管理人が特撮・アニメ・ネット等について書いたり自作の漫画を公開したりする処でございます。或いは、管理人の日々の愚痴等を垂れ流す処。または、画力向上を図る処。もしくは、インターネットラジオの投稿を報告する処。非常に混沌としております。

管理人について

飛翔掘削

Author:飛翔掘削
冴えない漫画描き。
「人生は楽しみながら」をモットーに、日々思ったことなんかを記していければと思っております。
色々観たり読んだりしますが、主食は特撮怪獣映画。
最近は、漫画と特撮映画と『ストライクウィッチーズ』があれば生きていけそうな気がしています。
2015年1月、人生初の商業漫画が出ました。

更新頻度が低下しておりますが、最低週一回は更新していく予定です。していきたい。
また、最新記事だけでなく過去の記事にも気軽にコメントしていただけたら幸いだと思っております。

当ブログの掲載漫画一覧はこちら

当ブログはリンクフリーでございます。

総来訪者数

有難う御座います!

最新記事10件

カテゴリ

最新トラックバック

月別保存記録

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

『GODZILLA ‐怪獣惑星‐』の予告編が公開されましたが…… 

特撮怪獣映画『シン・ゴジラ』の公開から概ね1年が経過しましたが、本日、国産のゴジラシリーズとしては初のアニメーション作品となる『GODZILLA ‐怪獣惑星‐』の予告編が公開される運びとなりました。



……いえね、実のところ管理人はどうにも今回のアニメゴジラに対してはノりきれず、どうしたものかという気分だったりするんですよ。公開目前の『怪獣惑星』よりも寧ろ、レジェンダリーが展開するモンスターバースシリーズの次回作である、2019年公開予定の『Godzilla:King of the Monsters』とか、来年公開予定の同じくレジェンダリー制作の『パシフィック・リム:アップライジング』といった海外の怪獣映画や、或いは同じ怪獣ジャンルで現行放送中の『ウルトラマンジード』の動向などの方が、よっぽど楽しみだったりする訳です。
コレは別に「実写特撮じゃなくアニメで怪獣映画なんて……」というような表現媒体に対する拒否感では無く、現状公開されている『怪獣惑星』の情報にあまり惹かれない、というのが大きな要因のような気がしますかね。
ただまぁ、ノれていないというのは確かですが、全く楽しみでは無い、という訳でも無いんです。寧ろ、「怪獣アニメ」が登場するのは喜ばしい事である、とは思っている訳で(笑)。これも、3DCG技術の発展のおかげっすなぁ。

さて、現時点で明らかになっているのは、以下のような感じですか。

・ゴジラをはじめとした怪獣達が次々と出現して人類の生存を脅かした
・異星人の手助けもあって、人類は地球からの脱出に成功した
・脱出先の星では人類の生存が厳しい為地球に戻ってきたら、何故か2万年が経っていた
・2万年後の地球はゴジラを頂点とする独自の生態系が形成されていた
・2万年以上生きていたゴジラは、植物起源の怪獣である
・登場する怪獣・セルヴァムはゴジラと同じ遺伝子を持っている
・作品は、三部作構成での公開予定である


これまでのゴジラシリーズには無い、「全く新しいゴジラ作品」にはなっている訳でありますが、そこに「ゴジラらしさ」が一切感じられないというのが、現時点での管理人の率直な印象です。「三部作」というのも、ちょいと引っ掛かりますしなぁ……。
今回の『怪獣惑星』は、従来のゴジラファンに向いた作品というよりは、中高生などのいわば「新規ゴジラファン獲得」をひとつの目標に掲げた作品である、という側面も大きい作品であるという話もあります。従来からのゴジラファンであるボンクラ怪獣オタクの管理人がノり切れないというのは、その辺りが関係しているのやも知れません。

しかしながら、ゴジラに対するアプローチをこれまでとは大幅に変えてきた感がありますね。
果たして怪獣達が突如出現した理由は何なのか? 植物起源のゴジラとは一体何か? よもやビオランテじゃあるまいな? ひょっとしたら地球の汚染を進める人類に対して地球の防衛機構が働いた結果ゴジラ以下怪獣達が出現したんじゃないのか? つまり、タイトルでもある「怪獣惑星」というのは、地球そのものがひとつの怪獣になったという事なのでは……
……等々、色々と考えを巡らせてしまいます。「観た事の無いゴジラ映画」になる事は確かでしょう。
また個人的には「ゴジラ映画」としてのみでは無く、「虚淵玄脚本作品」という観点も本作には同時並列しており、同じ虚淵作品で「宇宙から主人公らが地球に還ってくる話」として想起するのはやはり、『翠星のガルガンティア』や、『楽園追放 -Expelled from Paradise-』でありますね。『怪獣惑星』の予習としてそれらの作品を観直すというのも良いっすなぁ。

