ(実はこの映画の記事がこのブログをよく見るようになったきっかけの1つです)。普段映画を観ない僕が「マジで観たい!」と思えました。そして、観てみると、ゴジラがおっかなくて、リアルで、もうすごい迫力でした!
また、CGに関しても海外のCGに引けを取らないぐらいで、日本の特撮の凄みを見れました。

もう一つは、ウルトラマンティガ。こちらはレンタルで観ました(今も観ています)。この作品は「よく出来てて、面白いな!」と思いました。
ティガの造形や技のスタイリッシュさや、奥深いストーリー、特に後者には感銘を受けました。こういうのは、今のヒーローものにも必要なものではないかと思います(あくまで一人の非特撮ファンの意見ですが)。まさに「隠れた大人向け」ともいえる内容でした。
また、ミニチュアに関しても、多少作り物と分かっても、リアルさがあって興ざめしませんでした。

日本の特撮はまだまだ捨てたもんじゃないと思えます。というか、すごくいいです!


C-rex #-|2016/10/15(土) 14:55 [ 編集 ]

>>C-rexさん
1950年代、60年代の東宝特撮映画や大映の『大魔神』等も凄いですよ。あと『平成ガメラシリーズ』も。

「特撮」で一括りにすると、時代劇からSF、医療ドラマまで幅広い範囲を包括する事になります。色々な方向に目を向けてみるのも一興です。
技術に関しても然ることながら、ジャンルとしても懐が深いんです、特撮は。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2016/10/20(木) 18:20 [ 編集 ]

記事を読みました
CGだとAlienやLeviathanのような生々しさや現実感?出ないような気がするけどなんでだろうか?

すごいとされるCGは確かにすごいけれど、やっぱりなんか違う
匿名様 #sSHoJftA|2017/02/19(日) 21:03 [ 編集 ]

>>匿名様
3DCGだと、迫力はあってもそれはどこか「整えられたもの」というのがあるからなんじゃないでしょうかね。
SFXの強みは、「実際に撮っている」というファクターなのではなかろうかと思います。
それを是とするかどうかは、個人の好みによるところが大きいのでしょうけどね。
飛翔掘削 #GpEwlVdw|2017/03/01(水) 21:54 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://mogera594.blog9.fc2.com/tb.php/972-6bcf55c2

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

pixiv

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.