純然たる「怪獣映画」としては管理人はいまいちノれてはいないが、ひとつのSFアニメ映画シリーズとしては割と楽しみな『GODZILLA ‐怪獣惑星‐』。公開は2017年11月17日であります。
夏休みや年末という映画シーズンからは外れた時期での公開というのも、なんとなく気がかりなんですよね。ヒット、すると良いなぁ……。

web拍手 by FC2
スポンサーサイト
2017/08/16 20:59|アニメ関連雑記TB:0CM:2

中島春雄さん、ありがとうございました。 

訃報です。
1954年公開の特撮怪獣映画『ゴジラ』以来、様々な怪獣を演じられた俳優の中島春雄さんが、去る2017年8月7日に肺炎のため亡くなりました。

「ゴジラ俳優」中島春雄さん死去 ‐NHK NEWS WEB

人ならざる者の中に人間が入って演じる」という、「スーツアクター」という概念は今でこそ一般化しておりますが、戦後初期の映画に於いては殆どが初めて尽くしでありました。中島さんはその「スーツアクター黎明期」に於いて、ゴジラやラドン、バラゴンにキングコングなどの東宝怪獣をはじめ、ゴメスやネロンガなどのウルトラ怪獣等、実に数多くの怪獣を演じられた訳であります。管理人の大好きな『妖星ゴラス』に登場する怪獣・マグマも、中島さんが演じられた怪獣の一体ですね。
初期の怪獣の着ぐるみは100kg近くする非常に重いものだったとか、密閉された着ぐるみを纏っての水中での演技で危うく死にかけたとか、怪獣を演じられるに当たってのエピソードは枚挙に暇が無いのですが、特にゴジラに関しては1954年の『ゴジラ』から1972年の『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』までの、シリーズ12作全てでゴジラを演じられた事から、「ゴジラ俳優」、「ミスターゴジラ」の愛称で、国内外のゴジラファンや映画関係者からは親しまれておりました。

近年は自伝本の出版があり、またゴジラ関連イベント等に登壇する事も多く、まだまだ元気なお姿を見かけていたのですが……。
……いえ、大往生でしょう。

ゴジラをはじめとした中島さんが演じられた怪獣達は単なる「着ぐるみ」では無く、本当に「そういった生き物」のように見えました。
本当に、ありがとうございました。

web拍手 by FC2
2017/08/08 19:15|特撮関連雑記TB:0CM:0

暑中お見舞い、申し上げます。 

ついに8月に突入致しました。
極めて暑い日が続いておりますが、熱中症等ならないよう、気を付けて生活していきたいところでありますね。
さてさて、この時期恒例の暑中お見舞い絵、今年はこんな感じで描いてみました。

暑中お見舞い申し上げますっ!

夏だッ! 海だッ! スイカ割りだッ!
という感じの勢いで描いた感じのアレです。この二人を描くのもなんだか久々な気がしますね。

大学卒業以降は怪獣娘とか描いたり、飛翔掘削とは別の世を忍ぶ仮の名義で漫画を描いたりしていて、当ブログに掲載している漫画のキャラ達を描く機会もめっきり減ってしまいました。いや、まぁ、必然性が無いから描いていないのであって、必然性が出たら彼ら彼女らを描く事になる訳ではあるんですけれどもね。
管理人が描く漫画に限った話でも無いのですが、キャラクターって「作品」として描かれた以外の部分、つまり「描かれた時点」からの過去や未来も当然存在していて、彼ら彼女らの人生は物語の幕が下りた後も続いていく事になるのだろうし、或いは作品として描かれている該当の時間内でも、登場人物達のそれぞれを24時間365日丸々描かれているという訳でも無いから、当然作品として描かれていないキャラクターの一面なんかもある筈なんですよね。
あの後どうなっていったのかとか、あの戦いに赴く前夜、彼らは何を食べたのか。そういう、物語外のスキマや余地を想像するのも非常に愉しい訳でございまして、昨今はSNS界隈にてそうしたキャラ達への妄想を漫画等にする二次創作漫画等を色々な人が
投稿していたりもしていて、その量がある種作品の人気を測るバロメーターになっている側面なんかもあったりする訳です。

まぁ、何が言いたいのかと申しますと、管理人の描いた漫画のキャラ達もちゃんと「その後」を暮らしているので、たまに思い出してやってくださると連中も喜ぶんじゃないかな、とか、そんな感じのアレでありますかね。
アニメとか特撮の話を読みに来ているから、そもそも飛削の漫画なんて読んでない!」という方も多いでしょうが(笑)!


【漫画】
当ブログ掲載漫画一覧+α

web拍手 by FC2
2017/08/01 18:52|記念イラストTB:0CM:0

『シン・ゴジラ』公開1周年! 

本日は、特撮怪獣映画『シン・ゴジラ』の、公開1周年記念の日であります。
いやぁ、この1年、あっという間でしたねぇ……。公開初日がまるで昨日のような気がしています。時間が経つのは早い……。

浸食する虚構

実は現在管理人は出先なのですが、ペンタブを持ってくるのを忘れるという失態を犯しまして、背景はあらかじめ描いていたので良かったのですが、奥に居るゴジラと煙等のエフェクトに関してはマウス塗りだったりします。こうして見るといつものペンタブで塗ってるヤツと比較してもあんまり違和感は無い……?

兎にも角にも『シン・ゴジラ』公開1周年、めでてぇ! と、いう事で。


【関連記事】
ゴジラという名の恐怖と幻想を体現した、まさに現代の怪獣映画 -『シン・ゴジラ』総括!

web拍手 by FC2
2017/07/29 19:18|落描き的なアレTB:0CM:0

近況とか『ウルトラマンジード』の話とか。 

お疲れ様です。お世話になっております。当ブログ管理人の飛翔掘削です。
いやぁ、ようやっとチマチマ描いていた漫画が完成し、某所で公開等したら結構な反響があったりでヨカッタヨカッタとほっとしている訳でございますが、ふと、「やべぇ、怪獣の溜息の方の更新がまた途絶えているんだった!」と思いだして、こうしてブログを更新する次第でございます。

なんだかこの半年くらいはずっと漫画を描いていたような気もしておりまして、それはそれで良い漫画制作充だとは思うのですが、管理人の筆速だとやっぱりフルカラーで30頁近くの漫画を描こうとしたら、丸々2ヶ月はかかってしまうんですよね。これが比較的時間のある大学生とかだったらもっと短期間での制作も可能だったんでしょうが、現状そういう訳にもいかず。
なかなかどうして時間との戦いになってしまいがちですが、いやしかし、世の中には毎月20ページくらいのフルカラー漫画を出している人も居る訳で、筆速を上げれば管理人もコンスタントに漫画を出す事が出来るのかなぁ、などと夢想したりしなかったりと、そんな気分の今日この頃でございます。

さてさて、そんな飛翔掘削名義では公開しない漫画制作の話は置いといて、取り敢えずそこそこ時間が取れるようになったので、遅まきながらではありますが観たかった夏アニメやら映画やらを観るフェイズに移行出来たのはなんとも喜ばしい限りであります。今期も『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』を筆頭として様々な作品が放送されている訳ではありますが、この7月と言えばアニメよりも特撮、ウルトラマンの新作の放送開始の時期でもある訳でございます。
7月に新作のウルトラが出るというのがここ数年の恒例行事となっておりまして、ウルトラマン、延いては巨大怪獣モノが着々と復権出来てきているというのを実感するしきりでありますよ。
2017年7月8日より放送が開始された『ウルトラマンジード』は歴代最年少主演によるウルトラ作品という事も然ることながら、ジードは悪のウルトラマンであるべリアルの息子であるとされているなど、諸々新機軸を盛り込んだ作品となっている訳であります。青く鋭い目つきなど、なかなかに冒険したデザインですよね。
メイン監督はおなじみの坂本浩一監督ですが、シリーズ構成は小説家の乙一先生というまさかの人選となっております。3話時点で既にかなりの伏線が散りばめられている感がありますが、乙一作品特有の鮮やかな伏線回収がウルトラでも堪能出来るのかと思うと、また楽しみでありますね。川井憲次先生による劇判音楽・主題歌も作品の世界観を盛り立てております。

決めるぜ! 覚悟ッ!

個人的には、本作の怪獣が「べリアル融合獣」なる、「人間が変身した怪獣」であるという点ですかね。これまでも『ウルトラマンギンガ』シリーズに於けるスパークドールズにて人間や異星人などが怪獣に変身するという事があり、今回もその延長上の事と思われます。
坂本監督のウルトラシリーズに於けるメイン監督作品や演出した回等を見返してみますと、作品に登場する「怪獣」は、概ね人間や異星人によって操られたり操縦されているというタイプになる事が非常に多いんですよね。今回の『ウルトラマンジード』に於いてもその特色は色濃く出ているという事が出来そうです。
ただ、怪獣好きの管理人としては「ちゃんと自我を持った怪獣を出してくれぇ!」とも思ったりするんですよね(笑)。人間や異星人などに操られたり操縦されたりしている怪獣は、果たして純然たる怪獣と呼べるのだろうか!? と思うところでもありまして。まぁ、「べリアル融合獣」一本だけでいく訳でも無いでしょうから、今後は好き勝手暴れる怪獣も登場するのでしょうが。

何は無くとも『ウルトラマンジード』、今後が非常に楽しみであります。
ここ数年は毎年怪獣映画が夏に公開しておった訳ではありますが、今年はソレが無い。なので、ウルトラには是非とも、「怪獣の夏」を、盛り立てていって欲しいものでありますよね!

web拍手 by FC2
2017/07/27 19:00|落描き的なアレTB:0CM:0

管理人のつぶやき(Twitter)

日々、下らん事を呟き続けております。携帯からのつぶやき多し。

只今の日時&当ブログの情報

現在時刻





総記事数:


最新コメント15件

リンク

このブログをリンクに追加する

過去記事10件

当ブログ内の過去記事10件であります。
気が付いたら、更新していっております。


検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

御用の方は、どうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

現在当ブログを見ている人の数

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Copyright(C) 2006 怪獣の溜息 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.